« 2018年10月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2010年3月31日

「超」が付くほどのアナログ・メモ

デジタル物が好きで、あれこれのモノをデータ化して活用しています。
捨てるに捨てにくい文書・書籍類もスキャンしてデータ化したり、予定表とかもパソコンからGoogleのカレンダーに入力して それを携帯とか
iPhoneといった端末からチェックする毎日。

でも・・・

一番便利なのは、やっぱり当たり前のメモ帳でしょう。(笑)

子供が文房具を買いに行く際に付き合って、オマケのようについでに買って来た1冊80円ぐらいのコクヨのミニ・キャンパスノート。
(ポケットサイズ!)

実は、それを一番活用しています。(笑)

悲しいかな、あれこれ重要なことを思いついても数時間後には「アレ、ナンだったっけか?(泣)」と思い出せなくなることしばし・・・。
思いついたことは、とにもかくにも何でも記載するように心掛けています。

実はアナログ人間でした

それら書き込んだ項目を処理しクリアした時点で、ボールペンを用いてグニュグニュって塗り潰していきます。そうすることで・・・

処理・未処理が一目瞭然。

パソコンに触れない日はないし、現にこうやってブログとかを書かない日はないほどのデジタル系のヘビーユーザーではありますが、肝心なところでは「超」が付くほどのアナログ人間だったってワケであります。

昔から結構このスタイルが好きなのです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月30日

漁港の片隅で見つけた水槽

3月も終わるというのに 午前・午後 雪が舞うような異様に寒ぅ~い一日でありました。(泣)

本当の春が待ち遠しく感じられます。

さて、ここいわき市にはアクアマリンという海洋学習施設なんかもあるのですが、それとは全く関係なく昨日出向いた小名浜港の港内を歩ってみると、片隅にあまり目立たぬ小さな水槽が・・・。

覗いてみると比較的大きな魚が鎮座(!?)してまして・・・。

小名浜の漁港には1

勿論、シーラカンスとかではありません。(笑)

傍らに紹介文があったのですが、「カスリハタ」だそうです。

小名浜の漁港には2

出来ることなら暗闇では遭遇したくないチョイとグロテスクなツラ構えでありました。(笑)

上の写真は我が家の次男です。
先日、スタッフの送別時の写真に映ってるみんなもそうでしたけど、無意識にVサインが出ちゃうっていうんだから不思議ですね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月29日

新鮮な「魚料理」は実に美味

いわき市は福島県でも南東部。太平洋岸に面していて小名浜という大きな漁港もあります。
そこで水揚げされる鮮魚は、やはりその地でいただくのが一番美味しいのかもしれませんね。

日曜日の昼食。昨日・今日と年度末に帰省していた義姉御一家と よく行く小名浜の魚料理のお店「ひさ」さんに出向いて参りました。

小名浜の「ひさ」のファン

失礼ながら、決して豪華なお店ではありませんが、いつ行ってもハズレがありません。実に美味しく食して参りました。(笑)

定番の「お刺身定食」

新鮮、かつボリューム満点。
こういった海の幸に触れる時・・・・

日本人に生まれて良かったと思う瞬間です。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月28日

ベテランスタッフと運営委員会?

院長たるモノ、常に今後の医院のあり方・展望に関してのビジョン(中・長期的目標)を持っていなければならないと肝に銘じています。

リーダーですから、当たり前ですね。

ただ、方向性を模索する際にスタッフの貴重な意見は欠かせません。
昨晩、そのベテランスタッフとの意見交換会(食事会?)を開きました。

彼女達の意見に耳を傾け、それを今後の医院運営に反映させるべく、時間をとってのスタッフとの全体ミーティングにて「酒井歯科医院イズム」のようなモノを全員に浸透させていくつもりです。

「柚香」というお店

実際には、美味しく食事なんかをしながら駄弁っていただけ(!?)なんですが、改まった席でないが故に本音に触れられて良かったと思います。

お店は「柚香(ゆずか)」。

店構えは簡素なんですが、中は威勢が良くて賑わっていて非常に美味しいお店でした。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月27日

もうマッチなんて呼べませんね

普段は「中居正広の金スマ」なんて見ないのですが、今日ばかりはスペシャルゲストが近藤真彦氏であったので ちょっと見始めたらチャンネルを変えることが出来ませんでした。(泣)

ちょっとツッパったやんちゃ坊主のように思っていたけれど、若干22歳での母親の急死だの翌年のレコード大賞受賞直前の「遺骨盗難事件」なんかの 彼の輝かしい栄光の裏に隠された悲しい事実を聞いてしまうと、そのプロ意識の凄まじさに驚愕の想いがしました。

この人の根性は凄いですね。

芸能界って、単に華やかなる側面ばかりが強調されるけれど、ファンに対しての姿勢や、事務所とかレコード会社の大勢のバックアップに支えられてる自覚を22歳で体得してるのですから本物のスターは違うんでしょう。

実に、素敵な顔つきでありました。

45歳だとか・・・。
なかなか恵まれなかったお子さんも誕生して、更なる飛躍をしそうな予感がします。

これだけの試練を乗り越えて来てる彼を、気安くマッチなんて呼べませんけど、この人はもうワンステップ上がっていきますね。
そんな気がしてなりませんし、そうあって欲しいと思います。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月26日

色褪せることのない「松岡直也」

先週半ばに院長室の改装をしていた際に、十数年ぶりに机の奥の奥まで引っ繰り返して整理整頓をしてしまいました。(笑)

そんな時って、思いもよらないモノが出てくるモノですね。

17年も前の医院開院時の新聞の折り込みチラシ、歯学部学生時代の成績表(汗)、古い腕時計、ナニに使うか解らないようなネジ、・・・・etc。

そんな中、更に懐かしいモノも出てくるモノで・・・。

学生時代に良く聴いていた松岡直也氏(ラテンフュージョンミュージシャン)のCDが何枚も出て来ました。
きっと捨てるに捨てられなかったんだろうと思います。

私は、東北は福島生まれの福島育ち、大学も東北のど真ん中の仙台でしたから根っからの(こってこての?)東北人でありますが、松岡直也さんの楽曲に触れると・・・・

ラテンの血が騒ぎます。(笑)

何故かは解らないのですが、好きなのです。
数日前の連休の仙台往復時にもクルマで聴いてたのですが、20数余年の時を経ても色褪せることがないラテンフュージョンのリズムがとても心地良く感じられました。

ちょうど当時一世を風靡されていた「わたせせいぞう」氏とのコラボ「ハートカクテル」のBGMなんかが結構好きでした。

懐かしの「ハートカクテル」

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月25日

保険改正時には大量の無駄が

二年に一回の頻度ですから 「平成」という年号に入っては偶数年(・・・・、18年、20年、22年)の4月に社会保険制度における診療報酬は見直しを受けます。

その変更点とかの説明会(伝達講習会)が開催され、先の日曜日の仙台に向かう直前に郡山で受講して参りました。

保険診療をしている保険医としては、熟知していないと不便極まりない事項ですから、大勢の歯科医師・事務職員が会場としてお借りした奥羽大学の記念講堂に集まりました。

社会保険の伝達講習会(郡山)

この社会保険の改正そのものは、日本経済の諸事情に鑑み決定されるモノでしょうから異論こそ無いのですが、度重なる骨格部分の変更は出来れば無くして貰いたいモノであります。

だって、覚えるのが大変なんです・・・。(笑)

世相に照らし合わせて数字だけを変更するのなら 基本的に計算はパソコンがやってくれるので問題はないのですが、あれこれの細部まで弄ればソフトそのものもバージョンアップが必要になり、各種の用紙も使えなくなるモノも出て来てしまいます。

結構 多くの無駄を余儀なくされます。(泣)

5月頃からレセプト(診療報酬)オンライン化を選択したのは 実はそのせいでもあったのです。

各歯科医院の保険改正時の出費額はたかが知れてるとは思いますが、全国規模で考えると莫大なる金額にもなりましょう。

似たような意味で・・・・

報道を見ていると、案外 呆気なく各省庁の大臣が変更したりしますが、その際の印刷物(名刺からあらゆる書類まで)は全て破棄することになるんでしょう、アッと言う間に何十億の税金が無駄になる瞬間に思えてなりません。

ずっと変わらないのは良いことではないのかもしれないけれど、変わる時には想像以上の無駄な税金が使われる事実も抑えておかないとなりませんね。

保険改正・・・・

4月1日からしばらくは、悩ましい日々が続くことになります。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月24日

時折急に湧いて来る「知的欲求」

昔から本屋さんに出向くのが好きです。

いつも御世話になってるのは鹿島街道沿いの「鹿島ブックセンター」さん。(ここは、スタッフの方々が感じ良いです)
伺う度に・・・ではありませんが、ナニ気に各種のコーナーを徘徊(!?)してると、急に衝動的に何冊も仕入れたくなる時があります。

昨日もそんな衝動を抑えられませんでした。(笑)

本を読む

お堅くて難解な文章は苦手でありますが、ジャンルを問わずにあまねく興味を持ってチョイスするのが好きです。

こういった書籍は、最初に私が読み、家族に「どう?」と勧めてみて、その次にスタッフへ・・・。
スタッフが誰も興味を覚えない時には、待合室で患者さんにも手にとって貰っています。

良書は、やはりどなたにも良書です。

そんな訳で、大勢の方々に勧めたくなっちゃいます。

勿論、目を通すのは活字本(文章?)だけではありません。
現代の文化でしょう、私はマンガも大好きであります。子供にも「週刊少年ジャンプ」の愛読を勧めてるぐらいです。(笑)

マンガも読む

上の写真のマンガは、コンビニで購入したモノ。
「ゴルゴ13」のさいとうたかおさんと弘兼憲史さんの作品は特に欠かせませんが、これらはご両人が執筆活動を停止するまで読み続けると思います。

雑誌も好きでして・・・。

雑誌にも目を通す

基本的には待合室用なのですが、写真の綺麗な雑誌はパラパラしてるだけでも気持ちが和らぎますよねぇ。

私はジャンルに囚われることなく、文章を読んで それを理解する行為が好きなのかもしれません。

知的欲求を覚えて、あれこれの知識を突然に吸収したくなることって、時々だけどありますよねぇ。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月23日

仙台・・・3月も下旬だというのに

仙台・・・・自分が学生時代を過ごしていたというのに、日曜日には待ち合わせ場所が「?」となってしまい、迷子(!?)の様な状況となってしまいました。(笑)

無理もありません。

30年近い歳月が流れています。

それにしても先週に引き続き、仙台の夜はかなり寒かったですねぇ・・・。
クルマのFMラジオでは「日中は4月中旬の・・・」のようにアナウンスされていたので ちょっと油断をしてしまいましたが、深夜には雪もチラホラと・・・

3月下旬の仙台の夜

よく、北海道や秋田・青森とかから いわきに移り住んだ方が、温暖な気候故に初年度の冬には「靴下も要らなかったわ」となったりするのに、次の冬からは「やっぱり寒い!」となるのと一緒でしょうか。

日々の生活を送るいわき市に比較して、

「こんなに寒いところだったっけ・・・」

って記憶を遡る 3月も下旬の仙台の夜でありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月22日

REAL-DENTで構想を具現化!

連休を利用して またまた仙台に出向いて参りました。(笑)

今回の目的は、以前にも紹介したことがあるREAL-DENT(歯科検索サイト)の主宰者の方々とのオフ会。
これまで半年以上、メールや電話でのやり取りは盛んにしていたのですが、お会いするのは今回が初めて。
この方は、仙台近郊の名取市の「ライフタウン歯科クリニック」の熊谷先生(日本口腔インプラントアカデミーの先輩)の紹介で出会った方でありました。

REAL-DENTの初のオフ会!

パソコン好き、ネット好きの集まりは実に盛り上がります。(笑)

REAL-DENT主宰者のT氏は、歯科治療を患者さんの立場に立って真剣に考えて下さる方で、日々一生懸命に歯科医療に取り組む歯科医を応援してくれるというありがたい存在の方です。

これは非常に大切で、そういった方は希有な存在であります。

患者さんと歯科医のお互いの幸せのために尽力して下さる姿勢に、改めての好感を覚えた夜でありました。

「いなせ」の料理1

オフ会の場所は、仙台駅に程近い「いなせ」というお店。

「いなせ」の料理2

学生時代にはまったく縁の無かったような石巻で水揚げされた食材やら仙台牛などに舌鼓を打って参りました。(喜)

「いなせ」の料理3

インターネットで何が出来るのかは未知数な所もありますが、あれこれの構想を具現化して下さるパートナーに出会えたのは非常に嬉しいことであります。

可能性がますます広がったように感じます。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月21日

「匠の技」に実に惚れ惚れする

先日、ナニ気にクルマでラジオを聴いていたら 懐かしいような素敵なメロディが流れていました。
「大改造!! 劇的ビフォーアフター」の主題歌であります。

松谷 卓さんって方の演奏なんですね。
しかもそのテーマ曲の題名が建築に相応しい・・・・「匠」。

実にピッタリのネーミングであります。(笑)

その数日後に当院の院長室のリニューアル(模様替え)。
数人の職人さんに御世話になったのですが、見ているとその「匠」のテーマばかりが浮かんで来てしまいました。(笑)

遠くから見させていただくと、実に手際が良くって惚れ惚れするような仕上がりでもありました。
考えてみると、天井でも壁でも床でも 素人があんなに綺麗に貼れるモノではありませんものね。

希望する私が居て、いつも御世話になっている内装屋さんに依頼・・・。でも実際にやって下さるのはお名前も存じ上げないその道のプロ(職人)であります。

クライアントである私が納得するように仕上げてくれたことに感謝せねばなりません。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月20日

3月・・・酒井歯科医院も卒業式

先週・今週と二人の息子が無事に卒業式・卒園式を迎えることが出来ました。御世話になった先生方・園長先生には感謝の気持ちでいっぱいであります。

3月・・・別れのシーズンですね。

希望に胸を膨らませて新たな世界へ巣立っていく者も居れば、それを見送る立場の者達も居る訳でして・・・・。

そんな3月。
酒井歯科医院でもスタッフとの「お別れ」がありました。

勤務する前の面接のその日からとにかく笑顔が絶えなかったMちゃんが、目出度く寿退社の日を迎えました。

嬉しくもあり、悲しくもある瞬間です。(涙)

聞くところによれば、東北もかなり北の方の街に嫁ぐとのこと。
内陸ではなく海岸沿いの場所のようですが、「生もの」が苦手だっただけに その点を少々案じる父親の心境であります。

ま、何処に行っても誰とでも親しくなれるような明るい性格の女性ですからナニも心配はなく、これからの新生活をエンジョイしていただければ・・・と願うばかりであります。

3月・・・酒井歯科医院も卒業式

こんな「卒業式」を何度も経験するのは辛いことではあるのですが、同時にこれまた笑顔が魅力的な新戦力にも出逢えたりもして、当院の新たなる明日を築いて行くチャンスに違いないと前向きに考えることに致しましょう。

最後に花束を渡して皆で記念撮影。

本日、難症例のインプラント・オペをお願いした教授先生にも快く参加して貰ってのスナップ写真。

彼女達のの笑顔は院長の宝でもあります。(笑)


因みに今どきの卒業シーズンの定番ソングは・・・と言うと、
ユーミンの「卒業写真」でもなく、海援隊(武田鉄矢)の「贈る言葉」でもなくレミオロメンの「3月9日」ナンだそうですねぇ。

名曲に違いありませんが、ちょっと時代の変化を感じます。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月19日

泣きたくなったプチ改装の夜

泣きたくなったのは、院長室を改装(模様替え程度)して嬉しかったからではありません。
一時的に撤去を余儀なくされていたルーターを元に戻し、配線を元通りにし、「どれ接続してみっか・・・」であれこれ操作をしてみたのですが、どうにもこうにも一向に復旧出来なかったからであります。(泣)

リニューアルそのものは、思った通りに完了して納得が行ったのですが、どうにもこうにもその後のインフラの復旧ができず・・・・。 

やむなく、夕方になって いつも御世話になってるパソコン・ショップ(ジョイントさん)の担当の方に電話・・・。
前日に「もしかして明日、復旧が上手く行かずにダメな時はお願いしますね」なんて冗談で言っていたのが現実になってしまいました。(泣)

すぐに担当者のY氏がシステムのS氏と二人で飛んで来てくれて、私の繋いだ配線をチェック。

これといっての異常はなく、「じゃぁ繋がらないのはどうしてだろう?」からが大変でした。
当院のネット環境は複雑を極めていることもあり、原因を特定しにくいのですが、それでも的確に問題箇所を突き止めて下さり、遅い時間になってやっと復旧を果たすことが出来ました。

例によりまして、ジョイントのお二人には大変なる御迷惑をお掛けしてしまいました。

心より感謝申しあげます。

本日、どうにか無事に診療に従事出来ました。
お出でになる患者さんには、あたかも何事も無かったかのように振る舞いながらも、トラブったらどうしようと朝のウチはヒヤヒヤしておりましたが・・・。

昨晩、そこでトラブった関係上出来なかった整理整頓を今晩になってすることができ、どうにか形も整い安堵いたしました。

プチ改装と同時に気持ちもリニューアルし、新たな一歩を歩み出すつもりで居ます。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月18日

CANONの方からのナイスな提案

本日、院長室改装の施工工事をスタートさせました。

先日のこちらの投稿でもお伝えしましたが、当院の院長室はネットの窓口と言うか、あらゆる情報網の中枢(IP電話・インターネット・院内LAN)でもあったが為に、

「院長室をいじる」=「IP電話やネット接続の遮断」

を意味してしまい、御迷惑をお掛けすることになってしまいました。

ありがたいことに「電話が通じませんよ」と携帯に連絡を下さる方がいらしたり、帰宅後に確認したら 電話が通じなかった患者さんからのメールも数件入っておりました。

御迷惑をお掛けしてゴメンナサイ。

19日には完全復旧いたしますが、もう暫く御迷惑をお掛けいたします。

さて、改装実施をしながら、本日数件の来客もありました。
常日頃は、お出で頂いても受付越しに名刺を頂くぐらいの時間しか取れないのですが、本日は予めこちらの休診の状況をお伝えしていましたので納得の行く話が出来て 有意義な一日となりました。

夕方から来て下さったのは、先日の水戸のデンタルショーでお付き合いが始まったCANONの方々でありました。

先日の駆け足のソフト解説と違って、私だけのために十分に説明をして下さり、しかもネットに異様に精通されている方とのあれこれのお話しは、好きな分野故に実に楽しくもありました。

早速に導入を検討して、末永いお付き合いが出来ればと考えるに至りました。

大好きなロゴのクリアファイル

以前にもお伝えしましたが、私は根っからのキャノン党であります。
カメラもNikonではなくCanon、プリンタもエプソンは一度も購入したことが無くCanonばかり。

そんな私には、Canonのロゴ入りのクリアファイルに入った各種パンフレットを頂戴するだけで結構嬉しかったりするのです。(笑)

ステッカーまで頂けたら、一発サインしちゃうところでありました。(笑)
自分で言うのもナンですが・・・

男って、単純な生き物ですよね。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月17日

アリコの情報漏洩の余波が・・・

私に限った話ではないでしょうけれど、何処のご家庭でも扶養家族を養う立場にいる家長としては、万が一に備えて 家族を路頭に迷わせないぐらいの生命保険への加入はしているモノですよね。

医院の運営責任者としては、体調を崩し 具合が悪くなった場合も想定しての入院給付やら休業補償制度とかにも勿論のことながら加入はしています。

私の生命保険加入はアリコジャパンであります。

これは、友人や私が信頼してお任せしてる方が居てくれるので、リーマンショック以降のAIGの破綻とか 昨今のアリコ売却劇とかがあっても変更する気はありません。

ただ、数ヶ月前に発生したアリコからの情報漏洩のトラブル(約23万件にも及ぶ)にはチョイと参りました。(泣)

JCBカードを多用していたのですが・・・何故か・・・って言うと、生命保険料もクレジットカードのポイント欲しさ(笑)にカード払いにし、公共料金等 考え得るありとあらゆるモノをカード決済にしてる私としては、アリコが情報漏洩の責任を取って、愛用の JCBカードを加入者の了解を得た上でアリコの責任下で番号からナニから全てリファインしてしまったのは実に厄介でありました。(泣)

新聞によれば、何十億円もの変更費用をアリコが負担したと書かれてましたが、そうやってカード番号を変更してしまうと自動引き落としのように使っていたモノのことごとくが決済不能になってしまうのです。

大きな会社関係(NTTさんとか東北電力さんとか)は、アリコが責任を持って変更してくれたのですが、それ以外は自己による管理責任・・・。

上のマークのJCBには何等の落ち度はないのですが、ちょっと参っちゃったかなぁ・・・って感じであります。
一度、設定してしまったカードの変更手続きは案外厄介であり、関係各方面にちょっぴりと御迷惑をお掛けしてる昨今であります。

情報もまた、どれだけセキュリティーをかけても 最終的に人間が扱うが故にトラブルの完全回避は難しいんでしょうね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月16日

息子に「十五の春」が訪れた日

春・・・四季のひとつとしての季節的な意味合いだけでなく、春には苦しくて辛い試練のあとに来る喜びの時って意味もありますよね。

特に、15歳で迎える義務教育が終了したこの春は、誰でもが おそらくは一生の記憶に残るに違いないでしょう。

桜咲く・・・我が家にも春がやって参りました。(笑)

桜咲く・・・・2009年の桜

こういう時は、「15の春」ではなく どうも漢数字で書く「十五の春」の方が相応しいように思いますが、息子が無事に高校合格となりました。

私と同窓の後輩になりました。

私は磐城高校の32回卒(昭和55年卒)ですが、30歳ぐらい下の後輩になるようです。
私が在学した頃は男子校でしたので、娘の時には今の共学制という状況に大いに違和感を覚えたモノですが、さすがに息子にはそんなこともなくイメージ通りでありました。

私自身もそうだったし、どこの御家庭のお子さんもそうだろうかと思いますが、ここ半年あまり、思春期の子供ですからあれこれ葛藤したに違いありません。努力の過程も間近に見ていただけに、本日の彼の晴れやかな笑顔が実に眩しくも感じたモノです。

卒業・入学と彼を取り巻く環境は大きく変わりますが、自分を見失うようなことなく成長して行って欲しいモノであります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月15日

続く地震に不安を感じました

そう言えば、昨晩・今夕と続いた震度4の地震には不安を感じました。
特に今日の夕方の地震は、いわき市より30キロぐらい北に位置する楢葉(ならは、JリーグのJヴィレッジのあるところ)では、震度5弱だったとか・・・。

3月14日の地震

震度1
震度2
震度3
震度4
震度5弱
震度5強

特に、昨晩のように家族が離れて居る時(私だけ仙台)には、即座には震源位置も解らないし全く状況が掴めないだけに不安は増すように思いました。

私は数秒後には家内にメールを打って自宅にも被害が無いことを確認したのですが、すぐ隣にいらした私より年長の先生は数分後に自宅に電話した際には繋がりにくかったようでもありました。

殺到して回線が混み合ったんでしょうか。

実際の理由は解りかねますが、考えようによっては電気・水道・ガスの一般的に言われるライフラインよりも、連絡時の生命線となる携帯が繋がらないのには不安を感じますよね。

各地でも、今回の地震で特別な被害がなくて本当に良かったです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月14日

仙台はやっぱり寒かった(泣)

昨日夕方より、先日 大雪に見舞われた仙台に赴いて 会員になってる日本口腔インプラントアカデミーの例会&懇親会に参加して参りました。

行く前に、医院のパソコンのデスクトップに表示させているガシェットの天気&気温を見ていたら 結構暖かい日和で小名浜20度という表示であったので、

「こりゃ、マフラーは要らないだろ・・・」

程度に考えて向かったのですが、とんでもない話でありました。(泣)

寒いこと寒いこと・・・・。

ホテルの駐車場には、4~5日も経ってるっていうのに、溶けない残雪がまだ そこかしこに大量に残っておりました。

4日も経つのに、まだこんなに残雪が・・・

南北に150キロぐらいしか離れていないんですけどねぇ。
随分の違いに改めて驚いて帰って参りました。
幸いだったのは、寒かったせいもあり花粉症の症状が大して出なかったことでありましょうか。

通常、場所が変わると発症・・・というパターンが多かっただけにちょいとラッキーでありました。(笑)

インプラントアカデミー参加の後に、頻繁に行くお店

二次会で もう何度か足を運んだお店に出向きました。

前夜もいわき歯科医師会の仲良し4人組で飲んで遅くに帰宅したせいもあり、かつ診療終了後の高速のクルマの運転による移動も疲労に拍車をかけたんでしょう、途中から爆睡状態に入りまして、鏡に幽霊(!?)のように映ってる名取のK先輩が翌朝の都合のため早めに帰られたことにも全く気が付かず・・・。

以前はそんなことはなかったんだけどなぁ・・・。

実は、来週の連休にも仙台に出向くのですが、今度は暖かいことを期待はしますが、その分 花粉症の我が身には辛いかもしれず・・・。

どっちが良いのやら・・・・。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月13日

茨城空港、見通しの甘さを憂う

公共事業を全否定するつもりは毛頭ありませんが、やはり税金の無駄遣いに通じる見通しの甘さには憤りを禁じ得ませんね。

昨日開港した隣県の茨城空港・・・の話です。

当初の年間利用者数は80万人を予測していたのにも関わらず、開港時の実際は20万人だとか・・・。
スタートする前に、完璧に赤字と解ってるっていうのは解せませんねぇ。

そういった不採算(赤字)の地方空港って全国では9割に達するんだそうです。

おそらくは、やがて足りない分は税金投入となるんでしょうけれど、ゴーサインを出した国交省の責任者や茨城県の担当者の責任追及はどうなっちゃうんでしょう。

ウチなんかの場合には、過剰なる設備投資に走ったら 早々に破綻することは明確であり、キチンとした見通しやら返済計画立案は欠かすことが出来ません。

残念ながらやっぱり「人の金」ナンでしょうかねぇ・・・。
湯水の如くに使っても、自分の懐は痛まないというのは良くないんでしょうね、きっと。

そんなことばかりしていたらこの国は・・・・・・ですよね。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月12日

隔世の感、携帯電話の進化

つい昨年・一昨年前までは、カメラ付きケータイって言っていたように思うのです。
それが今ではケータイ付きカメラと言っても過言ではないほどにカメラ部分が進化したように思います。

本日、息子と共にauのショップに出向いてその感を強めました。

ショップであれこれ見ていたら、コンパクトデジカメの売れ行きが鈍っているというのも頷けるような感じでありました。ちょっとビックリでした。

進化してますね、最新ケータイ。

こういった携帯も、今では高校生の必需品でしょうね。
上の子を見ていると、学校関連の連絡は全てメールで回って来てるようですから、

そんな時代なんでしょう。

久し振りに最新の携帯に触れ、その進化ぶりに圧倒されてしまいました。
残念ながらなかなか付いていけない感じになっちゃいましたね。

この携帯電話。そもそものスタートはどうやら1972年開催の大阪万博だったようですよ。昨晩の「報道ステーション」で特集されてました。

大阪万博でデビューしたワイヤレスフォン

当時の多くの方が度肝を抜かれたことでしょうねぇ。

ま、携帯って言ったってポケットには入らないサイズだったでしょうけれど、まさしく左の写真が原点だったようです。
(当たり前ですけど、液晶画面は無し)

今のケータイもそうですけど、当時も通話には市外局番からの入力が必要だったようです。
それが、当時の方々には市外局番という概念が薄かったとのことで、万博会場から無料で電話がかけられたそうですが市外局番を覚えてなくて無理だった方も大勢居らしたようです。

私が、携帯電話を強く意識したのは伝説の月9でもある「東京ラブストーリー」でしょうか。
カンチこと織田裕二さんがお弁当箱のような携帯を耳に当てていたことを懐かしく思い出します。(笑)

Google +1
2010年3月11日

やっと「まともな椅子」を購入!

おそらく一般の方々のイメージからすると、歯科医院の院長室なんていうとちょっと立派そうに思えるかもしれませんが、案外そうでもありません。(泣)

そりゃぁ~開業当初は「部屋」の体を成してはいましたが、その後のユニット(診療用椅子)の増設やカルテの保管場所の確保、それから「ナンでこんなに来るの?」と悩ましいほどの郵便物(ダイレクトメール等)や歯科系の雑誌類に占領されてしまい、人を通せるようなスペースも無くなっておりました。(反省!)

加えて、先日も書きましたように増える一方のIT機器・・・。

「これではいかん、スタッフとの個人面談もしにくい!」・・・ようになっていた現状をナンとかしようと考え、懇意にしてるインテリアコーディネーターさんや内装業者さんにアドバイスを貰って 院長室リファインを来週 敢行する運びとなりました。

まともな椅子を購入しました(笑)壁だの天井だの床はモチロン、家具の配置も大幅に変更をしながら、と同時に新たに選んだのが

院長用の椅子。

開業医生活17年目にして初めて 受付スタッフより高価な椅子に座れるようになりました。(笑)

内田洋行さんのチェア。
モチロン、ネット通販であります。

残念なのは、カスタマイズ出来る受注生産品だからナンでしょうか、納品まで1ヶ月以上待たされるってことでしょうか。

こういった椅子に ゆったりと座って休んでばかりでは困る(汗)のですが、せめてお昼休みのひとときには穏やかな心持ちとなれるように、午後の診療への英気を養う休息の空間にするつもりでいます。

4月中旬の配送予定。
来月の楽しみがひとつ増えたと考えて、指折り数えながらゆっくり待ってみることに致しましょう。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月10日

昨日は長ぁ~い一日でした

いやはや昨日は長ぁ~い一日となりました。

息子が高校受験だったから・・・ではありません。そういうのは仕事が始まり集中してしまえば すぐに忘れてしまうモノです。(笑)

昨朝は、4時20分起床。外は真っ暗でありました。

ナンでそんなに早起きだったかって言うと、「高校受験の日=在校生休校=部活も休み」。それを利用して上の娘が友達と3人で東京ディズニーシー(TDS)に出掛けたからであります。

いわきからだと直行バスの出発は午前5時ジャスト。
遅れてはなりませんから 父親としては早起きして間に合うように送ってあげることにしたのです。(偉い!)

早起きは三文の得はホントですねぇ。
御陰で帰宅後、仕事までの数時間を有意義に過ごすことが出来ました。

問題は深夜の帰宅。

予定では午前零時を過ぎて間もなくの筈だったのですが、折しも全国的に大荒れの天気でしたので TDSもいわき市も降雪模様。
バスも安全運行第一だったのでしょう。遅れることしばし。娘を迎えに行って帰宅した頃には1時半を回った頃だったでしょうか。(それから入浴)

そんな訳で、実に長ぁ~い一日でありました。

驚いたのは、深夜にバスから降り立った高校生が大勢居たこと。

みんな考えることは一緒なんですねぇ。(笑)

3月に入ったというのに・・・・。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月 9日

本日、スタートラインに立つ

本日、3月9日は中学3年生の息子の高校受験の日であります。

その朝を迎えております。(笑)

いわき市では、私立高校進学と言うよりも公立高校進学が一般的でありますので、多くの中学3年生が あと数時間でスタートラインに立つことになりましょう。
これから迎えるであろう長き(短き?)受験生生活の最初のハードルってところでしょうか。

受験の時って、隣に座る見知らぬライバルが凄く優秀に見えるから不思議ですよね。入学後には親しくなって自分と五十歩百歩で笑っちゃった経験も少なからずあります。(笑)

私自身の高校受験は30年以上も前の話になるので記憶も「?」なところがありますが、変なことだけ覚えているモノですね。
当時 同じクラスだったN君が興奮したんでしょうか、その前の晩から発熱(38度ぐらい)しちゃって真っ赤な顔をしていたことだけ鮮明に覚えています。(それでも彼は無事クリアしましたけど)

息子には、適度な高揚感といつもと変わらぬ平常心で臨んで貰いたいと願います。

おそらく想像するに、いわき市内の受験生を抱える多くのご家庭では、昨晩は「勝つ!」に因んで トンカツとかが食卓に並んだことでしょう。

我が家もモチロンそうでした。(笑)

家内の祈りが通じるのは15日のお昼過ぎの予定であります。(笑)

昨朝にも若干の雪が降り、山々は白く染まってました。
今日も天気予報は午後から雪マーク。(泣)
寒さに負けずに、息子だけでなく受験生全員がベストを尽くして貰えると宜しいかと思います。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月 8日

歯科界の次世代のリーダー

いや、久し振りに恐縮してしまいました。(笑)

こうしてブログを書くようになって2年ぐらいになりますが、その当初より私に対して良くして下さる「戦友」とでも言うか「仲間」とでも言うのが正しいような同業者の歯医者さんがいらっしゃるのですが、その方が御自身のブログの中で私をとても誉めて下さったのです。ありがたいことです。

とても嬉しく感じました。(感謝!)

実は、この方とは一面識も無いのですが、何故でしょう、ずっと前から大好きになっちゃったのです。(笑)

「西新宿歯科クリニック医局日記」の武末先生です。

この武末先生とはこちらのブログランキングで知り合ったのですが、実に優れた方であります。
あんまり誉めると御本人が恥ずかしがっちゃうかもしれませんが、私と家内の間では、おそらく歯科界の次世代のリーダーはこういう方であろうと睨んでおります。(笑)

優れた技術をお持ちなのにも関わらずそれを前面に出す訳ではなく、熱いハートを行間に感じさせてくれることに共感を覚えます。
御自身の意見を秀逸な文章でしっかりと発言出来ることは、実に素敵なことのように感じています。
これからこの歯科業界で、大いに活躍する方に違いないと思います。

欠点があるとすれば・・・

武末先生のブログから自分のブログに戻ると、あまりの自分の文章の稚拙さに悲しさを感じてしまうってことでありましょうか。(笑)

まぁ、こうしてブログを綴ることで、武末先生ともお知り合いになれたことですし、ナニよりお出で頂く患者さんが来院前にお読みになって、「こんな感じの歯医者さんか・・・」と思っていただき、来院時の垣根が少しでも低くなってるようであれば私は満足ではあるのです。

書き始めた当初、私がIT関連で御世話になってる新潟のW先生が仰ったのが私の背中を押して下さったことを懐かしく思い起こします。

「ブログの文章は稚拙でも良いんです。理想的には小学校5年生レベルの文章が読みやすくて受け入れられやすいです」・・・・と。

その程度ならナンとか・・・と考えて、それ以降は書くのが楽しくなってるのですが、こんな風に「仲間」が支えてくれて、

改めてデジタルなんだけどアナログ!

・・・と再認識いたしました。
武末先生には敵わないけど、私が目標にしたい先生を今夜は紹介してみました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月 7日

猛烈なタバコ臭は苦手です(泣)

毎日、数十人の方々とお会いし治療をしていると、時折 猛烈なるタバコ臭の方がお見えになります。
ヘビースモーカー程度の方ならそれほど気にはならないのですが、歯ぐきまでどす黒く変色し、ヘビーの上に「超」が付くほどの「ウルトラヘビー級」の方の治療は、非喫煙者である私や当院スタッフには大袈裟に言うと頭がクラクラするほどの時もあり、ちょっと辛いモノがあります。(泣)

こういった状況を鑑みると、飲食店から雀荘まで、人の集まるお店などの全面的禁煙に向けた法制化が叫ばれて久しい昨今ですし、方向性としての喫煙抑制の動きは私としては大賛成ではあります。

当院だけではなく多くの歯科医院がそうかと思いますが、老若男女、それこそ1~2歳児の乳幼児も来てくれたりする医療機関ですから、当院は当然のことながら

開業当初より、「院内全面禁煙」であります。

だからこそそうなのかもしれませんが、「ウルトラヘビー級」の方は診療室に入って来ただけで解ってしまいます。あれって

御本人は気にはならないんでしょうねぇ・・・。

実は、喫煙と歯周病には密接なる関係があります。
御存知ない方が多いのですが、間違いなく喫煙によって歯周病は憎悪させられます。重篤化しやすい要素になるのです。

その意味からすると、本年10月から施行の「たばこ税増税」、それによる喫煙者数の抑制・減少の方向性は支持したいのですが、その反面で予算確保を大前提に国策で好き勝手に価格が決められてしまう事態に違和感も覚えます。

考えてみたら、我々の診療報酬もそうで、どれだけ最新の機器を設置し、どれだけ感染予防等に気を遣っても、国策で大幅に報酬を下げられてしまえば辛いモノがあります。

たばこ税も然りではないでしょうか。

JT(日本たばこ産業)という会社は、かつての専売公社から脱却し、今では民間企業なのですから、そこで従事する方々の不安は如何ばかりかと案じてもしまいます。早期退職希望者が多いというのも頷けますね。

歯周病に限らず、喫煙本数に比例すると言われる全身疾患の原因となり得る喫煙の実態を広く啓蒙していく必要性は十分に感じますが、国家の増収目的でどうこうしちゃうというのは ナンか嫌な気がします。
CMなどでJTが良く言ってるように、お吸いになる方々の健康意識向上・モラル向上が一番大切なんではないでしょうか。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月 6日

英単語にも世相が反映される?

本来、高校生の娘はバス通学なのですが、バスの便が悪かったり 長期の道路工事とかの関係でバスが学校まで行けないこともあり、私が出勤前にクルマで学校まで送ったりしています。
(チョイと遠回り!)

それはそれで苦になるようなことではありませんから宜しいのですが、我々親子にとってはどうせ退屈な朝の十数分、英単語の勉強にもなろうかとクルマのオーディオでリスニング練習用のCDを聴いてみることにしたのです。
(小さな事からコツコツと・・・・笑)

日本語 → 英単語 → 日本語 → 英単語・・・と次から次へと矢継ぎ早にどんどん出てくるCDで、手元の本と照らし合わせながらの学習になるのですが、隣で何とはなしに聴いてると結構オモシロいです。

その昔、必死に覚えた単語って覚えてるモノですねぇ~。(驚)

「鉄は熱いうちに打て《 Strike while the iron is hot. 》」とはよくぞ言ったモノで、若き日々に脳に刻まれた記憶は褪せないばかりか瞬時に蘇ったりして 楽しめます。(笑)

そんな中で、英単語というのも世相を反映するんだなぁ~と感じたのは、次のような単語が出て来たからです。

「年金」、「環境問題」、「失業率」・・・・etc。

昔、こんな単語に触れた記憶がなかったので、ちょっと新鮮な驚きを感じました。
因みに、それぞれに呼応する英単語は・・・

あまりに早くて聴き取れませんでした。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月 5日

ノンシルエットフィルムとやら

今月の半ばに、手狭になった当院院長室のリニューアルを計画しています。この院長室は、当院のネット関連インフラの中枢でありながらパソコンの増設・増設が相次いだこともあり、恥ずかしながら「たこ足配線状態」となっておりました。(泣)

無理もありません。

開業スタート時にはインターネットという言葉すら珍しかったのですから。

今回のリニューアルでは、単にクロス等の貼り替えに止まらず、院長机等の配置も変更してのいわゆる「模様替え」もしちゃうのですが、御経験がお有りな方もいらっしゃるでしょう、どうしても窓とかドアとかの制約を受けてモノの置き場所に困ってしまってます。

私は、昔から曇りガラスとかに映る室内のモノが半分透けて見えるのがどうも苦手なのです。
お風呂場の窓枠にシャンプーなんかが置いてあって、シルエットとして見えるのが好きではないのです。(笑)

よって、今回もそうならないようにしたいのですが、配置上ちょっと難しかったりしています。
そこで、いつも御世話になっているインテリアコーディネーターさんにその件を相談したところ・・・・

ノンシルエットフィルムなるモノを教えていただきました。

世の中にはいろんなことを発案する人が居るモノですねぇ。
使う・使わないはまだ未定ではあるのですが、浴室なんかでお困りの方がいらっしゃったらカーテンなんかが要らないようですよ。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月 4日

トヨタ社長のパフォーマンス

アメリカにおけるトヨタ車の大規模リコール問題。
社長が公聴会に出席したり、時に系列の支援者に励まされ涙したり、と毎日のように喧しく報じられていましたね。

事実はどうなんでしょうか・・・。

事故で亡くなってる方が現にいらっしゃるんですから真相究明・原因解決に向けては是非に取り組んでいただかないとなりませんが、やれ「トヨタ車バッシング」、「アメリカの自動車産業復活の狼煙(のろし)」といったシナリオが見え隠れしている昨今、我が家で所有している2台のトヨタ車を前に、少々複雑な気も致します。

実際に乗っててみて、公聴会の証言台に立った女性のように「恥を知れ、トヨタ!」と怒声を浴びせるほどの不具合が有るようには思えないのですが、真相はどうなんでしょうか。

実に気になるところであります。

我が家のトヨタ車Part?

それにしても、ここ暫くで嫌がおうにも全世界に顔を売ることになった豊田章男社長を見ていると、

実にタフですねぇ~。(笑)

アメリカは東海岸のワシントンから直接に次世代の巨大市場となる中国へ。
そこから大阪だか名古屋へ帰国して まっすぐに東京へ。記者会見の後、夜には報道ステーションに緊急生出演。

それが経営トップの社長の役割かとは思いますが、それにしても・・・。

穿った見方をすると、公聴会で真摯に答え、北米トヨタの系列の代表に励まされ企業の結束を涙ながらにアピールし、中国にも挨拶を欠かさず、最後に日本国民に陳謝という、さながらシナリオライターが居たかのようにすら感じられました。
その振る舞いは見事だったんではないでしょうか。

トラブルの真相は別にしても、企業の未曾有のトラブル時に見事に「災い転じて福となす」に成功したんじゃないかと思ってしまいます。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月 3日

立木義浩氏の評価を受ける(!?)

幾つになっても 人から誉められるというのは嬉しいことですね。

以前から参加してみていた残間里江子さん主宰のclub willbeの写真投稿のコーナーで、写真家の巨匠・立木義浩さんにありがたいコメントをいただいちゃいました。(笑)

タイトルを「たからもの」にしてみたんですけどね・・・。

「写真を撮った人の感動が一番見る側に伝わってくる作品」
と書いていただき、有難く、かつ嬉しい気持ちになりました。

今まで十万枚を超えようかという枚数の写真を撮って来ましたが、自分でも記憶に残る写真は数えるほどしかありません。
上の写真はそんな中の一枚でありました。

今後も、趣味で写真撮影をしていこうと思う大いなる「励み」となりました。
これからも「2匹目のドジョウ」を狙って 納得の行った写真を投稿してみることにします。(笑)

ただ、上の写真に問題点がひとつ・・・。

この沖縄での写真撮影の時には、我が家は4人家族だったのですが今では5人家族。
写ってない次男としては、タイトルとした「たからもの」はチョイと複雑かもしれません・・・・。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月 2日

世の中の仕組み、カードやEdy

当院ではいつ頃からだったか忘れましたが、治療費の精算時にカードもお使いいただけるように設定しています。
モチロン、治療費が高額になる自費診療だけでなく 通常の保険診療も全部お使いいただけるようにしているのですが、昨今では誰もお使いにならない日はまずありません。

私自身もあちこちで買い物をする際に、出来るだけカードを使ってポイントアップに励んで居るので、出来れば皆さんに積極的にお使いいただけるようにと考えました。(笑)

ただ・・・・

このカード決済・・・欠点もあります。

カードの機械とか暗証番号入力の端末とかの設置・導入費用は一切無料なのですが、使用に伴う手数料は医院負担になってしまうのは正直辛いです。(泣)

カード会社によりその手数料(%)は異なりますが、決済額の3%弱がそれにあたります。(1万円で300円ぐらい)
ネット通販なんかでも、クレジットカード不可だったりするところがあるのはそれが理由でしょう。
まぁ、それでも患者さんにとっては便利なことは便利でしょうから、当院ではそうしています。

電子マネー「Edy」さて、昨日も書いた電子マネー。

自分で使ってみたら便利だったので、じゃぁ当院でも使えるようにしちゃおうか・・・と単純に思いついて実はネットで調べてみました。

・・・で、結論ですが、これはダメです。

ナンでかって言うと、クレジットカードと違って機械の設置費用が高額、毎月の基本使用料が馬鹿にならず、しかも医院負担の手数料は4%とのこと。

これは歯科医院では普及しないと思いました。

ちょっと残念でした。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年3月 1日

電子マネー「Edy」やっとデビュー

24時間オンライン・・・なんて言うと大袈裟ですが、私は自宅でも医院でもパソコンを起動してないのは結構 珍しい状況であります。

それなりにヘビーユーザーであることを自認もしていたのですが、そんなパソコン好きな私でも 実は携帯は苦手であります。(笑)

そんな中、先日の講習会で一緒だった友人に便利さ故の使用を勧められて、やっとこさ電子マネー(お財布ケータイ)を導入。

「Edy」・・・気にはなっていたのですが使ってみたら・・・

ホントに便利でした。(笑)

実は、友人に勧められた後、何とはなしに生活していたある日、無意識に携帯をノートパソコンのFeliCaポートの上に置いたら ナニやら勝手にソフト(電子マネーへの勧誘?)が起動したのです。

最初はナンで立ち上がったのかさえ「???」だったのですが、それがFeliCaポートに携帯を載せたせいだ・・・と気が付いてからは「偶然」が背中を押してるんだと考えるようになりまして・・・。

電子マネー「Edy」トライしてみたら?

・・・ってことだろうかと。(笑)
そう言えばこんなマーク、コンビニでよく見かけますよね。

今後は、小銭を持ち歩かなくって良いようです。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。

多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。

お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

Google +1