« 2018年4月
2011年5月31日

5月、休まず働けたことに感謝する

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

気が付けば5月も末日。肌寒いほどの今日31日。
1ヶ月前にはナニをしていただろうか・・・そんな風に振り返ってみる今晩。
5月初旬、GWの狭間に「半袖でも着ようか・・・」なんて考えていたことがとても懐かしく思い起こされます。

桜の盛りでしたよね。

貝泊写真倶楽部のメンバーと、田村地方の桜を巡り歩いたりしてましたっけ。
なかなかその写真も、デジブックにアップすることはもとより 未だに纏めることすら出来てません。(泣)
桜そのものはすべて散ってしまったのに、追いつくことすら出来ずに徒に時が流れてしまっています。(汗)
まぁ、そういったことは今に始まったことでは無く、写真の整理整頓は常に難題だったりしてますが・・・。(笑)

そんな5月。

本震の3月・余震の4月は断水にも見舞われフルタイムの仕事が出来ませんでしたが、5月はすべて無事に完了できてナニよりでありました。
17年間も休まずに続けて来た仕事ですもの、毎日 普通にこなしてないとどうもいけません。(笑)
今思えば、休んでいた日々は、身体のキレって言うか調子が出なかったですねぇ。
今月は、やっと無事に「常日頃」に戻れたこともあり体調もすこぶる良かったです。

ここ数日も、軽度の余震には見舞われてますが、このまま無事に終息してくれて、今後も日々仕事に邁進できることを願ってやみません。

落花に風情を感じる














あとは原発がなぁ・・・・。(泣)

政治家の皆さんにも、与党も野党も心を一つにして貰って難局打破のために知恵を出し合って貰いたいですけど、どうも民意はまったく見えては居ないようですね。

日本国の未来は暗いとしか思えませんです。(泣)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月30日

忘れてたモノを思い出させてくれる

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

何方もそうでしょうけれど、「仕事」というモノをしていれば、日々 その仕事に追われるように忙殺されますよね。我々歯科医もモチロン例外ではありません。
この道に進む前には、こんなにハードな仕事だとは思いもしませんでした。(泣)
日中はモチロン、夜間・休日だって自院のことや仕事のことは頭から離れたことはありません。直接・間接的に仕事をしてる感覚は常にあります。

ある意味、それはとても幸せなことか・・・と考えなくはありません。
30代・40代の今日まで、仕事に没頭出来たって言うか邁進できるモノがあったという事実は、ありがたくもあり何ものにも代え難い喜びでもありました。

ただそんな生活の中で、「渇き」とでも言うのか、これから迎えるであろう50代以降の日々をどう過ごそうかと考え始めていたちょうどその頃に、私は「貝泊」という地に縁を持つことが出来ました。
そう、昨日 田植えを体験させていただいたその地は、ホントの写真館ではないけれど抽象的・象徴的意味合いでの貝泊写真館が実際に存在する場所でもあります。自分一人では辿り着くことは出来なかったけれど、ブログを通じての良き縁に恵まれ、今では一番の「お気に入り」の場所になってしまいました。

貝泊での出会い













貝泊での出会い③
















市街地に生活していると、便利さ故に日頃はすっかりと忘れてしまうことが多々ありますよね。
震災時の「」がそうであり「ネット接続」・「携帯接続」だってそうでしょう。

貝泊では、au携帯はまったく繋がらない(docomoはOK)現実があり、Bフレッツも来ては居ないようです。買い物にしても徒歩圏内にスーパーは無さそうですし、高校生になれば通学すらままならないエリアではないかと想像もします。
でも、実際に暮らされてる地元の方々は大変かとは思いますが、その不自由さが私に忘れていたこと、大切だったこと、失ってきたことなどを思い起こさせてくれる・・・・そんな魅力的なモノが実にたくさんある空間なのです。

ネット環境をこよなく愛する私が、どうしてそんな風に思えるのか・・・・。
自分でも不思議でならないのです。(笑)
おそらく貝泊写真倶楽部の館長さんも貝泊に古民家を借りられたキッカケは、そんな想いに起因する部分があったんではないでしょうか。そう感じられてなりません。

不自由は、不便ではあるけれど これっぽっちも不幸ではないのですね。

貝泊での出会い②
















自分自身は便利なところに居住して居ながら、時折 そういった場所に赴き、不自由さを感じながらも様々な想いに耽るということが人としては傲慢なところかとも反省しなくもないのですが、歯科開業医としては居住人口が少なく どうしても仕事には向かないエリアでもあり、これは致し方がない・・・。
せめて、貝泊に伺う時には童心に帰って 皆さんの厚意に甘え、存分に楽しませていただこうと考えています。

貝泊での出会い①

















今回も、田植え後には皆さんと楽しく歓談でき、写真のように美味しく御馳走になって参りました。
あれこれ準備して下さった貝泊の皆さんに感謝申し上げます。

伺う度に私をくすぐってくれる貝泊の地であり、住民の皆さんであります。
次回のイベント時にも また伺いたいと考えています。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月29日

貝泊の皆さんにまた御世話になる

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

本日は未明から台風二号の影響で雨模様。
楽しみにしていた貝泊コイコイ倶楽部さん主催の「田植え体験」は中止か・・・・
と思いきや、開催決定。(笑)
当初、親子三人での参加を予定してましたが、さすがに家内と息子はサイズの合う雨合羽がなくてはナニも出来ないので、私だけの参加と相成りました。

生まれて初めて田植えして来ちゃいました。(笑)

貝泊コイコイ倶楽部主催の田植え体験①
















集合場所は、貝泊の「桜の公園」。

貝泊コイコイ倶楽部主催の田植え体験②





























この苗を植えるってワケです。

貝泊コイコイ倶楽部主催の田植え体験③
















長靴と雨合羽(登山用?)で完全なる装備!(笑)

貝泊コイコイ倶楽部主催の田植え体験④
















そもそもここまでの準備が大変だったに違いないと思いましたよ。
いっつもそうですが、貝泊の皆さんがあらゆる下準備をして下さってます。
貝泊コイコイ倶楽部の皆さんには実に良くしていただき、感謝です。

貝泊コイコイ倶楽部主催の田植え体験⑤
















「田んぼ」なるモノに足を踏み入れたのは初めてでした。
こんなにもぬかるみ、ズブズブと底なし沼の様な感覚を味わうとは考えてませんでした。

貝泊コイコイ倶楽部主催の田植え体験⑥
















私の場合、なかなかこんなふうには行かなかったような・・・。(泣)

貝泊コイコイ倶楽部主催の田植え体験⑦





























足を抜く時って、結構 大変ですよね。バランスも崩しそうになるし・・・。
どうも普通の長靴は良くないようです。脱げちゃいそうになります。

貝泊コイコイ倶楽部主催の田植え体験⑧
















秋には「稲刈り体験」もあり、モチロンそれにも参加するつもりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ナンでもそうですけど、やってみないとナニひとつ解りませんね。
農家の方々の御苦労なんて、こんな体験だけで解るはずもありませんが、やらねばもっと解りませんでした。

お米大好きですけど、ややもすると工業製品のように黙って居ても当たり前に大量生産でも出来そうな印象を持ちかねません。
漁業も然り・・・・一匹の魚を食卓に運ぶ御苦労は大変なモノがあることでしょう。
見ようと心掛けなければ、見ることを意識しなければ、まったく見えて来ない御苦労は世の中には多々ありましょう。
この年齢になっても、新たなことをまた学んでしまいました。

「貝泊」という地に、昨年より縁あって足繁く通わせていただいてますが、地元の皆さんがいつも温かく迎えて下さるのがとてもありがたいです。
市街地が殺伐としてるとかっていう意味ではないのですが、本日も心安らぐ時間を過ごすことが出来ました。

(その後の交流会の模様は明日にでも!)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月28日

初めての体験です・・・「田植え」

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

身内に農家の方とかがいらっしゃれば違ってこようかと思いますが、我が家では誰もおりませんので今まで田植えなるモノを経験したことがありません。
モチロン、家族一同 「お米(御飯)」は大好きでして、口にしない日はありませんが、今まで縁が無かったって言うんでしょうか、田植えはしたことなかったです。

それが、昨年からお付き合いが始まった貝泊コイコイ倶楽部のイベントで体験できるとなって、明日 息子と家内と3人で参加することになりました。
募集の詳細は、貝泊写真倶楽部の館長さんのブログここに書かれております。「わらび採り」とセットなんですが、久し振りに屋外で遊んで来ることに致しましょう。

この貝泊コイコイ倶楽部さんでは、様々な自然と触れ合うようなイベントをして下さってます。思えば2月にはチェーンソーで木の伐採までさせて貰っておりました。

春の姿

































人の縁とは不思議なモノで、貝泊という地域そのものも自然豊かで魅力的ではあるのですが、そこに住まう皆さんとの交流やら触れ合いが私には心地良く感じられてなりません。

案じられるのはお天気・・・・。(泣)

こればかりは企画なさってる貝泊コイコイ倶楽部の皆さんも気を揉んでるでしょうけれど、まぁ~こればかりはねぇ。
駄目なら来年までの楽しみがひとつ増える程度に考えるとして、その場合には新装なった貝泊写真館でも見てくることに致します。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月27日

テーマはユーミンの「春よ、来い」

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

この春・・・・自分では平常心を失ってないつもりで ずっと居たのですが、振り返ればそんな事はまったくなく、常なる春とは異なった心持ちだったようです。(笑)

そんな私は子供の頃から松任谷由実さんが好きでして、数多くのCDを購入もして来ました。
その中では 大好きってほどでもなかったのですが、今年は「春よ、来い」

まぁ~頭から離れません。(笑)

震災直後からそんな感じはあったのですが、4月20日のNHKの番組「SONGS」で聴いてからはもういけません。先日、貝泊写真倶楽部の会員さんに送ったDVDのBGMとしても、今の心境を表すには この曲しか思い浮かばず使っちゃったほどです。

この「春よ、来い」が15年前、更にSONGSで歌われた「守ってあげたい」に至っては30年前の楽曲。

So, you don't have to worry, worry

ですからねぇ~。「心配すっことないよ ♪」って感じでしょうか?
両曲共に「珠玉の名曲」と呼ぶに相応しいように思われます。

入遠野川の支流に有る「花滝」


























歴史に名を刻んだり、時を越えて大勢の方に歌い継がれるような楽曲を残してしまった方って、どんな心境なんでしょうか。
若き日の自分が眩しくって仕方がないんじゃないか・・・ナ~ンて一般市民としては思いますが、おそらく過去を振り返ることなく前しか見てないかもしれませんね。

願わくば、還暦を過ぎてもなお 輝ける存在である小田和正さんのような御活躍を期待したいです。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月26日

アクシデント・マネジメントとやら

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

昨今の報道を見て、「やっぱりそうだったのね」の感が強いです。
繰り返された水素爆発、3基のメルトダウン、格納容器損傷、放射能の大量流出、同時に高度汚染水の流出・・・。

12日の時点での海水注入中止を総理が指示したとかしなかったなんて、政争の具でしかないように思えます。(「愚」と書きたいぐらい)
どなたかが書かれてましたが、12日の時点で既に決着は付いていた、勝負は決まっていたんだそうですもんね。海水注入を停止しようがしまいが、野球の試合で0対20で負けるのか 0対25で負けるのかの違い程度でしかないような書かれ具合でありました。(泣)

すべては11日、いやそれ以前の初動の遅れだったんでしょう。

アクシデント・マネジメントという単語に接しました。
起こることが想定される過酷事故に備える安全対策のことなんだそうです。
言うなれば、我々が学校でやって来た避難訓練とか防災訓練と同じ意味合いかと思うのですが、東京電力も おそらくは子供達が遊び半分でやっていたそれらと同じレベルの取り組みだったんでしょうね。
20年も前から危機管理の必要性を提唱し、アクシデント・マネジメントに取り組む努力を続けてきた方もいらっしゃったそうですが、残念ながら・・・

「日本では重大な事故は起きない」・・・・

その「安全神話」が根強く蔓延る原発周囲、いわゆる原子力村での考え方を変えることは不可能だったに違いありません。

今回のトラブルでも、最初に最悪のケースを描けてさえいれば、つまりはアクシデント・マネジメントさえしっかり出来てれば結果はまた変わって来たことでしょう。

可憐

































起こってしまった事実は変えようがないのが残念ですね。
今後、国内における他の稼働中の原発、世界中の原発において、このアクシデント・マネジメントが定着してくれることを願うばかりです。

菅総理にしても民主党にしても、いや政党を越えた大勢の政治家の方々にとっても事故後の対応如何によっては次代のリーダーにもなれたでしょうに・・・。
変な言い方ですが、ヒーローになる最大のチャンスを逸してしまったのは残念ですね。
責任のなすり付け合いのような姿は見苦しくてなりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一時帰宅される方々が身に纏う防護服は、これからの時期 さぞかし辛いでしょう。原発の周辺住民は、本当の地震の後に来た放射能の恐怖という「大震災」にいつまで怯えないとならないのでしょうか・・・。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月25日

まさに「40代も危ない歯周病」です

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

昨日の朝日新聞の医療関係のページ。
タイトルが「40代も危ない歯周病」・・・いわゆる「お年寄り」という年代の皆さんだけでなく30~40代の皆さんへの警告といった内容だったでしょうか。

我々は等しく10代・20代では「上り坂」って言うか、体力アップや漲る活力を意識しながらの日々を送ることが出来ますよね。
それが、個人差もありましょうけれど、スポーツ選手などが引退期を迎える30代後半には悲しいかな「下り坂」を意識せざるを得なくなります。
歯周病に晒され始めるのも ちょうどその頃がスタートに感じられてなりません。

「疾病」と「体力」のバランス均衡が、少しずつ逆転するイメージ・・・って感じでしょうか。若き日は「体力」が「疾病」を抑えこんでくれるけど、気が付いたらいつの間にか「疾病」が「体力」を凌駕する・・・。
考えてみれば、年配の方も急にブラッシングを止める訳でもなく、ずっと同じような口腔内清掃環境だったと思うのです。それが以前と同じ状況で居られなくなってしまうのは、御本人の身体が変化(老化)を来したからに他なりません。

歯周病・・・むし歯よりはるかに怖いです。(泣)

建物に例えれば、今回の震災のようなトラブルに見舞われ、外壁にヒビが入ったり瓦が落ちたりするのが「むし歯」のイメージとすれば、シロアリに基礎部分をやられて、建物そのものの存続が危ぶまれるようになるのが「歯周病」。
モチロン、外壁も内装クロスも瓦も損傷しないに越したことはありませんが、基礎が崩されることを思えばまだ許されるようにも思います。「治療」という「補修」も出来ますしね。

水滴にトライ















気が付いたら、欠損 → 咬合不良 → 咀嚼不足 → 生活習慣病 → 様々なトラブル発現と発展していかないように、転ばぬ先のナンとやらで普段から十分なる注意を払いたいですね。

「口腔ケア」・・・
何事も予防に勝るモノは無いように感じる昨今です。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月24日

自宅の庭先で「初夏」を楽しむ

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

興味が無いというのは恐ろしいことで、恥ずかしながら「コデマリ」という花の名前は知っておりましたが「オオデマリ」という名は知りませんでした。
モチロン、「コデマリ」ですらどんな花なのかは今でも知りませんが、まさか「オオデマリ」なるモノが自宅の庭に植わっていたなんて・・・・
そんな事実すら知りませんでした。(恥)

当初、庭先をふと眺めていたら「あれ? ナンで5月半ばに、しかも あんなところに紫陽花が咲いてるんだろ?」って思っちゃったぐらいですから もしかすると随分と御目出度い性格(!?)なのかもしれません。考えてみれば、あんなに幹の太い高木に 紫陽花が咲いてる訳ないですもんねぇ。(笑)

家内は女性らしく、あれこれ知ってるので頻繁に教えて貰うのですが、興味が無いというのはそういうことなんでしょう、何度聞いても頭に刻まれ記憶されることがありませんです。(泣)

オオデマリ

































手毬(てまり)というネーミングが実にピッタリと来る丸い形です。
検索で調べてみたら、オオデマリスイカズラ科・・・なんだそうですが、一方のコデマリバラ科の花木なんだそうです。
背景は自宅の生け垣のベニカナメ。曇天でしたけど、コントラストに惹かれました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本来なら避難などせずに、私のように自宅の庭先の花々を眺めながら憩いのひとときを過ごすことが出来ていたはずであろう大勢の方々がいらっしゃいます。
続く避難生活、毎日毎日大変なことでありましょう。

一方で・・・・・
本日の国会で、菅総理と自民党の谷垣総裁のやりとりは「3月12日における海水注入の数十分間の中断」に関してでありました。

見ていて・・・・・

そんな些細なことの検証は後にしてくれ!

って言いたくなっちゃったのは私だけではないでしょう。(泣)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月23日

遅まきながら「桜」をまとめる(汗)

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

あれからもう3週間も経ってしまったなんて、信じられない思いです。
しかも5月も既に下旬ではありませんか。(汗)
今月の1日に田村地方に「桜」の写真を撮りに行ったのですが、忘れていた訳ではないのだけれどデジブックに纏めるのを延ばし延ばしにしちゃってました。(反省!)

「桜」の盛りの日々はあまりに短いですねぇ。十日前には3~4分咲きだったモノが、ピークを越えてしまっていたようで それが少しだけ残念でした。
言い方を変えれば「見事な散り際」となりましょうか。

今回のポイントは、「紅枝垂地蔵桜」と「五斗蒔田桜」でありました。
前者の周囲は、まさに桃源郷でありましたよ。

桃源郷

















それにしても 今日は昨日までと違って寒かったですねぇ。
しかも朝のウチは半袖で構わないぐらいの気温22~23度ぐらい・・・。
そこから夕方には13度まで 10度ほど下がりましたから辛いですよね。(泣)

体調を崩さないように留意すると致しましょう。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月22日

再生可能エネルギーへの転換期

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

先ほど午前7時過ぎに関東地方を中心にやや強い地震(震度4)がありましたね。いわき市では震度2とのことでしたけど、ちょうど息子を部活に送った帰り道、いわき駅付近での信号待ち・・・。
クルマに乗っていての地震は初めてでしたけど、結構 揺れるんですねぇ。

すぐ傍らの歩道で、老婦人お二人が楽しそうに談笑されてましたから、そう大したことはなかったんだろうけど、やはり落ち着かない気はしました。
ま、軽い揺れ程度の地震なら何回来ても構いませんけど、震度5~6とかの大きな揺れはもう勘弁して欲しいように思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近の報道では、再生可能エネルギーへの注目が集まってるようですね。
限りある化石燃料に因らない風力だの地熱だのの自然エネルギーは国家レベルでの話になりますが、太陽光発電なら個人レベルでの検討が可能かと思います。
今まではまったく関係ないように考えてましたけど、これを機に多くの方からの注目が集まるんではないでしょうか。

その太陽光発電。気になって調べてみましたけど、高価なモノ故に多額の補助金とかが出るイメージがありましたけど、そうでもないんですねぇ。(泣)
確かに以前は50~60万円も出たそうですけど、今は20万円ぐらい。
災害復興支援に国家予算が割かれるとなれば そうそう補助金も期待できないんでしょうけれど、ちょっと複雑であります。(笑)

ただ、調べてみたら知らないことが多々ありました。

1. 日中の余剰発電に関しては、売電ができる。

2. 別途の蓄電設備が無いと、蓄電はまったくできない。

3. 何故か、発電量の多い最先端で高額の機種には補助金が出ない。

ここ暫くで、以前よりも太陽光発電に注目が集まるにつれ、上記「3」なんかもクリアされたら宜しいんでしょうけれどねぇ。元を取ろうなんては思いもしませんが、節電が叫ばれて久しい中、少しでも個人レベルでの対応策が取りやすくなることを願います。

これもまた春爛漫ではありました














写真は、当院駐車場の南西の角から広角レンズで撮ってみました。
南側道路にはピンクの芝桜。西側道路面には深紅の芝桜
撮影は一週間ほど前でしたから既に散ってしまってますが、この綺麗な芝桜も通常の桜同様に花の盛りの期間(寿命)は短くって残念ではあります。

もっとも、だからこそ美しさが際立つのかもしれませんが・・・。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月21日

現在、いわき市では住宅難が続く

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

当院のあるいわき市中央台、そのエリアでは原発で避難生活を余儀なくされた方々がいらっしゃる小学校もあります。
震災後、二ヶ月以上経過しても移転(転居)先が決まらず、腰を据えた生活ができないで お困りの皆さんがいらっしゃるようです。

季節は初夏。日に日に暑さが増す生活をしていれば、どうにかプライバシーを確保された家族だけの居住区を探し求めたくなるってモノですよね。
ところが、30キロ圏内から比較的放射能測定値が低かった原発南部の「いわき市」に避難して来たのに、今度は住宅難・・・。
アパートなんかでもまず空室がない状況が続いているようです。(泣)

中央台エリアの広大なる余剰敷地には急ピッチで仮設住宅の建設も進んでいるようであります。ただ、伺うところによれば、需給関係の不一致から入居できるようになるには相当の時間が必要だとか・・・・。

「U☆Tpure」5














先日、患者さんに伺った話では、県の補助(6万円や大所帯だと9万円)を受けながらのアパートやら賃貸住宅への移転希望が殺到し、今からだと住居探しも困難を極め、入居できたとしても10月頃になると言われてるようであります。
仮設住宅も然りで、入居は早くても7月になってからと言われたと嘆いておられました。(泣)
その方は、楢葉町から一旦 埼玉県に退避。そろそろ「いわき市」に居を据えようと考えて物件探しに駆け回ってる状況だったようです。

でなくとも半ば強制的に移転を強いられた方々ばかり。
そこからどんな形にせよ新居と呼べる建物に落ち着くまでには相当なる時間がかかるようであります。(泣)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東電だけでは賄い切れない避難世帯への補償制度。
各家庭の電気代への反映や税金投入なんてことになっても、そこはそれ我々も耐えられることには耐えて、せめてお困りの皆さんに少しでも早期の住宅確保・移転完了をプレゼントしたいところでありますね。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月20日

やっと手を加え、復旧いたしました

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

震災時、家を失ったりされた方、全壊・半壊状態になった方々に比べれば「被害」と言うのもおこがましい状況ではありますが、震度6弱に見舞われた当院もそれなりの被害は被りました。

重量鉄骨造り・・・建築時には頑丈だから大丈夫と太鼓判を押されたような記憶もありますが、建物がしなるほどの地震に因る歪みは全くの想定外だったようであります。
近隣の木造住宅がしなりに強かったのに反して、崩れることは有り得ずとも当院の建造物は少なくとも「しなり・歪み」には弱かったように思えてなりません。(泣)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月11日・・・・1回目の地震で、タイルの外壁には そこかしこに亀裂が入り、内装的にはクロスが引き裂かれたような深い傷跡を残してしまいました。

今思えば、「俺もバカだったよなぁ~」ではあるのですが、もう一回 同程度の余震が来る・・・なんてこれっぽっちも考えもしませんで、どうせなら断水状態中にに復旧しちゃって、再スタートを切る時にはすべてを元通りにして気持ち良く患者さんに来て貰おう・・・って考えちゃったんですよねぇ。(泣)
3月中にはすべての復旧を図り、院内各所に花瓶でも置物でもすっかり元通りにしてしまったのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月11日・・・・ことごとく同じ場所がまた破損いたしました。(号泣!)
ビックリするほどに同じところだったというのが やるせなかったです。(笑)
ま、さすがに学習しましたから今度はすぐには復旧工事をせず、お出で下さる患者さんもあれだけの揺れでしたから御理解いただけると考え、ここ1ヶ月以上は破損箇所をそのまま放置しておりました。

院内の破損箇所1院内の破損箇所2














写真は、院内の壁の「角」の部分なのですが、至る所にこんなクロスの引き裂かれ部が生じましたっけ。
それを昨日、御世話になってる内装業者さんチームに二度目の依頼をして、再復旧をしていただきました。
完了後の写真は撮っては居ないのですが、パッと見には区別が付かないほどに上手に直して下さいました。ありがたかったですねぇ。

どうでしょう?
私は、さすがに今までほどの大きな余震は来ないだろうと予測してみたのですが、また同部位が・・・なんてならないことを祈るばかりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

残念ながらタイルの亀裂等は目地を入れたりシーリング工事等で補修をしてはみても、傷跡は残ってしまいました。
でもそれは、平成23年の春に我々が受けた被害の甚大さを忘れずに済むような意味ではマイナスとばかりは言えないだろうと考えるつもりです。

もう一回余震が来て、同じ箇所が壊れたら・・・
それこそ完全に心は折れそうであります。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月19日

貝泊写真倶楽部、「絆」を深め合う

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

今思うと・・・なのですが、振り返ると 私の昨年からの楽しい日々のすべてはこの方との出会いから始まりました。

いわき百景」のしゅうさん。

この方と出会わなければ、そして彼のブログから貝泊写真倶楽部の館長さんへとコンタクトを取らなかったら、今までと変わることの無い平凡な毎日だったように思います。
彼の御陰で素敵な仲間達(貝泊写真倶楽部の皆さん)と大勢巡り会うことができました。感謝申し上げます。

そんなしゅうさん、彼は誰もがその名を知らぬ者が居ないほどの大企業のいわき支店長さんでありましたが、今度は二階級特進並みの大栄転(東京への転勤)が決まられたとのこと。
ま、彼の人柄・優れた文章力・目を瞠る行動力を間近に見てましたからその事を少しも不思議には思いませんが、せっかく親しくなれたのに離れてしまうというちょっと(かなり?)の残念さと、若き企業戦士としてのこれからの活躍を大いに期待する気持ちとが私の中で複雑に混在している今日この頃であります。

それでもこの地を離れても、「いわき百景」を今後も継続なさるという心意気には、私も心からの敬意を表します。
その事を嬉しくも感じ、楽しくも想い、写真ブログの大先輩「いわき百景」さんとして今後も目標になって貰えるというありがたさも感じています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな急遽転勤が決まられた彼の送別会を、貝泊写真倶楽部の分室(!?)でもある当院の二階「院長の隠れ家(笑)」にて、昨晩、これまた急遽、開催となりました。
笑いあり、涙無し、途中で仮眠までするヤツあり、本日5時から仕事に出掛けるのに午前様のヤツあり、最後の方の記憶を無くす館長あり・・・(笑)。

実に楽しい時間を過ごすことができました。
深夜まで参加して下さった皆さん、そして遠く貝泊より御参加下さったふくふく牧場さんには心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

貝泊写真倶楽部・「いわき百景」さん送別会
















私は思うのです。
年齢を重ね、だんだんに自分が社会の中堅層の中で上の方の平均年齢に位置するようになるにつれ、それはそれで良いことではあるのだけれど、徐々にアグレッシブな、かつポジティブな気持ちが萎えて来ちゃったように思います。
中にはそうじゃない方もいらっしゃるかもしれませんが、一般論的には20代の自分、30代の自分とは大きな違いを感じたりはしてないでしょうか。

そんな中で、現在30代のバリバリの企業戦士の方に多くの学ぶ点を感じさせていただける・・・・こんなありがたいことはありませんでしたよ。
今回の震災時にも、あれこれ彼の視点からアドバイスを得、物心両面に渡るサポートまでいただき非常に心強かった気がしたモノです。
緊急時にも些かもブレる事なく、しっかりとした理念の下いわき百景を完遂なさった姿勢に励まされたブログ読者の方はきっと大勢いらしたことでありましょう。
「いわき百景」のしゅうさんへのエールは今後も止むことはないと確信致します。

これからも、時折お目にかかることもできましょう。
その折には貝泊写真倶楽部のナイスミドル3人衆館長さんころすけさん、私)を今まで同様 ヨロシク御指導下さいね。
願わくば、我々貝泊写真倶楽部の会員と生涯に渡るお付き合いをお願いしますので、どうぞ宜しく面倒見てやって下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「男の隠れ家」は、しゅうさんだけでなく貝泊写真倶楽部・会員の方々にはいつでも開放しております。
会合宿泊に御自由にお使いいただければ幸いであります。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月18日

やはり「ケジメ」は付けないと・・・

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

昨日のニュースで、俳優・司会者の児玉清さんの訃報に接しました。
本をこよなく愛したことで有名な方でしたが、氏がお書きになったエッセイ「負けるのは美しく」は今でも印象に残るほどの秀作でありました。
御自身の生い立ちから お嬢さんを亡くされた際の経緯などは、他者の小説をはるかに凌駕するほどの筆致で書かれていたように記憶しています。

私も存じ上げることのない東宝ニューフェースだとかで、役者さんとしては晩年の洞察力に長けた人物を演じ切っていた姿が思い起こされます。
大人のダンディズムを感じさせる知性溢れる俳優さんだったんではないでしょうか。訃報は誠に残念ですね。(涙)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、地方の夕刊「いわき民報」のお悔やみ情報が気になります。
震災から二ヶ月、亡くなったり未だに行方不明の方なんでしょうか、多くの方々のお悔やみ案内を目にする毎日であります。
御遺族も、いつまでも先延ばしにはできないんでしょうね。やはりケジメは付けねばならないんでしょう。震災直後ではなく、ここに来て 大勢の方が掲載されるに至っています。

昨日は、「15歳」という年齢の方の掲載がありました。
80歳とか90歳なら良いって訳ではありませんが、喪主にはお父様のお名前がありました・・・・。(泣)
さぞかし無念だったことでしょう。

ちょうど児玉清さんの訃報、本に書かれていたお嬢さんの残念な早世、悲しむ父親の情・・・。
そんな記憶が蘇り、しばし複雑でありました。

マクロの世界⑤

































マクロの世界⑥














マクロの世界⑦














亡くなられた皆さんの無念を想い、ご冥福を祈らずには居られませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さぁ、今晩は酒井歯科医院・二階の「男の隠れ家(!?)」に来客ありです。
別名スタッフルームとも呼ばれる「隠れ家」ではありますが、徐々に自分のカラーに染めて行こうかと目論んでます。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月17日

「マクロの世界」を堪能してみる

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

最近はそうでもありませんが、以前は写真撮影時にも「広角(ワイド)」よりも「望遠」とか「マクロ(接写)」とかを好んでおりました。

望遠」で遠近感を凝縮したようなスナップを好んでみたり、「マクロ」で普段は目にしないような微細なる世界を垣間見たりするのが好きであります。
最近ですね、大きな風景を広角レンズで撮影しだしたのは・・・。

一枚の写真の中に、主題があり、副題があり、構図がどうこう 写真の基本を理解してない部分も多々ありますが、狙いを決めて息を止めシャッターを押す瞬間は得も言われぬ快感だったりしています。(笑)
しかも相手が動き回ったり飛び回ったりするとなれば尚更ファイトが湧いて来ようってモンです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、日曜日のフラワーセンター。
こんな写真も撮っておりました。

マクロの世界①

































マーガレット(?)の花びらが欠けてて残念。

マクロの世界②














水平飛行中。(笑)

マクロの世界③

































下から上へジャンプ?

マクロの世界④














影が映ってる・・・。

人それぞれ趣味は異なりますからナンとも言いにくいですけど、こんな写真撮ってる自分って結構 好きかなぁ・・・っと。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月16日

手間は掛かるけど実に楽しい(笑)

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

仕事分をも含めると相当台数のパソコンを購入してますが、案外とプリ・インストールされてるソフトには詳しくありません。
そもそもBTOパソコンをネットでカスタマイズしながら購入することがほとんどですから、そもそもソフトは最小限に絞ったミニマム・パッケージとかでしか注文してないので、Windows付属の画像管理ソフトにも興味が無かったって言うのが正直なところであります。

それでもここ半年ほど、写真だけでなく動画を撮影する機会も多くなり、となればナンとか管理・編集しなくてはなりませんから、パソコン内付属の動画編集ソフトなんぞを探してみることにいたしました。

辿り着いたのが、Windows Live ムービーメーカー

実に簡単に写真と動画を絡めて、音楽等のBGMを自在に貼り付けられるソフトであることを知りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今月の3日に開催された、我が貝泊写真倶楽部のバーベキュー

貝泊写真倶楽部のBBQ














その模様を収めた動画を土・日でどうにか纏めてみました。

動画をまとめる
















簡単操作ではあるのですが、結局 根が凝り性なんでしょうかねぇ。
単にDVDに焼くだけでは納得できず、少しでも参加して下さった会員さんに喜んで貰えるようにBGMを切り貼りしたり、テロップを入れたりして止せば良いのに凝ってしまいました。(笑)

悲しいかな今ひとつ美的センスに欠ける部分があることは否めませんが、それでも遠路はるばるお出でになった皆さんの笑顔を想像しながら 頑張っちゃいました。
・・・・って言うか、

単に楽しくて仕方がなかっただけなんですけどね。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月15日

自然の営みは不変でいて欲しい

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

気が付いたら季節が随分と良くなってますよね。息子を部活に送りがてら、久し振りに石森のフラワーセンターに出掛けてみました。
日曜日であっても人出は少なく閑散とはしてましたが、それも時間が9時前だったからかもしれませんね。
毎年のように「花とミツバチ」(郷ひろみさんでしたっけ?)を求めて出向いてるのですが、屋外の花は午前10時頃から風が出始めるとマクロ撮影不可になっちゃうので、時間的には9時頃がベストではないでしょうか?

蜜蜂に魅せられる














結構撮ったんですが、シャッタースピードが思うように一致せず、ホバーリング状態には写せませんでした。(残念写真の山でありました)
昆虫モノの難しさは常々感じてますが、こんな事態下であっても自然の営み不変であったことにはちょっと安堵ですね。

納得行くように撮れるまで、再トライしたいように思います。

もっとも自宅の庭先でも撮れるんですけどね。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日、午後から歯科医院の二階のお掃除に出向きました。
3月11日の本震でしっちゃかめっちゃか状態。何処のお宅もそうだったようですが、揺れは二階の方が酷かったようで・・・。(泣)
で、それを断水中に元通りにして 晴れて再スタートの4月8日を迎えたのですが、その3日後の11日に最大級の余震・・・。
さすがに心が折れたというか、今しばらくは本格的に片付けたりせずとも良いだろうと考えちゃってました。

その後、日毎に余震も収まり(!?)つつあるだろうと信じて、先日も書いたような断捨離を断行いたしました。(笑)
おそらくこんな機会でもないと捨てにくいのと、今後 様々な集まりに使えればと考えてクリーニングシェイプアップ

ナンか、良い感じの隠れ家っぽくできそうです。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月14日

今日はイエローで纏めてみました

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

毎朝、子供を高校に送っていくのを日課にしてるのですが、その道すがら気になってる川沿いのポイントがありました。
そうこうしてるうちに、貝泊写真倶楽部の館長さんに先を越されてしまったのですが、昨日は休診日でしたのでクルマを停め、周辺を歩いてみたって訳です。

新川の川沿い。中州(!?)まで菜の花に覆われてましたよ。

新川沿いの菜の花















アリオス(左手)の付近ですが、本来の川幅ってどんな感じでしたっけ?(笑)
そんな気がしちゃうほどに菜の花に占領されてしまってました。

でも、「パッと見」「じっくり見」は違うモンですねぇ。
残念ながら菜の花のピークは館長さんがお撮りになった日曜日辺りがピークだったようで、数日遅かったように感じました。(泣)
それでも ふと対岸を見てみると、通勤ではなく散策でしょうか、遊歩道に歩行者発見。すかさずワンポイントにさせていただきました。(笑)

川沿いの遊歩道を歩く人















ちょうど、雨上がりの曇天・無風状態。
となれば狙うは「水滴」でしょうか。

菜の花の水滴














無風と思っては居ても、マクロレンズでピントを合わせてみようと思えばファインダー内では強風が吹き荒れてるかの如くにピント合わせに難儀。

水滴撮影の奥の深さを思い知らされた気がします。
でも、これからの雨の日の朝は楽しめるかもしれません。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月13日

震災後、「断捨離」を実践し始める

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

シンプル・ライフって言葉に惹かれるモノを感じます。
本来の意味としては、「質素・堅実な生活」なのかもしれませんが、一般的には無駄の無い身軽な生活環境と言った意味で使われてはおりませんでしょうか。

当院が、震度6弱の地震に見舞われた折、いらしてた患者さん達に皆さん無事にお引き取りいただいた後に私が一番最初に感じたのは、“しっちゃかめっちゃか”になってしまった院内の被害の大きさ・甚大さでありました。

それがですね、散乱したあれこれを元々あったところに戻し始めてみると、実際の被害は思ったほどでは無く、そりゃ花瓶・ガラス製品等の数点は割れはしましたが、大損害ではありませんでした。

その時です、シンプルの必要性が脳裏を過ぎりましたね。
「これからはシンプルにしとかないと駄目だな」・・・・そう痛感しました。

いま風に言うと、「断捨離」って感じですかね。ちょうど2月にそんな本を読んだこともあって、「不要なモノを断ち捨てることでモノへの執着から離れ身軽で快適な生活を手に入れる」ことの優位性を感じ始めていた矢先でありました。

生活をしていれば、もしくは診療生活も長くなってくれば、使いもしないのに場所を塞いでしまってるようなモノの一つ・二つ、どちらの御家庭・事業所にもお有りでしょう。解っちゃ居るけど捨てられない・・・・。
震災は、そういった言わば「澱(おり)」のようなあれこれを断捨離する良きキッカケになったように感じています。

「もったいない精神」が悪いとは思いませんが、シンプルに徹することにより、緊急時の危険性は低下もしましょう。散乱するモノが少なければトラブルにもなりにくかろうとも感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨今では、ありがたいことに雑誌・書類等もpdfファイル化することによりデータ化が可能です。断水時に時間的余裕がありましたので、大量にデータ化の後 あれこれ廃棄をすることが出来ました。
データ化してクラウドコンピューティングって言うのか、ネット上のデータ保管庫にあげておけば「データ消失」という最悪の事態も避けられますし。
カルテにしても、デジタル化が促進されても紙媒体へのプリントアウトを行政から求められてましたが、それも法的制約が無くなった5年以上経過した古いモノはすべてスキャンしてpdfに変えて保存。明らかにシンプルになりました。

自宅でもそうでしてね、不要品を捨てるだけでなく、なるべく荷物を増やさない生活を実践することを心掛けたい、心掛けて行かねば緊急時に大変・・・そんな感じがして家内と話し合ったりもしました。

同じように、そうお感じになった方もいらっしゃるんじゃないでしょうかねぇ。

水滴にトライ















本日は、ほぼ終日の雨模様。
それでも写真愛好家(!?)はへこたれません。(笑)

庭先で水滴を狙って遊んでみました。
正直、こんなに難しい被写体だとは想いもしませんでしたけど、水滴にナニを写し込むかを考えながら存分に楽しめました。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月12日

風向きによっては我々の姿だった

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

3月11日の本震、4月11日の最大級の余震・・・。
同じ日付の昨日5月11日は、何事も無く過ぎゆきましたのでホッとしましたが ちょっと緊張しましたね。
しかも昨朝は、早朝4時台に目覚まし時計のスヌーズ機能のように2度ほど携帯の緊急地震速報・アラーム音で起こされましたしね。(泣)
布団の中で一瞬緊張はしましたが、何事も無く空振りだったようです。(笑)

それはそれで良いことだったんですが、いわき市民の中でも単なる数字の重なりだと解ってはいても特別な11日だっただけに、寝不足を余儀なくされた方が多かったんではないでしょうか。

あれから2ヶ月が過ぎ去ったんですね。

私なんかはすっかり平素平常を取り戻しちゃってますから懐かしくさえ思えちゃう瞬間が多々あるのですが、失ったモノ多き方々は今になって更に大きな喪失感に苛まれてらっしゃるに違いありません。心療内科の受診件数も増加傾向にあると伺ってます。
震災直後は誰しもテンションが上がっていての緊張状態。それが次第に周辺が落ち着きを取り戻して来るとテンションが下がり弛緩状態へ。その時点で失ったモノの大きさや将来への悲観が重なれば普通の方なら平常心では居られませんよね。

そんな昨今、原発西部に位置する川内村や葛尾村の方々の一時帰宅の様子が報道されています。長引く避難生活で心身共に疲労困憊の極みに達してるでしょうに、着たこともない放射線防護服を着せられ、在宅時間は2時間だけ、持ち帰れるのはゴミ袋より小さいぐらいの一袋のみ・・・・。(泣)
地震による散乱状態の整理整頓も出来ず、腐りきった食品、家の周囲には餓死した家畜・・・。
とてもじゃないけど、「頑張れ!」なんて言葉はかけられませんよね。

穏やかな、のどやかな川内村の住民の方々が何故にそんな想いをせねばならぬのか、過去における原子力行政の是非は検証されて然るべきのように感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月15日だったか、放射能漏出が最大値を迎えた頃だったでしょうか。
私も家族を千葉に避難させるために送って行ったその頃、その日の風は南東から流れて来て原発の北西部へ放射性物質を運んで行き、確かそこで雨が降ったんだと思います。
川内村のみならず、飯舘村、更にはいわき市よりはるかに原発からは遠い福島市などが、未だに測定値はいわき市の数倍~数十倍なのはそのせいかと思うのですが・・・。

いわき市民の正直なる感想としては、「風向きが逸れてくれて良かった」に違いないでしょう。ただ、気候・風向によってはあの防護服姿は我々の姿だったんだと思うとやるせなく感じるし、複雑な心境にもなります。

60日も経過すれば人々の意識も変わり、未だに消息不明の方がいらっしゃる意識や避難所での生活を余儀なくされている皆さんの存在が薄らぎましょう。
これは無理もないことですよね。人はそうやって深い悲しみからも立ち直って行くんですから。
私が学校歯科医を務める中央台南小学校にも避難所があります。
そこから連日のように当院に歯科治療にお出でになる患者さんに対し、ナンと言葉をかけて良いのやらいつも考えてしまう今日この頃であります。私のできることは、そういった方々に対しても全力で治療させて貰うしかありません。

各自、自分の役割はしっかり全うせねばなりませんね。
すっかり普通の生活に戻ってる私としては、自戒の意味を込めてそう思います。

「U☆Tpure」4

































にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月11日

「福島の桜ダイジェストムービー」

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

我らが貝泊写真倶楽部の事務局長を務めて下さってるしゅうさんは、御存知
「いわき百景」のしゅうさんであります。
その彼が、福島県下の一本桜の写真を 御自身だけでなく大勢のネットピープルの方々から募集(詳細はこちら)されていて、どうやらそれを纏めて表題の

福島の桜ダイジェストムービー

なるモノをお作りになるようなんです。
その副題タイトルは「PRIDE OF FUKUSHIMA~桜梅桃李」なんだとか。
実は、何度か彼の福島県下「一本桜」への熱い想い、ムービー作製への熱い情熱は伺っては居たのですが、いまひとつ把握しておりませんで・・・。
決してテキトーに聞いてた訳では無いのですが・・・・(汗)

まぁ、実に趣深いタイトルではありますね。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さぁ~そこで、ムービーと来ればBGMは欠かせません。
ただ、うっかりネット上の音源を使用してしまえば著作権の問題もあるので、出来れば地元のバンドのオリジナル音源を使いたかったんでしょう。
しゅうさんは、御自身で音入れをなさっても宜しいんではないかと思うほどの美声の持ち主ではあるんですが、それを更に(はるかに?)上回るバンド名「U☆Tpure」さんに縁あってムービーの「オフィシャルソング」を依頼したと伺いました。

日曜日。その「U☆Tpure」さんが、小島町のスタジオパラダイス☆ブルーで練習なさっていたところにお邪魔し練習風景を写真撮影。
ムービーのメイキングに我々の撮った写真を使って下さる・・・・言うなれば、

レコーディングフォトセッションとでも言うんでしょうか、

昨日アップした写真はそれでありました。
完成予定はいつだったか、伺ったような気もするのですが残念ながらあやふや・・・でして、ま、近々であることは間違いないでしょう。(笑)

メンバーの方々の写真です。モザイク無しの了解は得ています。

「U☆Tpure」2














「U☆Tpure」1














「U☆Tpure」3

































皆さん素敵な方々ばかり。特に一番上のボーカルの方の声が実に良かったです。
「福島の桜ダイジェストムービー」の完成を期待して待つと致します。(笑)

なお、この写真撮影時の模様は、同行されたコウシンさんのブログでスライドショー的に見ることが出来ます。
初トライにしては驚くほど秀逸な仕上がりだったようですよ。そちらも御覧いただけると嬉しいです。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月10日

初めての被写体、撮影を楽しむ

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

昨日、貝泊写真倶楽部のしゅうさんにお誘いいただき、プロのカメラマンである館長さん、そしてコウシンさん・私の4人で小島町の「スタジオ・パラダイス☆ブルー」に行って参りました。
現段階で何処まで明かして良いのか存じませんが、しゅうさんがあれこれ企画なさってることに協力して下さることになったバンド名「U☆Tpure」の皆さんの練習風景に立ち会い、ナンとその姿を撮らせていただけるという僥倖を得ました。

いや、まさかこんなシーンを撮らせていただけることになるとは夢にも思っておりませんでしたよ。
ちょっと薄暗い室内に、ピンスポット的ライトが当たり、どんなISO感度で撮れば良いのかも解らないし、ホワイトバランスも「?」のままでありました。

初めての被写体・・・・ちょっとワクワク。(笑)

とてもじゃないけど 思ったようには撮れませんでしたが、楽しめたことだけは間違いないです。(笑)

バンド練習風景撮影1















私自身は、音楽を聴くのは大好きですが、楽器は何一つ出来ません。(泣)
実は、ピアノの88ぐらい(違いましたっけ?)ある鍵盤の中で、どれが「ド」なのかすら良く知りません。(恥)

そう言うと、「またぁ~、ウソだろう・・・」とか「そんな事ないだろう・・・」って言われますが、そりゃ真ん中に近い位置にあることは知ってます。(笑)
「たぶんこれだろうな」ぐらいには解りはするんですが、確証がない・・・って言うのが正直なところです。(笑)
自宅に子供が使う古いピアノはあるんですが、そう言えば聴くばかりで触ったことはなかったですね。

バンド練習風景撮影2















床面から広角で狙う。

しゅうさんコウシンさんは、面倒なのでモザイク無し。(笑)
バンドの方にはモチロン、了解を得ています。

バンド練習風景撮影3















ナンか カッコ良かったです。(笑)

初めての被写体にトライするっていうのも楽しいことですね。
しゅうさんには、チャンスをいただきありがとうございました。感謝です。
告知して良い段階になったら、「U☆Tpure」の皆さんのお顔も出してアップさせていただきますね。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでことのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月 9日

桜の時期は終わったけれど・・・

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

先程のミヤネさんの報道番組の中で、「ディズニーリゾートの真実」のような放送がされてましたね。
そう、3月11日の午後、震度5強に見舞われた後のキャストの方々の行動を取り上げてました。9割の方がアルバイトという状況においても、「訓練」・「教育」っていうモノは大切なんですね。対応が実に見事でありました。

その瞬間、ゲストと同じ被災者でありながらも、「ゲストの安全・最優先」で振る舞った1万人ものスタッフの行動は賞賛に値したようです。
マニュアルなんかには書かれちゃいないけれど、自分の頭で考え、どんな行動を取ったのか・・・・。
今後、詳細がつまびらかにされていくと思いますが、またまた学ぶべき点は多数あるんでしょう。明日の朝礼では当院スタッフにも危機管理におけるそんな話をしてみることに致しましょう。

身近な存在から大切な事例を学ぶのって、教科書から学ぶより身に付きやすいですもんね。
「想定外」という言葉を免罪符のように使う企業トップの会見を耳にすることが多かったですが、TDRを運営するオリエンタルランドでは「震度6強」までは想定して年間180回も訓練を重ねて来てたそうです。
つまりは想定内の出来事であったということなんですね。

恥ずかしながら、患者さんの安全は真っ先に考えはしたけれど、その地震の瞬間には机の下に潜り込もうとか、屋外退避とか誘導とか ほぼナニも考えることが出来なかったし何一つ実行に移せなかった私としては、基本からしてまったく違っていたことを思い知らされました。(泣)

やっぱり「夢の王国」は凄いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、モタモタしてたら桜の季節は終わってしまいました。(笑)
遅ればせながら貝泊写真倶楽部の面々と訪れた福島県田村地方の桜の写真をアップしますね。

今回は・・・・・ちょっと「和風」です。(笑)



にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでこのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月 8日

貝泊写真倶楽部に笑顔弾ける!

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

5月3日。
こんな時期に・・・ではあるけれど、こんな時期だからこそ・・・のBBQイベントが貝泊でありました。度重なる地震で大きなダメージを受けたであろう貝泊地区。
そこに我らが貝泊写真倶楽部の聖地(!?)である貝泊写真館があります。
館長さんの「そろそろ笑顔を取り戻しましょうよ!」の提案に賛同して大勢の方々が集いました。

この館長さんは、ダメージを受けた「ふくふく牧場」さんの復旧に御尽力なさいました。人としてなかなか出来ることではないでしょう。
地震・放射能・酪農自粛等、牧場主の福元さんが被ったダメージは小さくありません。我々の想像をはるかに超えたはずです。
酪農家として辛い毎日かとは思いますが、応援して下さる方が大勢居てくれることを心強いと思って頂ければ嬉しい限りです。

山形からは特別顧問(!?)の秘密さん御夫妻にもお出でいただきました。
会員No.11のきとさんからは「I love NIPPON」のTシャツも多数頂きました。
私もまもなく50歳ですが、躊躇無く袖を通させていただきました。(笑)
新入会員の子トラさんにも美味しい差し入れを頂戴しました。
皆さん、本当にありがとうございました。

そんな休日を、懲りもせずにデジブックに纏めてみました。(笑)
昨夜、かなりの酒量も手伝って もしかすると皆さんへの配慮が足りない写真もあるかもしれません。ご連絡いただければ早急に変更いたしますので、お気付きの点がありましたらご連絡を下さいね。



「笑う」ことはたやすいですが、「心の底からの笑顔」をやっと取り戻せたように感じる昨今です。

貝泊写真倶楽部・・・・今後の展開も楽しみでなりません。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでことのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月 7日

平和的生存権が脅かされる日々

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

ゴールデンウィーク。
5月の連休っていうと、幼き子が居る我が家としては ややもすると「こどもの日」の5日ばかりに目が行きます。
考えてみると、その前の3日って憲法記念日だったんですよね。
ネットではなく確か新聞にだったと思うのですが、「まったく同感だなぁ」と思うような記事が書かれておりました。

その憲法・・・日本国憲法の前文に謳われている「基本的人権の尊重」の中で

『我らは、全世界の国民が、等しく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する』・・・・と。

『日本国民は、国家の名誉にかけ、全力を挙げてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ』・・・・とも書かれている。

まもなく発生から2ヶ月が経とうとしている大震災。その後の原発禍。
未だに日々の恐怖と闘いながら、あらゆる欠乏感に苛まれ、生存すら脅かされてる皆さんが大勢いらっしゃる事実を鑑みると、日本国憲法そのものを空疎な絵空事に過ぎないように感じてしまうのは私だけではないでしょうね。

本日、私が貝泊写真倶楽部以外に古くから付き合ってる写真仲間(浪江町在住)の消息を改めて伺うことが出来ました。
モチロン、半径20キロ圏内に入ってますから家を離れて避難されてます。
どうもパソコンも大好きだったカメラも急なことで持ち出せなかったとのこと。(泣)
そういった方々が、一日も早く平和な日々を取り戻せるように願わずにはいられませんでした。

東電は、賠償額全額を負担すると最大限のリストラをしても賠償費用を払うことは困難なんだそうですね。「原子力損害賠償法」の趣旨に基づき、国による被害救済の援助が必要不可欠としてるとのこと。
人災に見舞われたすべての方々が納得できるような補償金額はどう考えても東電だけで賄えるとは思えないので、是非とも早期に「国家の名誉にかけ、全力を挙げてこの目的を達成」してくれることを願いたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな大変な想いをされてる方々には申し訳ないのですが、3日には貝泊写真倶楽部の館長さんの呼びかけで、「少しでも笑顔になろう!」を趣旨とした楽しいバーベキューに参加して来ました。

詳細は、今後 デジブックに纏めます。
雨も降って来た夕刻、写真館はこんな感じでありましたよ。

貝泊写真倶楽部の仲間達

















今回の震災時には、上の皆さんに精神的に随分と支えていただきました。
感謝せねばならない仲間達であります。

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでことのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月 6日

いわき市内【一本桜】番付表?

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

4月の末からGWにかけて、三春とかの桜を撮影しに頻繁に出掛けました。
浜通りは既に4月半ばで桜のピークは終わってましたが、中通りの山間部は少なくとも10日は遅いですもんね。楽しい日々を過ごしておりました。(笑)

御一緒して下さったのは「いわき百景」のしゅうさん。
彼は、いわきのにも実に良く精通されていて、この度(!?)、表題のような

平成二十三年春場所 いわき市内【一本桜】番付表
なるモノまで作られたようです。(笑)

そりゃ天候やら行ける時間帯満開のタイミング等で評価は目まぐるしく変化するでしょうから これが絶対のモノではないかとは思いますが、いわき市をこよなく愛するしゅうさんによって独断と偏見で選ばれた番付表。

実に良く出来ております。(笑)

しかも、この度(!?)、御縁あってその番付通りの写真を小名浜大原のまるとみ酒店さんの店内で個展(写真展?)のように発表なさってると伺っては足を運ばない訳にはいきません。

・・・で、伺って参りました。(笑)

平成23年春場所・いわき市内【一本桜】番付表1















これが実によく練られていて、堪能して参りました。

平成23年春場所・いわき市内【一本桜】番付表2
左の番付表。クリックしていただけると拡大できますが、普通の方はおそらくこれだけの一本桜を御存知ないでしょう。

自慢じゃありませんが、私は一本も知りませんでしたよ。(泣)

ただ、こうやって下さることにより、新たな興味も湧いて来ますし、今年はタイミングを逸してはしまいましたが、来年こそは・・・って気にもなろうってモンです。(笑)






しゅうさんは、お願いすれば快く画像を提供して下さるので、当院でも待合室にてモニターでの放映をお願いしようと考えたりしてます。
私自身がパソコンのプレゼン処理を面倒がってそこまでなかなか進めませんが、近いうちに具現化してみようと考えています。

今回、場所を提供して下さってるまるとみさんでは、今後も我々貝泊写真倶楽部のメンバーが撮影した季節に応じた写真を展示して下さるようですから、私も良き作品を撮らねばなりませんね。(笑)

まるとみ酒店さん御存知でしょうけれど まるとみ酒店さんの場所はこちら

皆さんで足を運んでいただければ、女将さんだけでなく【一本桜】の写真の「横綱・大関陣」もきっと喜んでくれることでしょう。
(笑)











にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでことのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月 5日

毎年恒例、「夏井千本桜」を撮る

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

いわき市の北西部、郡山との中間地点辺りでしょうか、「小野町・夏井」というところがあります。そこを流れる夏井川の河畔に1000本を越えるソメイヨシノが植えられており、それはそれは見事であります。(笑)
毎年のように、カメラ片手に出向いてるのですが、今年も5月1日に曇天模様ではありましたが行って参りました。

ちょっと閑散としてたかなぁ・・・。
たぶん、原発とか風評被害云々とかではなく、朝が早かったからだと思います。
今年も多数の鯉のぼりが泳いでおりましたが、青空ではなかったので敢えて狙うのは止めました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真の撮りようっていうのは百人百様でしょう。
私は、モチロン風景も好きですけど、その中に人が入ってると嬉しくなっちゃうタイプのようです。(笑)
本来は、肖像権とかの問題もあり、勝手に撮っちゃうのはルール違反かもしれませんけど、でも「いい感じ ♪」だと入れたくなっちゃうかなぁ・・・と。
(モチロン、目とかは隠させていただいてます)

こんな写真を好みます。(笑)

千本の桜の下を歩む、ゆっくりと

































可愛らしいお子さんと若き御両親。
歩む姿が実に素敵でありました。



昨年も一人で行ってたのですが、今年からは貝泊写真倶楽部のメンバーと一緒です。同じ趣味の者同士、和気藹々と撮影して来ました。

振り返ってみたら昨年も ほぼ同じ場所(紅い橋のそば)で、こんな写真を撮っていたようです。ナンのことはない・・・

狙うのはいつも一緒のようです。(笑)

昨年撮った「夏井千本桜」での写真


































にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでことのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月 4日

楽しい時間は瞬く間に過ぎゆく

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

ゴールデンウィーク。暦通りのお休みとなる当院は、昨日から三連休であります。初日、貝泊写真倶楽部の会員さんでもあるふくふく牧場さん復興支援を兼ねたバーベキューが開催され、モチロン参加して参りました。
充実した一日、楽しい時間は瞬く間に過ぎて行きました。

様々な方と出会い、ふれあい、笑い、涙した一日
この会に参加させて貰っていて本当に良かったと思いましたよ。
山形からは秘密さん御夫妻にもお出でいただきましたしね。

先週から、大震災から解放されたがの如く、本来大好きであった一眼レフを持ち出し、様々な風景やらスナップ写真を撮りためています。
なかなか整理整頓、デジブックへのアップが追いつきませんが、順次 楽しく纏めていこうと考えています。(笑)

で、本日のアップは、ちょっとタイミングがズレてます(汗)が、5月1日(日)に曇天の中 出向いた福島県いわき市三和での桜撮影です。
貝泊写真倶楽部の楽しい(!?)仲間達も写してみました。(笑)



長い方だと10連休とかって伺いますよね。
私は、今日と明日しかありませんが、枚数が枚数なだけに整理が間に合うか心配であります。(汗)
実は、今朝も早朝から撮って来ちゃいましたし・・・。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでことのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月 3日

集団における自分のポジション

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

私には二つ年上の姉が居ます。
ま、二人っきりの姉弟ですから いつまで経っても「弟」のポジションを抜けることは出来ません。(笑)
だから・・・ってことはないんでしょうけれど、振り返ると仲間内の集団の中では位置的に「最年少」もしくは「平均年齢を下げる」ってパターンが多かった気がします。

長いこと「医院の長」なんかをやってますから 私自身にリーダーシップが明らかに欠如してるってことはないように思います。
ただ、子供の頃に きっと姉の後ろを付いて行って数歳しか違わずとも年長者に良くしてもらい遊んで貰ったのが「居心地良かったのかもしれないなぁ、だから幾つになっても無意識にそうするのかなぁ・・・」なんて自己分析することがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなこんなだった(!?)のですが、最近 楽しく遊んでる貝泊写真倶楽部においてはそうではありません。(笑)
館長さんころすけさんよりは若干は若輩者(!?)ではありますが、確実に倶楽部の平均年齢を高めてる存在ではあります。一昨日もその前の日曜日も撮影行に参加した中では最年長の存在でありました。

でね、これがまた心地良いんですよ。(笑)

よく「最近の若いモンは・・・」なんて言うようになったらお終いと思ってましたが、私の場合 逆の意味で感心させられることが多々ある昨今です。
しゅうさんのパワフルな行動力、ねもしゅうさんの半端ない知識力、コウシンさんに至っては撮影時の私の写真をアップするに際してさり気なく頭髪部分を黒く塗ってて下さる実に思慮深い配慮・・・・。(笑)

当たり前ですが・・・・
年長だから偉いなんてことはありませんね。

一回り以上年若い方々達と遊んで貰えるありがたい機会を得ましたが、逆にこちらが教えられることばかりであります。
こんなふうにブログとかやってなければ そんな当たり前のことにも気が付かず、皆さんにも出会えなかったのかもしれないと、ちょっと不思議な感覚を覚えることもしばしばです。

ま、結局 実年齢は別にしても、集団に於いて精神的には相変わらずの最年少ってことなのかもしれないんですけどね。(笑)
今後もくれぐれも呆れられないように注意せねばなりません。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あれから十日ですか。4月24日の三春の滝桜を始め、郡山市・田村市周辺の一本桜を巡った撮影行。

最後の「田村市周辺のシダレザクラ」も、懲りずにデジブックに纏めました。
御覧いただけると嬉しいです。



本日は、その貝泊写真倶楽部のバーベキュー開催。
また親交を深めて参りますか。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでことのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月 2日

伊集院静氏「隣人に救いの手を」

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

キチンとした方が、キチンとした形でお書きになった文章を読むということは とても気持ちの良いモノで、私は昔から大好きです。
それが、雑誌であれ、本であれ、ブログであれ、メディアはナンでも構わないかと思うのですが、今日は新聞への寄稿文でありました。

伊集院静氏。
直木賞・柴田錬三郎賞・吉川英治文学賞等を受賞されてる作家さん。
仙台市在住っていうことを存じ上げませんでしたが、今回の大震災は御自宅で被災されたそうです。
私達と同じように、当初は御自身の無力さ・もどかしさ・憤り、を感じたようです。

「日本という国の歴史の岐路に立っていることを認識しなくてはいけない」

「今大切なのは日本人としての誇りを失わないことだ」

「これからを生きる工夫と連帯、隣人に手をさしのべることの出来る強い精神と生きる力を養うのだ」

という言葉に大いなる共感を覚えました。

「被災者は、来年こそは笑って桜を見てやろうと思ったはずだ」の言葉に、同じ被災者としての共有できる視点を感じたりもしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幸いにして、甚大なる天災被害は受けなかった私達は、原発問題に難儀はしていても既にすっかり日常を取り戻すことが出来ました。
(沿岸部の方々は大変ではありますが・・・)

先日も横浜の従兄弟が電話をくれ数年ぶりに話をしたのですが、遠方の方が報道等により感じてる感覚と、現場で私が感じてる事実とにはチョイと隔たりは感じます。無理もないですねぇ、情報源はテレビの煽るような報道しか無かったんですから。

我々は既にまったく平常であります。(笑)

平常なんだから 先週に引き続いて貝泊写真倶楽部の仲間達と曇天(時に小雨)なのをモノともせずに写真撮影ツアーに出向いて参りました。(笑)

これも春1

































さすがに曇天故に空は入れにくかったかなぁ・・・。
奥に見えるのは桜並木です。

貝泊写真倶楽部の連中は写真が確かに大好きなんですが、傑作写真のために実はこんな格好で撮ってたりしてるんです。
誰とは申しませんが、お尻がはみ出しそうだこと・・・・。(笑)

貝泊写真倶楽部の仲間達















空を見上げても綺麗なんですけど、足下にも春は満開ですよね。
新しい緑こそ、曇天時には逆に映えてくれます。

これも春2

































残念ながら、先週撮影分もまだ整理が出来てませんが、今度の連休中にでも少しずつデジブックに纏めてみるつもりです。

時には自分を写す














私達の集団は個人個人は微力かもしれません。
ただ、親しき隣人として共に手を取り合って活動することで大きな力を発揮できるのではないか・・・・そんな可能性を存分に感じます。

強い精神 生きる力 を絶対に見失ってはなりませんね。
こじつけのようですが、それを再確認する意味でも 明後日(3日)には ふくふく牧場さんで「貝泊写真倶楽部・大人のバーベキュー」開催であります。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでことのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1
2011年5月 1日

映画を見ていたような50日間

いわき市の酒井歯科医院の院長です。

今日は随分と暖かな日和でした・・・・って言うかちょっと暑いぐらいだったかもしれませんね。
私の仕事は屋内の仕事故に、その日の日中の気温が解り難くはありますが、パソコンの温度計表示を見てますと、日付が変わる深夜のこの時間帯であっても高めの18度(於:いわき市小名浜)を示しています。
それを考えると、日中の最高気温が想像できます。
つい50日前には、震える寒さだったことを思うと、長かったような短かったような現実感に乏しい時間が蘇りますね。

映画? いやドラマでも見てた・・・・?

ナ~ンか我が身に起きたことで有りながら 既に現実感を無くしていて「不思議」としか表現のしようのない感覚に襲われています。
あれだけ大変と思っていたのに、過ぎ去った時間が多くなるにつれ くよくよしていても始まらない、前を向こうって感じに自然となるモンなんですねぇ。
よく、「時間が解決する」という言葉を耳にしますが、まさに今回がそうでしょう。
悲しいことは時間に任せてしまいましょう。
良いことだけを、頑張ってることだけを自分の身体周辺に漂わせたいような気がしています。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月ですから、サクラの写真を何枚も撮影致しました。
ここ数日間、あれこれデジブックも活用しながらアップしましたが、同じサクラでも下のような写真が平成23年4月には相応しかったように勝手に感じてました。

沈んだモノトーンの中に、一筋の光明を見出せれば良いんじゃないでしょうか。
輝きの中に、明日への希望があれば なお宜しいかと考えています。

輝き、シンプル















明日は、日本全国荒れ模様だって言うじゃないですか。
それにも めげることなく、明日もまた貝泊写真倶楽部・「桜」撮影行を敢行する予定です。

でも・・・・さすがに明日はパスかなぁ~。

こればっかしは、貝泊写真倶楽部・事務局長の判断に委ねたいと思います。(笑)

にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ ← 励みになるのでことのマークをクリックしていただけませんか? 宜しくお願いします。
Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。

多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。

お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

Google +1