小学校に出向く「歯みがき指導」で子ども達と交流

院長あいさつ私は地域の中央台南小学校の学校歯科医を務めております。学校歯科医と聞くと、子ども達がずらりと並んで順番にお口の中を調べる歯科検診をまずは思い浮かべることでしょう。実はそれ以外にも「歯みがき授業」を行うことも学校歯科医としての仕事で、歯科衛生士と歯科助手が学校に出向いて歯みがき指導を行います。

医院スタッフは診療で日頃から学童期のお子さんと接しているので、場の雰囲気にのまれることもなくしっかり指導しているようです。後日、その日の様子を映した写真が届きましたが、子ども達の素敵な笑顔が印象的でした。その場の楽しい雰囲気が伝わってき私まで嬉しくなったりしたんですよ。デンタルスタッフがいつものユニフォームを身に纏い学校に赴き一緒に楽しく学べればイメージが良くない歯医者さんも怖くなくなりますしね。これからもこうした形で関わっていくことで、地域の子ども達にプラスになれば・・・と考えて居ります。

歯みがき授業の光景.JPG左の写真は平成27年度開催時のモノで、ありがたいことにその「歯みがき授業」実施の後に養護教諭の先生が一文と児童達の感想を添えて送って下さったモノです。
こんな授業も楽しそうに感じられませんでしょうか?(笑)
(写真はクリックで拡大します)


カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら