« 2018年6月
2009年12月29日

湯たんぽによる低温ヤケド

私自身は布団乾燥機の愛用者ですが、エコ目的で昔懐かしい湯たんぽが見直されてるんだそうですね。
もっとも、今どきのモノは当然 金属製とかではなく、耐熱性の強化プラスチック製ではありましょうが、この湯たんぽには少々苦い記憶があります。

30年も前の話で恐縮ですが、高校生時代にそのプラスチックの湯たんぽを古いバスタオルのようなモノにくるんで使っておりました。
寝てる間に足ででも蹴っ飛ばしたんでしょう、タオルから一部露出した湯たんぽ本体が、既にぬるくはなっていたでしょうけども私の脛(スネ)に長時間触れていたせいでヤケドを起こしてしまったのです。

そう、最近も言われる 低温ヤケド であります。

これ、十分な注意が必要です。
その当時、寝てるし、しかもたいして熱くはないから一晩中全く気が付かなかったのですが、翌日の昼頃になって脛に大きな水膨れが出来てきて、学校で理由が解らず慌てたモノです。

あれから30年。痕跡は未だに残っています。

ヤケドの痕跡は消えないんですよねぇ。そのせいで私はこの年齢に至っても相変わらず、脛に疵(きず)を持っております。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.sakai-dent.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/4687

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。

多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。

お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

Google +1