« 2018年8月
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
2010年7月31日

エベレストでの血中酸素濃度

以前、こちらで取り上げた本の著者・栗城氏。
彼が高所登山にトライする時の描写の中に、我々が臨床で目にすることの多い単語が出て来ました。

それは、「血中酸素濃度」

文字通り、血液中の酸素の濃度を示す値です。薬指をクリップのようなモノで挟んで測定します。

パルスオキシメーター当院でも、インプラントオペ時や外科的処置の際には左の写真のようなパルスオキシメーターで、血圧測定・心拍数測定と同時に測定しています。

そりゃぁ~数値が100%に越したことはないでしょうけれど、一般的正常値は96%~100%だそうで、この酸素濃度が90%を切ってしまうと、結構 危険な状態であるとされています。
実際には、問題は無いようですが スモーカーの方などは時折80%台に落ちる時もあありますが・・・。

この血中酸素濃度の値が70%台にまで下がってしまった場合には、人工呼吸が必要になり、最悪の場合死に至るレベルと言われます。

あぁ、それなのに・・・

栗城氏の8000m級の無酸素登頂の際には60%台にまで落ち込むことがあるとのこと。
いくら高所に順応させるための訓練を積んでるとは言え、頭痛、腹痛、下痢、食欲不振、吐気、呼吸障害、睡眠障害といったトラブルに見舞われるようです。思考能力低下だけでなく意識も朦朧としてくることでしょう。

自分ではトライしてみたいとも思いませんが、

8000mを超える神の領域・・・・・・エベレスト。

今後も栗城氏が無事に「神の領域」から帰還されることを期待したいですね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月30日

栗城史多、「一歩を越える勇気」

今思えば、自分自身が20代の頃には・・・いったいナニを考えてたっけかナァ~と悲しくなっちゃうような本に出会いました。

栗城史多著、「一歩を越える勇気」

栗城史多 著・・・「一歩を越える勇気」

若干27歳にして日本人初の単独・無酸素エベレスト登頂に挑戦している注目の登山家の方だそうです。
この本、ネットの書評を見て 気になって読んでみました。

御本人を映像で拝見したワケではないのですが、身長162センチの体重60キロと来れば 登山家としてだけでなく現代青年としても小柄な方でしょう。
しかも測定してみたら一般男性の平均以下の肺活量と筋肉量だとか。加えての山登りには不向きに違いない冷え性。

登山する人には思えないような華奢(!?)な肉体でありながら、ひたむきに夢を追い求め具現化しようとしてる姿勢に心打たれます。

特別なる身体能力に恵まれなくとも、一途に夢を追い求める彼の姿勢。
夢は必ず叶うと口に出して言うことで実現へと向かわせる積極性。
とかくやってもみないウチから断念することもしばしばある私には、自分を鼓舞し実現へ導こうとする若き意欲に学ぶべき点が多々ある内容だったように思えました。

● 夢を叶える方法・・・十回は口にする

こじつけでしょうけれど、「叶う」という感じは「口」偏に「十」と書く。
漢字の成り立ち通りに口に出して十回言うとホントに夢は叶うと彼は言います。そう言えば、あれこれの書籍でも声に出すとか紙に書いてみるのが良いとかって目にしますよね。

明日から実行してみようかな・・・・。

受験期の我が子にも勧めてみようかと・・・・。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月29日

ホワイトニングの合同セミナー

我々の歯科業界、技術・材料の進化・進歩は目を瞠るモノがあります。
「日進月歩」は大袈裟かもしれませんが、より良きモノがどんどん出て来る昨今。常に新しいモノ・情報に触れて居ないと取り残されてしまうというような危惧を覚えることもしばしば・・・。

特にホワイトニングなんかはその最たるモノで、我々が正しき情報を持っていないと患者さんに御迷惑をお掛けしかねません。

そんなこともあり、昨夕 湯本の細島歯科医院の皆さんと当院スタッフで合同セミナーというか、勉強会を開催してみました。

講師は、ウルトラデントという会社の方で、当院でも愛用している「オパールエッセンス」のアドバイザーのHさんという女性。

実は、昨年もこの方のセミナーを当院スタッフと共に受講したことがあるのですが、とても解りやすかったので 今回は特別にお願いして当院に来て頂くことにしたのです。
我々だけでは勿体ないので、細島歯科医院の皆さんをお誘いして、実に充実した時間を過ごすことができました。

ホワイトニング・合同セミナー① ホワイトニング・合同セミナー?

受講者総勢13名。

当院には、パソコンからスライドを映し出せる大型のモニターのある場所が待合室しかなかったので、そこを利用してみました。

こういったセミナーは良いですね。

講師の方がそう勧めて下さった事もあって、まぁ身内しか居ない状況ですから遠慮無く途中で質問を挟むこともでき、最新の情報に触れることができました。

「オパールエッセンス」は自宅で御自身でやって頂くホームホワイトニングの代表格。私自身もやってますけど、歯科医院で行う高濃度の過酸化水素使用のホワイトニングと違って 歯へのダメージもほとんど無いし、後戻り(色が元に戻っちゃう)も緩やかだし、繰り返し何度もできるし、オススメであります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人の第一印象っていうか、初対面時に目が行くところって、第1番目は「目」、2番目は「口元」と言われます。講師のHさんのアドバイスを活かして、皆さんにもどんどん勧めてみる事に致しましょう。

明眸皓歯はやっぱり良いですよね。
(※ 明眸皓歯・・・美しく澄んだ瞳と白く整った歯。美人の例えに言う言葉)

講師のHさんがまさにそうで、スタッフ一同感嘆しきりでありました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月28日

育てられ方が間違いだったの?

秋葉原の無差別殺傷事件、公判での加藤被告の供述。
ネット依存で、現実とバーチャルの世界が交錯してしまったのか・・・としか思えないような思考。

その被告曰く・・・

「育てられ方が間違っていた」と母親を非難。

全てを親のせいにしてしまえれば こんなに楽な事はないでしょうけれど、報道に触れると考えが幼稚過ぎやしませんか・・・って気がしました。
こんなヤツに我が子や最愛の人を奪われた遺族は、あまりにやりきれないでしょうに・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

父母の夫婦仲の悪さ、母親からの数々の仕打ちの披露。
加害者の親なんだから仕方がないんでしょうけれど、この加藤被告の母親はこれからの人生・・・

どうやって生きて行けばいいんでしょう?(泣)

私も3人の子の親ですので、よーく考えないとなりませんね。

モチロン、我が家では夫婦仲は悪くありませんし、子を二階から突き落とそうとしたりしたこともありませんけど。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月27日

しばし、重松清ワールドに酔う

4月に重松清さんと鶴見俊輔氏の共著を読んだ事をここに書きました。
それまで、全く触れたことがなかった重松清さん。

きみ去りしのち

その後も ナンだか気になっていて、本屋さんで左の新著を購入。
ナンだか読んで居て切なくなるほどに良き内容でした。
そうしたところ、娘が既に重松さんの著作「その日のまえに」を読んでいたことが判明。

そもそも著作は気に入ってしまうと立て続けに読みたくなってしまう性格でして、引き続き娘に「その日のまえに」を借りて読んでみました。

その日のまえに

あちこちのネット上の書評を読むと、絶賛もあれば否定的な意見もありましたが、私は根が単純なんでしょう・・・
ナニも考えず、のめり込めました。(笑)

同時代にこんな方が居て下さったことが嬉しいとさえ感じた次第です。

基本的にはハードボイルドとかのジャンルが好きだったのですが、最近はこういうのが良いかナァ~と。(笑)

御一読をオススメします。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月26日

口腔外科の専門家に任せる

歯科医師として、どんな分野でも自在に様々なことができるスキルを備え持つということは理想かと思います。

ただし、現実は・・・。

モチロン 20年以上も開業医をやってればほとんどのことに精通し、まず「お手上げ」にはなりません。

インプラント(人工歯根)にしても たいていの症例にはまごつくことはありませんが、難症例と言われる処置はやはりハードルが高いと感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな中、昨年よりお付き合いが始まり、わざわざ当院まで来て下さる大学の口腔外科の教授には頭が上がりません。
我々のような一開業医が大きなストレスに晒されることがないように配慮して下さり、とても感謝しています。

その先生、いつもは非常に気さくな方で、当院スタッフも来て下さるのを心待ちにするような明るい方なのです。
それが昨日のセミナーでは講師を務められ いつもの普段着と違ってネクタイをされてマイクなんぞをお持ちだったりして、威厳に満ちて感じられたっていうんだから不思議なモノです。

偉い方であることを再認識しちゃいました。(笑)

セミナー受講① セミナー受講②

他者(専門家)に任せることの是非っていうのはあるかもしれませんが、やはり患者さんの利益を最優先に考えれば、上顎洞(副鼻腔)を大きく弄るような処置や骨吸収の激しい患者さんの下顎の埋入、全身疾患を有する方のインプラント・オペに関しては、そういったエキスパートにお任せするのは間違っては居ないように感じます。

何度も間近にその教授の手技を拝見してますが、呆れるほどに上手で的確です。(教授ですから当たり前かもしれませんが・・・)
その分、患者さんへの外科的侵襲も軽いので疼痛・腫脹も少なく、予後はいつもすこぶる良好です。

自分でできること、そして背伸びしないで専門医に任せる部分。
明確化して、医院内における分業のシステムを構築していくのは大切なことかと私は考えて居ます。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月25日

夏の朝、「早起きは三文の得」

昔の先達は良いことを言いましたねぇ。最近、実感しています・・・

「早起きは三文の得」

高三の受験生の娘が、寝苦しい夜を避けて早朝の涼しい時間帯を有効活用したことに合わせて家族全員がサマータイムに移行した我が家。
確かに夏の早朝5時頃って快適なんですねぇ。

私自身は、スパッと切り替えられませんが、少しずつその方向にシフト中であります。(笑)

今朝ほどは、家内と御近所を一緒に散歩(二人並んでのウォーキング)をしてみました。
朝の斜光に照らされて いつもとは違って見える風景、澄んだ空気、眠っていた五感に良き刺激を与えてくれるモノですね。
適度な汗をシャワーで流した後の爽快感もまた格別であります。

サルビア・・・・ですよね?

さぁ、この後は郡山で終日インプラントの講習会です。
夕べ寝るのが遅くて 今朝早かったこともあり、講習中ずっと起きている自信が・・・。(笑)

普段からお付き合いのある仙台の先生と、当院に難症例インプラントオペで来て下さる大学教授(口腔外科)のT先生が本日の講師。

その「いつでもナンでも相談できる」という安心感故に 過酷な睡魔との闘いが待ってるように思えてなりません。

勝負時は昼食後のひとときでしょうか。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

オススメのブログ-【いわき百景】

いわきに生まれ育って半世紀近く。
大学在学中の一時期に離れはしましたが、生粋のいわきっ子と自負していたのですが・・・。(笑)

下記のブログを拝見してから 地元のことをナニも知らなかったことが実によく理解出来ました。

【いわき百景】~看板のない店 -肴菜

さんです。

いや、お店じゃなくて、ブログなんですけど。(笑)

先週末ののWebアワードで「ブログ賞」を受賞された方です。
内容が実に秀逸です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨今の市町村合併でその座は奪われたかもしれませんが、いわき市は基本的には全国有数の広さを誇る市であります。子供の頃は全国一と習ったように記憶しています。

その広さのせいか、未だに知らないエリアが沢山あったことを知りました。
【いわき百景】さんは、あちこち丁寧に取り上げて下さって、大袈裟に言うと我々いわき市民をも未知の世界を知る喜びに浸らせてくれます。

お書きになってる「しゅう」さんは、お仕事の都合(転勤?)で3年ぐらい前にこちらにお出でになったと伺いましたが、誰よりも当地を愛し、広めて下さってることに敬意を表したいと思います。

今まで、風景写真と言えば遠方に出向かないとならないといったイメージを持っていたのですが、【いわき百景】さんを見たら意識が変わりました。

モンシロチョウ・ツイン②

私もブログを始めて3年ぐらいでしょうか。

なかなか他所の方に影響を与えるようなコンテンツを盛り込めませんが、【いわき百景】さんを良きお手本(目標)としながら日々書き綴っていこうと想いを新たにした昨今であります。

先日、始めて「しゅう」さん御本人とお会いして御挨拶させて頂きました。
ブログ同様にお人柄も素敵な方でありましたよ。
いわき市在住の皆さん、是非【いわき百景】を御覧になって我らの市を再認識されては如何でしょうか。
間違いなく何処のサイトよりもいわき市が良く理解出来ます。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「しゅう」さんの、「PRIDE OF IWAKI-いわきの誇り」と称したブログ理念に、私は感激しました。是非のご一読をオススメ致します。

※ 御本人にお会いした際にリンクの了解は得てますが、あれこれ書き込むことの了解は得ておりません。
ただ、私よりひと回り以上年下の方ですが、きっと笑って許して下さろうかと確信しています。(笑)

・・・・・・きっと今頃クシャミされてるかと。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月24日

確かに解りにくい「当院の看板」

先日、お出で頂いた男性の患者さん。
わざわざ遠くから 当院HPを御覧になって来て下さいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当院の位置するいわきニュータウン(中央台鹿島)は新興住宅地です。
キチンと宅地が整備され整然と住宅が建っていて実に良い所ではあるのですが、欠点もあります。
自然な街並みを維持するために建築協定があり、あれこれの目立つ看板等の設置が認められないのです。奇抜な建物も認められません。

それはそれで景観を保つ為には必須かとは思うのですが、そのことで遠方よりお出で頂く方には 当院の場所が非常に解りにくいという御迷惑もお掛けしてしまっています。

歯科医院って言うと、あっちこっちの電柱とかに矢印が書かれてたり、「次の信号左折して30メートル」とかって標識があるイメージがあるのですが、当院は開業以来、建築協定を遵守して下の看板だけの表示であります。

当院の看板、確かに解りにくいかも・・・(泣)

サイズも規定があって、確か1平米に抑えられてたはずです。
(形は自由)
1平方メートルですから、縦60センチ・横160センチぐらいにしたって設計士さんが仰ってた記憶があります。

この看板、しかも道路より一段(3メートルぐらい)高くなった敷地内にあるので、普通の目線では気付きにくかったりもします。(泣)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、冒頭の男性の患者さん。

随分と当院の界隈を探し回ったそうです。それでもどうしても見つけられず、道路脇にクルマを停車させて、たまたま通行されてた方に

「酒井歯科医院ってどこでしょ?」

とお尋ねになったら、

「目の前のここですよ」

と教えて下さった方の指さす方向を見上げてみたら 上の写真の1平米の看板があったとのこと。

笑って仰ってましたが、その看板の前の道路を4回も通り過ぎたとか。
今後、また他所の患者さんにも御迷惑を掛けては申し訳ないので、対策を講じねばならないかもしれません。

・・・と言っても、せっかくの住宅地の落ちついた景観。
建築協定はなるべく遵守した上でとなると いったいどうしたモノかと・・・。(悩!)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月23日

細やかな「心配り」がありがたい

ホントに暑中お見舞い申しあげます。

暑い毎日が続いてますねぇ。
それでもここいわき地方は、福島県下では浜通りと呼ばれる海岸沿いですからまだ良いのですが、内陸部の福島市・郡山市(中通り)や会津若松市(会津地方)となれば、天気予報の最高気温も35度とかでしたから、実際の街中の体感気温はもっと高いのではないでしょうか。

事実、今日の午後 所用で郡山市に出向いたのですが、クルマの指し示す外気温はその通りの35度前後でありました。

屋外でのお仕事の方には申し訳ないですけど、室内の仕事で良かった・・・と感じる そんな毎日です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

医院では、この時期 当然ながら冷房または冷え過ぎないようにドライのエアコン設定にしてますが、それでも高齢の方などには待合室・診療室が寒く感じられる方もいらっしゃいましょう。

診療室においては、治療中も足もとが寒くならないように膝掛けなどを掛けて頂くことが多いのですが、ここ暫くでスタッフより提案されて 待合室でもお使い頂けるようにしてみました。

冷房時には欠かせない膝掛け

実は、私自身は冷房下での「冷え」がどうこうと考えたことはなかったのですが、スタッフが注意してみていたら足下を気にしながらお待ちになってる患者さんがいらしたとのこと。

それを観察・判断し、スタッフ自らが適当なセリーヌとかのロゴの入った膝掛けをネットで見つけてくれて注文。

そういった細やかなる心配りをしてくれるのは嬉しいし、非常にありがたく思います。
小さな事ではありますが、男性である院長に欠落している細やかさを補ってくれることにより、円滑なる医院運営を支えてくれてる様に感じます。

感謝しなくてはなりませんね。

因みに、買い物に関しては彼女達がネットで選んでくれて・・・のパターンがほとんどでしょうか。
決済直前になると私を呼んでくれて、私は暗記してるカードの番号だけ入れて「ハイ、完了!」となります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月22日

時折、テレパシーを感じます

なかなか俄には信じて頂きにくかろうかとは思うのですが・・・・。

日々の歯科医師としての生活の中で ナ~ンの脈絡もなくある患者さんのことが脳裏に浮かぶ事があります。
そうすると、その後数日すると何故かその患者さんが来院されるのです。

これは意図的にそう考えようとしてるのではないのですが、ナニ気ない時に とにかくポッと浮かぶのです。

あの方どうしただろうかナァ~と思うと来院される・・・

ホントにそんなことが しばしばあります。

モンシロチョウ⑥

私は、オカルトとか非科学的なことは一切信じてません。
でも、治療のためとは言え、患者さんと歯科医は顔と顔、身体と身体を普段なら考えられないような相当に近い距離にして密接なる交流があったワケですから、ナニやら科学では説明できないような状況が生じるように感じられてならないのです。

例えば・・・

「アラ 嫌だ、歯が欠けちゃったわ・・・」

「仕方ない、酒井さんのところにでも行くしかないわ・・・」

「麻酔とか要らない処置だと良いけど・・・」

的なことを 濃密なる関わりがあった患者さんが真剣にお考え頂くと、私の中のアンテナにその想いがビビッと伝わって来る様な感覚です。

これは意図して、無理矢理に誰かを思い出そうとしても全くダメでして、
ナンと言えば良いのか、内から湧き上がってくるような感覚でしょうか。

いらして下さった患者さんに「フッフッフ、そろそろお見えになる頃かと思ってましたよ」なんて事は気味悪がられるだろうから絶対に言いませんが、そんな不思議な感覚を時折覚えたりしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

傾向 としては、女性のテレパシーを感じることが多いです。
若い女性であることはほとんどなく、年配の方がやけに多いというのが

ちょっと残念ではあるのですが・・・。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月21日

最優秀賞は「ぐるっといわき」さん

先日のWebアワード。当院のオフィシャルサイトは「デザイン賞」。
数あるエントリーサイトの中で、グランプリ(最優秀賞)はいわき市民であれば御存じでしょう、「ぐるっといわき」さんでした。

「ぐるっといわき」さんのロゴ

まぁ~便利なサイトであります。

「ぐるっといわき」さんの画面

先日の懇親会会場で、代表のKさんとも御挨拶させて頂いたので、近いうちに当院もお付き合いを始めてアップして頂くことに致しましょう。(笑)

代表のKさん、とても感じの良い方です。
昨日、Twitterでもフォローし合う関係になりました。

いわき市内というローカルなエリアではありますが、ネット上の相互の繋がりはとても楽しみです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

猛暑、医院外周植栽が悲鳴を・・・

いったい今日の小名浜の最高気温は何度だったんでしょうか。
それにしても暑い一日でありました。

考えてみると、ここ暫く雨も降ってないし、このまま行くと医院外周の植栽(シンボルの欅だけでなく緑全部)が枯れてしまいかねませんから、診療終了後にガッツリ水撒きをしてから帰って来ました。

これが簡単なようでなかなか・・・・なのです。(泣)

院内は、二台のルンバに任せて自動でお掃除。
考えてみると 夕方の屋外、しかも植栽付近に身を置くということは、我が身を蚊の餌食にしてるようなモノですから、虫除けスプレーを手足・首回りなどにしっかり塗って、iPodで適当に音楽を聴きながら30分チョイの水撒き。

植栽の感謝の声が聞こえてきそうでありました。(笑)

夏の風物詩と言ったらこれでしょう!

それでも全部には行き渡りませんから、残りは明日の朝となります。
ちょうど医院玄関周辺のタイルに少しでも涼しげ感をもたらせるように打ち水をしながら、 玄関周囲に同時に散水しちゃうのです。
そんな夏の朝には、毎年のことながら どうしてもこの昔良く聴いたアルバム名が出て来ちゃいます。

T-SQUAREの「うち水にRAINBOW」

きっと、御存知ない方が増えてますでしょうね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月20日

タバコで顔の肌荒れ・シミ・老け

今日の地方紙の夕刊に取り上げられていたのですが、今年の世界禁煙デー(5月31日)のテーマは・・・

美容的な意味で、「女性を守れ」だったそうです。

厚労省的には「女性と子供をタバコの害から守ろう」だったとか。

特に、最近になって急激にマスコミが喫煙は美容的に良くないことをハッキリと言い始めてくれたのは良い兆しなんじゃないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新聞に因れば、環境皮膚科学という分野で疫学調査などによる研究が進行。「皮膚老化の原因は加齢に次いで紫外線と喫煙!」と断言してくれたとのこと。

喫煙が表皮にシミ・くすみを作ったり、弾力の減少、老化を進めるとか。
40代では10歳も老けた肌になるって言うんだから穏やかではないですよね。

喫煙することが、歯周病はモチロン、不妊症・閉経の早まりなんかだけでなく、美しさを損ねる害もあるって言うんだから注意が必要です。

しょっちゅう見てるけど名前知らず(恥)

歯科医師として大勢の方々に接していると、肌の張りが全く違うので喫煙してるか否かは伺わなくともだいたい解ります。

それでも うっかり美容のことなんかは言えませんから、失礼にならないように「喫煙は歯周病の大敵!」程度にしか言えませんでしたが、WHOとか厚労省が身体の害よりも美容の害を強調し始めてくれると止める気になる女性が増えて来るんじゃないでしょうか。

「もっと早く言ってくれれば良かったのに」・・・なんて女性も多いかも。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月19日

真夏の厳しい日射しの下で

文化祭を終えた高校生は、偉いことに本日暑い中、片付けとのこと。
早朝に学校へ送ってあげて、その後にカメラ(with望遠レンズ)を手にいわき市内の比較的大きな公園へ。

ファインダーを覗くのはやはり気持ちの良いモノです。(笑)

写真を撮るには風が無いのは良いことではあるのです。でも、クルマの室外温度計は30度を超えているっていうのにほぼ無風状態。

嬉しいやら悲しいやら・・・。(泣)

私は決して昆虫好きでもチョウチョ好きでもないのですが、写真好きとしては目の前に浮遊していたらそりゃぁ~撮りたくなりますよね。(笑)

じっとしている姿だけでは面白くないので、浮遊中の写真もチョイスしてみました。

モンシロチョウ①

モンシロチョウ②

モンシロチョウ③

モンシロチョウ④

レンズの絞りは開放にしてシャッタースピードを早め、背景を適度に暈かしながらも緑色になるように角度を考えて・・・・。

実は動きの少ないトンボとかは簡単なのですが、チョウチョだけは厄介なのです。近付けばすぐに逃げちゃうし・・・。(泣)
実際には撮った枚数の6割はピントに納得が行きませんでした。

厳しい日射しは、昆虫や草花だけでなく人間にも容赦はありません。

そこそこの枚数を撮った後には、汗だくでありました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

高校生の勢いを感じた夏の日

おそらく高校生の我が子二人はラッキーだったんだと思います。
何故なら、二年に一回の高校の文化祭・高月(たかつき)祭。
ウチの子は1年と3年に在籍中ですから、今の2年生は高校生生活で一度きりの文化祭なのにそれを2回も経験できます。(笑)

記憶を遡るに私もそうでした。

今日は、朝から日射しの強い暑い一日となりましたが、子供達の通う高校のその文化祭(高月祭)の一般公開当日。
家内と次男と3人で行って参りました。

日頃、空調の効いた診療室での生活が多い私には、かつて私自身も学んだ高校の古い校舎や体育館は蒸し風呂のような感じで結構しんどかったです。(泣)

高月祭

広角レンズ一本であれこれ写して来ましたが、上の写真にもチラッと写ってる着ぐるみの子(ペンギン?)が居たりして

   「若いって凄いナァ~」

と変なところで感心してしまいました。

不思議だったのは、この暑いのにハイソックスの女子高生(他校生も)が大勢居たこと。
暑さに弱いオジさんには全く理解不能の状況でありましたっけ。(笑)

娘も息子も、嫌がられると思って(逆だったらNG!)遠くからしか接しませんでしたが、ここ数日 精一杯取り組んでましたから完全燃焼だったことでしょう。

高校の文化祭は・・・
若さを眩しく感じる瞬間の連続 でありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一番印象に残ったのは、私も好きな写真部の方々の作品だったでしょうか。娘の親友が部長さんをされてるとかで、娘も協力していたらしい大きな作品が印象に残りました。

単なる膨大な枚数のモノクロ写真を貼り合わせただけなのですが、遠くから見るとあのマイケル・ジャクソンが浮かんで見えます。
(そのセンスに脱帽!)

写真好きとしては、ナ~ンか驚きました。

この巨大パズルのような写真に限りませんが、効率重視の大人社会にドップリと浸かってしまってる私には、一見無駄と思えるようなこういったことができる高校生の情熱・勢いに圧倒されるような感覚を覚えました。

この場所は体育館だったのですが、ステージではチアリーディングっていうんでしょうか、全員が想いをひとつにして懸命に踊ってました。
非常識な人間(!?)と勘違いされない様にレンズは向けませんでしたが、どれだけの練習を積んでここまでシンクロさせたかと思ったら 高校生活は案外偉大かと思っちゃいました。

高校の文化祭を経験してから30年。

どれだけお金を積んでも、その時代には絶対に戻れないことに深い感慨を覚えた暑い夏の日でありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月18日

表彰、久し振りに頂いた「賞状」

昨晩、Webアワード2010の表彰式・懇親会に出席して参りました。
嬉しいことに、当院のオフィシャルサイトが部門賞の「デザイン賞」なるモノをいただきました。\(^_^)/

Webアワード。デザイン賞受賞

他人様の前で表彰状(with 金一封)なんかを頂くのは、記憶に無いほどに実に久方ぶりだったように思います。
Web上であれこれ自院をアピールしている立場としては、恥ずかしくもありましたが本当に嬉しかったデス。
ご褒美を頂いたようで、関係各位・選考委員の方々には心より感謝申しあげます。

当院オフィシャルサイト①

このサイトは、モチロン私が作った(作れた?)ワケではなく、石川デザインさんという専門家にお願いをしています。
思えば、石川さん(女性)とのお付き合いは長くなりました。
当院の院内デザイン等も全て信頼してお願いしてる方なのですが、残念ながら私には欠落してしまってるセンスが抜群な方です。

当院オフィシャルサイト②

当院オフィシャルサイト③

綺麗でしょ?(笑)

私のお気に入りのオフィシャルサイトでもあります。

受賞の挨拶でマイクを渡された際に、

「来年はブログでの受賞を目差します!」

などとは言っては見たモノの、並み居る強敵(!?)って言うかブログ仲間が大勢居るので、「ブログ賞」での受賞は難しいと思います。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表彰式後に行われた懇親会。
実はこっちも楽しみだったのですが、大盛り上がりで大勢の方々と来年の再会を誓った一夜でありました。

付き合ってくれた湯本の歯科医・H先生。
下の写真の右の男性ですが、私はこの先生に一生付いて行きたくなるほどに弾けた歯医者さんです。(笑)
歯科医師会の要職に就いていながら なかなかこの「青いアフロづら」は被れるモノではありません。(笑)

普段は勉強家。お酒が入ると実にポップ。
楽しい席にピッタリの性格であります。(笑)

H先生、一生付いて参ります。(笑)

綺麗でしょ?(笑)

私のお気に入りのオフィシャルサイトでもあります。

受賞の挨拶でマイクを渡された際に、

「来年はブログでの受賞を目差します!」

などとは言っては見たモノの、並み居る強敵(!?)って言うかブログ仲間が大勢居るので、「ブログ賞」での受賞は難しいと思います。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表彰式後に行われた懇親会。
実はこっちも楽しみだったのですが、大盛り上がりで大勢の方々と来年の再会を誓った一夜でありました。

付き合ってくれた湯本の歯科医・H先生。
下の写真の右の男性ですが、私はこの先生に一生付いて行きたくなるほどに弾けた歯医者さんです。(笑)
歯科医師会の要職に就いていながら なかなかこの「青いアフロづら」は被れるモノではありません。(笑)

普段は勉強家。お酒が入ると実にポップ。
楽しい席にピッタリの性格であります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月17日

今晩は、Webアワード2010

昨晩ナンとなく愚痴っぽくブログを書いてから寝しなに本を読んでいたら、

「ブログに否定的な話はNG!」
「楽しくなることをたくさん書きましょう!」

って書いてありました。(汗)
その通りですね。私も人の愚痴を聞くのは負のオーラが遷りそうで好きではありませんでした。

さて、そこでチョイと気を取り直して・・・

今日は子供達が通う高校の文化祭(高月祭)、子供達は既に6時半には自宅を出ましたので朝のこの時間に余裕ができちゃいました。
楽しいイベントの話を書いてみる事に致しましょう。(笑)

昨年、初めて参加したWebアワード2009。去年は良く知らないでの参加だったけど、今年はチョイと余裕のWebアワード2010。これが今夜開催されます。

去年のイベント以降、大勢の方々に良くして頂けました。今年は実に楽しみでなりません。(笑)

またあの方々にお会いできるかと思ったらワクワクしちゃいます。
去年は知らなかったけど、このイベントは普段はいわき市内でネットで繋がってる方々の言わばオフ会です。
今年も湯本のH先生と二人で、異業種の方々から存分に良き刺激を受けてくることに致しましょう。

気が付いたらネットにドップリと浸かってる昨今であります。(笑)
こういった楽しみがあると・・・やめられませんね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

赤ヒゲ先生にはなれないかなぁ

本当にごくごくたま~にですけど、初診(新患)の方で保険証をお持ちでない患者さんがいらっしゃいます。
モチロン、以前お出で頂いたことがある方でしたら「次回お持ち下さい。お願いしますね!」でナニも問題はないのですが、

御家族もいらしたことがない純然たる初めての方ですと なかなかそうも行きません。

本日、何となく受付が騒がしいような気がしていたけど、私の手が空かずにそのままになってしまっていたのですが、後からの受付スタッフの報告を聞くとやはりそうだったようで・・・。
患者さんは御立腹のようでしたが、受付スタッフがちゃぁ~んと断ってくれたようで安堵した次第です。

理想的には、保険請求云々をいわずに対処するのが正しいのかもしれませんが、残念ながらなかなかそんな・・・

赤ヒゲ先生状態にはなれないモノです。

はかなげな紫

かつて十数年前に同様の状況で、40代の女性の方から

「保険証を見せろだなんて信じられない! 前の歯医者でそんなことは言われたことがない!」

と窓口でその当時の受付スタッフと私が異様に怒られた経験があります。
たぶん、それはその方の勘違いで、保険診療のためには毎月の保険証の呈示&確認は保険医療機関の義務だと認識しています。
おそらくはその方も一度は以前の歯科医院で呈示したことがあったと思うのですが、それをお忘れになったのではないかと・・・。

そりゃぁお付き合いの長い方には「お断り」なんかはモチロン致しませんが、初対面の方ではそうも行きません。今だとパソコンでカルテすら作り難いと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いったん10割分の金額をお預かりして、保険証提示時にお返しする・・・それすら拒否されてしまった場合には、申し訳ないけど少なくとも保険診療はお断りするしか無いように考えてしまいます。

他の歯医者さんはどうしてるんでしょう?

寛大な心で治療しちゃってるんでしょうか。
似たようなケースですけど、お財布をお忘れの方なんかは保険請求ができますから構わないのですが、保険証提示がないと保険請求は無理。

気の毒なのは受付スタッフです。

社会の規範に則って丁重にお願いしてるのに、叱られては可哀想です。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月16日

夏の想い出・・・アゲハ蝶の羽化

いつだったか一眼レフのデジカメ・・・・がまだ主流ではなく、コンパクトデジカメが一般的だった頃(・・・と言っても数年前)、我が家の建物の基礎部分のコンクリートにアゲハ蝶のサナギを発見。

見るとはナシに見て居たところ、羽化しまして・・・

アゲハ蝶の羽化1

観察することしばし、
やおら突然落ちたのです。(笑)

アゲハ蝶の羽化2

反対側からの撮影。
これはクロアゲハ・・・なんでしょうね。

見て居たら 落っこちちゃったこいつが この後 コンクリート面を頑張って上り始めたのです。

アゲハ蝶の羽化3

息子はその模様に興味津々。

この蝶々さん、凝視する視線に耐えかねたのか、唐突に舞い上がりまして・・・。
近くにある庭木(ユズ)に止まったのです。

アゲハ蝶の羽化4

羽化してすぐに飛んで掴まることができるんだから凄いですよねぇ。
アゲハ蝶だけではないんでしょうけれど、蝶々って香りのある木々を好むんですってね。

アゲハ蝶の幼虫

左の写真は今年の庭の光景なのですが、たぶんキアゲハ?かと思いますが、この幼虫がしがみついてるのは私がチョイと苦手とするパセリであります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月15日

スタッフ全員で学べるセミナー

本日は休診日を利用しての院内セミナー。
予防歯科では有名なオーラルケアさんから講師の女性に昨夕から来て頂いて、昨夜は懇親会、今日は「講義&実習」と実り多い2日間でありました。

目的 は、スタッフ全員で最先端・最新の予防歯科関連の知識を学び、より良き医療サービスを提供できるようにステップアップすること。

無事に目的は達成できたようです。(笑)

院内セミナー(講義) 院内セミナー(実習)

その講師の女性がとても素敵で素晴らしい方で、今後 中長期にわたっての当院担当をお願いしたくなる感じ。

残念ながら 私が講師役になってあれこれをスタッフ全員で学ぼうとしても、どうしても一方通行になりがちになってしまうのですが、やはりこういった事は・・・

プロにお任せするのが一番。(安心!)

我々スタッフひとりひとりの意見に十分に耳を傾けながらの講義進行は実に良くってありがたかったです。
今後も定期的に来て頂いての指導をお願いした次第です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

院長を含めたスタッフ全員が 同じ方向を目指して努力する・・・
それを当院の基本方針にしたいと考えを新たにした 7月半ばの木曜日でありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月14日

幾つになっても嬉しいモノです

今日は私の誕生日。思えば遠くに来ちゃったモノで、半世紀に王手を掛けてしまいました。(笑)

毎年恒例、ありがたいことにスタッフから頂くプレゼント。
少々照れくさくはあるのですが、とっても嬉しいモノです。(笑)

幾つになっても嬉しい「誕生日プレゼント」考えてみると、大人になるとこういったリボンが付いたような誕生日プレゼントなんてそうそう貰えませんよね。

スタッフにはあれこれの難題を抱えさせてばかりで、彼女達の医院を愛してくれてる気持ちに十二分に応えてるとは言い難いような状況ではありますが、少しずつではあっても理想型に近付けるような努力を惜しんではならないと誓いも新たに致しました。

差し当たっては 明日の晩はみんなで食事会。(笑)
その翌日には休診日返上の院内勉強会ですから、その罪滅ぼしをしないとなりません。

家に帰っては、頂き物の焼酎で家内と乾杯であります。(笑)
来年までまた一年、健康に留意して大過なく過ごしていきたいモノです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月13日

訓練を重ねた歯科医師の技能

もし受診されてる歯科医院の歯医者さんが不器用だったら・・・

そりゃあ~困りますよね。(笑)

でも有り得ない話ではありません。
何故なら歯学部の入試に器用・不器用は関係無いからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、ある歯科系の雑誌で懐かしい単語を目にしたのですが、それは・・・

歯型彫刻(しけいちょうこく)

一般の方々には「?」かと思いますが、我々歯科医が歯学部在籍中に初めて遭遇する歯科らしい実習です。

歯科医ならおそらく誰でもが通った道かと思うのですが、「歯(大臼歯)」のお手本模型に似せて1センチ角ぐらいの円柱状の石膏棒を左手で持ち、お手本に似せて立体的に彫刻刀で彫っていくのです。
やがてステップを踏みながら その石膏棒はワックスと呼ばれる蝋細工のようなモノになり、何度も何度も歯型彫刻の練習を繰り返し そういう訓練を重ねて学生は自然と器用にさせられていくのです。

庭のブルーベリーを油絵風にアレンジ!

昔の子供は、幼少期に平気で鉛筆をナイフで削っていたので、そもそもの器用さは自然と身に付けていたことでしょう。
それが現代では指先を使うことのないシャーペンの使用、加えて書くこともせずにキーボードを叩いたり左手の親指を駆使しての携帯メールに頼ることも多いが為に指先の器用さは日常生活では養われないようでもあります。

そんな訳で、最近では「歯型彫刻」で苦労する学生さんが多いそうですよ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月12日

武市半平太と岡田以蔵に涙する

本日のNHK大河の「龍馬伝」。

実は今年の初め、昨年の「篤姫」の余韻もあり、「龍馬伝」はどうかナァ~と熱心には見て居なかったのですが、歴史の勉強がてら見続ける子供に付き合ってナニ気に見ているうちに・・・

完璧にハマってしまいました。(笑)

今日の放送では、土佐勤王党の武市半平太(大森南朋)と岡田以蔵(佐藤健)が見事な最期を迎えるシーン。

山内容堂公を演じる近藤正臣さんも立派かと思いますが、上のお二人はその上を行くほどに凄かったんではないでしょうか。

佐藤健さんの以蔵役は凄かったですねぇ。

若手ナンバーワンなんでしょうけれど、「龍馬伝」の放送以来 岡田以蔵の墓には花が絶えないというのが理解出来る気がしたモノです。

彼が斬首される直前に流した右目からの一筋の落涙・・・。

親子5人でテレビを見て居て、そこまではどうにか耐えたのですが もういけません。(泣)
雑用をこなすための医院までの往復8キロのウォーキングに因る疲労に加え アルコールに因る酔いも手伝って・・・

思わず泣いてしまいました・・・・。

傍らでは家内も号泣状態に入ってまして、二人して子供にティッシュを取ってもらう体たらく・・・。(恥)

庭の花(ギボウシ・擬宝珠)

音楽にしても映像にしても、脚本家の力なのかどうかも知りはしませんが、実に素晴らしい作品と感じた今日の放送でした。

主役は龍馬役の福山雅治さん。

こんな番組の主役を演じる人って、比類無き自分の幸運をどう捉えるんでしょうか。
そこを訊いてみたい気がしますが、怖くなるほどじゃないのかなぁ・・・。

「龍馬伝」・・・後半が始まって年末まで、日曜の夜が実に楽しみになりました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月11日

野球・相撲、あれこれのしがらみ

本来なら今日の夕方からは大相撲名古屋場所の中継が始まるはずだったのに、今場所は例の野球賭博問題があって異例のNHKのテレビ中継無し。
全国では楽しみにしていた方も多かったろうに残念ですね。
ここ暫くで あれこれ苦渋の選択を余儀なくされた団体が多かったことでしょう。

まぁ、賭博そのものや反社会的勢力とのお付き合いは確かに良くはなかったんでしょうけれど・・・・。

でも、興行という形をとる以上は避けて通れないんではないかという気もします。人はよく「スポーツマンシップに則って」という高校野球の選手宣誓のようなイメージをプロにも当て嵌めようとしちゃうけど、そこに難しさ・無理があるんじゃないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、朝のラジオのローカルニュースで報道されていたのですが、いわき市で実に久し振りに開催された読売ジャイアンツの試合のニュース。
試合の結果だけでなく、ジャイアンツに所属していて いわき市と同じ福島県浜通り(海岸側)の相馬市出身の選手を紹介してました。

何とはなしに聞いていたのですが・・・

私は名前も聞いたことが無く全く知らなかった選手だったのですが、ラジオではその選手がジャイアンツに所属しているということ。7回あたりから代走として試合に出て大きな歓声が上がったということ・・・を話題にしてました。
地元ではヒーローの筈のその選手にすれば、レギュラーでこそ無いけれど原監督とかの温情もあって「故郷に錦を飾る」瞬間だったんだろうナァ~と想像しました。

iPhoneで撮影した庭の紫陽花、結構綺麗に撮れます(笑)。

本来、スポーツマンシップに則って正々堂々とやるんだったら代走起用もなかったはずで・・・。
でも、代走で出ることで選手本人にとっても応援してくれる地元の方々にとっても大いなる歓びに変わるんだったら少々曲げてでも・・・。

それがしがらみってヤツでしょうか。(「しがらみ」って「柵」って書くんですね!)

相撲界の野球賭博問題にしても、違ってるかもしれませんが最初のキッカケはそんな「ちょっとしたお付き合い」、「しがらみ」だったんではないかと思います。それなのに何故かそれが本当の社会悪かどうかの議論を待たずに「けしからん!」というマスメディアによってどんどん決められちゃったようにも思えなくもありません。

解雇だか廃業にまで追い込まれた力士・親方は、本当にその処分が妥当だったんでしょうかねぇ。
モチロン、良くないことをしてるのは否定しませんが、案外それと同等の社会悪を犯してる人って居たりするんじゃないでしょうか。

国技だから厳しいのは仕方ないのかなぁ・・・。

ナンだか釈然としませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

因みに地方でプロ野球の興行なんかがあると、「お付き合い」と称してそのチケットを大量に買わされる地元の中小企業があります。
断れば二度と仕事は貰えないんですからちょっと無理をしてでも買わないとならないんでしょうね。

見方によってはそれだって社会悪だと思うけど、社会に浸透してる通例・慣例として誰も苦言は呈したりしませんよね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月10日

各党代表のマイクパフォーマンス

まだまだ先の話かと思っていたら明日は参議院選挙。
報道ニュースを見ていると、今夕は各党代表の方々が最後の挨拶ってところだったでしょうか。

見ていて感じたことは・・・

菅直人首相はじめ、各党代表っていうぐらいだから結構の年齢ですよね。
国民新党の亀井さんとか「たちあがれ日本」の平沼代表なんて世間的には十分にお爺ちゃんの年齢な筈なのに、この暑いさなか 驚くほどのパワー(元気!)でありました。

声を張り上げるのって疲れますからねぇ。

しかも熱中症になるほどの陽当たりの良いところだったり、スーツを着込んでたり、精力的な移動、移動時の冷房と車外の気温との温度差・・・・。加えて年齢も考慮に入れると

常人だったらグッタリじゃないでしょうか。

蜘蛛の巣 with 水滴

見ていると、演説って個性が出ますよね。
主義主張の善し悪しは別にして、アピールする力・スピーチ力って大事ですねぇ。
かつての小泉総理がそうだったように、如何に聴衆を惹き付ける能力があるか・・・。
各党代表を見ていて「マイクパフォーマンスの違い」を感じました。

菅総理や「みんなの党」の渡辺代表には大いに説得力を感じました。
菅さんは右手で盛んにマイクの頭を握り身体を左右に振るけど、あれにはアドバイザーでも居るんじゃないかと疑いたくなるぐらいの説得力を感じます。(演説の内容は別として・・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

反対に、社民党の福島代表や共産党の志位委員長なんかは抑揚に欠けて 説得力的には「?」とか「惜しいなぁ」と感じます。
主張することが正しくとも、その姿を国民の脳裏に刻み込むようなマイクパフォーマンスを持たないと、「選挙に勝つ」ことは困難な気がします。

政治家のブレインの方々は、政策とか話の内容にだけ言及するのではなく、不特定多数の無党派層を巻き込むべくビジュアル要素をもっと重視すべきなんでしょうね。

かく言う私は、ビジュアル要素的点数は低いので、彼等のことは言えはしないのですが・・・。(泣!)

さぁ、明日は家内と近所の小学校に散歩がてら投票です。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月 9日

良い意味のカルチャーショック

それにしても熱い、暑い一日でありました。

本日、歯科医院見学のため埼玉に出向いてました。
東北のしかも海岸から程近い地域に住まう私にとっては、7月の内陸と聞いただけで「暑い一日」でもあったのですが、また違った意味でも「熱い一日」でありました。

インプラントのスタディグループのメンバー数名でその先生のオフィスを訪問させて頂いたのですが、その方(歯科医師)がなさってる あらゆる事にカルチャーショックを受けて帰って参りました。

その先生は、ひと回り以上も年齢が上の方ではありますが、歯科医療に打ち込む情熱は私達の誰よりも熱かった・・・・ように感じました。

ややもすると我々歯科医が失いかけている歯科医療に携わる歯科医としての誇りに満ちていて、眩しかったような・・・。

一朝一夕に同じようになれるはずもありませんが、「志」の高さは明日の当院の臨床へ反映させられたら嬉しいと感じます。

60代でらっしゃるのに、学習意欲というか向学心が旺盛でいらしたのには脱帽します。
私だけでなく、メンバー全員が後頭部をハンマーで殴られたような衝撃を味わったに違いありません。それにしても・・・

上には上が居るモンですねぇ。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月 8日

立川談志・志の輔・談春・談笑

昨年夏に愛車をプリウスにしてからというモノの、クルマに乗ってる時間が大幅に増えました。今までは年間走行距離4000キロぐらいだったのに、プリウスにしてからは20000キロ前後のハイ・ペース。(笑)

どっちがエコなの?(笑)

・・・と言われそうですが、まぁそんな感じです。

運転中はナニをしてる(聴いてる?)と問われれば、実は落語なんかを聴いているのです。
キッカケは亡くなった三遊亭圓楽(五代目)さんの追悼盤のようなCDを聴いてからでしょうか。
その後も、レンタルのTSUTAYAさんで様々な落語家さんのCDを数枚借りたりしてましたが、そもそもの枚数が少ないので「どうしたモノか・・・」と考えることしばし。

なかなか購入までは思い切れないので ネットのCDレンタルをしてみることにしたのです。中でも・・・

楽天レンタル・・・安いです。(笑)

楽天のレンタルCD

一枚99円、7枚まで借りて送料は300円。
早速 談志さんのCDを借りてみました。
パソコンに落としたら 写真のような最初から切手の貼られた封筒に入れて「ポストに投函」するだけの手軽さ。
iPod&iPhoneに落とすも良し、クルマで聴くも良し。

落語に精通してる訳ではないので解ったようなことは書けないのですが、立川談志さんの一門の方々は皆さん非常にオモシロいですね。

● 立川談志さん・・・文句無し
● 立川志の輔さん・・・私の中のナンバーワン
● 立川談春さん・・・不覚にも走行中、人情噺に泣いてしまいました
● 立川談笑さん・・・ただただもう、爆笑!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は明日の休診日も、仙台のスタディグループ『インプラントアカデミー』の先生方と埼玉は浦和にある歯科医院見学を予定していて、日帰りのロングドライブとなります。

運転中は、談志さんにドップリと浸かってみることに致します。
御陰様(!?)で目下のところ、運転がまったく苦になりません。

落語は、ウォーキングの時にもiPodor iPhoneで聴いたりするのですが、歩きながらニヤニヤしちゃって変なおじさんに間違われそうで そこが辛いところです。(笑)

Google +1
2010年7月 7日

世の中 ナニが流行るか解らない

つい最近まで知らなかったのですが、

ブームなんですってね、食べるラー油。

品薄状態が続く中、家内に勧められて豆腐(冷や奴)に載せたり御飯に載せたりして口にしてみましたが、これがなかなかいけるじゃないですか。(笑)

「食べるラー油」「桃屋 vs ヱスビー食品」の熱い闘いが繰り広げられてるようですけど、ホント ナニがヒットするか解りませんねぇ。

因みに我が家では両方食してみました。(笑)

どっちも「いける」ので、私にはどちらかに軍配を上げることはできなかったです。

難があるとするなら、もう少し瓶は大きくても良かったような気がします。
(アッと言う間に無くなっちゃう!)

「食べるラー油」の御陰で、暑い夏を元気に乗り切れそうです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月 6日

ナンかちょっと・・・「いい歯医者」

いつだったか お会いしたことはないけど敬愛する西新宿歯科クリニック院長・武末先生もお書きになっていたし、私もこのブログに書いたりした事がありましたが・・・

「いい歯医者」なる雑誌への掲載について・・・です。

否定してる訳ではないのですが、あまりの掲載費用の高額さに驚いたりした事実がありました。
でも、世の中には「選ばれた いい歯医者さん」と勘違いなさってる方が結構いらっしゃるようで・・・。(泣)

広告なんですからそれで良いのかもしれませんが、私だったら自ら

「選ばれました!」

なんてはちょっと書けないかナァ・・・と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は話が矛盾するかもしれませんが、私も昨年に引き続き今月末発売のいわき市のタウン情報・「タウンマガジンいわき」に広告を掲載します。

広告ですから当然 費用が掛かります。

でも、この会社は地元企業ですし、担当の方(Kさん)も編集長の方も親切で非常に好意的だったこともあり、お付き合いしたくなったし、応援もしたくなっちゃう感じだったのです。(事実、友人を紹介したりしました)
価格もリーズナブルでしたしね。

今月の25日の発売だったような・・・。

当院、ローカルなこの雑誌(タウンマガジンいわき)には出ますけど、残念ながら決して「いい歯医者」だから載る訳ではありません。(笑)

タウンマガジンいわきのサイト

こういったメディアによる広告と本当の評価の相違に関しては、我が子(高校生の2人)にも社会勉強の一環として伝えていかねばなりません。
・・・と同時に世の中の絡繰りとして教えていくつもりです。

我々大人も、うっかりメディアに誘導(!?)されないように真実を見抜く目を養わねばなりません。特に参議院選挙直前の昨今、メディアの報道通りに受け止めるのは「?」かもしれませんね。

もっとも 父の威厳 の問題もあるので・・・

お父さんは「いい歯医者」に載ってはいないけど、そこそこ良い歯医者かもしれないよ・・・って家内にフォローはしておいて貰うつもりです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月 5日

福島県内の歯学部同窓生の集い

昨晩 は久方ぶりに東北大学歯学部同窓会・福島県支部の集まりに出席するため、郡山まで出掛けて参りました。

卒業して23年。

卒業年次で言うと、4回生(昭和49年卒、既に還暦超)から31回生(平成13年卒)までの20名あまりの参加(因みに私は18回生)で、同窓故の気安さから実に楽しい時間を過ごす事ができました。(笑)

東北大学歯学部同窓会・福島県支部1まずは、やはり同窓(13回生)で山形大学医学部の口腔外科の教授をなさってる I 先生の講演からスタート。

口腔周囲の癌や不慮の事故により顎骨(まさにアゴの骨)を欠損されてる方の再建に取り組んでいる先輩の姿に触れ、同じ学舎から育った方の活躍振りに深く感銘を受けました。
難しい話なんだけど、ビジュアルを交えて噛み砕いてお話し下さってありがたかったです。(笑)

東北大学歯学部同窓会・福島県支部2

組織再生医療は、モチロンのこと我々歯科の世界も無縁ではありません。
現状の視点からと将来像の展望を伺うことができ、有意義な時間を過ごせました。

東北大学歯学部同窓会・福島県支部3講演終了後には教授も交えての懇親会。これだけ上下関係に気を遣わずに済む同窓会も珍しいんではないかと・・・。(笑)
気兼ねせずに語り合える「同窓」の先輩・後輩って良いモンでした。

この後、ある先生が歌い始めた「東北大学の校歌(学生歌?)」。
在学中にはおそらく聴いたことはなかったように記憶しているのですが、卒業後に時折聴くようになった(聴かせられた?)歌詞の中に

「われらこそ国の礎(いしずえ)・・・」

というフレーズがあって、ちょっと前近代的なのかもしれないけれど

やっとこの年になって理解ができるようになったナァ~・・・

と酔いも手伝ってか感無量な感覚を味わった一夜でありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月 4日

iPadの価格が吊り上がる?

話題の iPad。

あれこれの報道を見ているウチに、やはり欲しくなっちゃいました。(笑)
どうせ家電量販店では扱ってないんでしょうから、ネットで購入を・・・と試みてビックリしちゃいました。

入手が困難だからナンでしょう、結構 定価よりも吊り上がった価格呈示の家電販売のサイトが多かったんではないでしょうか。
以前の「ニンテンドーDS」とかと一緒ですね。

ナンか殺伐とした感を助長する気がしたモノです。(泣)
(欲しい人の足下を見る・・・)

iPadが我が家に・・・

結局、アップルストアで正規に定価で購入したのですが・・・

待つこと10日前後。

その10日のために1万円も2万円も余計には出せないですよねぇ。
(もっとも買う人が居るからその値段なんでしょうけれど・・・)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月 3日

7月、後半戦のスタートを切る

ついこの間「お正月」だったのに、季節の移ろい、時の流れは慌ただしく我々を追い立てますね。
今日が当院にとっては後半戦の初日、7月のスタートとなりました。

今月もまた 御陰様で忙しい1ヶ月となりそうです。

今月から、かねてよりスタッフと一緒に相談しながら企画していた外部講師をお呼びしての院内セミナーがスタートしますし、他院の先生&スタッフもお呼びしての合同セミナーにもトライしてみる・・・・
そんなスタートを切る楽しみな7月となりそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日頃より、医院の活性化・充実化のためにスタッフと良く話をします。
ただ、残念なことにあれこれの思いがあっても、私にはスタッフを指導するスキルはないのです。(泣)
やってみると解りますが、本当に指導者って大変ですよね。
残念ながら私にはその才能が欠落してるようであり、なかなかそんな時間も取れないので、専門家に依頼することにしたのです。

出来ないモノは外部委託が一番ですよね。
ついでに院長である私自身も指導して貰っちゃえば、初心に戻れて一石二鳥ではないかと・・・(笑)

雨に濡れる朝

せっかく、優秀で心優しきスタッフが集ってくれてるのですから、その潜在能力を更に引き出せれば患者さんにとっても計り知れないメリットだろうと考えます。
彼女達の御陰で、来院される方々の歯科受診への不安・抵抗が少しでも薄らげば・・・と考えたいです。

医院の常なる進化・・・・これは院長の使命と捉えています。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月 2日

アイリスの高圧洗浄機を購入

当院の北側のバス通りに面したエントランス周辺のタイル部分。

この時期だから・・・ってワケではないのですが、おそらく日当たり不良が原因なのか ややもすると常に階段部分の隅々に苔をむしたような汚ぁ~い状況になってしまっていたのです。

ホースで水を掛けてもダメ、デッキブラシで擦ってもダメ・・・。(泣)

さぁ、どうしたモノか・・・・。

そんな中、最近テレビのコマーシャルでやってるアイリスの高圧洗浄機に目が止まりました。
お掃除の業者さんに依頼することも可能ではあるのですが、その依頼一回分で高圧洗浄機が2台買えることを思うと、自分でやってみようかと・・・。(笑)

・・・・でもって、やってみました。

アイリスの高圧洗浄機

これなんですけどね。
ダメならクルマの洗浄にでも使おうか程度に考えて居たのですが、やってみると納得。
実に強力な洗浄ができ、休診日の今日、当院のタイルはすっかり綺麗になりました。(笑)

使用感レポートとして、間違いなく優れたモノではあるのですが欠点もありました。

 【 欠点その1 】

強力な方が宜しかろうと考えてアイリスで一番大きなサイズにしたのですが、現物を見ずにネット注文してしまったが為に、予想以上に大きくて重かったです。
時折 自宅に持ち帰って・・・なんて考えて居たのですが、まさか重量20キロとは思ってもみなかったので、移動が大変でありました。(泣)
モチロン、ネットにも表示されては居たんでしょうけれど 買ってから「車輪が付いてる意味」に気が付きました。(笑)
一般家庭であれば、もうワンサイズ下でも良かったかもしれません。

 【 欠点その2 】

イメージとしては、落書きだらけの黒板を黒板消しで消すよう(アッと言う間に綺麗になる)かと思っていたのです。
実際は・・・・大袈裟に言うと黒板を消しゴムで綺麗にしてる感じです。恥ずかしながら急ぐと虎刈り状態になっちゃうかなぁ~と。
当たり前ですけど、丁寧にやればやるほど時間は掛かりました。

 【 欠点その3 】

思った以上に手に振動が来ます。
林業でチェーンソーを扱う方の白蝋病の病名を思い起こすぐらいでありました。これもサイズが小さければ良いのかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

欠点ばかりを書き連ねてはアイリスさんに申し訳ないのですが、使ってみないと解らない点ってあるモノですよね。

間違いなく綺麗にはなるので、「価格コム」で最安値で購入するなら紛れもなくお得なお買い物のように感じた高圧洗浄機でありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年7月 1日

胸を張って帰国して欲しいです

長い長ぁ~い夜が終わりました。

俄サッカーファン、俄サポーターではありましたが、日の丸を背負って闘う若者達の姿を、家内・娘・息子(二人とも高校生)、そして甥っ子(社会人)との5人で放送終了まで見てしまいました。(本日、睡眠不足!)

結果は残念だったけど、敗戦決定後の選手達の駒野選手への気遣い・労り模様が印象的でありました。
試合内容云々より感動的だったかもしれません。(泣)

「祈り」は通じなかった・・・

精一杯やっての結果であったことは誰の目にも明らかだったんですから、予想以上の好成績を残した日本代表の選手達には胸を張って帰国して貰いたいですね。

日の丸を胸に闘う選手達がいて、深夜の時間帯なのに胸を熱くしながら応援する国民がいる、そして願いや祈りがひとつになる・・・。

野球のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の時や、オリンピックの時もそうですけど、スポーツって人を惹き付けてはなさないですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

選手一人一人に、今日に至るまでの語り尽くせぬ歴史はあったんでしょうけれど、同様にパラグアイの選手にもあった訳で・・・・。
そのパラグアイの選手が、試合終了後に駒野選手に歩み寄り 慰めてくれていたのも スポーツならではのとても良い光景でありました。

そのパラグアイは、ベスト8(準々決勝)でスペインとですよね。
スペインは強そうだけど、今度はそんな良いヤツの居るパラグアイを応援しちゃおうかと・・・(笑)。

4年に一度のワールドカップ、南アフリカ大会。

8強が出揃い佳境に入る明日からは、気が付いたら下半期じゃないですか。時の流れって恐ろしく早いですねぇ・・・。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。

多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。

お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

Google +1