歯科の医療費控除とは?

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合に、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。
治療にかかった費用は医療費控除の対象となります。医療費控除は医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、1年間に10万円以上の医療費が必要となった場合に所得税と住民税の一部と戻ってきます

本人及び生計を同じにする配偶者その他親族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)を支払った場合には、翌年の3月15日までに申告すると医療費控除が適用され、税金が還付または軽減されます。その申告時に必ず窓口で発行した領収証の添付が求められますので、大切に保管願えると宜しいようです。

モチロン、歯科医療費だけに限りませんし、それこそ単身赴任のお父さんも、下宿をしている大学生の子供さんも、生活費を仕送りしている両親もみんなの医療費を合算できるので御家族皆さんで領収証を纏めておかれると宜しいかと思います。

ただし、1年間に支払った医療費が10万円以上でなければ対象となりません(申告額は200万円が限度です)。所得金額にも因るのですが、お考え以上に戻って参りますので是非とも有効活用なさって下さいませ。また、所得金額合計が200万円までの方は、所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できる制度となってるようであります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら