インプラントはMRIも問題なしです

最近、患者さんから、または医療従事者の方々から頻繁に尋ねられることがあります。
「インプラントが入ってる方はMRI(核磁気共鳴画像法)がダメって聞いたんですけど・・・」って感じです。おそらくはインプラントそのモノの素材や意味合いがハッキリしないが為に案じられるのかと思われますが、御安心下さい、これは一部の例外を除いてまったく問題はありません。

一部の例外ってナンでしょう?
世の中にはいろいろなことを考える方がいらっしゃって、外れやすい入れ歯をナンとか磁石で外れにくく出来ないモノか・・・と考えた方がいらっしゃいます。
「磁性アタッチメント」と呼ばれるモノがそれで、下図のように根っこだけが残った歯や埋め込んだインプラントにキーパーと呼ばれる磁石を装着し、着脱する入れ歯の方にもう一個の磁石を埋め込み、その磁力で安定を図ろうとするのがそれです。

磁性アタッチメント

理に適った手法ではあるのですが、この状態でMRI検査を行った場合には磁力の影響が及ぶエリアはナニも写らなくなってしまいますのでマズいのです。(泣)
上図の「歯根」と書かれているところが「インプラント」である場合にはMRI検査には「インプラントはMRI検査に適さない」って事になろうかと思われます。

つまりはダメなのはインプラントではなく、「磁性アタッチメント」ってことになりましょうか。

こんな入れ歯が入ってる方は御確認下さい。
ナニを隠そう、私の父親が実際にその状態でありました。
鼻の病気があってMRIの検査をする際に、歯根の内部に上図のようにしっかりと接着してあったキーパーを外すことを余儀なくされました。モチロン、こういったモノは二度と取れないように接着してありますので やむなく壊して外すしかなかったのです。(泣)
次のようなチョイと特殊な入れ歯をお使いの方はご注意下さいね。
モチロン、このイラスト動画の状態なら磁石は使ってないので大丈夫であります。


※ 上の方法は、インプラントを埋め込み、そのインプラントを土台として入れ歯を安定させしっかり噛めるようにする治療法です。インプラント上部と義歯内部にセットするキーパーには様々な方法がありますのでお知りになりたい方はこちらから御相談下さい。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら