« 2018年4月
2009年3月31日

「銀歯」が取れてしまったら

最近は、歯を削った後の詰め物として、比較的に小さな虫歯であれば白い詰め物も多用されるようになってきました。
でも ある一定限度を超えるような大きさの歯冠(歯の表面)崩壊の場合には 金属(銀色の銀歯)を用いねばなりません。

その金属。
考えてみれば接着剤での接着ですから、外れるトラブルにもしばしば遭遇します。そんな際には、まずは・・・

捨てずに持ってきて貰うことが大事です。

外れた歯の内部に新たに蝕まれてる所などがあれば話は別ですが、ナンでもない場合にはそのまま接着することも可能だからです。

考えてみれば、口腔内というのは非常に過酷な環境です。

● ビショビショに常に湿ってる
● 銀歯に結構の力が加わる
● 熱いお茶から冷たい氷までに対応してる

そんな悪条件下であれば数年の年月を考えると劣化は避けられないとも考えられます。
普段 頑張ってくれてる接着剤が劣化し銀歯を把持してくれなくなった際に起こる銀歯の脱離。

ケースにもよりますが、再利用が可能 な例も沢山あります。
捨てずにお持ちいただきたいモノです。

風量発電3写真は先日の風車の反対側からの撮影です。
真っ青な青空も良いんですが、雲がちょこっと入るとまた印象が変わります。

横にある小さな建物はナンでしょうか?

犬小屋のワケはないので、風力発電関連施設なんでしょうね。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月30日

学習意欲が私を「泥棒」に・・・!?

先日、歯科医師国試の話題に触れてみたのですが、その時代に鮮明に記憶に残ってる出来事があります。懐かしく思い出してしまいました。


我々歯科医師は、国家試験を受け合格して晴れて歯科医師として世に出ることが出来るのですが、大学の6年生の時に指導者の下に「臨床実習」と呼ばれる実際の患者さんでの治療を半年以上かけて経験させていただくのです。

私が担当させていただいた とっても優しいSさんと仰る御婦人(当時77歳)の方にそれはそれは大変にお世話になりました。

入れ歯の治療のイロハを教えて貰ったのがこのSさんだったのですが、ある時 治療に来て下さった際に、その肝心の入れ歯を片方お忘れになったのです。とても恐縮されて頭を下げて下さるSさんに、学習(実習)意欲に燃えていた私は・・・

「良ければ 御自宅に僕のクルマで取りに行きましょうか?」

そうお話ししたところ、とても喜んでくれて一緒に御自宅に向かいました。
ところがSさんの御自宅に到着してみると・・・

「アラどうしましょう、誰も居なくて入れないわ・・・先生、ゴメンねぇ」

となってしまったのです。
Sさんはすぐに帰宅する予定ではなかったため、ちょうど家人がお留守にされたようでした。
無理もありません。今と違って携帯も無かったですし・・・。

残念ではあるけど モチロン仕方のないことですからそのままSさんをお送りしただけで大学に戻ろうとした時、何気なく御自宅を振り返ったら、2階の窓が開いているのを私が偶然に発見してしまったのです。

そこで・・・

「Sさん、2階の窓が開いてるようなんですが、僕があそこから侵入して玄関を内側から開けてはいけませんでしょうか?」

と提案してみたら、

「先生、御願い、そうして下さる?」

と同意が得られたのです。

余所のお宅の塀によじ登り、車庫から屋根に飛び移り、ベランダの柵を跨いで2階の窓から侵入するという泥棒まがいの経験をしたのは、当たり前ですが後にも先にもその1回だけであります。(笑)

勝手の悪い 余所のお宅の階段を駆け下り、玄関を内側から解錠し、Sさんを招き入れ、肝心の入れ歯を二人で大学に持ち帰り、無事その日の実習をクリアしたという非常に貴重な経験をしたことをとても懐かしく思い出したりいたしました。

フラワーセンター7我々歯科医の卵の臨床実習にお付き合い下さる大勢の患者さんの善意に支えられ、研鑽を積ませて貰ったことで今日があることを忘れてはいけないですね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月29日

「写真」を楽しくさせてくれる本

以前から写真を撮ったりすることは好きだったのですが、最近 更に好きになったのにはワケがあります。こんな良書に巡り合ったからです。

「デジタル一眼」上達講座そもそも新書サイズの本が好きでして、その昔は岩波新書とかの「肩が凝る」、「眠くなる」ようなイメージがありましたが、最近では面白い新書が続々出てきますよね。

ある時、書店で何気なく手に取った一冊が左の本だったのですが、実に読みやすく、解りやすく書かれておりました。

「デジタル一眼は、難しく考えず面倒な設定はカメラに任せて とにかく撮りましょうよ」という著者のスタンスが私にはピッタリでありました。
オフィシャルサイトにもあるのですが、今後他の本も是非に読んでみたくなるような筆致でありました。

後で気が付いたのですが、この筆者の方は他の隔月刊の写真雑誌にも文章を寄せてらしたようです。アマチュアの愛好家の支持を受けそうな平易な文章に安心感も覚えます。

ってなワケで、悩むことなくシャッターを切ってる昨今であります。(笑)

フラワーセンター1左の写真は、フラワーセンターの温室の鉄骨の骨組みをそのまま背景に入れてみたのですが、やはり無かった方が良かったかもしれません。

それでも こんな風に簡単にアップできる良き時代になったのですから、パソコンとデジカメのコラボレーションを楽しんでいきたいと思います。

残念ながら私の愛機「EOS30D」には撮影素子に付着してしまったゴミを自動で振るい落としてくれる機能が付いてないのですが、頻繁にレンズ交換をしていたのが災いしたんでしょう。先日の撮影は最後の数十枚に「黒点」が残っちゃってました。(泣)

もっとも電源のON/OFFをしない限り、どんな最新カメラでもダメだったのかもしれないのですが・・・。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月28日

難しくなった? 歯科医師国試

歯科医師国家試験 の結果発表があったようです。

20年以上前の私が受けた時には、試験そのものが4月上旬、結果発表はGW明けだったように記憶してるのですが、最近は随分と早まったようです。
これは、5月の発表だと既に勤務歯科医院にお世話になってたりして、合格できなかった場合には不都合が生じたりもした・・・そうなることを避ける意図があるのかもしれませんね。

合格率は歯科大学全部で 67.5% だそうです。

これはかなり低い数字です。ツブシの効かない我が職業、10人のウチ3人以上は職に就けないというのは厳しいと感じます。

愛すべき我が母校、東北大学歯学部も 以前は95%程度を誇っていたのがウソのように、今年は71%まで下がってしまったようです。

Clover melody

当時、国家試験前の数ヶ月は大学の図書館に籠もったことを懐かしく思い起こします。

いわき市では過去に一度も経験がありませんが、夜間には水道管の水抜きを余儀なくされる程に冷え込む仙台市。
アパートの部屋では寒くて凍えそうな真冬。
水道光熱費は掛からない、学食は近くにある・・・・そんな利便性活用のために毎日朝から晩まで図書館に通い詰めた日々は既に遠い過去(ふた昔前)になってしまいました。(笑)

白木蓮

写真は、白木蓮でしょうか。
自分で撮影したのに、樹木の種類を良く知らないので断定が出来ません。(泣)
前景を際立たせるために、もう少し背景をボカしたつもりだったのですが、案外鮮明でありました。(反省!)

残念ながら 上に電線が通っていて梢までは写せず・・・でしたが、白木蓮の白と青空とのコントラストがとても綺麗だった3月下旬の夕刻でありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月27日

違っていた「企業イメージ」

休診日を利用して、年に一度の人間ドックを受けて参りました。
「慣れた・・・」ワケではありませんが、それでも以前よりは「胃カメラ」が少しだけラクだった気がします。(ホンの少しですけど・・・)
看護婦さんが、「肩の力を抜いて下さいねぇ~」って優しく声を掛けては下さるのですが、流石にそれは無理な相談で、相変わらず全身に力は入りっ放しではありました・・・。(笑)

終了後、検査をして下さったドクターが、「何ら問題ないですねぇ~」って写真を見ながら説明してくれて、その言葉に救われる想いがしました。(安堵!)

前日の8時以降、16時間ぐらいナニも口にしてなかったこともあり、お昼も美味しくいただけて何よりでした。

Leafs ribbon

午後、って言うか夕方ですが、いわき市のフラワーセンターなるところに出向いてみました。数年ぶりだったのですが、驚いたことに風力発電の設備がデンと構えておりました。

風力発電1真っ白な建造物が、コバルトブルー(スカイブルー?)の青空に映えてナンか良かったです。
この風車・・・・写真では解りにくいのですが、反対側に製造会社のマークがありまして、「SUBARU」って書いてありました。(驚!)

「スバル」は、御存知のレガシィとかで有名な「富士重工」ですが、前身は確か「中島飛行機」とかって言う航空機会社だったはずです。
予想ですが、そこで培ったプロペラの技術なんかを応用しての「風力発電技術」なのかもしれませんね。

こちらのサイトを見てみたら、画面にクルマの映像だけでなく、セスナ機や風力発電の紹介に切り替わるようです。
やはりそうなんですね、私のロゴ(企業マーク)の見間違いではなかったようです。


そう言えば、本日の胸部レントゲン撮影の機械・・・。
「息を吸ってぇ~」の例のヤツですが、胸を押しつけながらナニ気にあちこち眺めていたら、機械の上の方に「CANON」って書いてありました。

レントゲンだって カメラと同様の映像技術ではありますが、「SUBARU」も「CANON」も私が今まで抱いていた企業イメージとチョイとだけ異なった気がいたしました。

培われた技術を他分野にも活かしていく・・・・

これも企業努力なんでしょうね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月26日

好奇心が若さの秘訣?

昨日、日本中を熱中の渦に巻き込んだWBC決勝戦。
患者さんで80歳を少し超えられてる御婦人が、日本チームを夢中になって応援してらっしゃる姿が印象的でした。

「こんな時だけなんだけど、選手の活躍ぶりをメモまでして覚えてるのよ」と嬉しそうに教えて下さいました。

この方は、見るからに若々しくて、クルマを自分で運転してお出でになります。ナニに対しても好奇心(興味)を抱き、学ぶ姿勢を持ち、加えて我々に対しても気さくに声を掛けて下さるその明るさが、間違いなく若さの秘訣かと感じました。

歯科医になって20年。

老若男女を問わず 大勢の方々に接する機会を得ましたが、概ね紹介した方のように朗らかな方って若々しいように感じます。
その昔、小学校の黒板の上に「努力」だとか「明朗」とかって書いてありましたよね。当時はその意味も大切さも全くと言っていいほど理解できませんでしたが、アレは本当だったかもしれません。(笑)

私も数十年後には、
そんな風に老いて行きたいな・・・と感じた次第です。

お寺の春

仕事は仕事で、自分自身が生きていき 家族を養い安定した生活を送る上では欠かせないモノです。
ですが、それ以外に興味(好奇心)を抱ける対象がひとつでもふたつでも見つかると 人生に潤いが感じられて宜しいですよね。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月25日

WBCに愛国心が芽生える !?

常日頃、祝日であっても国旗掲揚すらしたことがない(そもそも国旗が無い・・・)私ですが、WBCとかオリンピックなんかがあると 急に愛国心が芽生え、自分の中の「日本人」を意識してしまいます。(笑)

今日の決勝戦。

いやぁ~ 手に汗握る最高のゲームでした。

不謹慎ですが、スタッフ共々気になって気になって仕事になりませんでした。(笑)
当院では、待合室でも診療室でもテレビは見られますので、仕事をしながらリアルタイムでテレビ観戦。
時に、患者さんと一緒になって応援に興じてしまいました。

野球界では、長嶋さん・王さん以降、スーパースター不在の時代なんて言われたこともあったようですが、そんなことは全くないですね
イチロー選手・松坂選手はモチロンですが、夢のヒーローが大活躍したWBCの舞台だったんではないでしょうか。


みんなキラキラしていて眩しかったです。

好投したピッチャー岩隈選手。

「決勝戦は楽しみたい」と言ったそのポジティブシンキングは素晴らしい・・・。
普通なら逃げ出したい状況でしょうに、マウンド上での笑顔は同性から見ても素敵でした。

イケメンの川崎選手。

スタメンを外れ、控えに回っていても、「ベンチに居ても試合に出てる!」と精一杯の応援をしてました。貢献度は測りしれませんね。

このWBCの期間中、選手達にも監督にも、そして解説者も含めた報道陣(マスコミ)にも、加えてテレビの前で応援していた我々にわか野球ファンにも、数え切れないほどの物語があったことでしょう。

優勝監督インタビューで、原監督が語っていた

「野球界のため、日本のために良かった・・・」

というセリフが原監督らしくて印象に残りました。

気の毒だったのは、選抜高校野球の選手達かもしれませんね。
WBCの影に霞んでしまって 私は始まっていたことに気が付いておりませんでした。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月24日

入れ歯が割れてしまったら・・・

入れ歯(義歯)のイメージって お使いでない方には湧きにくかろうかとは思いますが、アクリリックレジンと呼ばれる歯科用の樹脂で作られています。

説明時には「プラスチック」と称されることも多かろうかと思いますが、それ故に何らかの原因で割れるトラブルは頻発します。

ほとんどの方は、「硬いモノを噛んだ覚えはない」と仰いますが、案外と普通の咀嚼時にもモノを噛みきるために無意識に強い力は入ってるモノです。
また、洗面台でお掃除をしてる際に落下などさせようものなら「ヒビ・亀裂」も入り易くなりましょう。それがキッカケになったりもします。

加えて、口腔内での装用時の違和感・異物感の軽減のために薄く仕上げられていたりすると尚更に強度不足となり、容易に割れるトラブルが生じたりします。
薄いのは喜んではいただけますが、強度的には不安を残します。
子供達が使う下敷きだって、10枚も重ねれば凄い強度ですけど、一枚だったらぱりんと割れそうですモンね。

さて、割れてしまった時には・・・・

なるべくそのまま破片をお持ちになって受診していただけると助かります。

本日も入れ歯の破損でお出でになった方がいらっしゃいましたが、御自身で接着しようと思われてアロンアルファだらけで復元不能になっておりました。

お気持ちは良く解ります。ですが・・・・

割れた状態のままでお持ちいただけると、我々としては非常に直しやすいのです。それが3回も4回も破折断面にアロンアルファを重ね塗りしてしまうと・・・

直し難くて非常に辛いです。(泣)

例えが変かもしれませんが、メガネにしてもレンズが仮に外れてしまった時にアロンアルファで一度でもくっつけたりすれば メガネ屋さんが修理に支障を来すと思うのです。

そのままでお持ちいただけると容易に即日修理が可能ですので、出来るだけそうしていただけないでしょうか?

ピンク & ブルー

上の写真。こうして見てみるとピンクとブルーって非常に好対照で ピンクが映えますねぇ。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月23日

「黒部の太陽」に感動を覚える

フジテレビ開局50周年記念特別企画として放送された「黒部の太陽」、二夜連続で合計5時間も見入ってしまいました。
フジテレビ史上最大規模の予算をかけての制作というだけあって、驚くような豪華キャスト。テレ朝のドッキリ番組よりははるかに意義深い記念番組だったように思います。(笑)

この世紀の難工事。

聞いたことはあっても日本アルプスにさえ出向いたことのない私には想像も出来ませんでしたが、改めて50年も前にこんな大工事をなしえた先達の苦闘が存分に描かれていたように思います。

香取慎吾さんも良かったけど、小林薫さんの演技も素晴らしかったです。
四十数年前に三船敏郎さん石原裕次郎さんが、三船プロ・石原プロの共作で映画化なさったそうですが、その映画は石原プロでビデオ化を拒んでいる(迫力のある画面はスクリーンで見せたい)ためにDVDにもなっては居ないようで、レンタルも出来ないのが残念ではあります。

香取慎吾さんが裕次郎さんを超えてるか否かは解りませんが、新たな伝説は打ち立てられたことでしょう。
見ていて感動モノのドラマでありました。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月22日

宮部みゆきの「火車」にハマる

一年にそう何度もあることではありませんが、寝しなにある本を読んでいて 止められなくなることがあります。
明日の仕事に差し支える・・・と解っては居ても、スイッチが入ったとでも言いましょうか、最近使わなくなりましたが「ターボがかかる」とでも言いましょうか、読み切らずには寝られない夜があります。

昨晩がそうでありました。

これには副作用がありまして、読み切った後は目がヤケに冴えてしまい更に眠れなくなったりもします。(笑)

宮部みゆき氏 の小説にはその類が多いです。

大好きなんだけど大嫌いとでも申しましょうか、著者である宮部みゆき氏のペースにどっぷりとハマった自分を感じながら、それでいて心地良い昨晩でありました。

宮部みゆき「火車」左の「火車」は山本周五郎賞受賞作。
驚くのは、私と同年代の彼女がこの作品を書かれたのが17年も前(30歳前後)であると言うことであります。

彼女の底知れぬ知識ならびに教養の深さに脱帽し、かつその細やかなる女性ならではの心情描写に涙いたします。
多作家でありながら丁寧な文体が嬉しいですよね。

オススメ作品が多くて、今後も更なる活躍が期待される女流作家のお一人かと思います。

ただし、寝不足には注意が必要です。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月21日

オンライン・プリントが便利

デジカメで写真をたくさん撮れるようになったことは良いことですが、下手な鉄砲数打ちゃ当たるで 中にはそこそこ上手に撮れることもあり、そんな「お気に入り」は自宅のプリンターで印刷するのではなく写真屋さんの印画紙への焼き付けプリントにしたくもなります。

写真屋さんに出向けば、店頭の機械でデータを読み取らせて数十分後には「ハイ、出来上がり!」にはなりますが、手間暇を考えるとどうしても億劫になっちゃって私はもっぱらオンライン・プリントを利用しています。

オンラインプリントも安くなりました。

ハガキより一回り大きな「2Lサイズ」だって1枚35円。
普通サイズは15円です。
送料にしてもメール便で送って貰えれば80円。

ホントにお手軽価格になりました。(笑)

決済は銀行とか郵便振り込みですが、ネット上のイーバンク銀行なら同じ銀行間の振込手数料は無料ですから言うこと無しです。

このサイトが良いんじゃないかと思います。ただサイズによってはココとかココも選択肢に入ってくるようです。送料とかも考慮に入れて上手く使い分けるとリーズナブルですよね。ご検討下さい。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月20日

アナログチックなネットの出逢い

ネット上のあるサイトの「お問い合わせ」がキッカケとなり、いろいろとインターネットの事を相談できる良きパートナーの方に巡り逢うことが出来ました。

スタートは、デジタルがキッカケではありますが、メールや電話でのやりとりの後、昨日はるばる東京から当院まで来て下さって・・・

初めてアナログ的にご対面。

意気投合して 今後の末永いお付き合いを確認いたしました。

その方とは来月 逆に私が東京に出向いて再会する約束も致しました。
今から楽しみであります。(笑)

人と人の繋がりは、ナニがキッカケになるか解りませんね。
思えば、全国の歯科医師との繋がりもインターネットをキッカケにしてる事が多くなりました。全国の年齢を問わない意欲的な歯科医から学ぶモノが多いと感じる昨今でもあります。

夏井川の白鳥1

夕方、いわき市民であれば知らぬ者のない「夏井川」の河原で、ファインダーに白鳥を捕らえてみました。
昨日は、福島市では夏日。ここいわきも半袖でOKなほどの陽気になりましたが、今日は一転して寒風吹きすさび、冬に逆戻り(!?)の雰囲気でした。

寒くて、そんなに粘れませんでした。(笑)

夏井川の白鳥2

白鳥って、意外に動かないってことも学んでしまいました。(泣)
次の機会にはじっくりと粘ってみようかと思います。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月19日

男・岩隈&杉内の完封劇!

WBC・・・・御存知 海の向こうのワールド・ベースボール・クラシックに毎日、一喜一憂しています。(笑)
本日の対キューバ戦。後がない試合だっただけに応援してる方も気合いが入りましたねぇ。今日の試合では、特に岩隈&杉内のピッチャー陣は見ていて素晴らしかったです。

二人ともスリムだしカッコ良いし、失礼ながらその辺にいても可笑しくないような単なる好青年の様にしか見えないようにも思うのですが、恵まれた非凡なる才能とたゆまぬ努力の賜なんでしょう。

考えてみると、
アスリートの精神力 っていうのは凄いモノですね。

有り得ない仮定の話ですが、仮に私に野球の才能があって なおかつ日本代表になったとしたら、今日のような負けたら全てが終わってしまうような大一番に試合を任される先発でなんかはとてもじゃないけど一球も投げられないでしょう。
マウンドになんか立ったモンなら足はガクガク、それこそ歯の根が合わないほどの全身の震えが来てしまいそうです。(笑)
逃げ出したくもなることでしょう。

アスリートは根本的に違うんでしょうねぇ。

自分の手で相手を負かしたい・・・きっとそのように考えてグラウンドに立っているのに違いありません。勝負師の精神力には脱帽です。

WBC。
テレビで見ていて不思議なのは、観衆が異様に少ない(外野席は空席だらけ)事です。日本国内では大騒ぎなのにアメリカではさほど注目はされてないようですから、むべなるかな・・・・と言ったところでしょうか。

キャッチャーの後ろに入る広告は、日本戦だから日本の広告ばかりなんでしょうね。
明日の韓国戦ではハングルによる広告も入るんでしょうか・・・・?

負ければ、原監督にもイチローにも非難囂々なんでしょうけれど、結果がどうあれその努力への正当なる評価(支持)はしてあげるべきと考えます。

決勝戦まで行けると良いですねぇ。(祈)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月18日

人間ドックの日が迫ってる・・・

仕事柄・・・ではないかもしれませんが、歯科医という観血処置をする職業を生業としているので、定期的な血液検査等は欠かさず受けています。

加えて、年に一度は人間ドックを受けています。
これは、国保組合とかの補助(全額)もあるので、やむなく「これも仕事のウチ」と考えて受診しています。私の場合、

胃カメラは何度やっても馴染めません。(泣)

カメラを操作して下さってる先生が 画像を見せてくれながらいろいろと解説して下さいますが、

  当然 うわの空・・・。

とにかく耐えて耐えて、これ以上の苦痛は無かろうと感じながら毎年 その過酷な数分間を乗り越えています。(完全に、俎板の鯉状態)
苦痛に感じないような方もいらっしゃるとのことですが、私には考えられません。(泣)

聴けば、鼻からの経鼻挿管があるって言うじゃないですか。
残念ながら、これは経口挿管よりもっと「辛かった、しんどかった!」という話も聞きますが、どんなモンなんでしょうか。

経口 or 経鼻、どっちが楽なんでしょう?

これまた情報に寄れば、カプセルカメラを飲み込んじゃって それを遠隔操作(!?)か何かをして胃内部の映像を体外に電送するっていうのもあるとのこと・・・。これは楽そうですよね。

ミクロ決死隊 を思い出しちゃいますが。(笑)

どんなスタイルでも宜しいのですが、考えただけでも苦しくなっちゃう胃カメラが、今よりもっと快適な存在になってくれることを切に願います。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月17日

乳歯のエナメル質形成不全症

昨日来て下さった1歳3ヶ月の可愛らしい女児。
お母さんが「虫歯のようだ」と心配されての受診でありました。
お母さんに抱っこをされた状態でも 当然口腔内を見せてくれる年齢ではありません。泣かせてしまうことの了解を得て口腔内を覗いてみると・・・

乳歯には比較的珍しいとされる エナメル質形成不全 を前歯に認めました。

聞き慣れない呼称かとは思いますが、減形成とも呼ばれ、歯の表面に小さな白斑(加えて実質欠損)が見られるトラブルであります。

形成不全・・・「形を成すのが全うされなかった」ことになります。

一般的には永久歯に多く見られ、乳歯に発現するケースは少ないかと思うのですが、それは乳歯が作られはじめるのは胎生7週目あたり(妊娠2ヶ月)から概ね出生前までで、その間の胎児期は外力の影響を受けにくい保護された環境にあるからかと思われます。

その場合、原因としては母胎の栄養障害とかビタミン欠乏とかが言われるようですが、特定は難しいようです。

どうあれ、原因はお母さんが御自身を責めるようなモノではありません。
「こんな早くに虫歯にしちゃったかと・・・」と案じられてましたが、歯磨き不足とかそんな話ではないので、お母さんとかの責任では全くないでしょう。

キチンと説明し御理解を得ましたが、幸い乳歯と永久歯は形成される時期がまるっきり異なりますから、永久歯には全く問題はないかと想像します。今後、上手くコントロールしていけると宜しいかとお話しし、安心されてお帰りいただけました。

Leafs ribbon

日曜日に、庭の隅々を眺めてみてたら・・・

ふきのとう・3月15日

こんなふきのとうや、

マーガレット

こんな花が・・・マーガレットではないですよね?
ノースポールでしょうか・・・?

写真撮影は、サンダル履きでも出来るという好例でしょうか。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月16日

愛用の院内シューズはナイキ

土曜日に当院に初めてお出でになった御夫婦の方。以前より当院のHPの「お問い合わせ」からメールを下さって、あれこれやりとりをした後の来院だったこともあり、初対面なんだけど初対面でないような・・・

何となく「照れる」出会いでありました。(笑)

とても楽しいその御夫婦の奥様が、受診後に感謝のメールを下さってとてもありがたく、嬉しいメールでありました。
当院への感想を書き綴って下さったその中で、私が普段から履き慣れてる院内用のシューズ(単なる運動靴)に目を留めて、「他の歯医者さんと違って良かった」と書いて下さってました。

院内シューズこれです。(笑)

イメージとしては、サンダル履きで治療なさる歯科医もいらっしゃろうかと思いますが、私はずっとこんな感じです。

治療中は、必ずしも座ってばかりの処置が出来るわけではありません。思わず立ち上がったり、そもそもお体の具合が悪くユニット(診療用の椅子)を倒せない方もいらっしゃるので足下が滑ったりしなくてしっかり安定するナイキのシューズはちょうど良いのです。
(他社製の靴は、何故か私の足にフィットしない・・・)

ただ靴底がハードな屋外用のモノは宜しくありません。
床のワックスが歩った所だけ剥げてしまい、数日で使用を止めたシューズもありましたから。

こういった院内用のシューズは、右足の爪先部分だけ劣化が早い欠点があります。今のユニットは足によるレバー操作でユニットを起こしたり倒したり出来るようになってるのですが、いつも右足で操作しちゃうが為にそこだけ穴が開いたり致します。

右足の爪先だけ補強したようなシューズは無いモノでしょうか?(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月15日

我が家のちびっ子仮面ライダー

最近、息子が仮面ライダーにハマっています。

キッカケは「テレビくん」とかって言う付録の付いた雑誌の中にあった紙のお面とかベルトだったように記憶してますが、それをお兄ちゃんに作ってもらって鏡やガラスに映し、ポーズをとってその気になってます。

ただ、紙は破けやすい・・・のが欠点です。(泣)


そこで お父ちゃんの登場 です。(笑)
画用紙を買って来て、雑誌とかサイトの画面を見ながらとにかく描くのです。マジックでしっかり描いて、息子が色鉛筆で塗る・・・・。塗ったら丁寧にハサミで切らせてゴムを掛けてあげるだけ・・・・であります。
ゴムは、所謂「パンツのゴム」のような単純なモノです。(笑)

ちびっこライダー

こんな感じなのですが、そこで問題が・・・。
今どきの仮面ライダーって驚くほどウヨウヨ居るんです。

クウガ・アギト・電王・キバ・カブト・ディケイド・555・・・・・etc。
それだけなら大したことがないのですが、更に変形フォームとかって言うのがあって、同じカブトでも何種類もあったりするのです。

どうやら息子は全制覇を目論んでるようで・・・。(泣)

仮面ライダーの手製のお面

まぁ、費用的には画用紙代だけですから経済的ではあるのですが、そろそろ辛さを感じるお父ちゃんの日課であります。
(既に17日連続で描いてます・・・)

何処まで描かせる気だろうか・・・・。

息子は喜ぶけど、父はそろそろ限界かと・・・。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月14日

ホワイトデーのお返し

本日3月14日はバレンタインデーのお返しの日です。うっかり写真を撮る前にスタッフ全員に渡しちゃいましたが、みんなに喜んで貰えて何よりでありました。(笑)

モチロン、私自身で買って準備して・・・なんてことはなく、家内に任せてしまってたのですが。 

チョコレートもクッキーも、メーカーに踊らされてる(!?)気がしないでもありませんが、職場の良き空気を醸し出すのには役立ってるので宜しい風習かと思います。

ささやかなクッキーですが、私をも含めたスタッフ間の意思の疎通を欠くことの無いように、何事も円滑に事が運ぶような職場作りに役立てたいモノです。

猪苗代湖から見た磐梯山左の写真は、猪苗代湖越しに見た磐梯山の様子です。雲に覆われていたのが残念でありました。

山肌のスキー場。自分でもスキーはしますから文句は言えないのですが、チョイと山は可哀想ですね。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月13日

ジャニーズの「必殺仕事人」

目下のところ、金曜日のお楽しみはテレビ番組「必殺仕事人2009」であります。

必殺仕事人の久々の復活・・・。

驚いたことに、メンバーにジャニーズの方が3人も入ってました。
しかもそれぞれがピッタリの嵌り役で・・・・。そもそも昔から「必殺シリーズ」と「ジャニーズ事務所」の密接な繋がりはあったそうですが、聴いただけだとちょいとミスマッチのような感じもしたモノです。

それが どうしてどうして・・・・。

「鏡花水月」エンドテーマも3人で歌ってるようで、カラオケで歌われそうな「ポップス演歌」とでも言うんでしょうか、古いけど新しい、また時代劇なのに斬新なるテーマ(切り口)で毎週楽しんでいます。

一番左端の彼は、娘や家内が「関ジャニ∞」だって教えてくれたような気もしますが、その点 定かではありません。(笑)

一番凄いのは東山紀之氏でしょうか。

何てったって 中村主水(藤田まこと)より後からの仕事人登場って言うんだから驚きます。

しかも貫禄十分。

新たなブームを引き起こしてくれそうな3人の活躍や、この番組に欠かせない中村主水の存在感が実に楽しみであります。
旧作品のBGMをそのまま変えずに流用したっていうのが昔からのファンにはたまらない気がしています。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月12日

デジカメは緊張感が薄い?

いわき地方、本日も晴天なり。
綺麗な青空が広がっており、カメラ片手にお出掛けです。

青い空1

私は花粉症なのですが、こういった杉林にいてもそう酷さは感じないのです。ナンと言っていいかが難しいですが、好きなこととかに集中している時には案外 クシャミも出ません。

緊張感がそうさせるんでしょうか?不思議なモノですね。

それがひとたびクルマに戻るともういけません。
クシャミ・鼻水の酷いこと酷いこと・・・。(泣)
そうなることは解ってはいるのですが、ついつい屋外に出掛けてしまいます。

青い空2

緊張感と言えば、銀塩(普通のフィルムの写真)とデジカメにも同様の違いがあるように思います。

銀塩の場合には、24枚・36枚と限りがありましたし、現像&同時プリントとなれば36枚で1000円以上はした記憶がありますが、その為に一球入魂というかシャッターを切るのにそれなりの緊張感がありました。

その意味で、デジカメに緊張感はありませんね。

「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」で、平気で150~200枚は撮っちゃいます。私は、デジタル一眼レフが好きなので もう戻れはしませんが、中にはその緊張感を求めて銀塩フィルム写真に戻る方もいらっしゃるようです。

まだ蕾もあり

銀塩の写真、デジカメの写真。

同じように見えて、実はその意味が異なるようであります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月11日

転勤とかの移動の時期ですね

3月~4月。入進学シーズンでもありますが、お勤めの方にとっては転勤・異動の時期ですね。
私自身は仕事柄、職場の変更等はまずありませんが、男性の単身赴任等の話を伺うとこちらまで大変さが伝わって来ます。

15日までこちらに居る、20日まで・・・・とかならまだ良いのですが、明日まで・・・なんて方には治療の困難さもあったり致します。(汗)
出来るところまではキチンと治療はさせていただくことにしていますが。

海外に行かれる方、一時帰国の方。

いろいろお話を伺うと やはり中国には大勢のエンジニアの方々が行かれるようです。
このいわきからだと、成田空港までのアクセスが非常に良くないという欠点があります。自宅から成田まで・・・・それだけで大変。
その後に飛行機に乗って、中国に着いてからだって移動が大変なことでしょう。体調を崩さずに頑張っていただきたいと願うばかりです。

先日は、船員のお仕事をなさってる方が3~4日後にはギリシャへの航海があるというお話でした。
まさか、アフリカ大陸をグルッと回るって事はないでしょうから、スエズ運河経由でしょうね。それでも地中海はイメージ的にも遠いです。

航海中に歯が痛み出したりしないように、これも願うばかりです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月10日

受け取れば良かったのか・・・

私の朝の日課は、医院外周の掃き掃除から始まります。
日中のチェックや鉢植えのお手入れなどは、モチロン スタッフがやってくれるのですが、朝の掃き当番は院長です。(笑)

その掃き掃除の最中に、ある男性(60歳前後)の方が御近所一帯に牛乳3本とヨーグルト(新製品?)の試食品配りをなさっていたのです。

当然ウチにも寄って下さって・・・・

「牛乳とヨーグルト、お好きでしょ?」とのこと。

ちょうど箒とちり取りを両手に持っていたのでやんわりとお断りしたのですが、「先生は貰わない主義なの?」と少々ムッとされてしまいました。

確かにお断りした方も良くはないんだろうかとは思うのですが、「食品」を巡るトラブルが頻発する昨今、一面識もない方から「飲んで!」って言われても、チョイと躊躇する気持ちが働いてしまいました。

御近所の主婦の方なんかはどうしたんでしょう?
遠慮なく貰えば良かったんだろうかと、後でチョイと反省してしまいました。

因みに私は牛乳好きです。

乳製品全般OKです。
最近でこそ子供の飲み残し程度しか口にしませんが、その昔は母が嫌がるぐらいに飲んだ記憶があります。育ち盛りの夏場には1リットルぐらいは飲んだんではないでしょうか?
学校の給食では、残った牛乳を競って貰っていたタイプです。(笑)

Leafs ribbon

話は変わりますが、本日のWBCの決勝戦。
宿敵韓国との決戦は残念な結果ではありました。

私が一番に印象に残ったのは、一塁側のファールグラウンドに程近い特等席に陣取っていて、例のピンクの衣装で鮮烈に目立っていた林家パー子さんの存在でありました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月 9日

好天の土曜日には・・・

私の医院の所在地が新興住宅地に位置することが理由かと思いますが、土曜日に仕事がお休みの方が多いように感じています。
その土曜日にしか来院できない方が比較的に多いのです。

昨日の土曜日。

好天に恵まれた土曜日でしたが、そんな日は診療予約をキャンセルされる方が多いようです。
それはそれで一向に構わないのですが、お子さんが「生徒」にまで達していない「児童」の年齢の方、すなわちは小学生のお子さんがいらっしゃたりすると ちょうど学校のお休みにも重なり、せがまれてお出掛けになることも多いのではないでしょうか?

「何処かにお出かけかナァ~」なんて想像したりしています。

変な話ではありますが、むしろ雨とか雪の日には意外とキャンセルされる方は少ないのです。これは土曜日に限らず平日も一緒であります。

それが・・・
そんな話を東京在住の同業(歯科医)の友人にしてみると、「逆だ!」っていうんです。雨の日にはキャンセルされる方が多くなり来院される方が少ないと言うのです。

地域によって我々が逆のイメージを抱くような違いが生じるのは何故だろう・・・とさほど真剣にではなく不思議に思い始めて既に10年は過ぎてしまいました。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月 8日

誘惑にはすぐに負けました(笑)

昨日、「デジブック」なるシステムを紹介しましたが、有料登録したいという誘惑にはすぐに負けてしまいました。(笑)

こういった公開用のアルバムには人物のハッキリと解る家族の写真等は載せにくいですけど、自分で撮影した風景等にはもってこいかと思います。(実は、公開・非公開が選べます)

私が登録している「ブログ村」でもそうですが、「写真」関連のカテゴリーが充実しているようです。
写真の楽しみ方ってそうだと思いますが、

1.機材(カメラ&レンズ)を揃える楽しみ
2.撮影する楽しみ
3.撮った写真を整理する楽しみ

それに加えて

4.レベル的に稚拙ながらも自作を見て貰う楽しみ

があろうかと考えます。

以前は、「3」だって現像同時プリントとかで手間暇・費用が掛かりましたが、デジタル化の恩恵でしょうか、パソコンでの管理となり容易・安価になりました。

「4」も、個展のような写真展とかではなく、こうやってのネット上の公開は実に楽になりました。


しばらく あれこれ試したい と考えています。

話が変わりますが、私が管理しているこちらの「いい歯.jp」と称した酒井歯科医院のサイトは、ベースがFC2というブログサイトを利用しています。
もしかすると、そちらの院内案内なんかにもこのアルバムをそのまま使えるのではないかと考えてはいます。

ただ、時間が・・・。(泣) 

写真やパソコン関連のあれこれは、幼児の微笑ましい悪戯のように時を忘れて没頭してしまうという欠点がありますね。

楽しみを苦痛に感じない程度にこれからも弄ってみるつもりです。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月 7日

動画っぽいアルバムにトライ ?

最近、撮影した写真をアルバムにまとめてみました。

ナンとも便利な世の中になったモノです。

下の画像をクリックしていただくと、拡大されて画面いっぱいに写真集が開きます。BGMの「春の小川」に乗せて御笑覧いただけると嬉しいです。
それにしても普通の写真がちょっとしたカスタマイズでそれっぽく見えるって言うんだから不思議であります。(笑)

実はこれ、案外簡単にできるんです。

基本的には適当な写真を選んでアップロードするだけ・・・です。
最低枚数5枚以上とか、写真の表示方法とか題名とか選ぶ項目はありますが難しくはありません。
実際にトライしてみての反省点としては、できれば横位置の写真、しかもトリミングとかをしていない縦・横の比を保ったままの原画(!?)だけで構成した方が宜しかったようには思います。
(モチロン、やり直しは簡単ですが・・・)



残念なのは、この写真集は30日間の限定であることです。
モチロン 有料に変更すれば無期限らしいのですが、年額6300円・・・。

目下のところ、思案中であります。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月 6日

休診日の本日、「晴天なり」

快晴の本日、ちょうど休診日に重なったこともあり 例によりカメラ片手に花粉症をモノともせずにドライブして参りました。

・・・って言ったって結局は比較的ご近所の畑に黄色い菜の花を見付けて近付いた程度でしたけど。(笑)

花とミツバチ1

菜の花ってもう終わりに近いのかもしれませんね。
因みに菜の花のすぐ隣には立派な大根が植わってましたが・・・。

写真は、御存知の方も多かろうと思いますが、「絞り」と「シャッタースピード」を組み合わせることにより同じシーンでもピントの合い具合が変化します。
被写界深度とかって言うんですが、背景がボケているのはその絞りを開放側にしているからです。残念ながらそのピントの合う範囲内にミツバチが居なかったので飛行物体にはピントは合ってはいません。

もう一枚はピントを合わせることに成功しました。

花とミツバチ2

ただ、残念ながら背景が今ひとつでした・・・。

難しいモノであります。(泣)

晴天の下、背景をボカすために「絞り」をかなりの開放側状態で撮ってるので 必然的に「シャッタースピード」は高速となり、おそらく3000分の1秒ぐらいだと思うのですが、それでも空中にホバーリングしてるミツバチの羽根は静止状態では写りませんでした。

これって凄い事ですよね?

生物の神秘って言うと大袈裟ですが、3000分の1秒でも止められない微小世界を写し出してくれるマクロレンズというモノを用いてファインダーを覗いてみると、想像以上の世界が見えてきて驚かされます。

雄大な自然も良いけど、ミクロの世界も楽しいモノです。
普段見慣れている当たり前の視野が変わると 感動を覚えやすいのかもしれませんね。

そう言えば、歯科医院で口腔内撮影用に用いてるレンズはこれです。
細かいモノを写せるマクロレンズを常用しています。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月 5日

夜半には雨に変わったようで・・・

案じていた朝の駐車場の雪掻き、どうにか免れることができました。
昨夜の降雪もどうやら夜半には雨に変わってくれていたようで、目覚めた直後にホッと致しました。(笑)

雪の朝1

我が家の通勤・通学にもまったく支障はなく、植栽の木々にわずかに名残のようなモノが残っていた程度でした。

雪の朝2

雪国で歯科の仕事をしている同級生なんかは、あまりの降雪量にミニ除雪機を購入して・・・なんて話も聴いたことがあります。
昨夜のような生活にトラブルを来さないような程度のモノは、降雪のウチには入らないんでしょうね、きっと。

Leafs ribbon

それでも若干は足下が悪くなった中、御家族で受診して下さってるMさんが来院して下さいました。Mさんは、昭和一桁のお生まれの御婦人で、かれこれ10年以上のお付き合いです。

着物をお召しになってお出でいただくような とてもお洒落なMさん。
難病に苛まれていた御主人を長く看病されてた方で、その御主人が通院困難となってしまい、一度 ご自宅へ入れ歯の調整に伺わせて(訪問診療)いただいた折、お茶などいただきながら いろんなお話をさせていただいたこともありました。

そのMさん、御主人の最期を看取られた直後辺りから突然 様子が変わられました。

「前回、預けていきませんでしたっけ?」と義歯(入れ歯)の所在があやふやになったり、慣れ親しんでるはずの入れ歯を御自身でも装着できなくなってきたり、何より口腔内へのケアの意識が全くと言っていいほどに失せてしまわれました。
それまでの丁寧な口腔内ケアが、思うようには行かなくなってしまったようです。

それまでと 一変してしまった感 があります。

時を同じにして、投薬の副作用とも思える唾液分泌量の減少も始まり、すなわちは唾液による口腔内の自浄作用が無くなり、丈夫そうに見えていた歯が見る見るうちにボロボロになってしまわれたのです。

配偶者の喪失。

昼夜に渡る自宅での看護という緊張の糸が途切れた途端、悲しいことにまさに人が変わってしまわれました。
御自宅でいろんなお話までさせていただいた関係上、悲しい想いが募りました。

Leafs ribbon

私自身は、40代ですからまだ「老い」を感じる年代ではありません。
ただ、30年経ってMさんの年代になった際に、何らかの緊張の糸が切れでもしたら・・・・やはり解りませんよねぇ。

そうならないように、家内には健康で長生きして貰って、私の方が先に逝く事に致しましょう。(笑)

本日の午後は、特殊な診療のためお一人の方にだけ集中いたしました。早めに仕事が切り上げられ、スタッフにもいつもより早く帰宅して貰ったあとに診療室でチョイと考えさせられたMさんのお姿でありました。

老いは、厳しい現実と相対することでもありましょうか・・・・。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月 4日

今年初めての積雪・・・かも?

おそらく今年初めて・・・かと思いますが、窓の外はうっすらとではありますが雪が積もり始めています。
ニュースでは都心はじめ関東一円でも降雪、「明日の朝は要注意!」と報じてました。

3月3日、桃の節句。

もうすぐ 学校の卒業式では「三寒四温」なんて答辞だったか送辞だったか来賓の方の祝辞なんかで述べられても可笑しくはないこの時期。
1月も2月も全く降らなかったのに春間近になっての降雪。

今年の2月は記録的な暖冬だったそうで、各地のスキー場やワカサギ釣りの名所などでは数億円もの経済的打撃と報じられたばかりなのに、関係者の方々はホッとしながらも きっと「ナンでもっと早くに・・・」と恨めしく思っていることでしょうね。

猪苗代にある「リステル・スキーファンタジア」では、たぶん ちょうどこんな大会が開催中です。
雪不足に悩んでいた関係者は大喜びでしょう。
開催前にはあちこちの雪を掻き集めていて大変・・・のようなニュースが流れてましたから。
雪質だって どれだけ人工降雪期をフル稼働させたって天然の雪に適いはしませんモンね。

Clover melody

明朝、一面の銀世界だったら子供は大喜び。


大人は喜んでばかりはいられません。
スタッドレスタイヤ装着車は1台しかありませんから家族全員が学校や医院まで辿り着くのに相当に難儀します。
しかも医院到着後には100坪近い駐車場の雪掻きという重労働も待ってますし・・・。(泣)

どうせお昼になれば解けて無くなってしまうということが解っているモノを、懸命になって除雪する悲しさったらありゃしません。

大して積もらないと宜しいのですが・・・。(願)

数年前の箕輪スキー場

写真は、よく行く「箕輪スキー場」の上の方で撮った写真です。
吹雪いてないこんな時でも気温は氷点下ですから、手袋を外してカメラを構えるのには相当に勇気が要るものです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月 3日

樹齢?年、何の木だろう?

命名の由来は不明なのですが、私の名前は「直樹」です。
だからってワケでもありませんが、「真っ直ぐな樹木」を見るとヤケに反応してしまいます。(笑)

特に「樹齢?年」って見当も付かないような大木は、見ていてナニやらそれだけで気持ちが安らぐような安心感を覚えるっていうんだから不思議ですね。

これの樹齢は何年ぐらいでしょうか・・・?

樹齢?年

しっかりと、どっしりと、おとな二人が手を繋いでも抱えきれないほどの見上げるような大木(御神木?)でありました。
しかも こういった巨木は、根っこもしっかりしてましてねぇ。
地域医療に貢献することを目指す医療人としては、地域に「根を張る」ということはこういう事か・・・と妙に納得してしまいました。

Leafs ribbon

当院にも樹高10メートルを超えるようなシンボルツリーがありますが、もう動かすことは容易なことではないでしょう。
シンボルの欅は建物から4~5メートルは離れてるから問題はないけれど、こういった根っこを見ちゃうと40~50年住まう家屋の側にはうっかり後々 巨木になる樹木は植えてはなりませんね。


お付き合いのある植木屋さんが、若き日の職人修行中には根を見ただけで樹木名が解るように鍛えられた・・・と仰ってましたが、私は樹木全体を見ても名前が解りません。(恥)

「直樹」なのに情けない話であります。(泣)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月 2日

南の方では満開でした

2月の後半はぐずついたお天気が続いたのに、昨日、そして今日の高校の卒業式(福島県の公立は日曜日だけど本日)は好天に恵まれました。
娘が下級生として卒業式に出席する関係上、我が家も早めに起床。
せっかくの好天だったので、ネットで調べて昨日の撮影ポイントよりは南の方に満開の梅を探してみました。

紅白の梅

紅白でチョイとお目出度いかと・・・。(笑)

紅梅と白梅、白梅は「はくばい」とも「しらうめ」とも読むようですね。色的には白梅の方が私は好きですが・・・。

満開の梅

ここは、梅林寺というやはりお寺でしたが、文字通りの梅の林でありました。お寺ですから当然のように周囲にはお墓ばっかし・・・。(笑)
お墓に眠る方々に失礼の無いように、かつ写真に墓石がうっかり写らないように気をつけながら 上ばかりを見つめていたところ・・・

メジロがすぐそばにやって来ました。

メジロ発見!

ところが、残念なことに・・・

「望遠レンズを持って来なかった!」

ことに気が付きまして、17~70ミリのズームレンズを目一杯望遠側にして(35ミリ換算で110ミリぐらい)やっとここまででありました。(泣)
(写真をクリックして貰えると少し拡大します)

備えあれば憂い無し・・・

解ってはいるんだけど、荷物は減らしたいし、前の日には使わなかったから今日も望遠レンズは必要ないと思ったし・・・。(泣)
次回からは面倒がらずに 望遠レンズは背中に常に背負っておくことに致しましょう。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1
2009年3月 1日

ネットの縁、不思議な感覚

昨日、 「春」を告げる梅の開花 として ここいわき市の専称寺さんの境内で撮影した写真をアップしてみました。

変な言い方ではありますが、素敵な場所だったのでチョイと紹介したのですが、早速に副住職さんからコメントをいただきました。
ありがたい話であります。感激いたしました。

専称寺の境内

本来、お寺さんっていうのは人々の集う場所なんでしょうけれど、縁が無いとそうそう足を運びませんよね。
ただ、こうやってコメントを頂戴したりするとネットの縁(えにし)とでも申しましょうか、親しい感覚を持てるっていうんだから不思議なモノであります。

加えて、同好の写真愛好家の方が声を掛けて下さったり、出向いて良かったと感じました。
副住職さん曰く、梅の見頃は「あと十日から2週間ほど」だそうです。お近くの方はお出かけになってみてはいかがでしょうか?

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

「春」を告げる梅の開花

「仕事休んで ナニやってるの?(笑)」

って言われそうですが、久し振りの土曜日の休診。
昨日の降雪混じりの荒れ模様が一転して久々の晴れ間が覗いた2月の最終日。
いわきで有名な梅の名所に出向いてみました。この専称寺です。

春を告げる梅の開花

タイミング的にはチョイと早かったようです。
おそらくは老梅って言うのか、樹齢の行った梅だからかもしれませんが周辺の梅に比べると開花が遅いようでした。
満開にはあと十日ほど待たなければならないってところでしょうか。

バックの青空が綺麗でしてねぇ。

気持ちの良いひとときを過ごせました。もっとも帰り道にはクシュンクシュン(花粉症)が始まってしまい難儀はしましたが・・・。(泣)

こういった風景を写真に収めるのは好きなんですが、正直なところ、梅と桜の区別すら明確にはつかないレベルではあります。(笑)

Clover melody

驚いたのは、そのお寺に行く前にパソコンでチェックした時のことです。ナンと お寺のブログがありました。(驚)

更新は途絶えがちのようではありますが、お寺 と ブログ 。
チョイと不思議な気がしたモノです。(笑)

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

Google +1

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
http://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。

多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するために治療設備の充実と技術の向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。

お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

Google +1