« 2018年10月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2009年8月31日

長い一日だったことでしょう・・・

今日一日、衆議院選挙に関わった方にとっては非常に長い一日だったことでしょう。それにしても・・・

もの凄い逆風 が吹きましたね。

与野党逆転、政権交代が実現の運びとなりました。
同時に、与党にとっては歴史的大敗を喫する日となりました。

先ほどから各チャンネルの開票速報を見るとはなしに見ていますが、私には政権交代であり、世代交代のような気がしてなりませんでした。
与党の重鎮のような方々が次々に失脚、若くてキャリアも持ち合わせてないような民主党の若手の方々にどんどん駆逐されてくように感じました。

今回の選挙(政権交代)で国政がすぐに良くなるなんて考えられませんが、今後は紛れもなく民主党の真価が問われます。
有権者(国民)の想いを裏切らないで貰いたいモノです。
子供達にとっての将来が、より良き明日になってくれることを願わずには居られないので、かくなる上は民主党に期待をしたいですね。

サーファー1

麻生さんも、もっと早めに解散しておけば良かったって後悔してるんではないでしょうか。
落選された過去の総理大臣経験者・大臣経験者の方々の胸中を察するに、今回は出馬せずに勇退しておけば良かった・・・と思った方もいらっしゃったんではないでしょうか。

サーファー2

さて、
上の二枚の写真は、お盆に撮影したモノです。個人の特定に繋がらないようにお顔にはモザイクを掛けさせていただきました。
了解も得ずに撮影しちゃいましたが、あまりの格好良さ・テクニックの秀逸さに、シャッターを切らずには居られませんでした。

巧みなサーフボードさばき・・・。

残念ながら自分ではまったくできませんが、見ていて気持ちが良かったです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月30日

HYBRID SYNERGY DRIVE

高校生の頃、シナジー【synergy】という英単語が「相乗作用」とか「相乗効果」とかの意味を持つことは暗記していた記憶があります。
朧気に・・・ですが。(笑)

それが今日になって、あちこちで見かけるようになるとは・・・。

表題のように、ハイブリッド車・プリウスの核となるエンジンはまさにそれで、電気モーターパワーとエンジンパワーのシナジー(相乗)効果で、従来考えられなかったようなポテンシャルを発揮させるという画期的なメカであります。

ハイブリッド車・プリウスの心臓部

その心臓部は、ボンネットを開けて覗いてみましたが案外シンプルだったように感じます。如何でしょう?

このシナジー【synergy】って単語には、もうひとつの意味があって・・・

● 経営戦略で、各部門の相乗作用を活用した効果として利益を生
  みだすこと。

だそうです。
私が目を通す各種の書籍・雑誌にも見かけるようになっていたのには理由があったんですね。
この効果を活かしながら医院運営のポテンシャルを最大限に発揮する方向にシフトする必要性をヒシヒシと感じる昨今でもあります。

院長とスタッフとの意思の疎通をしっかりさせる事による相乗効果。
我々が提供する治療効果と、患者さんがその後になさるセルフケアとの相乗効果。
院内における、アナログとデジタルの相乗効果・・・・etc。

枚挙に暇がありませんが、あれこれの相乗作用で医院内を心身(!?)共に充実させていきたいと考えています。

政治も同じかもしれませんね。

本日は総選挙。
そこそこ涼しいので投票率は伸びるんではないでしょうか?

民主党・自民党の二大政党による相乗(シナジー)効果で、860兆円を超えるという巨額の借金を減らす方向にシフトしないと、本当にこの国は財政破綻しちゃうんではないでしょうか。

借金は、国民一人当たりに換算すると 450万円 だそうです。

どうしても他人事のように感じてしまいますが、ある日突然 督促状なんか来たら腰を抜かしちゃうと思います。
何とかしないとならないんでしょうね。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月29日

紫陽花・向日葵・秋桜が咲き競う

ナニやら漢字のテストのような表題になってしまいましたが、昨日の南会津へのロングドライブで見かけた「アジサイ・ヒマワリ・コスモス」であります。(笑)

日付は8月27日(木)。

驚いたことにまだアジサイが咲いておりました。
下郷町の観音沼公園とかってところでしたが、標高が高いせいでしょう。
下の写真の背景の紫がそれです。

8月末、背景にぼんやり見えるのは紫陽花です

かと思いきや・・・
もう少し檜枝岐村の方に移動すると今度は一気に 秋の気配。
コスモスの群生があったりするのです。
(既に散ってるモノもあり・・・)

8月末、終わりを迎えるコスモスもあり・・・

秋の到来 が早いんでしょうね。
アジサイがあってコスモスがあって・・・・
ちょうど中間辺りには夏の定番ヒマワリもあったりしました。

コスモスとヒマワリの共演

ヒマワリとコスモスが同時に咲く・・・・・季節感としてはちょっと可笑しいようにも感じた夏の終わり間近い一日でした。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月28日

「南会津」の高原にて気分転換

本日、休診日。
天気にも恵まれそうだったので、4時半に起床してカメラを担ぎつつ 今年になって数度目の奥会津に向かってみました。
事前にネットで検索してポイントは見付けておいたのですが、この奥会津(南会津)には、一昨年でしたか白河から下郷というところに抜ける甲子トンネルっていうのができた御陰で、一般道でも比較的スムーズに私の住む「いわき」から行けるようになりました。

7時過ぎ、朝露の残る高原の風景 に触れて来ました。

歯科医は、日常が口腔内という狭い空間の直視に終始する仕事故に、高原の爽やかさとか広大な風景に心安らぐ気がするのです。
まぁ、理屈ではなく、良い景色は例えるならパソコンを再起動するかのように自分自身をリセットしてくれるようで快適でありました。

結構有名なポイントだったこともあり、水戸や春日部からお見えになってる同好の方ともお話しでき、楽しいひとときでありました。

奥会津の高原

恥ずかしながら、去年までの私は「手前の白い花はナ~ニ?」と問われても答えられませんでした。(恥)
これは、収穫前のソバの花であります。このポイントは、満開には今少しだったようですが、ちょうどあと一週間ぐらいでピークなのかもしれません。

普段は、様々な雑事に追われて考えること多き毎日ですが、こういったロングドライブの際は、お気に入りのBGMを聴きながら ナニも考えない時間を送れるので気分転換には最適であります。

   参ったのはナビ・・・。

「一般道」のしかも「最短距離」にしてみたら、とんでもない山道に誘導されてしまいました。(泣)

・・・それはそれで面白かったのですが。(笑)

Google +1
2009年8月27日

アクアマリンの造形美に憧れる

いわき市に、「アクアマリンふくしま」という海洋科学館・海洋学習施設があります。
「イルカのショー」とかがあるような娯楽関連施設ではありませんので、水族館というには無理があるようにも思うのですが、それでもあれこれ見たこともないような魚類がたくさん居て、確かに勉強にはなります。(笑)

我が子も、小学生時代には何度も通った(地元の学生は安い?)せいか、あれこれ私より詳しかったりしています。

そのアクアマリン。

行く度になんだかワクワクするのは、その 造形美 であります。
建築家さんの醍醐味とでも申しましょうか、デザイナーさんの実力発揮なのかも理解はしてませんが、非常に自由度の高い、制約のない構造建築物だと感じます。

アクアマリン1

歯科医師になろうと思う前は、建築士になりたかったこともあり、今でも見事な造形美には憧れを感じます。

アクアマリン2

アクアマリン3

側面形状から察するに、クジラを摸して居るんだと思われますが、港の一角に立つ巨大建造物としては、その狙いは「どんピシャリ」のように思います。

ガラスだから見事と感じますが、これが真っ黒だったら・・・・・
最悪のセンスだったようにも思いますが。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月26日

元NHKアナウンサーの山本浩氏

おそらく、NHKのスポーツ中継とかを御覧になったことがある方でしたら、このお顔には記憶があるんではないでしょうか。

元NHKアナウンサー・山本浩さん

NHKのスポーツ、特にサッカーでは「サッカー実況のカリスマ」と呼ばれるほどの名調子での実況をなさっていた山本浩氏です。

解説委員に就任されたのは存じ上げていたのですが、最近、お顔を見かけないナァ~と思っていたら、今年3月にNHKを退職なさって4月からは法政大学に新設されたスポーツ健康学部の教授に就任なさっていたんだそうです。

さすがに才能のある方は違いますねぇ。

昨日の朝日新聞スポーツ欄に、決勝戦を控えての氏のコメントが掲載されていたのですが、文章もまた素晴らしかったです。

「ここには日本スポーツの原点がある」

・・・というテーマで、忍耐・努力・勤勉、自己犠牲・礼節が全て揃ってる高校野球を礼賛されていたのが印象的でありました。

私がこの方と、もうお一方伊藤博英さん(エグゼクティブアナウンサー・局次長級)に親しみを感じるのには理由があります。

お二人は、1976~77年にNHKに入局され、福島県が初任地だったのです。
初々しいお二人が交互にローカルニュースに登場したり、NHK関連のラジオに登場なさったりしていたことが懐かしく思い起こされます。
今と違い、当時はまだ簡単・安価に音楽(楽曲)を入手できた時代ではなかったので、お二人が交互にパーソナリティーを務められていた NHKの土曜午後のFM放送(「FMリクエストアワー」とか言う名前だったような・・・)をそれはそれは楽しみにしておりました。

3時10分から6時までだったのですが、ラジカセ(古い!)のアンテナを弄ってベストチューニングを探し出し、録音ボタンに手を掛けて待っていると、山本さんか伊藤さんの声が聞こえてきたモノです。

お二人とも30年という歳月が流れ、共に偉くなられましたが、当時はラジオから流れてくる彼らの声が身近な兄貴のように思えて、とても親しみを感じていたモノです。
ラジオのDJって言うのは、当時の中学・高校生にとっては特別な存在でしたよね。

今後も、ますますの活躍を期待したいです。

Google +1
2009年8月25日

「やり投げ」競技、初の快挙

あまりポピュラーでない競技「やり投げ」で、村上選手って方が日本人初の銅メダル獲得という金字塔を打ち立てましたね。

申し訳ないけど、彼を知らなかったですし、そこに至る背景も全く知らなかったが故に、初めは「銅メダルか・・・」程度であまりピンと来なかったのですが、昨晩の「報道ステーション」で彼の生い立ちとか家族の証言(!?)とかが語られていて、その偉大さが伝わって参りました。

日本のやり投げ競技の 第一人者 でいらしたんですね。

高校インターハイ2年・3年優勝、日本選手権10連勝だったそうです。
それでも世界大会での活躍は今回が初めて。
どれだけ努力をしたか解らないでしょうに、常々「お世話になった方々に恩返ししたい」と語っていたと奥さんの言葉。

一発でファンになってしまいました。(笑)

今後も大活躍されることを願ってやみません。応援したいですね。

塩谷崎灯台

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

甲子園決勝・・・薄氷を踏む想い

中京大中京の優勝に終わった夏の高校野球決勝戦。見応えのあるゲームでしたね。

まさに、「野球は筋書きのないドラマ」でありました。
9回の日本文理(新潟)最後の攻撃もツーアウト。6点差もあれば中京大中京のエース堂林投手だって、ヒーローインタビューの台詞まで考えちゃってたことでしょう。

それが5点も取られてよもやの1点差に迫られるなんて・・・。
両チームの選手の家族だったら絶対に見てられなかったでしょうね。

それにしても、最後の絶望的な状況からの日本文理の驚異的な粘りは、クライマックスを飾り賞賛に値するナイスファイトでありました。
試合終了時の整列・挨拶の後の彼ら選手達の笑顔は、高校生らしくてとても素敵でもありました。

「真夏」も終わりですねぇ・・・

この夏、全国各地からの出場校を応援する大勢の人々の祈りが甲子園のグラウンドに一斉に集中したことでしょう。甲子園はモチロン、全国各地で喜びも湧き、そして涙も流れたことでしょう。

普段はまったくの無宗教の人々だって思わず祈ってしまう高校野球。
その祈りが集中するグラウンドですもん、そりゃぁ~魔物が住んじゃいますよね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月24日

毎日0.2%の改善が1年で倍に?

以前にも「Giveの5乗でいこう」という勝間和代さんが朝日新聞に連載されている言葉を紹介しましたが、今度はお盆前に読んでから どうにも脳裏から消えてくれない「1日0.2%の改善は1年で倍になる」を紹介します。

これもまた目から鱗です。(笑)

西川きよしさんではありませんが、よく昔から「小さなことからコツコツと・・・」と言います。確かにそうなのは経験上、誰でもが知ってることでありましょう。

それを数字を使って表現してるのが勝間さんの凄いところ。

「1日0.2%の改善」を「2日で0.4%」、「3日で0.6%」と考えるのではなく、複利計算で考えるべきというのが彼女の考え方。

●1日0.2%ずつの改善・・・すなわち明日は今日に比べて100.2できることになる・・・。
●さらに毎日0.2%ずつ複利で改善すると、10日後には101.8と少しできるようになる・・・。
●こういった努力を365日続けていくと、ナンと この数字は初日に比べたら207.3にもなるとのこと。

毎日毎日は微々たる変化でしかないけれど、1年分の蓄積は「どうしてここまで変われたんだろう」と思えるほどの違いになる・・・。

夏の夕空

確かにそうですね。小さな努力を小馬鹿にして、先延ばしにしてしまいがちな私には耳の痛い話であります。(泣)

こう考えると、「0.2%の改善は1年で倍、2年で約4.3倍、3年で約9倍もの差」になるそうです。

彼女の今日の姿を考えると、非常に頷ける話であります。因みに、その他のコラム「人生を変えるコトバ」のバックナンバーも載ってました。
読むと力が湧いて来そうな文章ばかりであります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月23日

植木屋さんの手にかかると・・・

当院のある「いわきニュータウン」は、緑多い街並み作りが建築協定なるモノで定められていることもあり、何処のお宅もブロック塀ではなく生垣であります。

当院もモチロンそれに倣って医院外周は緑に囲まれています。
駐車場の傍らにはシンボルツリーの欅(けやき)も立派に成長を遂げています。

ってなワケで・・・・時折は手を入れないとならぬのです。(笑)

モチロン、自分で弄ることなど叶わぬ状態ですので、今年もお世話になってる植木屋さんに手入れをしていただきました。
欅に至っては、十数年前の低木の時にはスルスルッと登って剪定されてましたけど、最近ではそれも難しくなり 植木屋さんが高所作業車のようなモノに乗って細かくカットしてくれます。

手入れの前は、伸び放題でした。

散髪前?

それが散髪(!?)後には このようにさっぱりと変身です。

散髪後?

当たり前なのかもしれませんが、手を入れて下さる度に樹形が整ってきます。こんもりと、調和の取れたバランスが感じられ、納得のお手入れでありました。

口腔内もそうですが、やっぱりお手入れは大事ですね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月22日

SONYのデジタルフォトフレーム

先月、スタッフからプレゼントして貰ったデジタルフォトフレームの出番がついにやって参りました。(笑)
もうひとつの色違いを買い足して、玄関と受付にて写真を流すことにしてみたのです。

まず 玄関。

デジタルフォトフレーム(黒)

受付はこんな感じです。

デジタルフォトフレーム(白)

写真は、医院外観あり、医院内部あり、そして自分で撮った数々の写真を混ぜて、加えて文章ページも間に挟んでみました。
お盆中にあれこれの写真から画面横縦比「16:9」のワイド画面にピッタリに収まるようにトリミングしていい塩梅に加工してみました。
ところが、設置してみて初めて気が付いたのですが、上下に黒い縁取りが出てしまったのです。

ナンと 画面サイズと写真サイズの不一致!

「おっかしいナァ~」と思って、そこで初めて取扱説明書をよく見てみたら・・・画面横縦比が「16:9」ではなく「15:9」って書いてあるじゃないですか・・・。(泣)

SONYさん、デジタルフォトフレームはとっても秀逸で、優れた画質には目を瞠るモノがあり、最近の「お気に入り」ではあります。
でも、できれば 当たり前の画面対比にして貰いたかったナァ~と思うのですが、贅沢でしたでしょうか。(笑)

でも、ホントに 画面は綺麗 です。オススメの製品であります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月21日

庄野真代さんの地道な活動

テレビでは、衆議院総選挙の報道が喧しいですが、そこに混じって例の芸能人覚醒剤服用の話題も 完全にエスカレートした状態で続いています。

確かに、芸能人という身近な存在の事犯ですから視聴者の興味も有るにはあるんでしょうけれど、そんなに「空白の6日間」の彼女の足取りとか、いわゆる不幸な生い立ちまで、事細かに報道する意味があるのかどうか・・・・チョイと疑問を感じざるを得ません。

完膚無きまでに暴露するのが、芸能界復帰は無理としても今後どうあっても生きて行かなくてはならない彼女にプラスになるとは思えませんが、やれ勝浦の別荘がどうこうとか、リポーターさんが周辺住民にまで聞き込みインタビューをしてる意味は理解できないところすら感じる昨今です。

10歳になるというお子さんに対しても、御両親となるあの夫婦をあれだけ叩いておいて「真っ当な人間になれ」っていうのが無理なようにすら感じます。

夏の色

その一方で、昨日の朝刊に載ったこの方の活動は、表に出ることがなかなか無いけど本来もっと報道されて然るべき行動のように思えましたので紹介します。

私も知らなかったのですが、あの名曲・・・

「飛んでイスタンブール」の 庄野真代 さんです。

「国境なき楽団」というNPO法人の代表をなさっているようです。
彼女は、そりゃぁ~第一線で活躍中の歌手ではないかもしれないけれど、その地道な活動がどれだけ社会貢献に繋がっているのかは解りませんが、マスコミに大義があるとするならば 前述の「空白の6日間」報道より 不況に喘ぐ国民の幸福感をはるかに充足させることができるのではないかと想像しますが如何でしょうか。

それとか、昨晩のNHKの番組「不屈の者たちへ」の元プロ野球投手で野球解説者の盛田幸妃さんとかのような生き様を報道した方が、余程社会貢献になるように思えたのですがどうでしょうか?

マスコミがこぞって芸能人報道に走る国の未来は、とっても暗いような気がしてなりません・・・・。(泣)

Google +1
2009年8月20日

好奇心を抱いて、街を歩いてみる

昨日も、このブログに「見ようとしなければ見えない」事を書きましたが、それよりも何よりも それ以前の問題として、まずは一歩でも外に出ないとならないようです。(笑)
自宅に籠もりっきりは、精神衛生上も良くないかもしれませんよね。

お盆休み中も、いつもの事ながら仕事が休み(休診日)だと思うと目が覚めるのが早くて、たいした早さではないけど6時前には起床。(笑)

ブラッと出掛けてみると、一昨日の写真のように早朝よりサーフィンをしてる若者達に出会ったりします。
また、いわき市最大を誇る港である「小名浜港」方面に足を伸ばしてみると、「釣り」に興じる方々の多さに驚かされました。

釣り人1

時間は午前7時前後でしょうか。
反対側の防波堤上にも この通り。

釣り人2

この小名浜エリア。私も何度か入館したことのあるアクアマリンという水族館(学習施設?)が有ったり、倉庫を改造したような「小名浜美食ホテル」などがあって最近とみに賑わいを見せていて、いわき市の注目スポットになりつつあります。

福島県いわき市の小名浜港

日中であれば、この後の定番のコースとしては、「ら・ら・ミュウ」にてお土産の買い物・・・ってところでしょうか。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月19日

最近の案山子、御存知でした?

最近、こうやって毎日のようにブログを書くようになって、自分自身が変わったのはナニに付け「注意力・観察力」が芽生えたことではないかと考えています。

これは、同じく毎日ブログを書いてる友人もそう言ってますが、常にあらゆる事を観察するような姿勢が身に付いて、今まで見えなかったモノが見えるようになって来たのです。

とっても良いことだと思っています。(笑)

実は、お盆休み中にこんな事例がありました。

今までも頻繁に通る道だったんですが、田圃の真ん中をカメラを助手席に乗せて走行していたところ、そろそろ終わりかと思ってたヒマワリを発見。「夏の色」をカメラに収めようと考えて・・・

ひまわりを見てたら遠くに案山子発見!

路肩にクルマを停めて 近付いていったところ、向こうに案山子のようなモノが・・・

よくよく見てみたら「アレッ?」

何気なく焦点をそっちに合わせてみてビックリ。私が抱いていた「へのへのもへじ」じゃなかったのです。(笑)

ナンと、人間の顔付きだったのです。

案山子1

実は、その気になってあちこち見渡してみると、あっちもこっちも そんな顔だらけでありました。

きっと昨年までも眺めては居たんでしょうけれど、全く気が付いてなかった・・・。(泣)

案山子2

こいつなんて、結構のロン毛です。(笑)

案山子3

後ろ姿は、パッと見 気が付きません。
これじゃぁ~カラスも見紛うでしょう。

案山子4

一番のイケメンはこいつでした。(笑)
おそらく理美容学校か何処かの教材(!?)かと思いますが、少なくとも麦わら帽子を被せておくだけの案山子よりは効果があるに違い有りません。

「見ようとしなければナニも見えない」ことの典型例でしょう。
昨年までは、稲の生育状況なんて気にもなりませんでしたけど、田植えの時から間もなくしてカメラ片手に散策していたら 存じ上げてる方がその田圃を管理されてると知り、気になり出しました。

稲穂が頭を垂れる時季まで今後も観察していきたいです。(笑)

それにしても・・・

案山子 なんて単語を かかし と読めるようになったのは、

間違いなく さだまさし さんの御陰であります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月18日

80歳で20本の歯を、8020運動

お盆前に、急に歯の痛みが生じて来て来院された20代の男性。

「痛いから抜いて下さい」という訴えでした。

拝見すると、確かにむし歯は大きかったけれど保存不能とはとても思えず、時間が掛かっても残した方がベターであることをお伝えしました。

確かに、通院する時間が無かったり、当然の事ながら「痛み」は無くしたいし、気持ちは解らなくはないのですが、やはり安易に抜かない方が良いと思います。(保存不能は仕方がないですけど・・・)

そりゃぁ 抜くのは簡単かもしれませんが、本数の減少は誰もが迎える「来るべき老後(高齢期)」に差しかかった時にマイナスになります。

早朝のサーファー

昨今、日本歯科医師会が提唱する「8020運動」を御存知ですか? 「ハチマル・ニーマル運動」であります。

そう 80歳で20本の歯を・・・ってヤツです。

最近では、電話番号に取り入れてる歯科医院も増えましたから接したことがお有りかもしれません。

この意味は、本来28本存在(親知らずがすべて有る方は32本)すべき歯も、8本抜けて20本になっちゃっても咀嚼力の維持は可能ですよ・・・という意味合いであります。
この本数さえ有れば、基本的には「何でも噛んで食べることができる」と言われます。それが、20代から欠落し始めると達成はし難いのではないかと想像します。

考えてみれば、我々の住まう建物 もそうですよね。

10本の柱で成り立っている建物があって、そのうち場所にも因りましょうけれど2~3本の柱を取っ払っちゃっても建物崩壊には至らないでしょう。でも、流石に5本抜いちゃえば屋根は崩落を免れません。

咬合もまさにそうですね。

20本を下回ってしまうと、残存歯に想像以上の負荷が掛かりますので崩壊に加速がかかりやすいようです。なるべく多くの歯を維持したい理由はそんなところにあります。
モチロン、欠損しても義歯の装着などにより咀嚼機能の維持・改善は可能ですが、自前の歯に勝るモノはありませんから、安易なる抜歯は憚られます。

件の患者さんは、既に2本ほど欠損もされてましたので、可能な限り残すべきとお話しした次第です。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月17日

「東名高速・復旧」の背景には・・・

お盆の帰省ラッシュで大混雑するはずだった東名高速の地震による崩落箇所の復旧が完了し、今朝の未明辺りから通行再開となったようです。

このトラブル・・・
人為的ミスが原因とかではなく、地震という自然災害が原因ですから誰も責められませんが、帰省される方々の「足」は大いに乱れたことでしょう。

東名高速に限りませんが、ニュースでは各地の大渋滞は今夜遅くまで続くとか・・・。一度も帰省ラッシュの経験が無いので私には解りませんが、明日の仕事に支障を来さないと宜しいですよね。

夏の色と言えば、これでしょうか?

ニュースを見ていて家内と話していたのですが、ここ4~5日に渡る突然の復旧作業。言うまでもなく夜を徹して作業なさった方々が大勢いらっしゃったことでしょう。
迂回させられたドライバーの嘆きは報道されても、復旧作業に関わった彼等の存在は報道に大きく取り上げられることは無かったですが、その方々にしても「お盆の予定」はあれこれあったのではありますまいか・・・。

「家族で田舎に帰省」、「行楽地へロングドライブ」等、あれこれあったでしょうに、急遽予定の変更を余儀なくされただけでなく、暑い盛りに不眠不休の作業・・・。(泣)

遠回りをさせられた世の「お父さんドライバー」もクタクタだったでしょうけれど、そういった縁の下の力持ちの方々の存在は忘れてはなりませんね。

残暑厳しい折、皆さん お疲れ様でした。

充実のオフタイムを過ごしましたが、私も明日からはスイッチを入れて社会復帰と参ります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月16日

夏らしい青空が広がりました

8月も半ばに差しかかり、お盆のお休みも3日目。
昨日辺りから、やっと青空が広がり、夏らしい一日となりました。

我々は凌ぎやすく体力も消耗せず助かってましたが、農家の方々にとっては 今夏は間違いなく日照不足で、加えて先日の大雨などもありましたから、ジリジリと照りつける陽光にきっと安堵されていることでしょうね。

ここ「いわき市」では、間違いなく今年は冷夏なのですが、一週間ほど前になりますけど千葉県安房郡の同級生(歯科医)に「今年は冷夏だね」とメールしたところ、異様に驚かれました。(笑)

彼の所は房総半島の西側沿岸に位置しますが、最新のエアコンをもってしても対応できないぐらいの猛暑だそうです。

直線距離にして300キロと離れてないかとは思うのですが、どっちがどっちだったか忘れましたが黒潮だか親潮(暖流&寒流)の違いとかがあるんでしょうね。
「エアコンの効いた室内でも暑いくらい」とのことでしたから相当な暑さではないでしょうか・・・。

小名浜港の夏らしい朝

そういった8月半ばの15日は、終戦記念日でありました。

私自身はモチロン「戦後生まれ」ですが、昭和も遠くなったんでしょうか、少なくともトップニュースではなくなった昨今を感じます。
8月6日の広島、9日の長崎もそんな感じではなかったでしょうか。

そんな折、今の大学生に「今日はナンの日?」かを訊いたり、「終戦記念日っていつ?」って尋ねても、答えられるのは3分の1しか居ないという統計結果が出されたそうです。
つまりは、10人のうち6~7人は普通の「お盆」の一日としてしか捉えていないというんですから、確実に「時代の変化」を感じざるを得ませんね。

我が子(高校生&中学生)には、キチンと毎年 話をしてますが、我々親ですら「戦争を知らない子供達」世代ですから、今どきのティーンエイジャーが知らないのも無理からぬところがあるんでしょう。

因みに、私は子供の頃に母に繰り返し刷り込まれたのでしょう。
東京大空襲の3月10日も確実に記憶に残っています。

昭和20年の8月15日にも こんな青空が広がっていたのでしょうか。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月15日

知恵もアウトソーシングを活用

前回、DVDが安くなってありがたいとは書きましたが、それでも数百枚のDVDから目的の映画なんかをチョイスする手間暇は面倒に感じることも多々あります。
いっそのこと、映画なんかの動画は大容量のHDDにデータ保存をしておいて その中からクリックで選んでテレビで見られれば簡単なのにナァ~と常々考えておりました。

そこで、自分ではそこまで知恵が回らないので、いつものようにパソコンでお世話になってる「ジョイント」さん(いわき市平)の担当の方に相談しましたところ、下記のようなモノを紹介してくれました。

ネットワークメディアプレーヤー1

ネットワークメディアプレーヤーっていうのが有るんだそうです。
この装置をHDDとテレビの間に介在させておくと、DVDの差し替えとかが必要なく動画をテレビで見ることが出来るようになるとか・・・。

ネットワークメディアプレーヤー2サイズ的にもそんなに大きなモノではなさそうです。

あれこれ教えていただいて、よりスマートなる当院の映像環境構築をしていきたいと思います。

パソコンのハード関連に止まらず、ネット上のあれこれ(SEO対策、HP作成等)も、本来は自分で全て解っていればベターかとは思うのですが、当然無理・・・。
その足りない部分は自分以外のエキスパートに担っていただかねばなりません。

歯科医という本業を脅かさない程度にマスターすることは否定しないのですが、それ以上の知らなくとも良い部分は専門家にお任せすべき・・・で間違ってないと思います。

ブレインとなって下さる方に、本来の意味である「社外調達」、しかも知恵の調達(アウトソーシング)をお願いして、私自身に足りない部分を存分に補っていただけると助かります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月14日

DVDの低価格化に驚く・・・

以前のCD-Rがそうであったように、最近ではDVD-Rが低価格化してるんですねぇ。データ保存用に久し振りに50枚単位で購入したのですが、一枚当たり30円チョイでありました。(驚!)

安くなったDVDこれに、通常の映画(約2時間の動画)がすっぽり入っちゃうんですから便利であります。

しかも国産なので安心感もありますし・・・。

人間の欲は果てしないモノで、CD → DVDとなった時には「夢のよう」と思っていたのに、これからはデータ保存もブルーレィ・ディスクの時代だって言うじゃありませんか。
HDDにしても、「ギガ」の単位で驚いていたら「テラ」が主流になって来つつありますし、技術革新の勢いは目を瞠るモノがあります。

携帯電話に挿入するmicroSDカードにも、映画一本が入ってしまうそうで、間もなく街のそこここで携帯(ワンセグ視聴機能付)での映画鑑賞がされるようになるようです。

置いていかれないようにせねばなりません。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

旧友とルーツを辿るドライブ

本日の午後、思ったほどには混雑してなかった「いわき市内」を 旧き友人と共に巡るドライブをしてみました。

男性二人で変(!?)ではありますが、まぁ、共に多感なる時期を過ごした間柄、あちこちを巡りながら懐かしい話に花を咲かせた一日でありました。

巡った場所の中には、大きく変貌を遂げた地域あり、逆に30数年前と変わらない一角があったりと、エリアによって時間の流れに差が感じられたりもしたモノです。

人間もまた同様ですね。

姿・形はモチロンのこと、その人間性まで大きく変わってしまってクラス会等にも顔すら出せなくなってる輩も実際に居ますし、逆に筋が一本通ったように変わらぬ連中もおり、様々なる人間模様を紡いできた30数余年の歳月を感じます。

本日一緒だった友人は、紛れもなく後者に属する人物でしたので、気持ちの良いひとときを過ごすことが出来ました。

旧友っていうのはありがたいモノで、ナンつーか、鏡のように自分自身を映し出してくれます。自分自身はどう映るのか、悪い負のオーラを身に纏い始めたりはしてないか、気になります。(笑)

思わず、セルフチェックもしてしまいました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月13日

「夫婦」の有りようは様々ですね

本日13日より当院のお盆のお休みとなります。
なかなか取れない久々の4連休であります。

せっかくの纏まった時間ですから有効活用・・・なんては毎度の事ながら考えてはみるのですが、現実はそうも行かずボォ~っとした初日のスタートであります。(笑)

さて、
普段は、「朝のワイドショー」なんて見る機会がありませんが何とはなしに見ていると、例の覚醒剤使用で逮捕された同姓の女優さん御夫婦の話題が随分と喧しく・・・。

どうナンでしょうか、夫婦でお互いの覚醒剤使用歴の暴露合戦の様相も呈しているようですが、もう少し庇い合う雰囲気があっても良いんではないでしょうか。
そもそもが別居状態だったそうですから お互いの気持ちは離れては居たんでしょうけれど、10歳のお子さんが居るようにも報道されてましたから、その子の気持ちなんかを考えたら逮捕後の「恥の上塗り」的なのは如何なモノかと思いました。

シルエット

東名高速では、一昨日朝の地震による路肩崩落の復旧作業が突貫工事で進められていたようです。折しもお盆の帰省ラッシュに間に合わせようと土木技術家達の威信をかけた数十時間の闘いだったことでしょう。

それでも大渋滞は避けられないんでしょうけれど、無事に安全走行が確保されると宜しいですよね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月12日

Webテレビ会議システムに参加

本日、診療終了後に私が所属している 「歯科IT研究会」 が初めて実施したWeb会議って言うのか、テレビ会議に参加してみました。

私自身は、Webカメラ・マイクを持ってなかったのでチャットのみでの参加となりましたが、目出度く主宰者の「W先生のセミナー受講」と相成りました。(笑)
遠くは、長崎からの参加の先生もいらっしゃったとか・・・。

いやぁ~便利でありました。

さすが、「歯科IT研究会」。
トライすることが違います。

今までは、どうしても日曜日を利用したりしての東京での会合でありましたが、Web会議を充実させれば、何よりも移動(電車での往復には5時間かかる)が必要なくなります。

休日(日曜日)を潰さなくても、予め示し合わせた夜の時間にでも、メンバーがパソコンの前に座ってさえいれば良い・・・っていうのがありがたいですね。

オフ会(飲み会 !?)はオフ会で宜しいのですが、今後はこのスタイルを充実して貰えると嬉しいように感じました。

蓮の花3

詳細は、このサイトに詳しいようですが、操作も容易だし、活用事例には事欠かない便利ツールのようでありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月11日

大学のオープンキャンパス

例年、当院のお盆期間の休診日は12日~16日と決めているのですが、今年は13日からとしました。
その分とは言ってはナンですが、本日10日を休診日にして、我が子と二人で早朝より首都圏の大学のオープンキャンパスとやらに出向いてみました。

生憎の雨模様・・・。(泣)

四国や近畿では大勢の被害者まで出した低気圧。

早朝にワイパーをフル稼働して50キロ規制下の高速を南に向かいました。携帯のニュースによれば通過した数時間後には「通行止め」になったようでした。
同様にJRも不通になったほどの大雨・・・。

それにしても、今の大学っていうのは親切ですね。

私の頃には当然そんなモノはありませんでしたが、入学前に学部の内容とかを把握できてれば、また違った選択もあったかもしれません。(笑)

オープンキャンパス

午後には雨も上がり、順調に家路へとクルマを進めたのですが、「北茨城 IC」以北がやはり通行止め・・・。
やむなく一般道に降りたのですが、全車そこのICで降ろされたせいでしょう、渋滞が待っており難儀いたしました。

初めて知りましたが、大雨の時には燃費は悪くなるモンですねぇ。
それでも愛車のプリウスは、高速でも平均23キロぐらいは走ってくれました。(嬉!)

大学の構内なんて実に久し振りでありました・・・。

初めての所だったのですが、先週 同窓会があったことも刺激になったのでしょう。何故か、ナニもかもが懐かしい感じが致しました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月10日

「プルミエール箕輪」は良い所

ここは、裏磐梯って言えば良いのか、土湯温泉の西の方と言えば良いのか・・・・。
福島県の真ん中辺りに位置する猪苗代湖から見ると、北東方向に箕輪山という山があります。ちょうど安達太良山と磐梯吾妻スカイラインという観光道路が走っている吾妻小富士の真ん中辺りに位置するその山の土湯バイパス西側出口付近に、「箕輪スキー場」&「ホテルプルミエール箕輪」という高原リゾートがあります。

私は、どちらかというとあちこちいろんなホテルに泊まってみたい性格なのですが、ここだけは間違いなくリピーターになってしまってます。(笑)
雪の時期でも、自宅から1時間半ぐらいで行けてしまうというその利便性もあるのですが・・・。

冬場はモチロン素敵だし、それ以外の四季折々の風景も綺麗。しかもそこのスタッフの方々がとても感じが良くて、同じ接客業を生業とする私としても学ぶべき点の多いホテルであります。

その「プルミエール箕輪」から、時折メルマガが届くのですが、今回のテーマが最近気になっていた水の話題だったので、了解を得て報告いたします。

★箕輪の水は硬度9.9の天然水です。
ホテルプルミエール箕輪では水源を標高1,718mの箕輪山の渓谷を流れる天然の清水から取水しております。1990年の開業当初から20年にわたりご利用いただき常連のお客様からは「おいしい水」・「やさしい水」として高い評価を得てまいりました。
この度箕輪の清水に含まれる成分について詳しい分析を外部機関に依頼しましたところ硬度が10前後の超軟水であることが判明しました。
一般に硬度というのは・・・・
カルシウム・マグネシウムの量を炭酸カルシウム量に置き換えたものを硬度としており、1L当たり1mgを硬度1の水と称しています。
日本には軟水の水が多いと言われており、それでも硬度で表すと60~100以下の水が一般に軟水と言われるものです。
以上の硬度数値から見ても箕輪の水が如何に高水準の「超軟水」であるかがお分りいただけるかと思います。

軟水の効果について
軟水(ソフトウォーター)は一般に下記の効果・効能があると言われております。
※ 石鹸の泡立ちが良い
※ 皮膚細胞を活性化し肌荒れ、ヒビ、あかぎれを防ぐ
※ 美肌効果、保湿効果
※ 昆布やかつお出汁を取る際にうまみ成分を引出し日本料理にあう
※ 野菜・穀類・米を煮るとふっくらと仕上がる
※ 紅茶を淹れると香が引き立つ
※ 日本茶なら甘みと香を引き出す
※ コーヒーを淹れるとマイルド甘く、酸味が弱い味になる
※ ウィスキーオンザロック、水割りに適す
※ 中国料理の乾物素材に戻しや過熱に良い
※ 赤ちゃんの調乳によい
※ アトピー症状によい
                    (【箕輪ニュース】8月号から引用)

一般的には、「場所が変われば水に注意」だと思うのですが、ここは安心。
もっともこのメルマガを頂戴するまでは、気にしたこともなかったのですが・・・。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月 9日

「深海ワンダー」&「南極ワンダー」

7日に、「子供と楽しむパソコンの世界」としてあれこれのバーチャルで楽しめるサイトを取り上げてみましたが、その後 私自身も幼稚園児の息子とトライしてみました。

彼のお気に入りはこのサイト。
深海に潜って潜水艦を操縦するような感覚を楽しめるような文部科学省のサイト「深海ワンダー」です。

「深海ワンダー」のトップページへ

このサイトには、よく見てみたら姉妹編であるこんなサイトもありました。

● 南極ワンダー 文部科学省

「南極ワンダー」のトップページへ

この夏は、少なくとも寝苦しい暑い夜ばかり・・・という感じではないのですが、トライしてみると「涼しぃ~」感じになれて宜しいかと思います。(笑)
文部科学省も、夢のあるサイトを用意してくれてありがたいですね。

さて・・・・
土曜夜のワイドショーでは、酒井法子容疑者出頭の話題で持ちきりでした。確かに大変なニュースかもしれませんが、記者がサンミュージックの制作部長に詰め寄る姿なんかは異様な光景としか思えませんでした。

それにしても、どうしてでしょう、数日前までは「綺麗で素敵な女優さん」としか思えなかった彼女が、一転して容疑者となってからは「性悪な女性」の顔付きにしか見えないのがとても不思議な気が致します。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月 8日

名字が一緒で親近感がありました

「人」の一生には山があったり谷があったり、あれこれ紆余曲折があったりで様々ですよね。
でも、何とな~くですけど、最終的な収支決算はプラスマイナス・ゼロなのかナァ~と思うこともしばしばです。

若い時期にあまりに「陽」の脚光を浴びてしまうと その後に「陰」の部分が色濃く出てしまうような、そんなイメージが私にはあります。

今のお盆前のこの時期、ニュース涸れなんでしょうか。
連日、ニュース番組がワイドショーのように芸能人の醜聞を報道しています。昨日まで「気の毒な女優さん」だった方が、一転して「覚醒剤常習の容疑者」へ。
このニュースには大変驚きました。

彼女にしても、押尾学さんにしても、分別もしっかりしない青少年時にスポットライトを浴び続けたばかりに、その反動が大きく、本来の人格に破綻を来しかねないほどに「陰」の重圧が大きかったように感じられてなりません。
ある意味で、メディアの被害者だったんではないか・・・とも思えなくはありません。

大原麗子さんも然りのような・・・。
華やかなる時期が長かった分、難病という病魔に冒され、結果的に一人っきりで死に至ったなんて ナンともやり切れない暗いニュースではありました。

蓮の花2

イソップ童話の「ウサギとカメ」の「カメ」ではありませんが、地道に一歩一歩、着実に歩んだ人生の方に憧れる年代になってきました。(笑)

私自身もそれなりの紆余曲折は経験して参りましたが、振り返るにマイナスの分、大きなプラスもあったようにも思うし、

収支決算的には「黒字」ってところでしょうか。
案外 悪くはないです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月 7日

子供と楽しむパソコンの世界

気が付いてみたら夏休みだったんですねぇ。
中学生や高校生の我が子は、部活だの課外だの塾やら図書館通いだったりして 通常とたいして変わりのない生活をしていたのでピンと来ませんでした。

小学生の夏休みといったら自由研究とかですね。
最近はネットの調べ物サイトが充実してるんではないでしょうか。

私が定期購読している雑誌「日経パソコン」にも、まさに今日の表題そのものの「子供と楽しむパソコンの世界」という特集がありました。

大きな企業の社会貢献の一環とでも申しましょうか、見てるだけで知識が増えそうなサイトが幾つか掲載されてましたので、紹介いたしましょう。

● TOYOTA~クルマこどもサイト~

● 富士通キッズ 夢をかたちに  富士通

● キッズスクール  Panasonic

● Yahoo!きっず

● 深海ワンダー  文部科学省

● JAXAクラブ

私も全部は見てませんが、その気になって覗くと結構時間は掛かりそうなほどに充実しているサイトのように感じます。自由研究のヒントになるかもしれませんね。

蓮の花1

さて、きょう8月6日は広島の原爆の日、9日は長崎でしたね。
64年という歳月のせいでしょうか、ニュースでの取り上げられ方も風化してるような印象を覚えてしまいました。(泣)

たかが短い64年間、されど長い64年間。

短いと言えば短いですし、長いと言えば長い・・・。
様々な捉えられ方をする歳月に違いありませんね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月 6日

夢の「歯の再生」、マウスで成功

東京理科大・東北大・東京医科歯科大の研究チームが、食物をかめるレベルの硬さで、痛みなどの感覚もあるほぼ完全な歯をマウスで再生させることに世界で初めて成功したそうです。

これって、凄いことです!(驚)

将来的には、「人工多能性幹(iPS)細胞」などの幹細胞を歯のもとに変えて、その組織を失った歯の跡の歯茎に移植して再生させられれば、入れ歯不要の生活が実現すると期待されるんだとか・・・。
入れ歯やインプラント(人工歯根)に代わる治療につながる成果で、他の臓器や器官に応用できる可能性もあるとか・・・。

神経や血管を含め、歯をまるごと再生させることに成功っていうんだから驚きであります。機能も従来のホントの歯と一緒で、再生した神経が痛みや圧迫の刺激を脳に伝えていることも確認・・・。

良いことずくめのように思われますが、そこはそれ欠点も・・・。

マウスは系統が同じなら、違う個体同士でも組織や器官を移植することが可能ナンだそうですが、人の場合、余所の人の細胞では臓器移植時のような拒絶反応が起きてしまう・・・。

チームは今後、拒絶反応の心配がない患者自身の歯や口腔内の細胞を使って歯胚(歯の種)を再生する研究に取り掛かるそうですが、それにはやはり相当な時間を要しましょう。

季節外れ?(2)

こういった報道があると、治療時に「新聞で読んだけど、出来ませんか?」って仰る方が結構 いらっしゃいます。

早期の実現が待たれますが、我々の個人診療所に再生医療が浸透するには相当なる時間は必要ではないでしょうか。

考えてみれば、そう簡単なことではなく、御本人の細胞から「歯胚(歯の種)」を作り出さねばならぬハードルの高さがあり、かつ、それをクリアしたとしてもその歯胚を顎骨内に埋め戻さねばなりません。

インプラント埋入ですら、全歯科医師が出来る処置ではないですから、しかもそれを完全無菌下で施術するとなると・・・・。

私が歯科医師であるウチに、そんな夢のような治療法が確立すれば非常に嬉しいです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月 5日

「前田のクラッカー」は今も健在!

私ですら記憶にないほどですから相当に以前なのですが、その昔、コメディ時代劇「てなもんや三度笠」っていう番組があったそうです。

その番組のスポンサーが「前田製菓」。
主力商品が「前田のクラッカー」。

その番組に主演されていた藤田まことさんが、番組のオープニングでスポンサー礼賛の一環として

「俺がこんなに強いのも、あたり前田のクラッカー!」

と発したところから このフレーズが一人歩きをしていったようです。

私の場合、番組も知らないし商品も知らないのに、ナニかって言うと「あたり前田のクラッカー」が出てしまいます。どうも、子供の頃に刷り込まれたフレーズっていうのは生涯消えないようです。(笑)

前田のクラッカー実は、40数年前の商品ですモン、今も存在することは有り得なかろう・・・と思って検索してみたらこれが健在なんですねぇ。

現在は宣伝活動をなさってないそうですが、こんな所に出ておりました。

口にした記憶が全くないので、今度機会があったら食してみることに致します。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月 4日

真夏の水分補給は大切ですね

ある健康に関する本(「病気にならない生き方」だったか・・・)を読んだ際に、とにかく毎日の水分補給が非常に大切・・・と書かれていたので、その後は努めて「水」を飲むようにしています。

考えてみたら、以前は自販機で「水」が買えるなんて考えもしませんでしたが、今では数種類のミネラルウォーターが揃ってます。
恐ろしいほどに糖分の入ってる缶コーヒーなんかより飲み終えた後の爽快感もあるし、最近はもっぱら「水」を選ぶようにしています。

新幹線でも水分補給

先日の新幹線の車中でも500ccを一本。夕方の常磐線でも同様に一本。
それでも足りない量みたいですが、それ以上の量はチトきついようにも感じます。(笑)

仕事の時は、息子のお下がりの水筒を持参しています。
最近の水筒は、片手で開けてそのまま飲めますから、マウスを弄りながらでも飲めて非常に便利ですね。

私の携帯も au なので・・・

暑い夏に、十分なる水分補給は欠かせません。
目標1.5リットルとかは難しいけど、なるべく意識して補給していきたいモノです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月 3日

いわき→ 東京→ 仙台→ いわき

昨日(1日)は、大学の同窓会が東京で開かれ、午後の診療を早めに切り上げて出掛けて参りました。
主に関東近辺の同級生が15人ほどでしょうか、集いました。
懐かしい顔に接し、気が付いたら二十数年前にタイムスリップ。
とても楽しいひとときでありました。

我々歯科医は当たり前ですが全員同業者。
同業者同士でなければ語れない話あり、愚痴あり自慢話(!?)ありで そこはそれ若き日々を共に過ごした者同士故に許される空間でもありました。

深夜まで楽しい時間を過ごして宿泊。

本日(2日)は、仙台のどうしても出たかったインプラント(人工歯根)のセミナーがあってそのまま自宅には戻らず9時過ぎには東京駅から仙台に直行。

東北新幹線 with 山形新幹線

ちょっと滑稽(!?)に見える山形新幹線と東北新幹線の2種連結車両に乗って仙台へ向かいました。

ちょうど仙台は七夕飾りの真っ最中。
学生時代に住んでいた時には意識もなかった七夕飾りに感慨を覚えるという不思議な感覚を味わいながら少人数のセミナーへ。

仙台七夕祭り

前夜、仮眠程度にしか寝てなかったが為に睡魔に襲われるのでは・・・と案じていたのですが、内容が濃く、眠気も湧いて来ず、これまた有意義なひとときを過ごすことが出来ました。

移動距離はどれだけだったでしょう?
普段、自分のクリニックに居続けることが仕事である身にとっては数百キロの空間移動は応えますが、旧友との語らい、新たな知識の習得を糧にこの暑い8月を乗り切っていこうと気持ちも新たに出来た週末でありました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月 2日

ドライマウスは「口腔乾燥症」

「ドライマウス」とは、その言葉の通りに唾液が出にくくなり、口腔内が乾燥してしまう厄介な病気です。
この唾液の分泌量が極端に減少した状態になりやすいのは、女性や高齢者に多いという特徴があるようです。

唾液 は、食べ物を消化し、口腔内の殺菌消毒をしてくれるというありがたい働きがありますが、これが減少してドライマウスになると、口が渇いて話がしにくい、食物を飲み込みにくいなどの症状が出て来ます。

当院にお見えになる女性の高齢者の方も、就寝時の唾液減少が顕著で、その為に口の渇きという痛みを伴って深夜に目が覚めてしまうという訴えをされてました。やはり かなりの苦痛のようです。

真っ赤な花に魅せられる・・・

原因はあれこれあって、自己免疫疾患で唾液腺が破壊されてしまい分泌が衰えるとか、薬の副作用とか、ストレス、加齢なんかが取り沙汰されています。

御本人にしてみたら、非常に困った事態でありましょう。

残念ながら根本的治療法は確立されてはいないようです。
対症療法として口腔保湿剤等が用いられ、口の渇きをやわらげたりは出来ますが、やはり就寝中の問題は深刻なようです。

顎口腔機能も当然 身体の一部ですから、体操って言うと大袈裟に思われるかもしれませんが、なるべく頬でも口唇でも舌でも手足と同じように伸ばしたり縮めたりしてると予防効果があるようです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年8月 1日

手を組んだ瞬間に「負け」の予感

今週の水曜日にローマの世界水泳で背泳ぎの金メダルを取った古賀選手や入江選手、それから御存知の二大会連続のゴールドメダリスト北島康介選手達もそうなんでしょうけれど、スイマーって握力・腕力は相当に鍛えられてますねぇ。

デッドヒート!

上の写真は息子(中3)ではありませんが、水泳大会に参加されてた中学・高校の水泳部員とかの選手全員が異様に発達した逆三角形の体型をしており、胸筋・背筋がしっかりしていて、息子もそうですが、日頃のトレーニングの賜なんでしょう、腹筋もしっかり割れていて・・・・。(笑)

そんな成長著しい我が子と、久し振りに 腕相撲 に興じてみました。

まだまだ中学生なんぞに負けるわけがない・・・と思って手を握りあった瞬間、あまりのしっかりさに不安が過ぎり、案の定、父親である私の方があっけなく負けてしまいました。(泣)

腕相撲に限りませんが、やはり、日頃から鍛錬しているヤツには適いませんねぇ。
ジャンルは違いますが、こういったネットの世界も学校の勉強も、日頃からコツコツとやってるヤツには適わないモノです。

最近では、毎日ナニかしら書き込まないと落ち着かなくなってるので、せめてこちらでは父親に軍配が上がるようにはするつもりですが、ティーンエイジャーの吸収力の早さには、好きなこの分野でも そのうちシャッポを脱ぐようになるんでしょうね、きっと・・・。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。

多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。

お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

Google +1