材質・種類別の費用(詰め物編)

小さなむし歯はコンポジットレジン充填での対応が可能です。ただ、むし歯がある程度の大きさになってしまった場合には一部分の詰め物(インレー・アンレー)で対応する必要性が生じて参ります。 こちらでは保険適用の金属から、審美的に優れたセラミックの歯まで比較してみます。 材質には一長一短があります。通常の保険診療の金属から進化が著しいセラミック素材まで、詳細をより詳しくお知りになりたい方はこちらのページからお問い合わせいただければお答え致します。

各種インレーの比較
項目 イメージ ワンポイント 美しさ 耐久性 税抜価格
オールセラミック
セレック
セレックインレー.jpg ・審美的に優れお勧め致します
・e-maxやジルコニアよりは安価
・精度の高いセレックで作製
◎ ○ 42,000円
オールセラミック
e-max
e-maxインレー.jpg 最高の美しさ
・強度はセラミックの3倍
・精度の高いセレックで作製
◎ ○ 52,000円
金銀パラジウム合金
保険のインレーそのモノ.jpg保険のインレー.jpg ・いわゆる銀歯です
一般的によく使われる素材
・金属アレルギーがでることがある
× ○ 保険適用

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス