歯が無いと転びやすくなる !?

誰だって転びたくて転ぶモノではないかと思います
御高齢の方にとっては、例えば転倒して骨折でもしようモノならそれを契機に「寝たきり」になってしまうなんて話を良く耳に致します。事実、私の祖母がそうでありました。(泣)
それが歯が無くなることでその確率が一気に増すとなると穏やかでは居られませんね。

厚労省の調査によれば・・・・

『歯を失って義歯を使わなければ転倒のリスクが2.5倍に!』

なるんだそうです。
具体的に言うと、65歳以上の年齢の方で19本以下の方(本来は28本)は2.5倍って事らしいのですが、やはり歯を喪失してはならないし、仮にそうなったとしても咬合の維持安定の為に「入れ歯」や「インプラント」の必要性が生じてくるって事でもあろうかと思います。
その理由としては、ちょっと難しい言い回しになりますが、『臼歯の咬合の喪失に伴い脚力やバランス機能の低下につながることが報告されていて、歯や咀嚼筋から中枢に向かう神経が体のバランス機能と関連することが示唆されているから・・・』ナンだそうですよ。
(※ 詳細はこちらです)

では、その19本以下ってどんな感じなんでしょうか?
単純に考えれば「28本ー19本=9本」欠損となりますが、例えば次の写真の方は何本欠損でしょうか?

欠損
欠損

「どう見ても4本欠損じゃない?」と思われがちですが、この方は上下で14組(上14本+下14本)あるはずの咬合が10組(上10本+下10本)しか無いことを考えると、都合4組欠損ですから8本無くなってる20本の方と一緒になってしまうのです。(泣)
それを考えると我々が日常臨床でお目にかかる頻度は随分と多いケースって事になります。

たかが1本、されど1本
やはり生まれ持って備わってる天然歯は大事にしないとなりませんね。
ご高齢の方であっても咬合がしっかりと維持されてる方は「かくしゃく」となさってます。我々歯科医であれば誰しもが感じてるその事を多くの方に知っていただき、転倒防止のみならず健康維持に役立てていただきたいと考えます。

加齢に伴う一般的な咬合の変化
平均的な咬合の変化・変遷はこんな感じかもしれません。



カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら