院長あいさつ

院長あいさつ

こんにちは。酒井歯科医院の院長・酒井直樹です。
気が付いたら歯科医になり四半世紀余りが過ぎ行きました。我々の仕事と言えば当初は一般的なむし歯治療であり歯周病の治療が中心。そこに予防歯科の概念が加わり、ルーティンの治療にもインプラントレーザー治療マウスピース矯正やPCを駆使した進化著しいセラミック治療が関わるようになり我々の日々の診療も随分と大きな変化を遂げました。
それでも正直申しまして未だに思うようにコントロール出来ない顎関節症や歯科的不定愁訴、ストレス性の食いしばり、それに伴う歯根破折に遭遇することもしばしばあるのです。

我々が関わる歯科学の奥の深さを改めて感じずには居られません。この年齢になりやっと「年齢」の「齢」という文字に「歯」が入ってる事の深い意味を納得出来るようになりました。

考えてみますと10数年前から我々の必需品となった携帯電話(スマホやガラケー)の台頭、更に遡ればパソコンの出現が人々の日常姿勢を変え、それに伴い歯科治療の質を変化させたようにも感じます。
普段は私自身も全く意識しては居りませんが、スマホを見る時にガクッと下がる我々の頭部は非常に重く、それを支える頸部(首)への骨格的負担や支えてくれる顎口腔系の諸筋群への負荷は想像を超え、我々の身体(特に頸部)は悲鳴をあげては居りませんでしょうか?
それを食い止め改善を図るには、従来の歯科的知識のみならず様々な分野の知識を取り入れていかなければならないのです。

何かに書かれてましたが「食べる事」と「歩く事」は全ての基本だそうです。
しっかり美味しく噛めてかつ高齢になってもスタスタと歩け全身の健康を維持出来るようでありたい・・・私自身もそう願っておりますし、地域の皆様の健康増進にも寄与したいと存じます。

皆さんにとって最良の歯科医療を提供するその為にも、治療設備の充実は勿論のこと、休日には研鑽を積むことで新たな知識や技術の向上にも努め、より良きデンタルヘルスケアを提供して参ります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら