唾液がむし歯を治してくれる !?

テレビのCMで「再石灰化」って聴いた事がありませんか?
随分と前になってしまいましたが、コマーシャルで「再石灰化」なるモノを取り上げていたことを思い出します。正直、イメージも湧きにくく何処までその言葉が浸透するだろうかと思ってましたが、実はこれ、我々の口腔内で常に起こってるありがたい作用なんですよ。

唾液の効用、再石灰化
むし歯は口腔内が酸性に傾いて脱灰と呼ばれる歯の表面からのミネラル成分が溶け出すことに始まり、そのまま、そのミネラル流失が続いてしまうと必然的に歯の表面に穴があき、いわゆるむし歯(表層の崩壊)が発生します。
しかし、初期むし歯と呼ばれるような初期の初期のむし歯になる前の状態である微少なる脱灰(ホンの僅かな崩壊)は、ありがたいことに唾液に含まれるカルシウムイオンとリン酸イオンがそこに取り込まれることにより僅かな欠損部は自然修復され、元の健康な歯の表面に戻る事が出来るのです。

この脱灰が修復される現象を、再石灰化と呼びます
これを画像によるイメージで見てみましょう。


「脱灰」と「再石灰化」の絶妙なるバランス
脱灰と再石灰化は、お口の中で日々起こっています。ということは、崩してしまう脱灰より修復してくれる再石灰化を促進させ優位に保てば、むし歯の発生を減らすことができるってことに繋がるワケです。

どうしたら再石灰化を優位に保てるのでしょう?
歯みがきも大事でしょうし、酸性の食べ物や飲み物を避け「脱灰」を防ぐ事も効果がありましょう。
中でも一番効果があるのは唾液が修復してくれる時間を増やすこと・・・・つまりは間食などの少ない規則正しい食生活ではないでしょうか?

毎日 繰り返し起こる「脱灰」と「再石灰化」は、昔 学校の理科の授業で習ったお口の中のph値に左右されるため、食後にお口の中が酸性に傾き過ぎると脱灰が進んでしまいます。
その後の時間経過時に唾液により中和が起こり元の口腔内状態に戻ると同時に脱灰した部分の再石灰化が促進されるのがメカニズムとなります。

再石灰化には時間がかかります
だらだら食べたり飲んだりしている場合、口腔内では脱灰ばかりが起こり再石灰化の為の時間がなく、歯からミネラルが溶け出し崩壊して行き易いお口の中にいつもなってしまっていると考えられます。
イメージとしてはこんな風です。


唾液はお口の中の快適環境のために欠かせない存在!
気持ちは解るのですが、砂糖が入ったような美味しい飲み物を頻繁に摂取するのは、常に脱灰優位状態続くことになるのでむし歯が発生しやすいと言えましょう。注意は必要ですよね。
特に部活の終了時とかに中高生達がそういった環境になりがちなので注意を要します。

こうして考えて行くと、睡眠中は何方も唾液の分泌量が減りますからこの再石灰化が起こりにくいことが想像出来ます。
寝る前の飲食は宜しくないって言われるのには理由があったんですね。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら