難症例には、大学病院の教授が手術します!

インプラント他院で「インプラントは無理」と診断された方でも、当院ではインプラントができる場合があります。難症例の場合は大学病院の先生方と連携して当院でインプラント埋入手術を行います。来ていただくのは大学病院の口腔科学講座の教授です。優れた技術をお持ちで、生体監視モニターで全身を管理しながら行うので安心してお任せできます。

また難症例に限りますが、静脈内鎮静法によるインプラント手術を実施します。静脈内鎮静法は、静脈内に鎮静剤を点滴で入れて麻酔をかける麻酔法です。鎮静効果があるのでほぼ眠っている状態で手術ができ、意識はありますが手術中の記憶が残らず術中の痛みや恐怖がなくなりリラックスした状態で手術ができます。

「静脈内鎮静法」はこちらへ

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら