インプラントとは?

従来は歯を失った場合には、ブリッジといって失った歯の両隣の歯を削って無い部分の歯を作ったり、取り外しの義歯(入れ歯)しか方法がありませんでした。モチロン、今でもこれらは保険診療の中心をなすモノであります。
ただ これらの方法はそれぞれに欠点が有り、ブリッジについては失った歯を作る為に両隣の歯を削ることにより削った歯の寿命が短くなってしまったり、また取り外し可能な入れ歯は硬い物を咬むと粘膜に痛みがあったり噛む度に入れ歯が動いてしまったりして、必ずしも快適な使用感が得られる訳ではないのです。

そこで登場したインプラント治療は、人工歯根治療(じんこうしこんちりょう)とも言われ、下のイラスト動画のように歯が抜けてしまった部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を入れてそれを支柱とし、その上に支台部(歯を直接支える部分)と人工の歯をしっかりと固定する治療法であります。


インプラントは生体との親和性が高いチタンという金属で作られています。チタンは長年の基礎的・臨床的研究からインプラントの材料として最も安全であり、また顎の骨としっかりと結合すれば、その上には丈夫で安定した歯を作ることができます。
入れ歯ではどうしても100%の満足を得ることが難しかった"食べる・話す"こともインプラント治療によりご自分の歯と同じような感覚を取り戻すことが出来る様になるのです。

インプラントが可能な人

インプラントは、重度の全身疾患がない限りほとんどの成人(18歳以上が好ましいようです)に適用できます。ただし必要条件としては、インプラントを埋入する骨のスペースがあること、チタンという金属に対しアレルギーがなく重度の歯周疾患がないことなども挙げられましょうか。高齢者の方でも条件に当てはまれば施術が可能です。(80代前半の患者さんへの埋入経験有り)
患者さんのコンプライアンス(理解力・協力度)に合わせて、インプラント治療におけるリスクの存在は認識しておいていただかないとなりませんし、同時にそれに対する限界等も知っておいていただかないとなりません。

インプラントの寿命はどのくらい?

インプラント自体は、材質的に言えば半永久的なものです。製品が向上し、医学の進歩も相俟って手術の成功率は95%に近い高い水準を維持しておりますが、何年もつかと正確には言えません。背景に歯周病の存在や歯ぎしり、喫煙等に代表されるような不良習癖的要素がありますと寿命を短くしてしまうことは良く知られております。

ブラッシングはやはり必須でして、手入れの具合によりその寿命は決定されてしまいます。御自身でのメインテナンス(プラークコントロール)は勿論のこと、半年に一度程度の定期的な検診を受けていただく事が必須となりますでしょうか。
残念なことではありますが、骨が異様に無い様な方の場合などの難症例では技術的な問題によるトラブルも否定は出来ません。そういった場合のインプラントの失敗は通常1年以内に起こることが多いようです。

医院で行う定期検診には必ずお越しいただき、その際にはお口の状態のチェックを十分にして、その方に応じた正しいブラッシング方法を当院の歯科衛生士さんが丁寧に指導させていただきます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら