認知症のリスクはなんと1.9倍!

誰だって避けたい認知症・・・
当たり前の事ですが、人間としての尊厳なるモノを考えた時に、認知症という事態は避けたいモノであります。
その認知症、実は「歯」というか「咬合」に深く関わっているという事実を御存知でしたでしょうか。
実は、年齢や生活習慣等に関わらず、歯がほとんど無くなっているのに義歯(入れ歯)を使用していない人や常日頃からの「かかりつけ歯科医院」への受診習慣の無い方は認知症発症のリスクが高くなることが知られるようになりました。

歯が無いと1.9倍 認知症になりやすい
歯がほとんど無くなって居るのに義歯(入れ歯)を使用していない人は、20本以上歯が残っている人の1.9倍も認知症発症のリスクが高いんだそうです。
加えて歯がほとんど無くなって居ても、義歯(入れ歯)を入れることにより認知症の発症リスクを4割抑制できるとも言われています。
(※ 詳細はこちらです)

歯科医であれば誰でも肌で感じて知っています
認知症の方は、歯の状態も良くないことが知られています。無理もありませんでしょう、認知症になってしまえば歯の手入れも疎かになりましょうし、逆に多くの歯が残ってらっしゃる方は80代になられても「かくしゃく」となさってるイメージが我々歯科医にはあります。

咬合不良はトラブルが多く、歯を喪失することや歯周病により「糖尿病」や「心疾患」など全身の健康状態に影響が現れることが明らかになってきています。

脳の認知機能の低下を招く
歯を失った後に義歯を使用しないことによって認知症発症リスクが高まると言われております。
義歯(入れ歯)を使用せずに噛めなくなることに伴い、栄養が偏ったり咀嚼機能の低下が起これば脳の認知機能の低下を招いている可能性が示唆されています。
その反面で、仮にほとんどの歯がなくても義歯を入れることで認知症の発症リスクを抑制できる可能性も明らかになって来ています。
やはり生まれ持っての天然の歯は大事にしないとなりませんね。

咬合の回復の必要性
認知症発症リスクが1.9倍であることを考えると・・・
不快感を伴うことが多いかもしれませんが、喪失したら義歯(入れ歯)インプラントにより咬合の回復は必須なんではないでしょうか。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

プライベートなBLOGはこちら