« 2018年6月
2011年7月31日

明るく・楽しく・元気よく、楽しむ!

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

今朝方・・・って表現が正しいんでしょうか、もう間もなく4時になろうって時間に震度5弱の大きな余震。(泣)
携帯の緊急地震速報の前に目が覚めるほどに 相当に揺れてましたから震源が近いことは半ば夢の中であっても解ってました。
原発周辺で震度5強だったらしいですね。せっかくの今まで取られてきてた対策が水泡に帰してないことを願いたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その原発周辺住民に限った話ではありませんが、数キロ圏内から避難された方々は今後十数年に渡って自宅周辺に戻ることさえままならなくなんて 考えたこともなかったに違いありません。
震災時の津波で残念ながら命を奪われてしまった大勢の方々も、そのつい数分前までは未来が絶たれるなんて夢にも思わなかったことでしょう。

私はいま現在、至って健康体であって、来年も、再来年も、10年後もそれこそ30年後もあると確信してますけど、そんな保証は実は誰にも無いことを思い知らされた本年の春でした。(泣)

私だけではありませんね、何方にも来年の保証はありませんでしょう。

その想いが背中を押してなりません。

春には貝泊写真倶楽部のみんなと、「」を追いかけました。
そして夏には こうして満開の「ニッコウキスゲ」を見ることが出来ました。

四季折々の風物を見ることが出来なかった方々の無念が胸に去来します。
縁あって尾瀬に出向き、おそらくは今年最高のタイミングで群生するニッコウキスゲに出会えるという僥倖を得ましたが、来年もそうとは限りません。
タイミングが合っては居ても、天候が思うようでないこともありましょう。
そう考えると、医院を休診にしてでも行きたくなった、連れて行って欲しくなった自分が居ました。

人はそれぞれに価値観を異にします。

評価されない側面もありましょう。
だけど、仕事を休んではしまったけれど 自分では もう大満足でありました。
ま、来年まで待てなくて きっとまたみんなで秋にも行くんですけどね。(笑)
案外、もう勘弁して・・・ってころすけさんが仰っても、しつこく誘うかもしれないんですけど。

楽しい時間にも終わりがあります。

それでも、また今度・・・がすぐに企画される集団ですから寂しさは感じません。
それまで、がっつり仕事もしておくことに致します。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、我々は沼山峠を戻ってバス乗り場で一息つきました。

帰途につく②















ふと、kotoriさんの足元を見るとトンボが止まっていて、秋の気配を感じます。

帰途につく①














尾瀬は、交通規制(入山規制?)って言うんだか、結構 手前の駐車場にクルマを停めて、そこからはバスで入山口まで移動になります。
国立公園の自然環境維持にはそのぐらいの面倒は仕方ないんでしょうね。

帰りのバスの車中、疲労困憊で熟睡モードの方ばかりでしたので、これ幸いに車窓から写真撮影。館長さんに見られてしまい、半ば呆れられてしまいましたが、本人はいたって真剣。(笑)

「流し撮り」ならぬ「流され撮り」の試行錯誤 の時間でした。

バスの走行中、自分が動けば目の前の木々は流れるように移動します。
それでいて少し離れた木々はそうは動くようには見えない・・・。
シャッタースピードをあれこれ弄りながら撮るとどうなるんだろう・・・でしたよ。
(写真はクリックで拡大します)

帰途につく③帰途につく④







帰途につく⑤















帰途につく⑥帰途につく⑦







写真としての優劣は解りませんが、ちょっとオモシロい経験ではありました。

で、無事に駐車場に到着。

帰途につく⑧














我々の珍道中を支えてくれたワゴンは、ころすけさんの所有車。
今までのイベントでも御世話になりましたが、改めて感謝です。
因みに、この駐車場の奥に資材運搬に使われるんでしょう、ヘリコプターが置いてありましたよ。

もし、時間があれば 檜枝岐(ひのえまた)の散策 はしてみたかったです。
地元の方々の生活の場へ、土足で踏み込むようなことは厳に慎まないとなりませんが、実に風情を感じるエリアであります。

檜枝岐にて①















中央に、我々の夢を載せたデリカのフロントの一部がチラッと反射して映ってます。

檜枝岐にて②

































檜枝岐(ひのえまた)・・・・同じ福島県人ではあっても なかなか訪れにくかろうかと思ってましたが、甲子トンネルが出来たこともあり、想像していた以上に「近い!」と感じましたよ。
様々なるイベントも企画されてるようですから機会があれば・・・と思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いわきから、白河を抜け、駒止湿原付近を経由し、最終的には新潟まで繋がるという289号線を戻ることしばし、下郷付近で有名な「塔のへつり」に立ち寄っていただきました。私は訪れたのは初めてでした。

「へつり」 って馴染みの無い単語ですけど、調べてみると・・・

「登山で、主に沢の遡行時などに、足場を探しながら水流や川岸の脇の岩場などを横へ横へ移動すること」

・・・・ナンだそうですね。知りませんでした。(恥)

塔のへつり②















夕闇迫る時間帯でしたから、既に売店は終わってましたけど、「へつり」はこんな風な漢字らしいですよ。(左端、団子の文字の上)

塔のへつり①















ここ数日、多くの写真をアップしてしまいました。
楽しく「写真撮影&散策」が出来て、嬉しくて仕方なかったです。

ナニも震災だけがターニングポイントではないのですが、以前だったら「仕事を休んでまで・・・」とか、「時間が取れるようになったら・・・」と先延ばしにしてしまっていた事柄を、「行ける今のウチに・・・」とか「来年は行けないかも・・・」と考えが変わった自分自身を感じます。

ま、行けるようだったらまた来年も再来年も何度でも行けば良いことなんですが、今後もなるべく「今を生きる」感覚を大切にしたいと考えます。
私は、今後とも「明るく・楽しく・元気よく」をモットーに、貝泊写真倶楽部のあれこれの企画に参加していきたいです。

皆さん、ヨロシク面倒見てやって下さいね。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月30日

仲間との集団行動もまた楽し

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

歯科医院という職場は、スタッフ無しでは一日も機能を発揮することは出来ません。そりゃ確かに震災後の応急対応は私ひとりで処置はしましたけど、あくまでも応急処置のみ、水無しですから まともな治療ではありませんでした。

スタッフや技工士さん、それから材料等をお願いしてる歯科材料店さんといったコ・デンタルスタッフあってこその歯科医療サービスなのは間違いが無いのですが、それでも歯科医師資格がひとりだけの個人医院・医療チームであれば、その院長の立場はどうしても孤独なモノだったりは致します。

私自身、決して単独行動が好きな訳ではないのですが、常なるポジションの反映か自分のペースで行動する事が多く、規制の掛かった集団行動はどちらかというと苦手かもしれません。

今回の尾瀬行に限らず、貝泊写真倶楽部の仲間と一緒に行動する折には、会員の皆さんが配慮(我慢?)して下さるせいか、まったくその苦手意識を気にせずに居られるから不思議です。
今回もまた少年の日々(!?)のように楽しい想いで参加させていただけたことに感謝しなくてはなりませんね。

尾瀬沼からの帰り道①















100ミリという中望遠レンズで撮ってますから、決して皆さんに近寄りたくない訳ではなくて、離れないと全景が入らないという事情がありました。(泣)

尾瀬沼からの帰り道②














尾瀬のハイキング。
見渡してみると、それぞれのハイカーがグループで動いてるようにも感じましたよ。

尾瀬沼からの帰り道③

































この木だって、やがて迎える厳しい冬に耐えてるんですよね。

尾瀬沼からの帰り道⑤














尾瀬沼に別れを告げる時が来ました。(泣)
我々 「山ボーイ & 山ガール」達もそろそろ帰途につきます。

尾瀬沼からの帰り道④














参加メンバーには驚かれ(呆れられ?)てしまいましたが、ここからの帰り道が実に楽しかったように思います。往路であらかたの撮影ポイントの目星を付けておいたので、この復路で写真三昧の散策・・・(笑)。

尾瀬沼からの帰り道⑥















尾瀬沼からの帰り道⑦尾瀬沼からの帰り道⑨







尾瀬沼からの帰り道⑧尾瀬沼からの帰り道⑫









いわゆるピーカンの晴れ模様の天気だと「緑」に深みが出ませんが、この日は程良い陽光で写真的にも散策的にも心地良かったです。
左上の写真は市街地ではとっくに過ぎ去った「新緑」のようであり、左下の写真はやがて迎える秋の「紅葉」のようであり・・・。

尾瀬沼からの帰り道⑪

































流石に皆の衆の足取りは重かったようですが、何故か私は軽やかでしたよ。(笑)

尾瀬沼からの帰り道⑩


















普段ならどうでも良いようなモノが 愛おしく感じるから不思議です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出掛けたのは7月の23日。市街地で言えば紛れもなく「盛夏」。
前後の数日は涼しい日も続いてましたけど、それでも今回の尾瀬行きは半袖でクリアできました。

ただ、時折 陽が陰り、涼やかなる風が吹き渡った瞬間には、標高1300メートルという高地に居るという事実を思い知らされます。
夏とは言え、軽装では行ける場所ではありませんね。
モチロン、背中のバックには長袖完備、折り畳み傘も雨合羽も入ってました。
靴は運動靴でしたけど、尾瀬沼より深部を巡るならゴアテックスのトレッキングシューズは必要と感じました。

大事なことですが、すべてのゴミは持ち帰りです。
整理整頓がウンザリするほどの枚数の写真を撮りましたが、自然の動植物だけは一切切り取っておりません。
・・・・・いや、正直言うと、撮影の邪魔になる草はちょっと曲げちゃいましたけど、それだけでした。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在のカメラは高性能でして、勝手にカメラが判断してくれて適正露出というのを決定してくれますが、それでも納得がいかない事もあるので、同じカットで多段階露出という「暗め・普通・明るめ」の三段階のシャッターを切ってます。
そうすると納得の適正露出を得ることは出来るのは出来るのですが、つまりはただでさえ撮影枚数が多いのに、3倍も撮ってるって事になるので容易でないのです。(笑)

早く、館長さんのように経験則で適正露出を決められるようになれればと考えています。あれこれの御指導をお願いしたいところであります。
ただ、貝泊写真倶楽部のリーダーでもある館長さんは、女性には手取り足取り積極的にアドバイスして下さるのですが男性陣にはナァ・・・(笑)。

(・・・ウソです、皆さんに対して とっても優しいジェントルマンですよ!)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月29日

何故か「懐かしい記憶」が蘇る

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

人にはそれぞれ原風景ってモノがありますよね。
例え親子や夫婦であっても、子供の頃に見て接して来たような光景は異なるモノ。
一番近い存在があるとしたら 年齢の近い兄弟(私の場合は“姉”)ってことになるのかもしれませんが、各人各様の脳裏に幼少期に刻まれた違った風景ってあるように思います。

今回の尾瀬行きで、ナンだかチラッとそんな事を思い出してしまいました。
理由は簡単、懐かしい感じのするモノに触れて来たからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「尾瀬」を語るには、沼山峠を越えて尾瀬沼周辺の長蔵小屋界隈に辿り着いただけでは物足りないのかもしれませんが、いかんせん ナンてったって「日帰り」ですからねぇ、そこまでが限度ではありましょう。(笑)

尾瀬の入り口から歩くこと1時間弱だったでしょうか。真っ直ぐに歩を進めればもうちょっと早かったのかもしれませんが、あちこちで写真を撮ってたので、下手をすると倍の距離を歩いちゃったのかもしれません。(笑)

辿り着いたのは、あまりに懐かしい感じのする「長蔵小屋」のエリアでした。

長蔵小屋界隈①















長蔵小屋界隈⑩背後に写る木造の古い家屋。
ハッキリとした記憶ではないのですが、私が通っていた「いわき市立内町小学校」ってトコの旧校舎は ちょうどこんな感じだったように思います。
長蔵小屋」・・・収容人員300名って書いてありましたよ。
今でも、四季を通じ大勢の方々の宿泊場所なんでしょう。実にレトロな感覚に浸れそうな建物でありました。







因みに上の写真で中央に写ってるのが、我らが貝泊写真倶楽部のリーダー・館長さんなのですが、この方はレンズを向けると必ずと言っていいほどこのスタイルをお取りになります。(笑)
カメラマンさんとしては超優秀ですけど、モデルさんとしては・・・・・?(笑)

長蔵小屋界隈②














ここはサービスセンターって言ったかなぁ・・・・。
尾瀬の歴史資料館のような感じの建物の内部です。
ニッコウキスゲが咲き乱れるパネルが美しかったです。

我らのグループは、この周辺で昼食タイムだったのですが、周辺には「撮ってくれ!」とばかりに昆虫類が乱舞しておりました。(笑)

長蔵小屋界隈③
























長蔵小屋界隈④
















これはシャッタースピードが僅かに遅かったのかもしれません。(泣)
もう少し早いとホバーリング中の羽がヘリコプターのように美しい円を描いてくれたはずです。

長蔵小屋界隈⑤














トンボは、動きが遅いので比較的 撮影するのは楽なんです。

次の写真は近くにあった長蔵小屋の売店。
思えばここまで物資を運ぶのだって相当なる労力を強いられることでしょう。
キチンと整備された木道もそうですが、丸太一本運ぶのに、そりゃぁヘリコプターとかを使うんでしょうけれど 私が住まう住宅地なんかとは訳が違います。
御苦労は如何ばかりかと感じました。

長蔵小屋界隈⑥















店内は明るい雰囲気でしたよ。

長蔵小屋界隈⑦















長蔵小屋界隈⑧















結局、懐かしさを感じる店内の写真を撮っただけで 申し訳ないけどナニも買わずに帰って来ちゃいました。(笑)
だって、買った分だけ荷物が重くなり肩に食い込むんですもん、そりゃぁ躊躇する気にもなりましょう。

長蔵小屋界隈⑨

































美味しそうではありましたけど、ここでビールなんか飲んじゃったら帰りが辛くなっちゃう気もします。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このエリアへの滞在は短時間でしかなかったけれど、様々なことを思い起こさせてくれた気がします。

原風景・・・・今では、すべて新校舎に変わってしまった小学校。
今と違って校舎の様子を写真に収めてる訳もなく、記憶の中でしか辿れはしませんが、「懐かしい感覚」だけは十二分に蘇りました。

でも、心象風景ってやつはリアルな映像よりもはるかに美化できるので、それはそれで悪いことではないかもしれませんね。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月28日

夏の尾瀬をマクロで捉えてみる

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

日本百景、国立公園、国立公園特別保護地域、特別天然記念物・・・・etc。
そんな単語を並べてみただけでも その意味合いが解っちゃいそうな「尾瀬」ですが、おそらくは湿原特有の植生が見られ、動植物の宝庫だったりするんでしょうね。
残念ながら私には理解不能な「宝庫」ではありますが、そんな貴重な動植物であっても、写真でなら どれだけ切り取っても害は無いことでしょう。(笑)

この日の為に、先日
購入したばかりのマクロレンズに大活躍していただきました。

尾瀬の動植物①

































尾瀬の動植物②















アザミに蜂は意外と見分けにくくて、写真的にはミスマッチな気がしました。
撮影する角度によっては良いんでしょうか?
こういった時だけは ファインダーを覗かずにローアングル撮影とかが出来るEOS-kissとかには敵いませんね。

尾瀬の動植物③

































これは、かなり小さい草花だったような・・・。

尾瀬の動植物④














空を見上げればこんな光景も・・・。
7月なのに、新緑のように見える色合いが鮮やかだったような・・・。


尾瀬の動植物⑤

































今回の尾瀬行きのメインはこれですね、ニッコウキスゲ。

沼山峠でしたか、入り口から山を抜けて湿原地帯に入ったばかりのところでは、このニッコウキスゲは“まばら”な感じでありました。
それが歩を進めるにつれ 次第に群生の様相を呈してきて、尾瀬沼に近付く頃には満開状態を満喫できました。
疑問に思ったのは標高的には同じレベルなのに、数百メートルと離れてはいないエリアであっても満開のピークは異なって来るんでしょうか。
その辺りは、おそらく地形的要因なんかも関わってくるんでしょうね。

観光パンフレットやポスターでは湿原地帯一面のニッコウキスゲを見ることもありますが、本当にその瞬間は短いことは想像に難くありません。
プロの風景写真カメラマンの方は、何日も何日も通って しかも天候とのマッチングも考えながら その貴重な一瞬を捉えるんでしょうね。

たった一枚の為に費やされるその多大なる労力・・・・(泣)。

プロのプロたる所以を感じました。


にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月27日

夏が来れば思い出すぅ~♪の尾瀬

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

その昔の方々にとっては、ホントに遠い空だったんでしょうね。

『 夏の思い出 』・・・・・

「夏が来れば思い出すぅ~ はるかな尾瀬ぇ~ 遠い空 ♪」でしたね。
それでも現在では近くなりました。いわき市からだと寄り道せずに直行すれば3時間チョイで入り口まで行けちゃうんじゃないでしょうか。

木道の整備もしっかりされてましたし、ハイカーのマナーが良いんでしょうね、ゴミなんか全く無かったです。御陰で気持ちの良い時間を過ごすことが出来ました。

で、参加した貝泊写真倶楽部の「皆の衆」です。(笑)

尾瀬の往路①














この時点では、まだ皆元気。(笑)

尾瀬の往路②

































どんどん登りながらも、ところどころでカメラを構える・・・。

尾瀬の往路③















レンズの先には・・・

尾瀬の往路④















私も大好きな こんな世界が広がる・・・。
更に進むと山を抜け、まもなく湿原地帯に辿り着く・・・。

尾瀬の往路⑤ 

































実に爽やかなトレッキングでありました。

尾瀬の往路⑥

















皆の願いは、この先頭の方に「尾瀬」を見て貰いたかった・・・に尽きます。
前日に15時間もかけて広島からクルマで来て下さったんですよ。
お若いとは言え、おそらく疲労のピークだったでしょうに・・・。

尾瀬の往路⑦















でも、これだけのニッコウキスゲに囲まれて、いや、オヤジさんとお二人の美しき山ガールに囲まれて、十分に満喫していただけたに違いないと思います。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大きくなってから、特に最近は「人」を一生懸命に応援する機会って あんまり無かった気がするんです。
モチロン、家族は別ですよ。
それが、ふくふくさん始め、貝泊写真倶楽部の親しくなった皆さんを本気で応援する気持ちが芽生えて来ていて、これはどういった心境の変化なのか 自分でもちょっと表現しにくいです。
年齢的なモノなのかもしれません。「人」としての余裕が出てるってことであれば嬉しい気もしますけど。

私が所属してる 貝泊写真倶楽部 ってそんな集まりなんですよ。
・・・・ま、単なるブログ好き・写真好きの集まりなんですけどね。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月26日

会津田島の祇園祭に遭遇する

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

私の住む福島県は、東西南北に面積が広く、県の南東部に位置するいわき市からだと 茨城県は近いけど宮城県は相当に遠く感じられますし、ましてや普段はあまり意識がないのですが東西にも相当に長いので新潟県はちょっと馴染みが薄いです。

天気予報等では、そのどちらかって言うと横長の東西に広がる広大なエリアを、会津地方・中通り・浜通りとブロック分けして括っているのですが、それぞれのエリアにはそれぞれ異なる文化が根付いてるように感じることがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、尾瀬に行く道すがら 偶然に通りかかった会津田島という地方。
天気予報では聞いては居ても、そうしょっちゅう訪れる場所ではなかったですね。

その田島で、偶然にも7月23日に執り行われる田島祇園祭に遭遇しました。
我々は尾瀬に向かってましたから お祭りによる規制の為に迂回させられたのは正直 迷惑だったのですが、迂回させられた御陰でナイスなタイミングでナイスな場所に通りかかってしまったのです。(笑)

だって、ある鳥居の前にこんなに人だかりが出来てたんですモン。(笑)

田島祇園祭①














このギャラリーの見つめる先から、国指定の重要無形民族文化財でもあり、
800年以上も歴史のある会津田島の祇園祭、その七行器行列が近付いてくるところでありました。

慌てて我らがメンバーもレンズを向けるじゃないですか。(笑)

田島祇園祭②















来ました、裃(かみしも)を身に纏った先頭集団が・・・。

田島祇園祭③















七行器の「行器」は、どうやら「ほかい」って読むようですよ。
七つの器は、御神酒を入れた「角樽」が3つ、赤飯を入れた足の付いた「行器
が3つ、それに鯖を載せた「魚台」が1つとか・・・・。
それらを上の写真のような裃姿の男性と、次のような花嫁姿の女性が捧げ持ち歩くのです。

これにはきっと赤飯が入ってるんでしょうね。

田島祇園祭④

































お一人ではないんです。
相当数の花嫁姿の女性が歩く様は、豪華絢爛。

田島祇園祭⑤















この日はそこそこの気温でしたから良かったようなモノの、日射しが強ければ相当に暑いに違いありません。(泣)

厳かなる儀式の中で、この行列だけは華がありましたよ。

田島祇園祭⑥
















この23日が本祭なんでしょうね、尾瀬からの帰りにもここを通りましたが、夕方まで交通規制が敷かれてましたから。

田島祇園祭⑦



































福島県の東と西、浜通りと会津地方では、文化が全く異なるのかもしれませんね。
どっちが良いとか悪いとかって話ではありませんが、歴史の流れが変えた文化の違なんでしょう。
今までは、あまりこういったお祭りや文化の違いに興味を抱いては居なかったのですが、ファインダーを通してあれこれの光景を写真に収めるようになってから興味が湧いて来たような気もします。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福島県に限りませんが、震災後、大勢の方々が避難されています。
同じ県内でもこんなふうに文化の違いが存在するのですから、言わんや他県に引っ越すとなれば文化的ギャップは大きいことでしょう。
その意味でも、安易に生活拠点を変える選択肢を取れないのも解るような気がします。

原発周辺の方々が、一時的に会津地方に身を寄せては居ても、最終的に同じ浜通りのいわき市に居住を希望されるのは、雪国会津の冬の寒さばかりではなく、そんなところにも理由があるのかもしれませんね。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月25日

三崎公園、街の復興を実感する

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

被写体としての「」は、午前(早朝)と午後(夕刻)ではの状態がまったく違って、別の光景のように見えるように思います。
特に高台から見下ろすような俯瞰ポイントからだとそれが顕著でして、その意味で最近 小名浜の三崎公園に足繁く出向いてしまっています。

今まではカメラ片手の単独行動ばかりでしたが、昨日は土曜日の「尾瀬ツアー」の反動としての家族サービス。(笑)
再開なったマリンタワーに上り、その後 公園にて息子と戯れて来ました。

この公園には、恐竜を模した長いローラーの滑り台があるんです。
一緒に滑ってみましたよ。(笑)

三崎公園の滑り台①














これ、結構キツイですね。
二回ほど滑りましたけど、とにかくお尻が痛い・・・。(泣)

・・・で、あとは待ち構える作戦に変更いたしました。(笑)

三崎公園の滑り台②

































広角(ワイド)最大にして、なるべくピントが合うように絞り込んで・・・。

三崎公園の滑り台③















いわき市民なら知らぬ者が居ないであろう三崎公園

放射線の測定値等を気にされて、まだまだ人の姿は「まばら」でしたけど、先々週よりかは先週、先週よりは今週のように少しずつではありますが、人の姿、特にお子さんの姿を見かけるようになっています。

「街」の復興には、道路や建物といった設備(ハード)的な復旧はモチロン必須でしょうけれど、そこに集い憩う人々といったソフトの復活が無ければ以前の姿を取り戻すことにはなりませんね。

人間って勝手なモノでして・・・・

数年前に、「写真を写したいけど大勢の人が居て写しにくいなぁ~、邪魔だなぁ~」と思ったことが しばしばありました。
不思議ですね、今では逆にそうなれば良いと感じてる自分が居ます。

毎週の様に定点観測のように出向いてると、少しずつ人が増えて来て、アクアマリン・マリンタワーといった観光の拠点も復活して来て、街が蘇り始めてることを実感できます。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月24日

「尾瀬」、満開のニッコウキスゲ

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

疲労というモノには二種類がありますよね。
肉体的にヘトヘトになり、精神的にも叩きのめされる様な「いやぁ~な疲労」もあれば、逆にリフレッシュできると言うのか 気分の良い「爽やかな疲労」もある・・・・。
昨日はその後者の実に心地良い疲労感を味わって来ました。

貝泊写真倶楽部主催の「尾瀬トレッキングツアー」。
いわき市南西部の貝泊(かいどまり)から広島へ移転なさることが決まったふくふく牧場さんを応援しようという名目で企画された・・・

ふくふく牧場さん、頑張って下さい応援ツアー

それでいて実は館長さん始め我々が単に行きたかっただけかもしれない(!?)ような、そんな散策企画でありましたよ。(笑)

尾瀬・ニッコウキスゲ①














時間的な制約もあり、尾瀬沼の東岸まで行ってお昼を食べ戻って来ただけですから、尾瀬って言っても「さわり」の部分だけなんでしょうけれど、好天にも恵まれ 爽やかな風に包まれた一日でありました。

尾瀬・ニッコウキスゲ②














貝泊写真倶楽部の会員番号3番のころすけさんが、綿密に計画を練って下さった御陰もあり、

「この日を逃したら いつ行くのよ?」

・・・・なほどの絶妙のタイミング。
ありがたかったですねぇ。ころすけさんには御礼を申し上げます。

尾瀬・ニッコウキスゲ④















例により、写真撮影を満喫してくることが出来ました。
思うようにはなかなか撮れないのだけれど、私としてはパシャパシャしてるだけで楽しかったりしますからノープロブレムであります。(笑)

尾瀬・ニッコウキスゲ③















こんな光景を脳裏に焼き付けて、またしばらく仕事に没頭も出来ましょう。
充実の一日。ありがたかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

行く途中、南会津の田島というところで偶然にも田島祇園祭にも遭遇。
かねてより撮影してみたかった「七行器行列」の花嫁さんが列をなして歩く豪華絢爛なる姿もカメラに収めることが出来ました。
帰りには会津若松で「ソースカツ丼」も食べられましたしね。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰宅時間が比較的に遅かったので、今回の主役でもあったふくふく牧場の福元さんには当院二階にお泊まりいただき、深夜まで語り合えたのが私にとっては更なる良き想い出となります。

震災後の揺れる想いは何方も一緒でしたでしょう。
中でも、我々と違って酪農という自然環境に大きく左右される第一次産業の皆さんの心中は、察して余りあるモノがあります。
広島への移転を決意された福元さんは、現在はネット環境から離れることを余儀なくはされてますが、実に誠実な方ですから 広島にて落ち着かれた日には またこうやってネット上で親しくお付き合いも出来ましょう。

昨晩もお話ししたのですが、前向きな彼には必ずや明るい明日が開けるように確信しています。
まだまだお若い彼と奈津さんという素敵な奥様の未来が、輝かしいモノであることを願ってやみませんです。



・・・・ってな事もあったので、ここしばらくは南会津で撮った写真を載せてみるつもりです。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月23日

イベントの主催は大変ですよね

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

明日は早起きしての尾瀬行きです。(笑)
困ったことに 遠足を前にした小学生のように睡魔が襲って来ませんが、そろそろ寝ないとならない時間となりました。(笑)

ってな訳で、本日 手短にアップしますが、まるとみ酒店さん主催で8月の初旬に開催されるイベント・・・・

「ハッピー♪ ハンドメイドマーケット」を御紹介しますね。

まるとみさんのイベント































ある企画イベントを具現化するって、相当なるエネルギーを要すると思います。
それを定期的に実現してる女将さんも凄いと思うし、また同時に協力して下さる大勢の主婦の皆さんのサポートもなかなか得難いモノではありますよね。

参加するのは大好きだし容易かもしれませんが、その裏で御尽力なさってる皆さんの姿があることを忘れてはなりませんね。
ちょっとヨイショ(!?)入りますが、ナニかに打ち込んでる皆さんの姿は輝いていて素敵に思います。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そのまるとみ酒店さんのある小名浜で先日、休日の夕暮れを捉えてみました。

夕暮れの小名浜港①

































三崎公園ふもとの「松下公園」でしたっけ?
見晴るかす工場群。
なんか、佇む女性のシルエットが良かったように思いました。
遠方に広がるその工場群の辺りに、今月 見事再開を果たした「アクアマリンふくしま」が位置してる、そんな場所でありましょうか。

夕暮れの小名浜港②

































地元の方に伺ったのですが、このミニ灯台は、本来は左から繋がる堤防の端っこに立っていたそうです。
そう、堤防が津波で破壊され、半分水没しかかってるところなんでしょう。

穏やかな海に見えますが、牙を剥いた時の威力は凄まじかったんですね。
今後は、穏やかなる海で居てくれることを願ってやみません。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月22日

「先生、お任せします」も結構困る

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

「涼しい」を通り越して、「寒い」とすら思えるほどの一日でありました。(泣)
数日前には、早朝のクルマの温度計が30度を指し示していた日もあったのに、今朝は同時刻で16度・・・。
思わず、長袖のシャツを着て、アンクルソックスでなく普通のソックスにして仕事に向かいましたが、ちょっと失敗。やっぱり日中の室内は暑かったです。(笑)

小名浜港の船①















さて、今日も仕事中に覚えた感覚なのですが、表題のように歯科医サイドにも困る台詞ってあったりするんですよ。きっと多くの歯科医師の共通の見解かと思いますが、しばしば患者さんが仰る・・・・

「先生にお任せします!」

に対して、結構 困るっていうのか「そう言われてもナァ~」の時があったりするのです。患者さんとしては、我々への全幅の信頼という意味で仰って下さってるのは よ~~く理解できるのですが、やはり御本人によるセルフコントロールは必須かと考えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

例えば、糖尿病などの疾病もそうかと思いますが、内科の先生だって ただ単に任せられても困ることもあろうかと思うのです。
どうあっても食生活改善・運動習慣の見直し等の生活習慣病改善の基本は御本人がその気にならないと難しいでしょう。
病気の克服ってそういうことですよね。

クルマの両輪っていうのが私のイメージなんですが、片方の車輪が御本人、もう片方の車輪が歯科医療スタッフ。
時に道のりは長かったりしますけど、同時に両輪を上手くコントロールしながら 口腔内環境改善のステップを踏んでいけると宜しいと思います。

小名浜港の船②














余談ですが、女子サッカーの選手達が俄に脚光を浴び始めてるのは歓迎すべきことですね。
ひたむきな努力、たゆまぬ鍛錬の賜でしょうから、夢にまで見たスポットライトは当然っちゃぁ~当然でしょうか。

ただ、だんだんにそれがエスカレートして、マスコミが彼女達のプライベートまでを どんどん暴いていくような悲しい行為は慎んで欲しいと思います。
持ち上げといて その後に完膚無きまでに叩きのめすような報道は選手達の努力を踏みにじるようで見ていて気持ちの良いモノではありません。

選手達は、きっと「結果がすべて」であることを今回のワールドカップで知ったことでしょう。そう、「結果がすべて」なんですから美談ならいざ知らず、醜聞のような取り上げ方はして欲しくはないですね。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月21日

今週末、二度目の尾瀬に出向く

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

「恵みの雨」程度だとありがたいのですが、大量に降ったことに加えて今度はこの涼しさ・・・。(泣)
ビックリですね、まさか長袖が恋しくなるほどに気温が下がるとは考えても居ませんでした。なかなかこちらの思惑通りには行かないモノですねぇ。

涼しいのは凌ぎやすくって良いのですが、数日後には どうせまた暑くなることを考えると その気温変動が体力を奪うことにもなりかねません。
十二分に体調に注意をせねばなりませんね。

モチロン、私も然り。気を付けねばなりません。
何故なら今週末の土曜日に尾瀬に出向くことになっているから・・・です。(笑)

貝泊写真倶楽部主催の「尾瀬トレッキングツアー」。
会員の皆さんと尾瀬に出向きます。
尾瀬と言えば、10年ほど前にグルッと「三条の滝」まで一回りしたことはあるのですが、今回が二度目の訪問。気心の知れたカメラ好きばかりでのツアーですから 存分に楽しんでくるつもりで居ます。

稲の水滴①














お休みをいただくのは患者さんに対して心苦しくもあるのですが、歯科医業関連(改装とか講習会出席とか)以外の院長の個人的都合での休診は数年に一度ぐらいしかないので、御容赦いただければありがたいです。

心地良い疲労を感じながらも、存分に鋭気を養って来ますね。

稲の水滴②

































急に気温が上昇し、暑さがぶり返しそうになる台風一過。
明日か、数時間後にはまた気温上昇が始まるんでしょうか。(泣)

因みに、物心つくまで「台風一過」は「台風一家」とばかり思ってました。

「どんな家族構成なんだろう・・・・・?」

マジで、そんな感覚を抱いていたモノです。(恥)
週末も ほどほどの暑さ加減だと嬉しいのですが、どうでしょうか。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月20日

そりゃ降っては欲しかったけれど

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

連日暑い日が続き、当院の医院外周の植栽悲鳴を上げてました。
なので そろそろ降っては欲しかったんですけどねぇ、よりによってナニもこんなに降らなくっても・・・・(泣)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一週間前、ちょうど連日の暑さが続いた日々。
こんな写真を撮ってました。その時は どう見ても「盛夏」でありましたよ。

三崎公園に人々が憩う④

































三崎公園に人々が憩う⑤

































大袈裟に言うと、灼熱地獄のような毎日でした。
この海沿いの公園に「」を求めて人が来てましたけど、周囲はいかにも暑そうな「」で 私も決して涼しいとは思えなかった気がしましたけど。(泣)

三崎公園に人々が憩う⑥















そのうち、この3枚の写真で、「“涼”を求める人々」的にブログに書こうかな・・・なんて思ってたんですが、ナンだか急にこんなに降っちゃって・・・。
確かに涼しくなって 宜しかったのは宜しかったのですが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

台風6号の影響で、四国では総雨量が1500ミリに達するとか・・・。
人の身長ほどの雨量が地域全域にもたらされたら・・・・(泣)。
水没や川の氾濫は避けられないようにも思います。

3月からの度重なる地震で、地盤が緩んでたりしてるエリアもありましょう。
そこに大雨・・・・で土砂災害や水害など起きなければ良いですね。

海岸線沿いは波浪警報そのものの高い波が押し寄せて、報道番組を見てるだけでも危険性や恐怖を感じます。
ただ、それでも堤防が全滅になる訳ではないようですし、海岸線をズタズタにして行くほどではない・・・・んですね。

裏を返せば、3月の津波のその甚大さかと。
こんな台風レベルの「波」ではなかったってことでしょう。
改めて本当の怖さを思い知らされる気が致します。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月19日

裏磐梯グランデコのトレッキング

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

せっかくの連休ですし、被災証明の高速無料化なんてのも利用できた事もあって、親子3人で裏磐梯はグランデコのゴンドラに乗って涼やかなる高原をトレッキングして来ました。でも・・・・

・・・思っていたほど 涼しくはなかったデス。(泣)

グランデコ・ゴンドラ①














高原へは、麓のグランデコからゴンドラに乗ること約15分。

グランデコ・ゴンドラ③山頂駅で下りて、「ブナの小路」を回り、「デコ平湿原」をグルッと一回り。
途中で、「熊の爪あと」なんて表示にちょっとびびったりしながら・・・・(笑)。

ところどころの水場では写真撮影に勤しみ、三脚無しだった事を嘆きながらも とにかくスローシャッターにトライ。








グランデコ・ゴンドラ②














グランデコ・ゴンドラ④














このレベル(標高)以上だと、「トレッキング」というよりかは「登山」になるんでしょうか。それでも歩くこと1時間近く、良い汗を流す事が出来ました。

グランデコ・ゴンドラ⑤

































周囲を見渡しながら、新緑のようでもアリ・・・・

グランデコ・ゴンドラ⑥















逆に初秋のようにも感じられたり・・・

グランデコ・ゴンドラ⑦














下りもモチロン 楽ちんのゴンドラで・・・・(笑)。

グランデコ・ゴンドラ⑧














高速道路の降り口では渋滞していましたし、途中 工事区間の渋滞なんかにも巻き込まれはしました。それでも時間が読めなくなるほどではなかったでしょうか。

裏磐梯への人出は思ったほどではなかったように思います。
福島県でナンバーワンの観光地かと思いますけど、ここにも風評被害が及んでるんでしょうか。だとしたら残念ですよね。(泣)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月18日

可憐だけど凄く強い・・・「なでしこ」

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

ナデシコの花言葉の中には「快活、女性の愛」ってのがあるんですってね。
「なでしこ」を「撫子」って書く事は知ってはいましたが、そもそも名前を知ってはいても どんな花かは知りませんでして・・・・。(恥)

復興日本の象徴になれるでしょうか、キックオフは数時間後ですけど にわか「なでしこジャパン」ファンとしては応援せずにはいられませんねぇ。

この選手達、新聞情報によれば決して恵まれた環境ではないようですよ。
仕事をなさってる皆さんの待遇は、月収20万円程度でも良い方だそうです。
ナニが彼女達を駆り立て、背中を押してくれるのかは解りませんが、リーダー澤選手の最高の笑顔を見たい気がします。

それにしても今まで知らなかったけど、「なでしこジャパン」には随分と綺麗で可愛らしい女性が多いんですねぇ。
素敵な彼女達が、歴史を作ってきた大勢の女性の夢にまで見た「悲願」を達成してくれると良いですね。

ひまわりの後ろ姿①















報道では、ピッチに立つ選手だけでなく「裏方さん」の精神面でのバックアップの大きさが評価されてるようです。
そんな話を聞いただけでも、益々 有終の美を飾らせてあげたくなりました。

ひまわりの後ろ姿②














因みに こっちの写真は「アリのシルエット」付きです。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月17日

「六魂祭」・・・杜の都が揺れている

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

そのネーミングには驚きました。

東北六県のが一堂に会する 「六魂祭」

復興を目指す東北の想い(魂)をひとつに・・・が良いですよね。
残念ながら昨日は大混雑で収拾が付かなくなったようですが、どうか成功裏に終わってくれる事を願わずには居られませんね。

カメラ持って行きたかったなぁ~。(笑)
もっとも仙台名物の七夕だけでも、人、人、人で写真なんか撮ってる状況ではなかった記憶があるので、難しいんでしょうねぇ。

モンシロチョウの影















にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1

ハイブリッドIS搭載レンズに酔う

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

よく解ってはいないんですけどね、「世界初、ハイブリッドIS搭載!」なんて文字に弱いです。(笑)
ISって言うのは、一眼レフのレンズに搭載されてる手振れ補正機構(イメージスタビライザー)のことで、手持ちで高精細の撮影に適してるようです。
そういった機構もどんどん進化していて、角度ブレとシフトブレの両方に対応するとかで「ハイブリッドIS」なんだそうです。

EF100mm F2.8マクロ IS USM

節目の誕生日に、自分へプレゼントしてみました。(笑)
男子ですから、こういった機械モノを見ると所有したくなります。

キャノンのまわし者?(笑)
















まるでキャノンのまわし者(!?)のようですが、カメラ、とりわけ光学系のレンズとかには憧れのようなモノを感じてます。

カメラ好きの方々の中には、所有欲を満たす満足感がお好きな方もいらして、大事に磨いて専用の防湿保管庫の中に眠らせておく方もいらっしゃるようですが、私は間違いなくフル活用派です。
常々、道具は使わないと勿体ないと考えています。

で、早速にトライしたのが逆光写真だったって訳です。(笑)

今朝も、ちょっとした散策に出向きました。昆虫嫌いな方には申し訳ないですけど被写体として好きなモンシロチョウです。端から見るとどうかは解りませんが、こんな瞬間に出会うとワクワクする自分を感じます。

マクロの世界















「好きこそモノの上手なれ」を信じて、今後とも邁進していく所存であります。(笑)

因みにこのモンシロチョウは、相当に弱っていたかお疲れだったと思います。
トリミング無しの等倍撮影でしたけど、目の前にマクロのレンズが来て逃げない蝶は初めてでした。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月16日

盛夏、早起きして逆光にトライ!

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

今日も長く暑い一日でした。(泣)
沿岸部の浜通りでこうなんですから、福島県内陸の中通り・会津地方は「盛り」なんていう表現を越えるほどの「猛々しさ」が感じられたことでしょう。
昔は聞いた事も無かったような「熱中症」なる言葉を耳にするようになり久しいですけど、くれぐれも犠牲者が出ないと良いですね。

さて、報道ステーションに出演されてた震災復興会議の議長でもある防衛大学校校長の方が頷ける事を仰ってました。
いま現在の福島県民は・・・・
地震・津波・原発・風評被害、そして 離散 の五重苦だと。(泣)
地域の方々が離れ離れになり、しかも先の見えない漠とした不安。
でなくとも落ち着けない日々に猛暑が襲いかかる・・・。

ナンとかならないモノかと思います。

今までの震災だったら、または台風被害等だったら、通り過ぎさえすれば復興の槌音が聞こえ始めたのに、原発災害は先がまったく見えないという意味で、かつて無い困難ではないか・・・と表現されていた事に深く共感いたしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思うようにならない日々を感じながらも、私自身は少なくとも五重苦なんておこがましい二重苦ぐらいにしか見舞われてはおりませんが、下を向いてばかりではナニも始まりません。
暑い盛りでもあり、こんな時には早起きして気分転換が一番でしょう。(笑)

庭の紫陽花(アジサイ)や擬宝珠(ギボウシ)と、まさに上り始めた太陽を逆光で入れて遊んでみました。

早起きは三文の得①















もう少し光が紫陽花に届くのを待てば良かったんでしょうか。

早起きは三文の得②














良い感じになって来ました。(笑)

早起きは三文の得③















順光の花の色合いも素敵ですけど、時に逆光のシルエットは写真の世界観が変わりますね。

普通の仕事の日にはなかなかそうもいきませんが、今度の連休中もこんなふうに遊んでみようかと思っています。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月15日

藤原正彦氏の憂いに共感する

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

藤原正彦さん・・・という名にピンと来にくい方でも、「国家の品格」という書籍名には記憶がありませんでしょうか?
6年前の大ベストセラーですよね。あの年、その後の「女性の品格」(板東眞理子著)などの「品格」ブームの最初だったように記憶しています。

そもそも藤原正彦氏は、作家として名高い新田次郎・藤原てい御夫妻の御子息であります。
二十数年前に読んだ事のあった藤原ていさんの自叙伝に書かれていたあの時の御子息が書かれた本かぁ・・・・と懐かしさに似た気持ちを抱いて手に取って以来、お茶の水女子大学名誉教授まで勤められた数学者らしい理路整然とした意見に共感し、感嘆する部分を大いに感じています。

その彼の最新作、『日本人の誇り』(藤原正彦著)

彼なりの戦後の日本人に対しての憂い、今回の地震における日本人の対応の徹底検証、原発問題への言及に心地よさを感じています。

内容的には批判を受けるところもあろうかと思いますが、それでも60代後半の識者が論理的に「キチンと物申す」のはナンだか嬉しさを感じる次第です。
昨今の政治家の皆さんにも是非呼んでいただきたくなるほどの内容かと思います。

「日本人の誇り」・・・微塵も見られないですもんねぇ。(泣)

滑り台①

































こういった光景を、早期に当たり前に見られるようにして貰いたいモノです。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月14日

私を支えてくれる人達がいる・・・

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

昨日の酒井歯科医院における朝礼時に、ありがたいモノをいただきました。
スタッフには毎年毎年、感謝であります。
その折にも伝えたのですが、院長含め まだまだ若干(!?)の至らぬ部分も無い訳ではありませんが、そこはそれ お互いがカバーし合い、この職場が日々全員で成長できる・・・・そんな場になれれば嬉しい、そう考えています。

目指す目標は高く持ち、道のりは長ければ長いほどやり甲斐もありますから、全員で刺激し合って精進して行ければ・・・と願います。

スタッフからの誕生日プレゼント
















包装紙のクマさんマークが、ナンとも言えずに可愛らしく・・・(笑)。
中味は院長の健康に配慮してくれたグッズ。
ありがたく使わせていただこうと思います。

いつもは帰宅時間が遅かったりする子供達も配慮してくれて、夕食後にはささやかだけど家族揃って大好きなケーキ屋さんのケーキで・・・

ささやかだけれど・・・















大袈裟なことはないけれど、私にはこうやって支えてくれる人達が居てくれるので、その存在は また明日から頑張る原動力にもなりましょう。

10年なんて、過ぎてしまえば長いようで案外短いモノですよね。

今度の節目は「還暦」ということになっちゃうのですが、そこまで私自身もそうですがスタッフ・家族共に健康で充実した日々が送れることを願ってやみません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10年後には、赤いチャンチャンコを着て写真アップする予定であります。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月13日

「努力は人を裏切らない」と信じる

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

確か小学校も低学年の頃のことだったかと思うのですが、横浜から母方の祖父母が遊びに来てくれた折に、三春の方にある阿武隈洞という鍾乳洞に出向いたことがありました。
実は、行った事実はまったく記憶に無いのですが、そこの土産物屋で買ってくれたモノだけを鮮明に覚えているのです。

鍾乳石なんでしょうか、厚さ5ミリほどの縦長プレート状の石(!?)の表面に記憶によれば「墨汁」で「努力」と書かれていたモノでした。
ま、シンプルっちゃぁ~実にシンプルなんですが、その後数年間は学習机の正面の柱にぶら下がっていたように記憶してます。

「努力」・・・・ナンとなく気恥ずかしい響きがありますが、たぶん時代がどれだけ変わっても人間の根幹をなす行動規範に違いないと私は信じちゃってます。

そろそろ終わりの紫陽花①















娘ほどの年齢の当院スタッフに、最近よ~~く話をします。
たぶん、私がその年代にオヤジ世代の年長者にそんな風に諭されてもピンと来なかったに違いないのですが、それでも言ってしまいますね。

知らないことがあったら すぐにPCやiPadで調べよう・・・。
あらゆることに興味を持とう・・・・。
積極的に本を読もう・・・・。
聞くは一時の恥、知らぬは一生の恥だよ・・・・と。

そういった小さな努力の積み重ねが自分を成長させるとなることなんて、若いうちには気が付けないと思うけど、これだけは普遍的真実であると事ある毎に訴えちゃってます。(笑)
「院長の説教がまた始まったよ」と思われても、20~30年後には気が付くはずなので嫌がられてもそう心掛ける日々を送るように頻繁に口説こうと思ってます。(笑)

そろそろ終わりの紫陽花②















そういった たゆまぬ努力は、人を裏切ることが無いと信じます。
仮に結果が出なくとも、努力したという事実は自分に自信をもたらしてくれるだろうし、いつの日か、ナニかの折に自分を助けてくれることもあろうかと思うのです。
そう信じてるので、今でも私は彼女達からすれば信じられないほどの量の書籍に目を通しています。自分自身が出来ないことを人に勧める訳にはいきませんから、まずは院長自ら実践しないとなりませんので・・・・。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さぁ、明日13日は私の誕生日。
気が付いたら半世紀も生きてしまいました。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月12日

そうかもしれない・・・「縮む福島」

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

昨日の朝日新聞の一面の見出し・・・・福島県民としては実にショッキングな表現でした。

「縮む福島」・・・・

確かに、190万人前後かと記憶してた総県民数の中から 県外(県内は別)に避難された方が36,000人。ここ3ヶ月で46,000人も失業者数が増えたとあっては あながち誇張しすぎた表現では無いのかもしれませんね。

ただ実際には、浪江町・双葉町・大熊町・富岡町と言った半径10キロ圏内の人口激減エリアと、距離的には茨城県とか宮城県よりも遠方に位置する南会津や会津若松市エリアへのダメージが同じレベルで語られるのはおかしく感じもします。
同じ福島県下でも、新潟県寄りの西部は縮む理由は無いはずなんですけどねぇ。

それが新聞の見出しに「縮む・・・」と大々的に書かれてしまえば、南会津でも確実に風評被害的なダメージは被りましょう。
メディアによる情報操作の典型例のような気がしてなりませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、高台への避難がてら 三崎公園に涼風を求める方々の撮影なんかに勤しんでましたけど、大気中の放射線測定値が比較的低いとされるいわき市においても、市民各位はやはり不安を募らせているに違いありませんね。

こんな御家族を目にしました。

三崎公園に人々が憩う①

































父子3人を、ママがパチリとスナップショット。
微笑ましい光景でして、良い感じですよね?

ただし、当初は気が付いては居なかったのですが実際には真夏の炎天下であってもこんな状況ではありました。

三崎公園に人々が憩う②

































小さなお子さん二人は、マスク着用でのお散歩タイム・・・・。(泣)

4ヶ月という時を経て、我々はもう地震なんて怖がっちゃいません。
津波は、警報・注意報に従って一目散で高台へ逃げます。

それでも、原発への不安は日々増すばかりです。
もうこれ以上、ナンの罪も無いお子さんやその親御さんを不安がらせる事のなきように祈りたいモノです・・・・。
それこそ県民各位の立ち上がらんとする意欲は放射能を恐れて萎縮しかねません。

炎天下のマスク着用・・・・これこそが福島県民の不安意識の象徴ではないか、そう感じた光景でした。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月11日

モンシロチョウに遊ばれる(笑)

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

あちこちで見かけるモンシロチョウですが、いざ写真に撮ろうとすると結構 厄介であります。(笑)
離れていては撮れないし、近付けば逃げられちゃうし・・・。
それでも こっちも意地になって追いかけて、存分に弄ばれてしまいました。(笑)

モンシロチョウに遊ばれる②

































発見、接近、逃亡、追跡・・・・の繰り返し。(泣)

モンシロチョウに遊ばれる③

































花に止まっていてくれた方がピントは合わせやすいです。
モチロン、こちらは汗だくです。(泣)

モンシロチョウに遊ばれる④














絞りを開放にして、背景をぼかす作戦。

モンシロチョウに遊ばれる⑤















撮ってる時には気が付きませんでしたけど、クモはあちこちに罠を張ってるモンですねぇ。私も朝 新聞を取りに行く時や出掛けにクルマに乗り込む時に よく引っ掛かりますけど。(笑)

モンシロチョウに遊ばれる①















5枚の写真をアップいたしますが、ピントが合ってたのは実はこれだけだった・・・・って話もあります。(泣)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月10日

結局会えなかった「南極観測船」

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

南極観測船「SHIRASE」・・・・って言ったって、「元」ですけどね。
7日から13日まで、小名浜港に入港してると聞いて出掛けてきました。

小名浜港の安全宣言アピールの為と思われますが、この「SHIRASE」はそもそもは1982年に海上自衛隊の砕氷艦「しらせ」として就役し、83年からは2008年まで南極観測に従事。
退役後には気象情報会社「ウェザーニューズ」が所有中とのこと。

異様に暑い一日でしたけど、晴天でもあり 写真撮影的興味もあったので出掛けてみたのですが、残念ながら・・・

結局 会うことができませんでした。(泣)

モチロン、現在の小名浜は大勢の方々の尽力で復旧が急ピッチで進んでいるのでまったく問題は無かったのですが、到着早々 駐車場の係りの方が、

「地震があって、津波が来るので、高台に逃げて下さぁ~い!」って。(泣)

気付いてなかったので慌てましたけど、大したことはなかったんですね。
それでも3月の時は完全に水没したエリアですから無理もありません。

小名浜港・界隈①

































消防のクルマが津波警報を知らせてくれてました。

小名浜港・界隈②














たぶん、このライダーさんは地震とか津波とかに気が付いてなかったと思います。

で、取り敢えず高台に避難。

三崎公園①















青空を際立たせるPLフィルターを忘れたので、今ひとつでした。
いわき市の観光名所のマリンタワー、流石に最上階には誰も見当たりませんでした。

南極観測船「しらせ」














取り敢えず、「SHIRASE」を望遠で撮ってはみました。(笑)

メガフロート? 台船?















沖合に浮かんでるモノは・・・・・・?
展望台に居た方が、「メガフロートじゃないか?」って仰ってましたけど、単なる台船かもしれませんね。メガフロートだったら もっと第一原発付近の沖合に停戦してるはずですもんね。

その後、お昼前には警報も解除になったのですが、時間の関係上、やむなく小名浜を後にしました。

今日の地震。
いわき市ではまったく被害は無かったようですが、震源に程近い三陸ではどうだったんでしょうか。被災地に もうこれ以上のダメージが無いことを願います。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月 9日

無線LANスポットとしての活用法

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

暑中お見舞い申し上げます・・・・・・(泣)。

ホントに暑かったようですね。
屋内で仕事する私ですら解ったほどの刺激的な暑さの一日でありました。

そもそもいわき市は、福島県内では海岸沿いの比較的最高気温の低いエリアではありますが、それでもこの猛暑ですもん、それなりに暑かった・・・・。
だもの、同じ県内でも福島市・郡山市・会津若松市といった内陸の盆地は最高気温が数度ほど高く、それはそれは酷い暑さだったことでしょう。

被曝を避けて屋内で、しかも外気を入れずに・・・なんて言っても、そんな事してたら熱中症でダウンしかねませんね。
福島市・郡山市は大気中の放射能測定値が比較的に高いエリア(いわきの5~6倍)ではありましたが、こう暑くては住民の皆さんのストレスは高まるばかりではないでしょうか。

この暑さは実に辛いですよねぇ・・・・(泣)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、昨今 無線LANスポットの設置箇所が急速拡大中という話題をよく耳にするようになりました。スマートフォンの普及に伴い、今後はコンビニでもWi-fiでしたっけ、無線でのネット接続ができるようになるようで、それは間違いなくネットやスマートフォン愛用者にとっては朗報ですよね。

手前味噌になっちゃいますけど、早期に院内無線LANスポット化を具現化していたのですが、やっと時代が追いついて来てくれたのかもしれませんね。
ま、どこまで出力を上げるのが適正なのか・・・と言った課題もありまして、難しかったりはするんです。
確か、最大出力だとかなり広範なエリアをカバーしてしまい、近隣の住民の方々に逆に御迷惑をお掛けしかねないようなイメージもありますし・・・(困)。

今は、出力を絞って院内エリアに限ってますが、今後は医院二階医院駐車場でも無線LAN接続が可能になるようにちょっと出力を弄ってみるつもりです。

あまりの暑さに辟易しますよね(泣)

































あれこれとアイディアは膨らみましてね。

昨今では、新聞雑誌マンガ読書iPadがあれば接続可能です。
待合室にて、iPadを患者さんに貸し出しすればお待ちいただく際にも少しストレスが緩和されるかもしれません。

性格なんでしょうか、考え出すと具現化したくなっちゃうんですよねぇ。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月 8日

重すぎる・・・「朽ちていった命」

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

好きなので、本屋さんには良く出掛けます。
目的の書籍がある時にはモチロンのこと、何とはなしに書棚や山積みになった新刊を訳も無く眺めながら あっちいったりこっちいったり、ピンと来る本を見つけたら手に取って・・・・・本好きにとって こういった時間は嬉しくなっちゃいますね。

昨今では、原発関連をテーマにした本が「売れ筋コーナー」に多く並んでます。
気にならなくはないんだけれど、どうも肯定派・否定派どちらにしても便乗商法のようなイメージが私には拭いきれず、実は今までさほど手に取ることはありませんでした。

そんな中、NHK取材班が書いたという下記の本をナニ気に手に取り購入。
先日も取り上げたNHKの解説委員の方々が書かれた本が納得の一冊だったこともあり、気になった・・・ってところでしょうか。
「そう言えば隣県で起きたトラブルを良く知らなかったなぁ・・・」といった想いも手伝って読み始めたら、その衝撃的な内容に眠れなくなっちゃいました。

大袈裟に言うと戦慄さえも覚えた次第です。(泣)

朽ちていった命・・・・被曝治療83日間の記録

















モチロン、12年ほど前に起きた東海村原発のJCOという核燃料加工施設の臨界事故は記憶してましたけど、まさに「対岸の火事」程度にしか捉えてなかったんですね。
お二人が被曝して亡くなったこと、ニュースで「臨界」という単語が頻繁に使われていたことなどは理解はしてましたけど、ちょうど歯科医院運営が完全に軌道に乗る頃で忙殺される日々が続いていたんだか、詳細内容までは理解してなかったようです。私自身に余裕が無かったっていうのが正直なところかもしれませんが。

壮絶なる死を遂げた現場作業員の被曝後の83日間の記録
朽ちていった命」という文庫化に伴う改題は的確だと思うし、そもそもNHKスペシャルとして放送されたという『被曝治療83日間の記録』の趣旨を時を越えても曲げることなく忠実に表現していて、文字列が素直に私に入って来た気がしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

臨界に達した時に放たれるという「チェレンコフの光」。
放射線の中でももっともエネルギーの大きい中性子線が、作業員の身体を貫いた瞬間だったそうです。
瞬間被曝量は、推定で20シーベルト(ミリでもマイクロでもなく)だったとか・・・。

それを浴びた瞬間に、絶対に抗うことが出来ない生命のカウントダウンがスタート。後世、「モルモットにした」とかっていう批判を覚悟の上で一縷の望みにかけた献身的医療チームの実際にあった物語。
今回のトラブルと同じとは思いませんけれど、考えさせられる一冊でした。

この子達の瞳を曇らせることがあってはなりませんね。

我が家の半漁人(シーラカンス)






























再開が待たれる「アクアマリンふくしま」の職員さん達が、避難されてる児童を大勢受け入れてる小学校を訪問して、「移動水族館」の様なことをなさって下さってるとか・・・・・。(違ってるかもしれません)
気に入ったんでしょう。
自宅でも その時に配られたヤツを頭に乗っけて・・・・(笑)。

我々大人は、子供達から微笑ましい日々を奪ってはなりませんね。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月 7日

5年ぶりの免許の更新に出向く

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

学生時代に「運転免許証」というモノを手に入れてから、今までに何回更新したでしょうか。優良運転者故に、いつも30分程度の講習を受けるだけで済むのですが、平日だと休診日の木曜日にしか受講できないという事情もあって、本日チョイと離れた「いわき南警察署」に出向いて参りました。

免許証用写真は、先週「いわき中央警察署」で撮影。私の場合は、今後 再度「中央署」に出向いて新免許証を手にすることになるようです。

同感の方も多かろうかと思いますが、その免許証の更新の度に・・・・

「ナンで、こんなに写真写りが悪いんだろう・・・・(泣)」

と今回も前科一犯のような写真を見せられることになるんでしょうか。(泣)
画像のレタッチソフト等での修正を施してくれれば良いのに・・・なんて思っちゃいます。(笑)

運転免許の更新①





























講習、ちゃんとしっかり聴いて参りましたよ。(笑)

今まで、車庫で擦った程度の軽微な事故はありますが、人身事故や保険を用いるような事故は起こしたことはありません。
クルマという凶器を操る以上、生涯に渡ってそう居られるようにと願わずにはいられません。

今日訪れた「南署」には、県外ナンバーのパトカーも来てましたよ。

運転免許の更新②
















福井ナンバーのパトカーに、「がんばっぺ・いわき」シールが貼られていて、ちょっとニヤリとさせていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

片道十数キロのチョイとしたドライブ。
クルマのラジオで、国会中継なんぞを聴きながらの移動だったのですが、

「情けない、呆れてモノが言えない・・・」

ってこういった感覚なんだな・・・って納得ができました。
とてもじゃないですけど大人の議論ではなかったです。
アレを聴いていたら、誰しもが「もう、この国は終わり」と思うに違いありません。
国会には被災者の苦悩なんて一切届いてないようです。(泣)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月 6日

当院スタッフにも、そうありたい

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

思えば会社勤めはしたことがない私です。
大学(歯学部)卒業後には個人歯科医院で御世話になったことはありましたが、「大企業」とか「会社員」とか「就活」なんていう単語とはずぅ~~っと無縁の生活でありました。

そんな私は、今まで 大きな企業というモノが、社員という立場にある方々をどんな風に処遇するかなんて まったく存じ上げません。
仮に知っていたとしても、それは実体験を伴うモノではなく、所詮 机上の空論に等しい読書レベルでの知識でしかなかったに違いありません。

それがつい最近、大会社も想像以上に社員を大事にしてくれることがある・・・という実に良いお話を伺うことができました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ある男性の会社員の方。

仕事は厳しいこともあったでしょう、もしかしたら会社側から無理難題を押しつけられたこともあったかもしれません。それでも一生懸命に社の為に尽力したその方に、どうしても予期せぬ家庭の事情が生じたりすることがあったとします。

私のイメージとしては、会社は個人の事情なんて無視するんじゃないか、軽視するんじゃないかと思っておりました。
どうあれ「家庭優先」は「会社優先」を上回ることはないと考えていたからです。

でも、そうでもないんですね。
その方が、優秀な社員さんだったからなのかもしれませんが、会社は時にその社員さんが感涙にむせぶほどの全面的サポートをしてくれることもあるモノだ・・・という事実を漏れ聞き、そして学びました。

どこの会社・・・とは申しませんが、大きいからというだけでなく、ホントに社員思いの立派な会社なんだなぁ~という意味で好感を覚えた次第です。

見頃は終わりでしょうか?①














省みて当・酒井歯科医院。(汗)

院長は、医療サービス向上に向けてスタッフに対し実に厳しいです。
常にあれこれを考えながら、意識的に見聞を広め、それを元に自分自身の判断能力を磨き、それらをベースに自ら動いてくれることをみんなに求めます。

その事に対し、若き女性達ですから不満を感じることもありましょう。
それでも、一朝有事の際には、スタッフ個々人の事情を全力を持ってサポートするリーダーでありたいと願います。

見頃は終わりでしょうか?②















難しいんですけどねぇ。(汗)

やがて当院を巣立って、幾年の歳月が流れたその日に、そう言えば若き日を共に過ごした院長の厳しさは意味があったような気がするなぁ~なんて懐かしく思って貰える日が来るように、理不尽なことは決して求めずに、常に誠実なる厳しさ優しさでみんなに接して行きたいという想いを新たに致した次第です。

零細企業だって大企業に負けない心意気は持っていたいモノです。(笑)

ま、残念ながら大企業ほどの優遇は絶対にできませんけどね!(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月 5日

重すぎちゃってスイマセンでした

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

ブログに限った話ではありませんが、性格的に貧乏性なんでしょう。
どうしても載っけられるモノは載っけたくなってしまうのです。(笑)
せっかくデジブックに纏めたモノは 表示したくなっちゃって、ブログ両袖のスペースにブログパーツとして載せちゃってました。

それが閲覧して下さる方々には逆に迷惑になるんですね。(泣)
私のブログページを開こうとすると、いわゆる「重い」状態となり、表示に時間が掛かってたようです。

ゴメンナサイです。

私は端から見ればパソコンとかブログとか得意のように思われてますけど、案外そういったベーシックなことすら知らなかったりします。
以後気を付けますので御容赦いただけると幸いです。

蜘蛛の巣の水滴②















先日の貝泊写真倶楽部・貝議にて、仲間の皆さんに御指摘いただき助かりました。

早速にシェイプアップ。

デジブックや動画(YouTube)をカットしただけで随分と違うんですね。
今後ともナニか気付かれることがあったら御教示いただけますと嬉しいです。

蜘蛛の巣の水滴①















写真は雨上がりの朝のマクロ画像(クローズアップ)です。
レンズを通して見てみると、あたかも銀河系の星雲を彷彿とさせる小宇宙が葉っぱの上に広がっていて、私が好む世界でもあります。

マクロ撮影で愛用するCanon100ミリマクロ・レンズ
十数年使っていて 既に元は取っております。
悩ましいことに新製品が出ましてねぇ。ハイブリッドIS(イメージスタビライザー)なんていう横文字のフレーズに弱かったり致します。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月 4日

末は博士か大臣・・・でなくていい

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

子を持つ親の気持ちとしては、この子は「末は博士か大臣か・・・」などと夢見る事があっても不思議ではありません。
冷静に考えれば、そんな事を迷うもナニも 自分の子なんだからなれることなどあろうはずも無く それを案じる必要性なんて全く無いのですが、気持ちは解らなくもありません。(笑)

でも、昨日の松本復興担当大臣の宮城県の村井知事への暴言とか見てると、大臣になんかならなくって良い・・・って思っちゃいますよね。
「なれない」んではなく「ならなくて良い」かと・・・(笑)。

震災後の日本人を評して、「国民は一流」、「官僚は二流」、「政治家は三流」と諸外国のメディアが評したとかしないとか・・・

まったくもって その通りでありました。(泣) 

村井知事をよく存じ上げてる訳ではありませんが、自衛官からの転身、震災の前より心身共に厳しく鍛え上げられてるプラスの印象ばかり感じておりました。
それが年長者ではあっても命令口調で小馬鹿にされたとあっては、最大の被災県の首長として悔しさを通り越して情けなかっただろうなぁ・・・・。(泣)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

猛々しいと表現しても言い過ぎではないほどの猛烈な日射しの毎日。
その下で、避難所であれ、仮設住宅であれ、被災地に住まう被災者は そのニュースをどう聞いたことでしょう・・・・。
被災地復興に黙々と作業なさってる方や、防護服で作業してる原発作業員の方々が気の毒でなりません。

松本復興担当大臣は、野党からの非難囂々で辞任に追い込まれるんでしょうけれど、またまた政治の空白かと・・・・。(泣)
いったいこの国はどうなっちゃってるんでしょう?
中国始めアジアの新興国に負けるのは必然と思えてなりませんです。

女性には殊の外優しい貝泊写真倶楽部のリーダー

















嘆いても暗くなるだけですから、楽しいことを思い出しましょう。(笑)

上の写真も昨日の「会議」ならぬ「貝議」の1シーン。
女性に優しい貝泊写真倶楽部の館長さんが実に楽しそうでしたよ。(笑)

できあがり良好!

















パスタは、最後に イタリアにすっかり魅せられてしまった(!?)赤鼻さん&相方さんが持参して下さった舶来のチーズをかけて「出来上がり!」
ノンアルコールのビールをいただきながら、実に美味でありました。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月 3日

仲間が集うのが嬉しくてならない

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

つい三ヶ月前には、誰しもがこんな日を思い描くことはできなかったように思います。水が出ない、ガソリンが無い、放射能が恐い・・・・毎日を送ることだけで精一杯で、余裕なんて全くありませんでしたから。

それが・・・・
今でも原発トラブルという不安材料が無い訳ではないけれど、こんなふうに貝泊写真倶楽部の仲間のみんなと集える日が来るとは考えてもいませんでした。(涙)

本日、当院二階にその貝泊写真倶楽部の会員さんをお呼びして、「会議」ならぬ「貝議」を開催する運びとなりました。(笑)
って言うか、懐の広ぉ~い貝泊写真倶楽部・館長さんが、会員の皆さんにお手製のパスタを振る舞いたいということから実現した「臨時貝議」でありました。
美味しく、楽しく、そしてサプライズ的に嬉しい参加者をお迎えしての充実のひとときでありましたよ。

当院二階にて「貝議!」①
















当院二階には、結構 まともなキッチンがあるんです。(笑)

当院二階にて「貝議!」②
















館長さんは、「ソースから作る!」と威張ってましたけど、なにやらレトルトのソースらしきモノ発見。(笑)

当院二階にて「貝議!」③
















塩が無くて、急遽入れてみた調味料擬きの袋には、「永谷園」の文字が・・・(笑)。

当院二階にて「貝議!」④





























本来なら本職のカメラマンさんにカメラを向けるっていうのは、抵抗があり勇気の要る行為のような気もするのですが、そんな事を感じさせないお人柄・・・・(笑)。

当院二階にて「貝議!」⑤
















ちょっと、って言うかかなり豪華っぽい・・・・(笑)。

当院二階にて「貝議!」⑥
















今回の貝議に初めて参加して下さったのが会員ナンバー6番のぐぅ~さん
お手製の美味しいパンを焼いて来て下さいました。(感謝!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思えば我々は、大震災という予期せぬアクシデントを共有いたしました。
気分が落ち込む日々を、お互いに助け合い、いたわり合うことで乗り切った様な気がしています。
自分ひとりだけだったら 相当に辛い経験だったに違いありません。

そんな皆さんと、こうして集い合うことができ、楽しい時間を過ごせることが嬉しくてならないし、大袈裟に言うと それが私の「生きる力」に繋がっていくように感じられてなりません。
逆にそんな存在でもありたいと願う昨今であります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たぶん・・・・
パスタが大好評だったので、館長さんはまたナニかを作って下さることでしょう。
性格的におだてると・・・・・いえいえ、実にありがたい御方であります。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月 2日

東京・東北電力の電力使用制限

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

原発が止まってる以上、強制措置も仕方がないんでしょう。
今年の下半期スタートの今日から、電力の使用制限がスタートされましたね。

制約はないようなので、家庭レベルでの節電目標は比較的に取り組みやすかろうと思います。ただ、罰則規定まである企業に対しての15%削減は厳しいでしょうね。
準備期間もさほど無く、各企業の急遽の取り組みは大変だったことでしょう。
復旧・復興に被災者が全力で取り組んでいる東北の各地でも容赦無く 実施されると言うんですから穏やかではない気もします。(泣)

平の街中散策①






























「歯科」は大口需要家ではありませんから節電を心掛けるだけで済んでは居ますが、3月に実施された計画停電なんかが再度あろうモンなら、我々の業界も大変だったりは致します。
事前に時間が通達されていれば良いんでしょうけれど、前日通達や突然の実施はパニックを引き起こしましょう。

麻酔はしたけれど、ライトが付かない、切削器具も回せないとなれば・・・ちょっと考えたくも無いですね。(泣)
技工士さんにしても同じでしょう。「製鉄業」ではないけれど、やはり炉を用いて金属の鋳型作りなんかはしてますから・・・・。
これが時間を掛けて温度を上手くコントロールせねばならぬ厄介さがありますから、唐突なる停電は大いにお困りになることでしょう。

平の街中散策





























それでも、企業は別にして、節電は我々東京電力・東北電力管内の国民としては、電気・節電・省エネというモノを改めて見つめ直すキッカケになりますまいか・・・。

震災後に、我々に降りかかった長期にわたる断水
辛かったですけど、改めて水のありがたさを思い知らされもしました。決して悪いことばかりではなかったです。

電気をそんな風に思えるようになるか・・・。

もっとも、まだまだ寒い時季だったからこそクリアできた部分もありましたからね。
こう酷暑が続く日々の場合には難しいかもしれません。(泣)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年7月 1日

6月最終日、とても暑い一日に

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

夕方からは激しい雷&豪雨に見舞われ涼しくはなりましたが、日中は異様に暑かったですねぇ。場所によっては朝から30度を超えていたんではないでしょうか。
ちょっと しんどかったですよね。

今年は、例年この時期には行われていた「市民一斉清掃デー」が原発トラブルの煽りを受け お休みでしたので、本日の休診日を利用して、降雨前の午前中に家内と医院外周の草むしりをしたのです・・・・。

いい汗かきましたよ。(笑)

そんな暑い一日が始まる6月の晦日。
まだしのぎやすい朝のうちに、所用で通りかかった平の中央公園の緑が眩しく輝いて見えたので、携帯していたコンデジで撮って来てみました。
放射線測定値は地面付近で高く、しかも芝生は良くないようには伺っておりましたが、写欲には勝てなかった・・・ってトコでしょうか。(笑)

6月だけど「夏の朝」①
















空が綺麗でしたね。

6月だけど「夏の朝」②





























御婦人がベンチでちょっと休憩。

6月だけど「夏の朝」③





























実は、この公園って新しくなってから ほとんど来た事がなかったのです。
こんな像の存在を知りませんでした。

6月だけど「夏の朝」④





























「ふぅ~、朝っぱらから あっついナァ~~」

って言葉が聞こえて来そうでしたよ。(笑)
夏本番はこれから・・・ですが、今夏も厳しい暑さになりそうですね。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。

多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。

お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

Google +1