医療費控除の対象となる医療費

医療費の中にも、医療費控除の対象になるものとならないものがあります。

医療費控除の対象になるもの
・医師、歯科医師に支払った診療費、治療費、薬代
・治療の為の医薬品購入費、薬局で買った市販の風邪薬
・通院、入院の為に通常必要な交通費(電車賃、バス代、タクシー代等)
・治療の為に、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による治療を受けた際の施術費
・入院の部屋代、食事の費用
・妊娠中の定期健診、検査費用
・出産の入院費
・子どもの治療のための歯科矯正
・在宅で介護保険をつかった時の介護費用

医療費控除の対象にならないもの
・人間ドック等の健康診断費用(病気が発見されない場合)
・自分の都合で利用する差額ベッド代
・健康増進のビタミン剤や漢方薬
・病院までマイカーで行った時のガソリン代や駐車料金
・里帰り出産のために乗った飛行機代
・美容整形

医療費控除の対象になるモノとならないモノの違いは、予防のための医療費はダメで、治療のための医療費はOKと覚えておくと宜しいようです。例を挙げると、インフルエンザの予防接種は予防目的なので認められず、その代わり薬局で買った風邪薬は認められるようであります。
私の知識に間違いがあるかもしれませんので、キチンと国税庁のホームページなどで御確認願えれば幸いです。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら