« 2018年4月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2010年2月28日

デンタルショー、新たなる発見

2月の最終日。
予報では雨模様だったかと思うのですが、朝から霙混じりの雨。

※ ミゾレって「霙」って書くんですね。知らなかった・・・。(笑)

いわき市より南下して水戸に向かうんだから 「まぁ問題ないだろう・・・」と考えて普通タイヤのクルマで向かったのですが、「あれぇ~」ってな感じでありました。
水戸の市街地に入っても結構 雪模様が続き、停車中のクルマの屋根にはうっすらと積雪が・・・。

水戸でも雪が降っていた!

それにしても この冬は良く降りましたねぇ~。

水戸へ出向いた目的は、茨城県歯科医師会主催のデンタルショーであります。
デンタルショーっていうのは、日常 仕事(歯科治療)で使用する材料・器材の最新版が一堂に会したような展示販売会で、会場に足を踏み入れただけで良き刺激を受けられる空間であります。

水戸のデンタルショー、規模がちょうど良い

モチロン、東京・横浜・仙台はじめ、全国各地でもっと大規模なデンタルショーも開かれてはいるのですが、あまりの規模の大きさに疲れちゃうし、往復で丸々一日潰れてしまうことを考えると ちょっとしたドライブ感覚で行ける水戸は中規模で半日程度で済むことなども考えると、毎年足を運びたくなる場所であります。

昔と比べると、随分とパソコン関連のソフトが増えました。

診療報酬のオンライン化対応は既に済ませましたし、プレゼンテーションソフトの類は既にフル活用しているので、その点にはさほどの興味は覚えなかったのですが、携帯を絡めた「医院&患者さん」の予約を含めた連絡システムには興味を覚えました。

驚いたのは、提供していた会社が従来の歯科産業のメーカーでは見かけなかったCANONだったことです。

そう、あのカメラやプリンターのCANON。

根っからのキャノン党としては、嬉しさも伴い大いに興味を覚えて帰って参りました。(笑)
逆に 大手であるCANONの歯科医業への参入に戦々恐々としている小規模メーカーもあるんではないか・・・とチョイと案じたりしてしまいましたが。

時代の変化を感じられ、同時にあれこれの発見もあって、有意義な時間を過ごして参りました。(笑)

感想としては・・・・

欲しいモノばっかりでした。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月27日

霧、もや、霞(カスミ)、朧(オボロ)

昨日は、羽田空港で飛行機の発着も覚束なくなるほどの霧が発生しましたよね。
ここいわき市でも午後からそんな感じとなり、家内に言わせると洗濯物がカラッとは乾かなかったそうです。(笑)

さて、そこで・・・

案外、言葉っていうか気象用語やそれに付随する言葉の定義って知らないモノが多いですよね。チョイと4つほど纏めてみますね。

・・・小さな水滴が空気中に浮かび、目の高さの視程が1㎞未満。

もや・・・同じく1㎞以上の場合が靄(もや)。

霞(かすみ)・・・靄(もや)などにより遠くがはっきり見えない現象。

朧(おぼろ)・・・夜の霞(かすみ)のこと。

以上。言葉の学習でありました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月26日

ライバルが居たから燃えた二人

いったい全世界で何億人の人々がバンクーバーのスケートリンクを注視していたんでしょうか。
しかも韓国であったり日本であったり、国というモノを背負うという恐ろしい程のプレッシャーを19歳の女性達にかけ、銀盤の女王はどちらなのかと期待という名の眼差しが彼女達に向けられて・・・・。

オリンピック。女子フィギュアスケート。

いやぁ~凄い試合でありました。
浅田真央さんも偉かったけど、キム・ヨナさんの底力というか神懸かり的な演技も大いに魅せられるモノがありました。

金だの銀だのでは順位付けなんかが出来ないようなライバル同士のハイレベルな戦いに俄ファンとしては存分に酔わせていただきました。

私だったら、会場の観客の視線がリンク中央の自分に向けられてる・・・と考えただけで足が竦むし、加えて全てを余すところなく伝えるカメラの数々。
いったい全世界のどれだけの視線が向けられてるのか・・・と考えた時点でとてもじゃないけど立っていられないようにも思えたその瞬間。

二人とも偉かったですねぇ。

費やしたであろう練習という名の努力や克服したプレッシャーの大きさがが想像出来るだけに、見ていて感動を覚えた今日の日中でありました。

当院では、ちょうど午後の診療時間の開始のタイミングだったのですが、スタッフ全員で見入ってしまい、お待ちいただく患者さんには待合室の大きな画面のモニターで見ていただいてからの数分遅れの診療開始となりました。

お待たせしてしまった非を率直に詫びたところ・・・

「いぃ~トコだったから、呼ばれたら困るって思ってたわよぉ~」

・・・とその患者さん(年配の女性)が仰って下さって、浅田真央選手の演技後の重苦しい院内の雰囲気をガラッと変えて下さったのが実にありがたかったです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月25日

旺盛な食欲に成長を感じる

どんな仕事もそうだと思いますが、我々歯科医院スタッフの仕事に従事する勤務時間は診療終了時間と一緒ではありません。
患者さんがお帰りになった後に、その日の後始末はモチロン、翌日の準備もせねばなりません。

更に院長は、スタッフが帰った後もその日の診療内容記録(カルテ)のチェックをしなくてはならないので、医院の消灯後にすぐに帰れる訳ではありません。

となると、なかなか家族と一緒に食卓を囲むことが難しくなります。
子供が成長すればするほど、各人の都合(部活等)も生じてきますから、家族揃っての外食もままなりません。

そんな中、休診日の本日の夕方、久し振りに家族5人で和風のファミレスで食事をして参りました。

安価でボリュームのあるお店なのですが、美味しそうで思わず頼み過ぎてしまい、以前だったら少々持て余し気味にもなったことも・・・・。

それがですねぇ、本日は・・・

目の前の3人のよく食べること食べること。

旺盛な食欲・・・つまりは「食いっぷり」が良いのは見ていて爽快感すら覚えるモノですね。(笑)

頼もしいことであります。

実は、その直前に私自身が身長測定の検査を受けたのですが、悲しいかな7ミリ減少しておりました。(泣)

縮んだ訳ではなく、身長測定の直前に散髪して来たりしたせいか・・・とは思いましたが、伸びゆく世代と後半に差し掛かった世代の違いを感じた瞬間でもありました。

さてさて、下の写真は、今から一週間前のモノです。
気温差で15度ぐらいじゃないでしょうか。(驚!)

水墨画のような世界

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月24日

サンドウィッチマンは面白い!

本日は、2月としては異様に暖かく、汗ばむほどの陽気でありました。
先週は雪が降っていたなんて嘘のようですよね。
それでも夕方から夜になれば、一時期ほどの寒さではありませんがまだまだ冷え込む感じは残りますが・・・。

そんな今日この頃、厳しい寒さではなくなったこともあり9時半頃に「夜のドライブ」感覚で受験生の息子を迎えに行くのが、そんなに苦痛ではなくなりました。

実は、緩んだ寒さだけではなく、その際にクルマで聴くFM放送が結構楽しいのです。

FM放送・・・「スクールナイン」

中でも、水曜日のパーソナリティー「サンドウィッチマン」。
このお二人は、実にオモシロいです。(笑)

M-1グランプリでは、チョイと遅咲きのコンビ・・・って感じでしたけど今では押しも押されもせぬトップスター。狙ってなくともただ話しているだけで面白いのはこのお二人ならでは・・・・の気がします。

水滴の妙

帰り道では、息子と二人で放送を聴きながら 二人ともニヤニヤしながら帰宅です。受験前という非常にデリケートな時期ではありますが、帰宅時のひとときに ちょっとでも癒されると宜しいか・・・と思っています。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月23日

霜が降り、冬の朝に咲く華?

2月もあと数日を残すのみとなりました。先週までの冷え込みが嘘のような春のような陽気の本日でありました。

毎年、この時期になると「三寒四温」とは の時期の季語なのかと思い至ります。もうまもなくの春到来が待ち遠しいですね。
出来ることなら「花粉症」さえ存在しなければ尚更良い季節ではあるのですが・・・。(泣)

記憶にないぐらいの寒さを記録し、降雪にも見舞われた過ぎゆくこの冬の終わりの先週末の朝に こんな写真を撮っておりました。

冬の朝に咲く華

彩りに乏しいこの時期ではありますが、逆に真っ白が際立つ季節でもありましょう。冷え込みの厳しい朝は、マクロ写真の被写体には事欠きません。

霜ってこんなナンですね。(笑)

マクロレンズが無ければ、全くと言って良いほど魅力に乏しい光景でしかありません。そもそもが単色ですしね。

さて、話は変わりますが・・・

今朝の新聞に、安心ランドセルの話題が載っておりました。
今までも、セコムさんがGPS機能を持たせたような細工をしてたりしましたが、今度のランドセルは まだ大学等の研究機関の試作品レベルらしいですが凄いです。

ランドセルの肩掛けに、小型カメラが仕組まれていて、リアルタイムでネット上のサーバーに画像が記憶されるんだそうです。

何処にいるか・・・のレベルを超えて、常に誰と遭遇してるかまで 何者かによって意図的にカメラを壊される寸前まで録画できるとのこと。

謳い文句としては、「安心を背負う」とのことですが、ナニやら世も末のような気も致します。我が子が小学校に通い始める事を思えば理解出来なくもないのですが、子供達が安心して下校時に寄り道が出来ないという事実を思うと寂しさすら感じます。

日本は間違っては居ないんでしょうかねぇ・・・。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月22日

園児をまとめる、私には無理デス

先週の木曜日のこと、雪の降った休診日に保育参観に出向いてみました。振り返ってみると、3人の我が子が皆同じ幼稚園に御世話になったというのに、保育参観なるモノに出席したのは初めての経験でありました。(笑)

雪の日の園庭

ホントに小さな椅子・・・・大袈裟に言うと、お風呂場で用いるようなサイズの園児用の椅子に親達も腰掛けさせていただきました。
授業開始の鐘があるで無し、ちょこまかと動き回る子供達十数人。

これを統率するのは一苦労

これをまとめるのは容易ではないだろうなぁと思っていたのですが、それがですねぇ・・・・

ナニやら担任の保母さんがウクレレじゃないんだけどウクレレのようなモノで心地良い音色を奏で始めると・・・
「座って下さい!」なんて一言も仰らないのに・・・・

保母さんを中心に輪になって

自然と先生を囲むように みんなで輪になって先生のお話に聞き入るのです。
ナンかとても不思議な光景を見ているようで、嬉しくなりました。

子供達にとっては ごく自然なことなんでしょうね。
残念ながらもう少しでお別れを迎えてしまうけど、お友達みんなの健やかなる成長を祈りたいモノであります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月21日

社会保険労務士さんとの出逢い

ほとんどの歯科医院がそうだと思いますが、歯科医院はスタッフ人員10名に満たないような中小零細企業であります。

コンビニより件数が多いんだそうですが、確かに元気のない歯科医院が周辺にも増えて来ていることは実際に感じています。

歯科業界そのものが氷河期と言われるほどの苦境に晒されてるのは間違いないのですが、そうであっても多くの患者さんに認められて充実の毎日を送っている歯科医院もまた少なくはありません。

当院もそうでありたいと願って、医院環境(ハードもソフトも)の整備に出来る限りの注意を払ってる昨今です。

そんな中で、労働環境向上のためにお願いした社会保険労務士さんとの出逢いは大きな意味をもたらしてくれたように感じています。

情けない話ではありますが、我々歯科医師は概してその分野には疎いのです。
考えてみると、そういった経営に関しては大学でも一切勉強はしないのですから馴染みがない分野なのも無理はありません。

サポートして下さる社労士さんと出逢えて、目から鱗が沢山ありました。
これからも末永くお付き合いして、スタッフの労働意欲向上に尽力していただくことにいたしましょう。

ひいては、それが患者さんの当院に対しての好印象にも繋がることでありましょう。

雪面への足跡

偶然ではあったのですが、社労士さんとのお付き合いが暫く進んでから発覚したこととして、その方の御両親が当院の昔からの患者さんであったことが解りました。
とても気さくな御両親で、それを知ってからは是が非とも御世話になりたくなったモノであります。(笑)

それにしても・・・

世間は恐ろしく狭いですねぇ。(笑) 

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月20日

オリンピックを見ていて思う

連日、見逃せないようなオリンピック中継が目白押しですね。
にわかスピードスケート・ファンになったり、にわかフィギュアスケート・ファンになったり、にわかカーリング・ファンになったり・・・。
今回はスノーボードのハープパイプも興奮して見ちゃってました。

最近はクルマのナビに附属しているテレビも地デジ故に明瞭に見ることが出来ますので、そのスノボの迫力に昨日は魅了されました。

クルマの映像は地デジ故にはっきりくっきり

オリンピックを見ていて感じたこと。

● 物議を醸した国母選手は、オリンピックの枠に嵌めることはできないように思う。と言うか、スノボ競技そのものがオリンピック種目として馴染まない種目のように思えちゃう。

● フィギュア男子の高橋大輔選手は偉かった。ただ、彼に限らず、日本の選手だけでなく、あらゆる代表選手に語り尽くせない程のドラマがあるように思う。

● 不幸な練習中の死亡事故が起きたリュージュもきついけど、スケルトンはもっと凄い。安全性は確保されてるのかとは思うけど、死と隣り合わせのような気もする。メンタルコントロールは必須であろう。

● キャスターの松岡修造さんは相変わらず熱い!
この人は良いなぁ。(笑)

まだまだしばらくは楽しめそう。(笑)

家内のクルマ、いわきの映像とは思えないほど・・・

開催地のバンクーバーは、雪でなく雨模様だったりするようですけど、ここ日本に停滞する寒気団をお裾分けしたいぐらいですね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月19日

中村主水が居なくなった・・・

時代劇って、「水戸黄門」のように見る前から結末が分かってるようなことが多いので、そんなに積極的には見ませんねぇ。

でも、同じくラストシーンは分かってるんだけど「必殺仕事人」だけは見ちゃってました。
あのラストに流れる「中村主水のテーマ曲」には痺れました。

中村主水が好きだったなぁ・・・。

残念ながら藤田まことさんがお亡くなりになってしまっては、画面で見ることは出来なくなってしまいましたね。

淋しい限りです。(泣)

降りしきる雪を待合室から・・・

どうも、家内はあんまり好んでは見なかったので、ああいった番組は男性向きなのかもしれません。
一昨年には東山紀之さんが次世代の仕事人としてとにかく格好良くスタートしましたから、これからは女性のファンも増えるかもしれませんね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月18日

どうしちゃったんだろう、この雪

粉雪が舞った程度でも珍しいと感じちゃう このいわき市に育って四十数余年。一度の降雪でも驚くのに、一冬の起床時に2度も銀世界を拝むとは・・・。(笑)

どうしちゃったんでしょう、この雪・・・1

本日は偶然にも休診日(木曜日)でホントに良かったです。
スタッフにとって渋滞の酷い通勤が無くて済んだし、患者さんにも迷惑が掛かりませんでした。

私は、どっちみち子供達の通学(送迎の「送」)の問題がありましたし、技工士さんとのお約束があったために医院に出向きましたが、ナンだか駐車場が綺麗で・・・。(笑)

どうしちゃったんでしょう、この雪・・・2

ただ、そこが東北の湘南(!?)と呼ばれる基本的に温暖ないわき市。

お昼過ぎ頃には晴れ間も見え始めて、午後に雪掻きチェックに再度出向いた折にはすっかり溶けちゃってました。(安堵!)

雪国の方々はこれがエンドレスなのですね。
雪はどけておこうにも場所が必要だし、勝手に流れてくれないから厄介ですよね。
スキー場は、逆に降り過ぎてコントロールが大変だとも聞きます。

「ちょうど良い」って難しいですね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月17日

自己矛盾が気になります(笑)

先日、電車で東京往復をした折、読んでいた歯科関係の本の気になる表現が目に止まりました。かねてから様々なところで読んだことがあるような内容ではありましたが・・・

恐竜はなぜ絶滅したのか・・・?

地球環境が変わったからではなく、その環境変化に対応出来なかったから・・・という話でありました。つまりは我々歯科医も変化し適応していかなければ生き残れませんよ、と言う警鐘を与える内容でありました。

そうだよなぁ、取り巻く環境が目まぐるしく変化してるんだから順応していかない歯科医は絶滅かぁ・・・などと読みながら妙に納得いたしました。

あぁ、それなのに・・・。(笑)

その直後に車窓から見たある歯医者さんの「9時まで診療」の看板。
見た途端の率直なる感想は、「俺には出来ないよナァ」でありました。

世相に合わせれば、ニーズがあるならそれもやむなしで変化すべきなのかもしれないのに、そのことが頭では理解出来ても「夜遅くまで診療」を一発で否定する自分が居ます。

歯科医は、私の職業ではありますが、全てではありません。

仕事に臨む時には全力で臨むけど、より人間らしい生活を送るためには当たり前な時間に帰宅して幼子と一緒に入浴するとかの「生活の潤い」が必須だと考えちゃってます。

スタッフにも過度な迷惑は掛けられませんしね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月16日

GOLDメダルへの飽くなき執念

スピードスケート男子500メートル。

このオリンピック期間中、当院でも積極的にオリンピックのテレビ中継にチャンネルを合わせてますが、患者さんも我々も 気になる瞬間が頻繁にありますね。(笑)

本日は、同じ会社の同僚同士、27歳の長島選手と25歳の加藤選手の銀・銅フィニッシュでありました。

先日のモーグルの上村選手もそうだと思うけど、世界で片手(5位以内)に入るってモノ凄い快挙だと思うけど、彼等はそれに満足することなく「悔しい!」って言えるんだから 金メダルへの飽くことのない憧憬は凡人の理解を超えるんでしょうね。

日本人選手の快挙

私なんか大学生時代の体育(!?)の授業でしかスケートはやったことがありませんが、自慢じゃないですが数メートルしか滑れず、臀部だけは随分と痛めつけた記憶があります。(笑)

いつも思うのですが、スケート選手のユニフォーム姿を見ると、手の部分は素手がほとんどだけど、スケート靴の刃で怪我をしたりはしないんでしょうか?

モチロン、しないんでしょうねぇ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月15日

「幸」多からんことを祈りたい

清々しさを感じました、モーグル上村選手。

結果はメダルに惜しくも届かなかったけど、彼女の血の滲むような努力はメダル以上の価値をもって日本国民に届いたんではないでしょうか。

練習風景等のテレビ放映をみましたが、あそこまで自分を追い詰めてる姿は感動モノでありました。

そう言えば、笑顔が素敵な岡崎朋美選手の練習姿も取り上げられてましたが、あの笑顔からは想像も出来ないような形相で取り組まれてましたっけ。

弛まぬ努力を積んだ者だけに許される晴れの舞台、オリンピック。

ナンだか、それを見ただけで十分に金メダルに値するような気すらして、彼女達だけでない日本代表の方々の「幸」多からんことを祈りたいような心境になっちゃいました。

アルコールが少し入ると、人情もろくなる性格であります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

石原明先生との笑える出逢い

本日、東京の講習会出席。実に有意義な時間を過ごして参りました。

講師はこの方、石原 明先生。

いやぁ~、2時間あまりの講演でしたがグイグイ引きつけられる面白いお話し振りは、まさにカリスマそのものでありました。

東京駅に程近い講習会会場だったのですが、午後一時からの開演前にお手洗いを済まそうと思って狭い感じのトイレに入ったのです。
ちょうど一緒に小用をたそうとしていた方がすぐ隣に立たれたのですが、気さくな方で・・・・

「先生は、どちらからいらしたんですか?」

って声を掛けて下さったのです。

「福島県のいわき市から来ました。先生はどちらからですか?」

って逆に聞き返したところ・・・

「東京です。これから講演させて貰うんです。ヨロシクです」

って仰って・・・。(笑)

名前を知っては居ても氏のお顔は知らなかったので、ちょっとトンチンカンな返事をしてしまいましたが、ナンだかその一瞬(いわゆる連れション)で一気に魅せられてしまいました。(笑)

これからのお付き合いが楽しみです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月14日

幼児虐待、歯科医の通報で発覚

昨今の報道で、ある幼児が両親からの度重なる暴力で死亡したという、ナンとも痛ましいニュースがありました。

いわゆる幼児虐待でしょうか。

その虐待の最初の発覚は、歯科医による児童施設への通報だったとか・・・。呼び出しを受けたその若き両親は、「二度と暴力はふるわない」と担当者に誓って放免されたとのことでしたが・・・。

結果的には悲しい結末に・・・。(泣)

歯科医が判断する幼児虐待を疑われるような際の通報は、最近良く言われ始めているようです。

口腔内っていうのは、覗いてみると様々な情報が読み取れます。
その中には、むし歯とかの放置(乳歯の崩壊)のみならず、殴られてでしかできないような頬内面の傷なども見受けられたんでしょうか・・・。

難しい問題があるんでしょうけれど、その通報を元にその亡くなったお子さんを両親から隔離することは出来なかったんでしょうかねぇ・・・。

13日のバレンタイン

今日はバレンタイン・イブ。

明日の日曜日を前に、今年もまたスタッフに感謝であります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月13日

ブログ仲間の活躍が嬉しい

「ブログ仲間」なんて言うとおこがましいのですが、昨年のWebアワードや先日の異業種交流会で御一緒し、私に大変によくして下さる小名浜の「まるとみ酒屋」さんの女将さんが その中にいらっしゃいます。

この方が、ナンと新聞(夕刊紙・いわき民報)に取り上げられたのです。ナンだかここ暫くで非常に嬉しい話題でありました。(笑)

このまるとみさん、私よりはチョイとだけ年齢が上の方でして、ブログキャリアも長い方です。いわき市内では知る人ぞ知る、ブロガーのお手本のような方でしょうか。(一応、持ち上げておかないと・・・(^^ゞ)

まるとみさんのブログ・・・

面白いですから是非 覗いてみて下さい。(笑)
新聞に取り上げられた裏話もここに載ってます。

御世話になってる「まるとみ酒屋」さんのお酒

実は、私の名前には「お酒」の文字が入っているのですが、今まで日本酒にはあんまり縁が無かったのです。

(そもそもお酒はあんまり強くない・・・)

先日、まるとみ酒屋さんに伺って日本酒初心者(!?)にも好まれる安価で美味しいヤツを教えてもらったのですが、アドバイスは実に的確。


その晩のウチに、家内と二人で一本はクリアしてしまいました。
今後もいろいろと教えて貰うことに致します。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月12日

積雪に、いわき市民は驚きました

何年ぶりでしょう、いわき市にて積雪。
これだけ積もったのは実に久し振りでありました。
・・・・って言っても10センチぐらいですけど。(笑)

早朝、4輪駆動の家内のクルマを私が運転して娘を高校へ。

早朝、取り敢えず娘を送っていく

予想したほどの渋滞はなかったけれど、中にはスタッドレスを履いてないようなクルマの方(フラフラしてた)も大勢居て、しかも高校は山の上ですから「もらい事故」は怖かったような・・・。

娘を無事に送り届けてから歯科医院へ。

実は、雪景色の写真でも撮るか・・・などと悠長に構えてたのですが、医院に到着して雪掻きの必要性を思い出してしまいました。

こんな天候でも、足もとが異様に悪いにも関わらず来て下さる患者さんのために朝からいい汗をかいてしまいました。(笑)

夜になっても残る雪

夕方になっても結構 残ってましたし、氷点下の気温が一晩続けば 明日は路面凍結が案じられます。

慣れてないが故に、十分なる注意が必要ですね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月11日

電子制御・・・・ナンですねぇ

ナニやらトヨタの社長さんまで出て来ちゃったプリウスのリコール問題。
ことがブレーキの動作不良に関することだけに仕方がないんでしょうね。

私は、トヨタのディーラーからではなく、懇意にしている個人営業のガレージさんから購入してるのですが、「取り敢えず待機」との連絡はいただきました。
まぁ、気が付いてなかったぐらいですから急ぐ気持ちは全くないのですが・・・。(笑)

どうも本日から早速のリコールが始まったみたいですが、報道を見ていて驚いたのはブレーキシステムの問題なのにナニやらパソコン端末のようなモノを操作してるだけだった点です。(驚)

ブレーキの不具合なのに・・・・

ブレーキそのものは弄らない!

自動車って言えば、工学部に自動車工学というネーミングがあったように機械工学部品の集合体っていうイメージがありませんか?
それが、機械的な部分は一切弄らず、ただソフトだけを書き換えて修理完了なんて・・・。

クルマという様々なるパーツの集合体。

それに機械的な意味合いとは若干異なる電子制御という言葉が第一に語られてくるような時代なんですねぇ。

意図的に露出をオーバーにしてみました

記憶を遡るに、電子制御なんていう言葉がクルマのカタログに出始めたのは昭和50年代前半だったような気がします。
その後、30年の時を経て、デザインの新旧はあっても見かけは同じクルマでしかないけど、中身は電子機器の塊になっちゃったのかもしれませんね。

自動車修理工場の方々は・・・大変だろうなぁ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月10日

レセプト・オンライン化に向けて

レセプトって言っても一般の方にはきっと馴染みが薄いことでしょう。
医療機関における診療報酬請求のことです。

医療機関では、1ヶ月を単位として、翌月の初旬に社保・国保に診療報酬の請求をしていますが、従来は紙媒体だったモノがオンライン請求が可能な時代となりました。

当然今までも、17年前の開業当初より先んじてカルテでもレセプト(診療報酬請求)でもパソコンを使用して管理はしていたのですが、従来は残念ながらそれをいったん紙媒体に印刷し、綴じ紐で束ねて宅急便等で福島市まで送っていたのです。

デジタル化最前線の歯科医院 を自称したりしていたのですが、恥ずかしながら肝心なところでは超アナログだったってワケであります。(笑)

それが、レセプトをデータで瞬時に送れるようになるって言うんだから間違いなく朗報であります。

ここ暫くで、ソフトメーカーと契約し、遅ればせながらのオンライン化。
遅くとも4月分からはスタートできそうであります。

日中ならナンの変哲もない住宅地の光景なのですが・・・

院内LANだの画像管理システムだの口腔内カメラだのレントゲンのデジタル化、HPだのブログやらTwitter・・・。

あれこれとパソコンに関わることにトライしながらも、唯一最先端でなかったのが悔やまれていた分野でしたので、チョイとホッと致しました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月 9日

ダウンヒルレーサー、恐怖の克服

もう間もなくで冬季オリンピックがスタートしますが、昨晩のNHKスペシャルでは金メダルに最も近いとされるアルペン・ダウンヒルの王者の精神と肉体に迫ってました。
その彼の名は・・・

アクセル・スビンダル

初めて聞きましたが、いかにも速そうな名前であります。(笑)

最高時速 160キロ で急斜面を滑降するアスリート達。
転倒すれば死につながりかねない恐怖と闘い。その恐怖をどうやって乗り越えているのか、恐怖に対しての人間の持つ安全装置のようなモノを如何に外してるのかを丁寧に分析してました。

見応えのあったNHKスペシャル

いやぁ~凄い話でした。

トップアスリート達にとっては、技術的な側面は努力で克服できるんだろうけど、メンタルな意味での"恐怖との闘い"は大きな壁に違いありません。

その壁を越えるために 件のアクセル・スビンダル選手は、驚いたことに1分間に1回しか瞬きをしないんだそうです。(驚!)

一度の瞬きに要する時間は 0.03秒 とのこと。
その間に失う視覚情報が状況判断を遅らせる・・・。
それが事故へと繋がる・・・。

瞬きをしないことにより的確に周囲の状況を読み取り、それにより恐怖を克服し事故回避に繋げてるんだとのこと。

通常我々は、1分間に20回はしているという瞬き。
瞬時の判断を強いられる卓球選手ですら5~6回はするのに、彼はたった一回。

超一流と呼ばれる人は、やはり凡人とは違うのですねぇ。
オリンピック・アルペン競技の見方が変わりそうです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月 8日

なかなか捨てられないのです・・・

先日購入のiPhoneだけでなく、複数のiPodとかのAppleの製品が我が家にもあります。
iPhoneにしてもiPodにしても、御存じのように取扱説明書って十分ではないですよね。
まぁ、至れり尽くせりの国産メーカーとの根本的な違いなんでしょうか。
確かに画面を見て直感的に使えたりするんですから要らないと言えば要らないのですが・・・。

それにしても いつも思うのですが箱は立派ですよねぇ。(笑)

恥ずかしながら、そんな箱をすぐに捨てられない性格であります。(恥)

使い途はないんですけどねぇ・・・

結果的には、そこにもう一度iPhone本体を格納してしまっておくことは有り得ないので、何らの使い途はありませんから捨てちゃうのですが、しっかりしてる箱故に何かに使えないかなぁ~なんて考えたりします。(笑)

昨今では、1~2年で飽きてしまった時にオークションとかに出す際に 箱がある方が高値で売れるとかって話も聞いたりしますし、本もブックオフなんかに持ち込む時には「カバー&帯」があった方が・・・なんて話も聞いたことがあります。

そういった意味とはチョイと異なるのですが、オシャレっぽい小さい箱ってナンか捨てにくいのです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月 7日

それにしても今日は寒かった(泣)

今晩10時頃に 受験生の息子を塾に迎えに行ったのですが、クルマの温度計によれば外気温は氷点下5度・・・。(寒ッ!)

冷蔵庫ならぬ冷凍庫並みの気温じゃないかと思いながらも 帰宅時に見上げた星空の綺麗なこと綺麗なこと。
思わず、理科のテストに役立つかもしれずと考えて、「2月初旬の夜10時のオリオン座の位置」を息子と確認してしまいました。(笑)

北国の方にははるかに及びはしませんが、いわきに住んで四十数余年、チョイと記憶にないぐらいに冷え込んでる気がします。
全国各地で軒並みこの冬の最低気温を更新していたり、豪雪に泣かされてるのが良ぉ~く解ります。

日中も雪が舞い、普段は日当たり良好で暖房が効きにくいなんてことは有り得ないような当院でも、ここ数日は室温さえ上がりにくいようにすら感じています。
風が無いのがせめてもの救いだったようにも感じた本日でありました。

それにしても寒いですねぇ。

地球温暖化はいったい何処に行ってしまったんでしょうか?

コバルトの空に映える

大寒は春のような陽気で、立春以降がこんなに寒いなんて・・・。
早いとこ春の訪れが待ち遠しくはありますが、同時に花粉症の足音も聞こえて来るかと思うと、チョイと憂鬱にもなりますね。(泣)

もうそろそろクスリの準備でしょうか・・・。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月 6日

年度末には自殺者が増える・・・

悲しい現実として、年間の自殺者って十数年も3万人を越え続けてるんですってね。交通事故の死者数をはるかに超える多さと聞いたことがあります。

特に、これから迎える年度末にその傾向が高まるとか・・・。
朝、クルマのラジオで聴くニュースで流れてました。

折しもオリックス・バファローズの将来性豊かな選手がキャンプ地で飛び降り自殺をされたようですが、前日まではにこやかに過ごしていたとのこと。
どれだけ親しくしていても、周囲の方々からは人の心の奥深いところの闇は見えないんでしょうね、きっと・・・。夫婦にしたってそうかもしれません。

今年の活躍が期待されてただけに残念なことであります。(泣)

大空を舞う

経営者なんかが、年度末の3月を乗り切れないケースが多いように放送されてました。決算期なんでしょうか、資金繰りがどうしても上手く行かず、未曾有の景気低迷期が意欲はあっても立ち上がることを拒み続けてる現状もあるんでしょう。

悲しい現実がありますね。

私自身はそういう時期をクリアしてるので、そういった負のスパイラルに入り込むというか、レールに乗るということはありませんが、どうも年代的には私と同世代の方に多いようではあります。

常々、「死んでどうなるモンでもあるまい」とは思うのですが、いったんそのモードに入り込むと、そういった諸々の呪縛から逃れることは難しいんでしょうね・・・。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月 5日

なんか、ちょっと残念な気持ち・・・

愛車プリウス・・・走行1万キロを超えて絶好調だと思っていたんですけどねぇ。ナンだか急に騒がしくなって来ちゃいました。(泣)

確かに、ブレーキ時のエネルギーを回生エネルギーと言って充電に回すという点で通常のブレーキと異なるのは理解できます。
ただ それが利きにくいとなれば話は別ですよね。

残念に思ったのは、今回アメリカで問題視される前に、既に日本国内で相当件数のトラブルが確認(77件)されていて、この1月以降の生産分はブレーキ制御のコンピューターを改善して秘密裏に対応までしていたとのこと。

一般のユーザーは、そういった事実を知る由もなく・・・。(泣)

何十万台にも及ぶ無料リコール&修理は、巨大企業トヨタにしても難儀なことではあるんでしょうけれど、ブランドの信頼を失墜させかねないブレーキという生命線のトラブルであれば、秘匿せずオープンにして対処して欲しかった気がします。

プリウスの目、ここだけ見ると凄いデザインです

企業の対応を見つめる目も、上のヘッドライトのように鋭かったりするモノですよね。

まぁ、そういったブレーキの不具合に 乗っててもまったく気が付かないこっちもこっちなんですけどね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月 4日

丸美屋の商品開発に学ぶ

実際の売り上げとかは解らないけど、ふりかけと言ったら丸美屋さんが今でも定番ナンではないでしょうか。

あったか御飯にかけるだけ・・・で子供の頃から学生時代に至るまで随分と御世話になったモノです。(笑)

その丸美屋さん。
定番のこんなシリーズだけでなく、次世代に向けた商品開発も着々となさってるんですねぇ。(当たり前か!)
我が家も子供が3人も居れば 誰かが毎日「お弁当」だったりしますから、家内もあれこれ工夫してるんでしょう。
ある夕、食卓でこんな楽しい「ふりかけ」を発見致しました。

丸美屋のふりかけ1

まぁ、幼稚園児には戦隊ヒーローものとか仮面ライダーとのタイアップがウケるんでしょうけれど、「諸君!」と呼ぶに相応しい中高生には確かにこんなヤツがウケるのかもしれませんね。

キャラクターのユニークさだけでなく、実は一袋一袋に川柳ではないけどオモシロ話が載っていて、学生諸君達の昼休みの憩いのひとときにクスリと来そうです。(笑)

丸美屋のふりかけ2 丸美屋のふりかけ3

なんか、こういった笑えるモノを丸美屋の商品開発会議かなんかのプレゼン時にケンケンガクガクとディスカッションしてるかと思うと、中高生本人やお弁当を作ってくれてるそのお母さん方の購買意欲に如何にアピールしようとしてるかが見て取れて、勉強になる気がします。

数多あるふりかけの中から、次も「こいつを選んでね!」の魅力が工夫されてて、それは我々歯科医院経営者にも通じることですから なんか感心しちゃいました。

もっとも そんな感想を家内に言ったところ、「そこまで考えなくても良いんじゃな~い?(笑)」と呆れられてしまいましたが・・・。

でも私は、この商品開発の「深さ」はきっとあると睨んでます。(笑)
丸美屋さんは、社運をかけてるかもしれません。(^^)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月 3日

雪国の方に笑われそうな降雪量

久方ぶりの降雪に見舞われ、いわき市でもあちこちで渋滞が起こったようです。
雪国にお住まいの方には笑われそうな降雪量ですが、雪が降ったのは今年初めてでありました。

雪の朝3 雪の朝1 雪の朝2

せっかく降ったのに、午前中の日射しでアッと言う間に溶けてしまいました。(笑)
写真はまだ8時前だったでしょうか。
葉ボタンは、結構美味しそうに見えたモノです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

今でも素敵な存在、西城秀樹さん

世代によって異なるモノのひとつに「スター(芸能人)」がありましょう。
私もよくは知らない世代では、石原裕次郎さんもそうだったろうし、美空ひばりさんもそうだったことでしょう。
最近では、どちらかと言うと等身大になってきたジャニーズ事務所の方々なんかがそうなんでしょうか。週刊誌の見出しにも「嵐」がどうこうと書かれてますからそうなんでしょうね。

私にとって、永遠にスター的存在は西城秀樹さんとか郷ひろみさんとかでしょうか。

私は西城秀樹さんに憧れました。
名前の一文字が一緒というだけで、随分と存在を身近に感じていたモノです。(笑)

西城秀樹さんは、さくらももこさんの「ちびまる子ちゃん」にも頻繁に出て来ますが、70年代には間違いなくトップスターでした。

その彼が、脳梗塞で倒れたのが7年前。
その後 幸いにも奇跡的回復だったようですが、その陰には人知れずのリハビリの日々があったとのこと。
最近では、NHKの「趣味の園芸-野菜の時間」にもレギュラーで出演されてたり、エネルギッシュとは一線を画した肩の力が抜けたお仕事もなさってるようです。(2日の朝日新聞朝刊の情報)

悩み、葛藤し、藻掻いて、そして復活した方は素敵ですね。

どんな姿になっても応援してる方々は大勢居てくれるはずです。
老いても、若き日々とはチョイと違ったスタイルになっても、永遠のスターであって貰いたいモノです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月 2日

iPhoneの誘惑には勝てず・・・

先週の異業種交流会に参加した時のことです。同じテーブルに座った数人のメンバーの中で、iPhoneをお持ちだった方が4人・・・。
帰り際に寒空の下だというのに iPhone自慢(!?)が始まってしまい、実に魅惑的なひとときを過ごしてしまいました。(笑)

「酒井さんもいかがです?」のように誘惑(!?)され、追い打ちをかけるように「1月末までキャンペーンをやってますよ」と揺さぶられては、抗いようがありません。弱い私は・・・

誘惑には勝てませんでした・・・。

31日の夕方に、ギリギリで購入してしまいました。

iPhoneにトライしてみる

まぁ、これも自分自身への良き刺激だろうと変な理由を付け、ナンとか購入を正当化しようと・・・。(笑)

結局、こういうツールが好きなんだから仕方がありません。

折しも、Appleからは一回りも二回りも大きいiPadが登場。
夢のような世界が広がる予感を覚えます。

ホントに、新聞とか本、雑誌とかが廃れる日が来ちゃうのかもしれませんね。
歯科の仕事にも活用できるかもしれないと思うとワクワクしちゃうっていうんだから我ながら困ったモノであります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2010年2月 1日

寒い仙台で、熱い仲間と過ごす

昨夜は仙台におりました。
繁華街に程近い三井ガーデンホテル仙台に宿泊。

参加する「日本口腔インプラントアカデミー」の仲間達と有意義な時間を過ごして参りました。

常に研鑽を積む仲間達

全員で何人居たんだろう・・・・?

講習会のみ参加でお帰りになった方もいらっしゃいましたが、結構の人数。皆、より良き歯科医療のために診療を休んだり早めに切り上げてまで参加しています。

常に学ぶ姿勢で臨む者だけが持てるポジティブなオーラを匂うほど(!?)に漂わせながら、寒い仙台の夜は更けて行くのでありました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。

多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。

お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

Google +1