歯周病はアゴの骨が溶ける病気!

日々の診療において、多くの患者さんとお話しさせていただきます。
その中で歯の根っこがアゴの骨(以下、顎骨)の中に植わってることを御存知ない方が多い事に気付かされます。そりゃぁ~どう見ても歯ぐきに植わってるようにしか見えませんが、歯ぐきは厚さ数ミリにも満たないような顎骨にへばり付いてるだけの存在に過ぎないのです。すぐ下は顎骨(上顎骨と下顎骨)であります。

その顎骨・・・・歯周病の進行に伴いどんどん溶けてしまうということを御存知でしたでしょうか?
そもそも「顎骨に植わっている」という事実を御存知なければピンとは来にくいかとは思いますが、ほとんど痛みもなく長い時間を掛けて溶けて行ってしまうと・・・・お解りいただけようかと思いますが困った事態が生じます。(泣)

原因等の詳細は他のページに譲りますが、庭の植木がそうであるように歯の根っこを取り巻いてくれる顎骨が無くなれば歯は立っていることが出来なくなります。グラグラになって、酷い人だと自然脱落にまで至ってしまいます。(泣)

「歯周病治療」はこちらへ


歯周病の進行
歯周病が進行することにより顎の骨と歯ぐきが少なくなり、歯をしっかりと支えることができなくなります。そうなると支えを失った歯は残念ながら抜けてしまいます。


水面下の状況を見てみましょう
表面的には歯ぐきの発赤・出血・腫脹が症状のように見えますが、それはあくまでも上辺上のことであって実際には水面下でこんな事が起こっているのです。
歯周病が進行することにより顎骨は次第に痩せてしまい、必然的にしっかりと歯を支えることができなくなります。骨が少なくなるに伴い、歯ぐきも下がり歯は不安定に・・・・歯周病が進行し咬合痛等に苛まれはじめます。


原因に敏感になりましょう!
下記の原因にご注意下さい。
我々歯科医も、好んで歯を抜きたい訳ではないのですが、抜かずに居られないってケースにほぼ連日遭遇してるのが実情であります。

1. みがき残しのプラーク
2. 歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
3. 不適合な冠や義歯
4. 不規則な食習慣
5. 喫煙
6. ストレス
7. 全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
8. 薬の長期服用

回復しないので、予防いたしましょう!
予(あらかじ)め防ぐ・・・・とはよくぞ言ったモノで、いったん溶けてしまったアゴの骨は元に戻すことが出来ません。(泣)
テレビのコマーシャルでも「予防! 予防!」と連呼されるのは元通りには回復しないからです。

「歯周病治療」はこちらへ

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら