« 2018年10月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
2009年4月21日

ツバメの巣は商売繁盛に通じる?

唐突ですが、我が家には数年前からツバメが巣作りをしています。
昨年は空き家(!?)だったように記憶してるのですが、今年は戻って来てくれたようです。
下の写真のような巣がちょうど玄関のドアの上部にありまして、困った場所と言えば困った場所ではあります。(笑)

ツバメの巣1玄関ドアの向かって右上の隅っこに上手に巣作りをしましてねぇ。午後のひとときに見ていたら、ほぼ数分おきにエサを運んで来ていたようです。

まぁ、その出入りも 下の写真のようにツバメらしく速攻です。
玄関のドアの更に上ですから地上高は2メートル50センチぐらいはあるかとは思います。勿論、人の手では背伸びをしても届く場所ではありません。
それなのに、どこからともなくヘビがやってくるのです。
恐ろしい嗅覚ですよね。

ツバメの巣2今のタイミングではまだ蛇はやって来ないのですが、そのうちに雛が口だけパクパクしながら顔を覗かせるようになったら要注意であります。

玄関を開けたら出会い頭にヘビが・・・では、こちらが大いに肝を冷やします。(笑)

さてさて、この写真を撮った後、我が家のこの玄関脇の和室の広縁(窓際)で、座布団に横たわって 日向ぼっこしながら読書をしていた時のことです。

半ば「うつらうつら」していたその時に、視界の片隅に 急に黒い飛行物体が入って来たと思ったら、振り向く間もなく窓ガラスにそいつがドスンとぶつかって・・・・・いや、ツバメも驚いたでしょうけれど、こっちもビックリいたしました。(驚!)

どうも目標を間違っちゃったようで、脳震盪でも起こしたんでしょうか、しばし窓の下に横たわっておりました。
「ありゃ、困ったなぁ・・・」と思ってたら無事 飛び立っていきましたから事無きは得たようです。

『ウィキペディア(Wikipedia)』でツバメを調べてみると・・・・

時速50~200kmという高速で飛行

そりゃ、危ないこと・・・。

泥と枯草を唾液で固めて巣を作る

結構、丈夫そうです。

古い巣を修復して使用することがある

我が家がそうです。エコですねぇ。

日本においては、水稲栽培において穀物を食べず害虫を食べてくれる益鳥として古くから大切にされ、ツバメを殺したり巣や雛に悪戯をする事を慣習的に禁じ、農村部を中心に大切に扱われてきた

疎かには出来ません。(笑)

民家の軒先など人が住むにぎやかな環境に営巣するという習性から、地方によっては、人の出入りの多い家、商家の参考となり、商売繁盛の印ともなっている

願ってもないことです。(笑)
無闇に巣を撤去する気は無いのですが、商売繁盛の印なら尚更仕方がないでしょう。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

http://www.sakai-dent.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/4411

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。

多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。

お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

Google +1