« 2018年10月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2009年7月31日

異常気象は地球温暖化が原因?

西日本の九州・山陰の大雨の被害、群馬の竜巻の恐ろしさ、自然の猛威をまざまざと見せつけられたような災害があい続いていますが、どうもこういった異常気象と地球温暖化を結び付けたような報告が多数発表されてるようですね。

そんな中、京都議定書では日本は2012年までに二酸化炭素を初めとする温室効果ガスを6%削減せねばならないのにも関わらず、景気対策と称してそれと逆行するように高速道路料金の一律1000円が来月のお盆に特別措置(お盆も土日や祝日と同じ扱いにする)として認められるようになるって言うんですから「ナンだかなぁ・・・」という気がしてなりません。

既に、この春のGW期間でCO2排出量がググッと増加したことが実証されたのに、お偉いさんはやはり「本気でマイナス6%を実現する気はない」ということを露呈させたように思います。

「夏」の代名詞

私自身は、少しは協力できるんだろうか・・・と考えて、こんなサイトに登録したりしましたが、一人一人の微々たる協力も国策の方針転換で水泡に帰してしまうのは残念ですね。(泣)

本気で環境問題を考えてるなら、高速バスや電車とかに乗っても片道一律1000円にすれば宜しいでしょうに・・・。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月30日

「品行方正」な運転に変わる !?

我が家にエコカー「プリウス」がやって来てそろそろ一週間。
やっとエコ・ドライブなるモノに慣れてきた気がします。(笑)

ホンダのインサイトもそうかと思われますが、モニターに随時リッター辺りの燃料消費量(燃費)が表示されます。
その為、否応なしにその燃費向上のために「品行方正」な運転をしてしまうってワケです。(笑)
今まで、自分が如何に荒い運転(急加速?)をしていたかがよ~く解った一週間でもありました。

まだ、自宅と医院間の短い距離の往復ばかりで距離を走ってないからだと思うのですが、16~17キロと意に反して伸び悩んでおります。
明日は、少々のロングドライブでもしてみて20キロ台の燃費達成を目論んでみることに致しましょう。

以上、プリウス・レポートでありました。(笑)

スタートダッシュ1

折しも、ローマで開催されている世界水泳が連日 テレビ朝日系で放送されており、高速水着の話題で持ちきりなようですが、上の写真のように「いわき市」の中学・高校生なんかの水泳大会でも水着は「レーザーレーサー」だったりするようです。

報道では、更にゴムがどうこう、ポリウレタンがどうこうと喧しいですが、育ち盛りの10代の肉体ではすぐにその高価な水着も着られなくなるのでは・・・と案じたりもしています。

スタートダッシュ2

連写で撮ってみたのですが、着水時の抵抗なんかも記録に大いに反映されるんでしょうねぇ、きっと。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月29日

残念・・・パナソニックの撤退(泣)

昔の「ナショナル」から「パナソニック」へ。

社名を変更(統一?)した世界の松下ですが、未曾有の不況が原因なんでしょうか、それとも単に不採算部門ということでの切り捨てなのかもしれませんが、歯科医療業界からの撤退が決まったようです。

「パナソニックが歯科材料?」ってお感じになるかもしれませんが、細かいモノというよりは当院でも使ってる炭酸ガスレーザーとかの医療用機器がパナソニック製だったりします。

撤退されてしまうということは、今後7年間程度は部品供給はあるんでしょうけれど、それ以降は修理も不能ということですから実は結構 厄介なことではあります。(泣)

パナソニック・炭酸ガスレーザーウチでは、導入したのが比較的に早期の8年前でしたから 今後の7年と合わせて合計15年も使えるので「御の字」と考えてますが、高価格の医療機器ですから昨年とか今年に購入してしまった方々は頭を抱えてしまうんではないでしょうか。

実際の状況は良く存じませんが、それほどに不況の根は深いということかと想像します。

撤退に合わせて、担当者の方々の大規模なリストラも敢行されるようにも伺ってます。それもまた大変なことでありましょう。

経済の衰退というのは、あちこちに歪みを生じさせるモノですね。新たな政府が、経済再建の真の牽引車になってくれることを願わずにはいられませんね。

達沢の不動滝

上の写真は、達沢不動滝と言って磐梯の母成グリーンラインから数キロ入ったところであります。
駐車場から2~3分で、たいしてアップダウンもなく辿り着ける場所なので穴場だと思います。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月28日

10年という歳月は、案外短い・・・

今から10年前の夏、私やいわき市内の大勢の歯科医師達がお世話になった歯科用のパソコン関連の業者さんが50歳前でお亡くなりになりました。

16年前の開業当初から、当時はまだ珍しかったパソコンでカルテをプリントしたりしていた(今では、歯科医院の常識)こともあり、また、院内無線LANも早い時期に導入して その方と二人で連日 四苦八苦してたこともあり、あれこれ面倒を見ていただいた方でした。

実は、先週末がその方の10年目の命日でありました。

勿論、記憶していたわけではなく、その方のお嬢さんが偶然にも来院して下さって、
「今頃の暑い夏の日だった記憶があるけど、お父さんが亡くなってから何年でしたっけ?」
と伺ったところ、
「昨日が10年目の命日で、あの世の父に背中を押されるような感じで先生の所へ伺いました」
と仰ったのです。

それで
「あぁ、あれから10年かぁ・・・」となりました。

思えばこの10年は、アッと言う間だった気がします。

歳月というのは不思議なモノで、そりゃぁ~10年ですから長かったようにも感じますが、そういったお世話になった方の節目の日で考えると 案外短かったようにも思えます。

また、そのお嬢さんのお顔(特に口元)がその方に非常に似てまして、懐かしさも込み上げてきたりしたモノです。


さて、湿っぽい話はそこまでとして・・・・

華麗なるバタフライのフォルム

昨日、様々なスイマーの方をレンズで捉えてみました。
中でもフォルムが抜群に綺麗だったのがバタフライでしょうか。

写真もそうですが、指先までキチンと揃えていて、そのひとかき毎の想いが伝わってくるような感じでありました。

一朝一夕にこんなフォルムを身につけられるとは思えないので、大変な練習を積んだんでしょうね。
ファインダー越しに、感動を覚えたりしてました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月27日

逞しく成長した少年の「夏」の雄姿

本日、天気予報では天候が危ぶまれていたのにもかかわらず、梅雨明けでもしたかのような夏の空が終日広がってました。

そんな中、いわき市民参加型の「水泳大会」が市民プールで開催され、息子や彼の仲間達が中学最後の闘いに臨んだ日でもありました。

思えば、正気の沙汰とは思えないほどの肌寒い頃から 学校の屋外プールで練習に励み、彼がいつの間にか大いに逞しく成長していて不思議な感覚でありました。

少年の夏の日

親バカではありますが、肉体が鍛えられたのは言うに及ばず、仲の良い大勢の仲間達にも恵まれ、充実の「夏」だったに違いありません。チームリーダーの辛さや孤独感を経験したことは、これから生きて行く上で掛け替えのない財産になるようにも思えます。

日焼けした逞しい背中

息子は奥ですが、恐ろしく日焼けをしたこういった少年が大勢 闊歩してるプールサイドは壮観でさえありました。

我が身を省みて・・・鍛えなくてはなりません。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月26日

当院の紹介がタウンマガジンに

昨日発売の「タウンマガジンいわき」に、当院はじめ いわき市内の数軒の歯科医院が紹介されました。

タウンマガジンに載った当院の記事こんなページです。

医院紹介って感じですね。
左下の「患者さんの声」のところでインプラントの患者さんにも快く御協力いただきました。(感謝!)

早速に女性の患者さんから「問い合わせ」のメールを貰ったりしましたが、こういった記事で我々の敷居の高いイメージが少しでも薄らげば良いかナァ~と思ってます。(笑)

この タウンマガジンいわき。待合室に置くようにしてから数年経ちますが、私自身が誌面にじっくりと目を通したのは、実は今回の取材後が初めてでありました。(笑)
担当の方も感じが良かったし、コンテンツも充実してるので、御一読をオススメいたします。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月25日

「時」を止めるテクニック

カメラの用語で、シャッタースピードって言うのを御存知でしたか?
文字通り、シャッターを何分の一秒で切るか・・・なのですが、コンパクトデジカメと違って一眼レフ・カメラはそれをコントロールできるというメリットがあります。

例えば、1000分の1秒に設定すれば、その間には時速300キロで疾走する新幹線だって8センチぐらいしかその間には動かないのですから、結構の高速シャッターと言えます。

水の落下なんかだと下の写真のようにほぼ止まったように見えます。

高速シャッタースピード

逆にシャッタースピードを1秒ぐらいにすればその間に新幹線は80メートルも移動するのですから、まさに低速のシャッターとなります。

滝なんかだと、下の写真のように いかにも水が流れてるように写すことが可能となります。

低速シャッタースピード

野球中継なんかで良く見るスーパースローとかって言う映像は、上の写真のような高速シャッターを連続させて再生するって事かと思うのですが、技術的には凄いことだと思われます。

最近の高性能な一眼レフだと、上手く設定すれば8000分の1秒ぐらいでシャッターが切れるはずですから、ホントに時を止める感じになりますよね。
シャッタースピードは自在に決められるわけではなく、「絞り」との兼ね合いがありますが、レンズ口径が大きくなればなる(明るいレンズで金額も高価になる)ほど高速シャッターが可能となるようです。

ところで上の同じ場所の2枚の写真、

どっちが涼しく見えるでしょうか?(笑)

私は・・・・・・「下」かなぁ。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月24日

我が家にエコカーがやって来た!

本日、我が家にめでたくエコカー(ハイブリッドカー)がやって来ました。例の注文が殺到し過ぎて、いま予約しても納車は来春と言われているトヨタ・プリウスであります。(笑)

ハイブリッドカー「プリウス」

4月の予約受付開始から一週間もしないウチに予約したのですが、それでも待つこと3ヶ月半。やっと納車になりました。

それまで乗っていた外国車の燃費があまりに悪かったのと、今回のエコカー減税とエコカー補助金に惹かれて決めてみました。

実際の燃費がどの程度なのかはまだ不明ですが、恐ろしく静かなのには驚きます。視覚障害のある方とかには危険性が伴うと言われてますが、解る気がします。

大袈裟に言うと、ハイテクの固まりみたいな所があって、しばらくは辞書のように分厚いマニュアルとのニラメッコが続きそうであります。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月23日

「皆既日食」に自然の神秘を見る

本日のお昼前、仕事中でしたから空を見上げるようなことはなかったのですが、院内のテレビのモニターで46年ぶりの天体ショーを見てしまいました。

私には、トカラ列島・悪石島の皆既日食ツアーに参加するほどの意欲はありませんでしたが、それでも気にはなりました。

コペルニクスだかガリレオ・ガリレイが地動説を主張してからまだ400年しか経っていないようですが、その前もその後も、現代のように科学が意味合いを単純明快に理論化する時代になっても、人類の太陽に対する畏敬の念っていうのは変わらないのでしょう。
原始の人達だったら、皆既日食は不吉な予兆として恐れ戦いたりしたんではないでしょうか。

初日の出とか御来光を拝みたくなるのは、古来から人が持つ 太陽を信仰の対象と見なし、太陽を神格化した太陽崇拝に相通じるモノがあるんでしょうね。

日本神話の天照大神なんていうのも、太陽崇拝が思想根源にあることでしょう。

森林の木漏れ日

皆既日食直下のポイントって真っ暗になるんですねぇ。
薄ボンヤリとする程度かと思っていたのですが、夜のように真っ暗になるって事を初めて知ってしまいました。(笑)

(写真は、森林浴時の木洩れ日です)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月22日

歯科用商品もネット通販の時代

なかなか時間が取れなくて、本とかPC関連の消耗品とかDVDとかを買いに行けない時にネット通販を良く利用します。
先日、法人税だかの納付先がアメリカか日本かどっち?・・・とかで物議を醸したAmazonも頻繁に利用します。

だいたいは見当の付くモノしか買いませんが、このAmazonには驚きのあれこれが売ってるそうですよ。アメリカのサイト・オンリーのようですが、チョイとビックリの商品がここに紹介されてました。

最近では、仕事で使う歯科用の商品もネット通販が多くなってきました。
頻繁に使う消耗品だけでなく、歯を抜く道具から根の中の処置に使う薬品に至るまでありとあらゆるモノが購入可能です。

便利な時代になったことを実感はしますが、それでも歯科材料専門店の方とのお付き合いは欠かせません。
届けて下さる時に 機材の細かい修理・調整等をしてくれるし、新しい商品(機器材料類)の情報等をどんどん入れてくれるので、その有り難さは捨てがたいです。

何でもそうでしょうけれど、数多ある選択肢の中から自分なりのセンスで選択して、適当なるモノを適切なるルートでチョイスして行ければ宜しいのかと考えています。

我々歯科医も、そういった 判断力が問われる昨今 です。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月21日

マイナスイオンを全身に浴びる

森林浴時に、マイナスイオンがどうこう言いますが、科学的に証明されたとかしないとか・・・。
マイナスイオンに関しては、どうも日本特有の扱いらしく諸外国では通用しないようですが、それでも特に効果が出やすいと言われる滝なんかに行くと身体に安らぎと癒し感を感じるのは確かな事実ではありましょう。

本日、マイナスイオンを満喫(!?)して参りました。

仲間達とカメラを背負って数十分のトレッキング、滝を被写体としたスローシャッターを楽しんで参りました。

母成グリーンラインの滝1

場所は、磐梯熱海のインターから十数キロ北上した「銚子ヶ滝」と「達沢不動滝」。ここ暫くの雨量が多かったせいか、水量豊かでありました。

母成グリーンラインの滝2

特に「銚子ヶ滝」は、健脚でないとチョイと難しいポイントですが、両方とも整備が行き届いていて不安の感じない行程でありました。

帰りには中ノ沢温泉で入浴までして、明日からの鋭気を十分に養って参りました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月20日

夏の空に「虹」を見ました

7月も下旬に差しかかるというのに、なかなかお天気が安定しませんねぇ。昨日の帰宅時にもも「梅雨」の雨と言うより夏の「夕立」と言った方が適切なような雨に見舞われたり致しました。

そんな夕方の雨の時には、太陽のある向きと反対側に虹が出やすいと聞いたことがありましたが、まさにその通りで家路に向かう東側(太平洋側)の空に珍しい二重の、しかもくっきり半円の虹を見ました。

半円の虹

これぞ本当のレインボーブリッジであります。(笑)

もう数分前には二重に見えては居たのですが、いったん帰宅し カメラを持ち出したりしてるウチに半円ひとつになってしまいました。(残念!)

半円の虹(アップ)

この虹って、太陽の光が空気中の水滴によって屈折だか反射だかされて、その水滴がプリズムの役割をしてなせる光のスペクトルが並んだだけの単なる気象現象なんでしょうけれど、何とな~く得した気分になるって言うのが不思議であります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月19日

慣れない機材は疲れます(泣)

本日、無事に休日救急歯科診療所の当番を務めて参りました。やはり茨城県日立市とか県外の方が4人ほどいらっしゃいました。
連休だったこともあって埼玉県から遊びに来ていて転倒 → 外傷のお子さんも・・・。
幸いなことに軟組織(下唇)がクッションになってくれて歯牙までダメージが波及(歯牙破折等)してなかったのが良かったです。
我々大人と違って、お子さんの快復力は素晴らしいです。数日で治りそうで御両親にも一安心していただけました。

この保健福祉センター内 休日救急歯科診療所。

スタートして5~6年ですからまだまだ機材も最新に近く、充実してるのですが、やはり使い慣れない機材は扱いにくいし相当に疲れます。(泣)

毎日、自院で手を伸ばせば当たり前にそこにタービン(歯の切削器具)があり、足元のフットスイッチでユニットを自在に微調整するのとはワケが違います。

例えると、慣れないクルマを運転する際に、「あれ、スイッチは何処?」ってまごつくのに似てるでしょうか。
残念ながら慣れる前に任務終了。1年後に再度の当番が巡ってくる頃には悲しいかな忘れてしまってます。

自院でルーティンにやってる仕事が、如何にシステム環境的に成熟したレベルでやってるかが納得できて、その意味では大変に勉強にもなった一日でありました。

疲労故に、本日は 早めの就寝予定 であります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

明日は休日救急歯科の当番医

明日というか今日19日(日)は、いわき市内郷にある「いわき市総合保健福祉センター」内にある「休日救急歯科診療所」で当番医を務めることになっています。
毎週毎週担当医は交代制で、おおよそ年に1回ぐらいの頻度で、いわき歯科医師会の有志が交代で努める休日当番医であります。

この診療所は、開設後5~6年になりますが、市の広報とか あちこちのタウン情報誌等にも案内が記載されていて、いわき市民の大勢の方々に結構認知されて来てるんではないでしょうか?

実は北茨城とか富岡とかの遠方からも来院される方がちらほらといらっしゃるんですよ。
余程我慢が出来なかったんでしょうね、やってるこっちも驚きます。

「少年とヤドカリ」(数年前の息子)

歯が痛いとか腫れたといった歯科特有のトラブルには勿論ベストを尽くして対処出来ます。そういった主訴に驚くことはないですが、この時季特有のアクシデントにはビックリさせられるモノがあります。

サーファーの方の外傷です。

気の毒なことにボードが顎顔面部を直撃して、裂傷・歯牙破折を引き起こすことが意外に多いようです。私の担当日以外の記録にも結構出て来ておりました。

数年前に担当していた際に、東京から遊びに来た・・・と仰ってたか、うら若き女性が口元をタオルで押さえて来院。
歯槽骨と呼ばれる歯を支える骨の骨折まで疑われたので即座に口腔外科を紹介した記憶があります。
彼女の長時間に渡る帰途中の辛い想いを想像して、こちらまで気が重くなったことを思い出します。

明日は、そんな方がお見えにならないことを祈ります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月18日

「噛む」ことによる脳の活性化

よく、手先を使うと呆けないとか、脳が活性化するとかっていう話を聞きますが、実はこれ、「噛む」事にも同様の効果があるようです。

よく噛むと、脳の活性化に繋がり、記憶力の増強にもなるそうです。
確かに、運転中の眠気防止にガムを噛むと意識がハッキリしてきますが、これは噛むことによる脳への血流量アップのなせる業ですよね。

手先であれこれの細かい仕事をする時に、例えば触れてるモノが「熱い・冷たい」、「硬い・軟らかい」、「濡れてる・乾いてる」・・・・etc。
そういったことを我々は瞬時に把握しますが、実はこれは口腔内でも同じ事が言えます。

口にしたモノの「熱・冷」、「硬・軟」、「濡・乾」に止まらず、「甘い・辛い・苦い」、「美味しい・不味い」、「記憶にある味・初めて」等、あまり意識はしてませんが、我々は瞬時にそれを把握しています。

危険なモノを口に入れた時には、急遽、緊急アラームが鳴る訳ですから そういった意味でも、モノを噛む際には全神経を使って判断するために脳の血流量は増加し、めまぐるしく神経回路が繋がって脳内情報網の活性化が成されていることでしょう。

そういった「噛む」動作をより良き脳内活性化に繋げるためにも、日々のチョイとした注意(ケア)で1本でも多くの歯を残せる状況を作れると宜しいですよね。

口腔ケアが、生活習慣の一部になると宜しいようです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月17日

トンボが戯れていたハスの花

これはシオカラトンボでしょうか。トンボの種類が良く理解できては居ないのですが、この時季なんですねぇ。

ハスとトンボ1

先日購入の望遠レンズが早速に役に立ちました。今まで覗いていたファインダーとは異なる世界が見えるようで、ナンか嬉しかったです。(笑)

ハスとトンボ2

初めてイメージスタビライザーと呼ばれる「手ぶれ防止装置」なるモノが付いたレンズを扱ってみたのですが、確かに効果があるかもしれません。
今後も暫く、今まで見えなかった望遠レンズの世界にのめり込んでみようと思っています。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月16日

浄土庭園に見るハスの群生

先日紹介した「いわきあいあい」で、いわき在住の方々のブログを拝見していたら、6月末の「いわきアワード2009」で高い評価を受けてらした方のブログを発見しました。

先方の方の了解を得ていないのでアドレスは書きませんが、とても写真が上手な方で、その中で「白水阿弥陀堂」の夏の花(古代ハス)を紹介されてました。

私は小学生時代にその「白水阿弥陀堂」から1キロちょいの所に住んでいたので非常に馴染みが深いのです。
当時は庭園も全く整備されておらず、「国宝」なんて考えたこともないような単なる子供達の遊び場でしかなかったのですが、今はどうしてどうして・・・。(笑)

国宝指定になることが、こんなに凄いことなんだということをまざまざと見せつけられる程に良く整備されてました。

国宝・白水阿弥陀堂の庭園

向こう岸の木立の中に「国宝」の建物が鎮座しています。

手前のピンク色の花、ハスはハスでも「古代蓮(ハス)」って呼ばれるらしいです。
(大賀ハスっても呼ばれるらしい)
時間は午前8時。朝の陽光が綺麗な花の色を際立たせてくれてました。

ハスの花の群生

本来は朝露に濡れる時間帯が良いらしいのですが、そうなると早起きしての午前6時頃になっちゃいそうです。(笑)

このハスをアップで撮ったモノが下の写真です。
まさにレンコン(蓮根)の断面にそっくりの中央部でありました。

古代ハス

遠目には綺麗だけど、アップはナンか面白いですね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月15日

大地の恵み(収穫)のお裾分け

先日、家内と息子に手伝って貰いながら 歯科医院の外周の草むしりなんぞをしていたら、いつも良くしてくれる御近所の方から御自宅の家庭菜園でとれたジャガイモを頂きました。

御近所の方にいただいたジャガイモ収穫したばかりらしく、まだ土が濡れてましたが、実に美味しく頂きました。
(感謝!)

家庭菜園。トライしてみようと思い立って10年ぐらいにはなるでしょうか。

私も ジャガイモに限りませんが、「大地の恵み」をこの手でどうにかしてみたいモノであります。

・・・とは言うモノの、種からなのか種芋の方が良いのかすら見当も付かない有様。例により、困った時の「ネット検索」で調べちゃいました。
便利なこと、この上ないようです。

あとは本人のやる気だけでありました。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月14日

片岡鶴太郎氏の希有な才能

昨日、お付き合いのある方から 『めでたい電報』なるモノを頂戴しました。最近では「電報」ではなく「DENPO」ですモンね。ペラペラの紙なんて事はなく、チョイとした小包サイズの時もあったりします。
その昔の「××× キトク スグカエレ」とか、「サクラサク」とかとは隔世の感もありましょう。

今回頂戴したのは、お祝いの宴用のコースター付き電報。
片岡鶴太郎氏の作品とのこと。
メインはコースターで、電報は付け足しのような存在でした。(笑)

これ、頂いたDENPOです。

この 片岡鶴太郎 氏。

世に出たのはチョイとマニアックなコメディアンとしてでしたが、その後、役者として地位を確立したり、また独特の画風で芸術家としても大成。
見事な活躍ぶりであります。

その活躍ぶりは「起・承・転・結」がハッキリしていて、とても魅力的な存在に思えます。
共感できる生き方をなさってるように思いますが、いかがでしょう?

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月13日

スタッフからの誕生日プレゼント

本日、7月13日は私の48歳の誕生日でありました。
「思えば遠くへ来たモンだ」って感じであります。(笑)

例年、スタッフのみんなが気を遣ってくれてプレゼントを準備してくれます。ありがたいことに今年のプレゼントはずっと欲しかったSONY社製の「デジタルフォトフレーム」。
(高かっただろうに・・・)

写真好きの私に配慮してくれたようですが、「ナンで欲しいのが解ったの?」な感じでありがたかったです。感謝です。

当院はスタッフに恵まれてます。

噂では、このいわき市内でも、朝の始業時間が始まってもスタッフが誰も出勤してこなくて、一斉に辞めちゃった・・・ような嘘のような話も聴いたことがあります。当院では有り得ない話ではありますが、今後も良き関係で居られるような環境作りをして行ければと願います。

スタッフみんなのサポート無くして成り立たないこの仕事。
みんなへの感謝の気持ちを持って、これからも確実に進化して行こうと誓う中年歯科医師でありました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月12日

地域限定のポータルサイト発見

6月末のいわき市における「サイト&ブログの表彰式」以来、ネット上のローカルサイトって言うのか、いわき地区限定のポータルサイト等がないか探しておりました。

探してみれば、結構あるんですよねぇ。(笑)

テレビで言えばキー局ではないローカルな放送局とでも言いましょうか、地元密着の話題満載のサイトがありました。

● いわき地域情報総合サイト「いわきあいあい

ポータルサイト・いわきあいあい

「いわきのすべて」と「いわきの今」を・・・このテーマに沿ってサイト構成が成されているようです。
因みに、こちらのページにはいわき在住のブロガーの方が一覧になっておるのですが、先日お会いした方も大勢参加されていたようです。

ネット上にはおそらく生涯お会いすることもないような遠い距離を隔てた方との出会いもありますが、その辺でスレ違うかもしれない御近所の方との出会いもあり、ちょっと恥ずかしいですけど良いですよね。

私も混ぜて貰えるように早速 登録してみました。
近々、ブログ名が出るかと思います。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月11日

念願の望遠レンズをゲット!

最近、好きで頻繁に写真を撮ってるのですが、やはり欲しくなるのはレンズであります。(笑)
私は昔からキャノン党なので ボディはEOSデジタルですが、そのボディの最新型より やはりレンズが欲しくなります。広角系が充実して来たので、今度は望遠系に食指が動きまして・・・。(笑)

以前より欲しかった望遠ズームを手に入れました。

欲しかった望遠レンズ

400ミリという事は、APS-Cサイズと呼ばれる種類のカメラだと640ミリ相当になります。今までとは全く異なる世界が見えてくるのではないかと非常に楽しみであります。

そのうち、撮ったモノをこのブログにもアップしてみます。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月10日

規約違反による契約不履行・・・?

見知らぬ方から「規約違反による契約不履行の損害賠償請求」なる件名のメールが届きました。
自分自身、まったく身に覚えの無いことで、どうやら「悪質なお客様として身辺調査」が開始するらしく、「即刻法的手続(414条1項)」がスタートするんだそうです。(笑)

件名の「規約違反による契約不履行の損害賠償請求」をそのままコピペして検索してみたら出るわ出るわ・・・。
同一人物から一斉にスパムメールの発信がされたようです。

どうなんでしょうか、こういうの・・・。

今どき、うっかり信用してしまう方はまだ大勢いらっしゃるんでしょうか。
私なんかは、メルアドもホームページに載ってるせいでしょう、女性からのいかがわしいメールが毎日大量に来て、言わば「モテモテ状態(!?)」なのですが、やったことがないので解りませんが、うっかりアクセスしたら大変なんでしょうね。

手口が徐々に巧妙化してる昨今、ネット上の出会いはある程度疑ってかからないとならないのでしょうか・・・。

悲しい御時世であります。

濃い緑の中で・・・

こういう変なメールを送れるような精神構造の犯人は、どんな人なんでしょうかねぇ。
10年・20年・30年と時が流れて、誰しも自分の若かりし日々を懐かしく振り返る時が来ようかと思うのですが、かつて自分のしでかした罪とどう向き合うんでしょうか。
きっと苦いモノしか こみ上げてこないでしょうね。


話はチョイと異なりますが、昨今の中学生は自分が卒業した小学校の校庭で友人達(皆その小学校の卒業生)とサッカー等に興じてはダメ・・・と指導されるんだそうです。

「不審者」とか「不法侵入」の扱いになってしまうからだとか・・・。

学校側の警備上の事情も良く理解は出来ますが、そのように扱われた子供達(中学生)は、将来、「どんな人間も疑ってかかれ!」的な発想ばかりになっちゃうようで、これもまた悲しい気持ちにさせられます。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月 9日

スーパースターの栄光と悲哀

今日は、マイケル・ジャクソンの追悼式の模様があちこちの放送局で報道されてました。
スティービー・ワンダーやライオネル・リッチー。80年代半ばにマイケルとともに「ウイ・アー・ザ・ワールド」を作った面々の悲しげな顔が印象的でありました。

かつて栄光のスポットライトを一身に浴びていた「超」の付く世界的なスーパースター。
彼にとっての晩年が醜聞に塗れてしまっていたのが残念ですね。

熱狂的なファンはモチロン別でしょうけれど、なんだかマイケル・ジャクソンってミッキーマウスとかと同列の偶像崇拝の対象になっていたように思えてなりません。
アイドルの悲劇なのかもしれませんが、ミッキーの中の人物は仮面を被っているので個人の自由(プライバシー)まで束縛されることは無いでしょうけれど、マイケルは別。
生身の人間が、「King of POP」と称されるところまで上り詰めると、その重責を支える心労たるや凡人の想像を絶するモノがあるのでしょう。

世界中の人々に夢と希望を与えたのと引き替えに、彼の内部で何かが少しずつ蝕まれていったような気すらします。

長年の親交があった女優のブルック・シールズさんが、「彼はキングと呼ばれるようになったけど、私にとってはリトル・プリンスだった」とマイケルの素顔を語ったのがとても「印象的でした。

水滴3

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月 8日

記録的豪雨に見舞われた西日本

南北・東西に長い形をした日本列島。
東日本の「福島県」に居るとそう感じては居なかったのですが、先週末から西日本では記録的豪雨が続いているようですね。
河川の増水・氾濫や土砂災害等、被害に遭われた方々はさぞかし大変だったことでしょう。

そんな豪雨の中、今回も「田んぼを見に行く」と言って出掛けたまま行方不明になった方のニュースが流れてました。

毎年のように流れる犠牲者のニュース。

私は、子供の頃、「ナンで、こんな雨の中に出掛けるんだろう」と疑問でしたし、「事故に遭うのも無理もないよなぁ・・・」と不謹慎にも思ったりしてたモノです。

ところが、長じて歯科医院の経営者になってみると・・・

例えば大型の台風が太平洋沿岸を直撃でもしようものなら、自宅に居て数キロ離れた医院が異様に気になるのです。

「鉢植えは倒れてないだろうか・・・」
「窓ガラスは割れてないだろうか・・・」
「網戸は吹っ飛んでないか・・・」

どうにもこうにも気になって仕方がないのです。

被害に遭うって言ったって歯科医院ならその程度に過ぎませんが、田畑を管理し、それで生計を立てている農家の方々であれば、豪雨の中であれ増水で河川の危険が増してる時であれ、見回りに行きたくなる心境は今ならとても良く理解が出来ます。

その立場に立たないと解らない事って沢山ありますよね。

水滴2

上の写真、もう少し水滴にピントが合ってたら良かったように思います。
マクロ写真は奥が深いです。だから楽しいのですが・・・。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月 7日

「ホスピタル」と「ホテル」の相違

病院検索サイトの中で、『病院の通信簿』っていうサイトがあるのですが、ここから送られてくるメルマガは大変に勉強になります。

本日のテーマは、「ホスピタル」と「ホテル」。

言われてみればそう感じますが、Hospital(病院)とHotel(ホテル)の両単語の語源はラテン語の「Hospitale」とのこと。
その語源の意味である「休息の場所」がやがての「ホテル」に繋がり、もうひとつの「病弱者を看護する慈善施設」が「ホスピタル」になったそうな・・・。

語源が一緒故に、共通する基本理念に欠かせない「ホスピタリティ」があるのではないかという論旨でありました。

ホスピタリティー【hospitality】

その意味を調べてみると、

1.心のこもったもてなし。手厚いもてなし。
2.歓待。また、歓待の精神。

病院もホテルも基本を貫くのは「ホスピタリティの提供」のはずなのに、ともすれば、病院はホテルに比べてまだまだ遅れているのが実情ではなかろうか・・・との厳しい指摘でありました。

紫陽花4

確かにその指摘の通りで、我々はホテルに宿泊する際にそれなりのサービスを提供されて嬉しくなったりしますよね。
歯科医院で嬉しくなることは難しいかもしれないけれど、せめて「来てみて良かった!」と思われる存在でありたいモノです。

・・・鋭意、努力いたします。(キッパリ!)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月 6日

今日降った雨は「洗車雨」らしい

ニュースでやってました。今日降った雨には名前が付いてるそうですね。

「洗車雨(せんしゃう)」って言うんだそうです。

意味としては・・・
明日の七夕を前に、織姫に会うため牛車に乗ってやって来る彦星は、愛しい織姫を乗せる前に牛車を美しく洗っておきたい・・・・んだそうです。
つまり、彦星が織姫に会う為に前日に牛車を洗うので、7月6日に降った雨を「洗車雨」と呼ぶんだとか・・・。

ロマンチックな話かと思います。

情けない話ですが、私はてっきり しばらく洗車もしてなかったけどザァーっと降ってくれた雨の御陰で「洗車代わりになって良かったね」の意味かとばかり考えちゃいました。(泣)

世の中には知らないことがいっぱいありますね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

サンスターのありがたいサイト

御存知サンスターと言えば、ライオンと並んで日本を代表するデンタルケア商品の会社であります。

サンスター1

そこのメインサイトがここになるんでしょうか。

見るからにカラフルなトップページですが、多岐に渡るグッズを紹介するだけでなく、ワンポイントアドバイス的な事が載っていて非常に便利なサイトになってるようです。

サンスター2特に、その中で左のページが良く纏まっています。口腔内に関して、または歯の予防・治療等に興味がお有りでしたら是非一度御覧になってみてはいかがでしょうか。

このページの中からあれこれクリックしながら辿って行くとここに至れるようですが、これは昨日でしたか私が書いた「歯科医はむし歯になりにくい?」をそのまま解説してくれてるページでもあるようです。

とても解りやすく丁寧に書かれたサイトですので、オススメします。

勉強になるので、当院スタッフにも教えないとなりません。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月 5日

どうなんでしょう? エコポイント

このところ、ニュースに喧しく取り上げられるエコポイントなるもの。
いったん支払ったお金が「戻ってくる!」っていうんだから無条件に嬉しい制度ではありますが・・・。(笑)

省エネ家電(グリーン家電?)と呼ばれる「エアコン」、「冷蔵庫」、「地上デジタル放送対応テレビ」で5月15日以降に購入した製品が対象となるとか。

景気浮揚対策以外に温暖化防止にもなると謳っては居ますが、高速道路の週末1000円均一と一緒で、温暖化防止には逆行するような気がしなくもありません。
ただ、世界的な景気低迷に喘ぐ家電メーカー各社や家電量販店には間違いなく追い風でしょうし、全国で使える商品券やカタログギフトなんかにも交換できるそうですから関係各方面への波及効果は大きいでしょうね。

逆に同じような業種であっても恩恵に与れないような方々からの「不公平!」の謗りも免れないようにも思いますし・・・。

どうなんでしょうか・・・エコポイント。

選挙前の大盤振る舞いで、いずれツケは全て国民に回ってくることだけは間違いないでしょうから、手放しで喜べないような気も致します。(泣)

紫陽花2

出来ることなら政府には、中長期的なビジョンに則った国民の大多数が賛成するような計画を立てしっかりとした施策を実施して貰いたいところです。
でも、昨今の自民党内の「麻生おろし」の動きなんかを見ていると、閣僚も本来の任務である「政治どころではない」ようにも思えます。
情けないような、悲しいことですねぇ・・・。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月 4日

歯科医はむし歯になりにくい?

よく、「歯医者さんはむし歯にならなくて良いですよねぇ」なんて言われますが、我々だって人間ですから勿論そんなことはありません。(笑)
お医者さんだって、不幸にして病気になっちゃうのと一緒ですね。

むし歯は、歯の表面の脱灰(崩壊)と再石灰化(修復)の絶妙なるバランスが崩れてくると生じてきます。
一日中、朝から晩まで間食ばかりしていれば歯の表面では脱灰ばかりが起こり、再石灰化が追いつかなくなります。

「脱灰>再石灰化」となれば歯の表面は崩壊に向かいます。

逆に脱灰(崩壊)が生じても、再石灰化して自然にむし歯を修復していく時間さえあれば崩壊はしていかない・・・ということになるようです。
つまりは、食生活が規則正しく出来ていれば、それだけでむし歯予防になると言えるのではないでしょうか。

その意味で、むし歯 は 生活習慣病 であります。

我々、歯科医療従事者がむし歯になりにくいのは、「間食をしない、出来ない」生活環境にあるのかもしれませんね。
モチロン、朝・昼・夜とメリハリを利かせた食事はがっちり摂りますが、それ以外の仕事中にはナニも口にはしません。
しかも患者さんへの説明等で喋りっ放しと言えば喋りっ放しの状況ですから、唾液も潤沢に出て、尚更 むし歯予防には効果的でしょう。

歯科医だからなりにくいのではなく、間食しないことがプラスになってると感じることがしばしばあります。

紅葉の時期はもっと綺麗でしょう

間食をしないのが歯科医療従事者の特長とすれば、逆に「食材」を扱ってる方は、終始 味見等で口腔内にモノが入ってきます。
「むし歯」という観点からは、厳しい生活環境・口腔内環境と言わざるを得ないかもしれませんね。(仕事故に、やむを得ないとは思いますが・・・)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月 3日

異業種の方々に刺激を受ける

人の出会いっていうモノは不思議なモノですねぇ。
先日、「いわきWebアワード」の交流会(異業種名刺交換会?)に参加しましたが、その後にお会いした方々がコメントを下さったり、葉書を下さったりと 細やかな配慮が行き届いていて感激いたしました。

仕事をしている以上、ナニがキッカケになるかは解らないのですからあちこちにアンテナを張り巡らすのは勿論のことです。
実際に、地元にこんな仕事をなさってる方がいらっしゃったんだ・・・と気が付くことに繋がりましたし。

私も、「酒井歯科医院」という歯科医院を知って貰いたいし、「歯医者ってこんなモンよ」と知っていただけるキッカケになればと考えて出席したのですが、皆さんの情熱溢れるパワーに触れて、同行して貰った仲良しのH先生と驚き感激し、そして二人で大いに刺激を受けて帰って参った次第です。(笑)


歯医者って、基本的には「待ち」の職業です。

来て下さる方が居て初めて成り立つ職業ですが、今回 異業種の方に学んだように やはりもっと対外的にアピールして行くべきですよね。

考えてみたら、私だって初めての知らないお店には入りにくいし、ましてや歯の治療という恐怖(!?)を感じながらだったら尚更イヤですよね。
そんな時、事前に医院の雰囲気や姿勢(治療方針)が掴めていたら、安心とまでは行かなくとも少しはハードルも低く感じられることでしょう。

そうありたいと願います。

雨降りの小径

こういった写真は、天気の良い日には写せないと思います。
雨に濡れた木々、並ぶお地蔵さん。

残念ながら私は信心深いタイプではありませんが、長い歴史を感じさせたりする綺麗な光景は好きです。

殊更にお寺好きなワケではないのですが、こういった場所は管理が凄く良く行き届いていて、それだけでも気持ちの良い空間であることは確かなように思います。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月 2日

梅雨寒の7月初旬の一日でした

7月に入ったというのに、半袖では肌寒いような一日でありました。時折、雨に見舞われる まさに梅雨空そのものの天候でありました。
私にとっての7月は盛夏のイメージが強いのですが、年を追うごとに梅雨明けが遅くなってるように感じられたりもしています。

さて、本日は当院休診日の木曜日。

こんな日は、曇天を逆に活かしたスナップも得られようかと、朝、娘を高校に送りがてら いわき在住者なら知らぬ者はないであろう赤井嶽薬師に出掛けて参りました。
ここの標高はどのくらいなんでしょう? 結構の高さですから こんな日には朝靄立ちこめてしまう そんな由緒正しいお寺であります。

光量不足でどうしても三脚が必要になるのですが、曇天故に逆に閑散としていて自分なりの写真が撮れたように思います。その写真はそのうちアップするとして、帰りの坂道を下りながら シャッタースピードが遅くなることを逆手に取った「遊び」写真を撮ってきました。(笑)

風景流し撮り1

いわゆる流し撮りってヤツですね。走行中の雰囲気が出てると思います。

風景流し撮り2

本来動いてるモノを、一瞬の静止画に封じ込めるっていうのは面白い作業であります。ビデオが世に出された頃、「やがて写真は廃れる」といった論評をよく目にしたモノですが、どうやら杞憂に終わったようですね。

写真とビデオは、やはり似て異なるモノでありましょう。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年7月 1日

東北大学歯学部18回生のML

本日より、今年の後半戦のスタートであります。早いですねぇ、平成21年も半分が終わりましたか・・・。

さて、先月より、大学の同級生の間で始まったML(メーリングリスト)に参加いたしました。卒業して二十数年の歳月が流れましたが、姿形は変われども中身は変わることもなく、皆 同業者として全国の各地で活躍しているようで何よりであります。

同じ歯科医師達の集まりでも、やはり同級生同士は忌憚のない意見交換が出来て宜しいですね。まだ10人前後ではありますが、今どきメールなら距離に関係なく全国津々浦々容易に繋がることが出来ますから、今後どんどん増えていくことでしょう。

シャラ

考えてみると、お互いのサイトなんかで近況は解るわけですから便利になりましたねぇ。

来月にはオフ会(単なる東京での同級会)も開催。
時折顔を合わせる連中だけでなく卒業後初めてのメンツも居るようですので、今から楽しみであります。

きっと、大きく変貌していることでしょう。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。

多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。

お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

Google +1