親知らずを抜歯する理由とは?

親知らずの抜歯人間の永久歯は、最大で上16本・下16本の上下合わせて32本あります。このうち、永久歯の中で一番最後に生えてくる歯が親知らずで、奥歯の一番後ろの歯になる第3大臼歯となります。10代後半から20代にかけて生えて来る事が多いのですが、顎が小さかったり狭かったりすると十分に生えるスペースが無いため、斜めになったり隣(手前)の歯を押すようになったり様々なトラブルを引き起こしてしまいます。多くの歯科医は親知らずの抜歯をすすめますが、ケースによっては残しておいてもお口の中にトラブルが起きない人もいらっしゃいます。

親知らずだからといって必ずしも抜歯をする必要はありません。真っ直ぐに生えていて、上下の歯がしっかり噛み合いトラブルもなければモチロンそのままにしておいても大丈夫です。抜歯が必要になるケースとしては次の場合などが挙げられます。

<親知らずを抜歯するケース>
・まっすぐ生えていない
・噛み合う歯がない
・他の歯に悪影響を与える
・治療に影響がでる(矯正等)

普段は症状がなくても、強いストレスや疲れが溜まったり風邪をひいたりする体調不良に陥ると、智歯周囲炎(智歯=親知らずのこと)と言って突発的に腫れや痛みが出て来ることがあります。普段はトラブルが無いからと安心せずに、親知らずが生えて来たら一度、歯医者さんに相談すると宜しいのではないでしょうか。

 

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

プライベートなBLOGはこちら