インプラントなら周りの歯(隣在歯)を守ることが出来る

ブリッジブリッジと呼ばれる修復方法は、時には両隣の歯を大きく切削して細身にしてしまいます。場合によってはむし歯でもナンでもなかった歯を徹底的に削ってしまうことがあります。また、考えてみれば3本でやっていた仕事を2本に担わせる事になるので単純計算で1.5倍の負荷を常に掛け続けることにもなりましょう。

我々人間だって、3人分の仕事を2人にさせてしまえば当初は頑張ってくれようかとは思いますが、やがては疲弊することを経験的に知ってます。そこにブリッジの最大の欠点が潜んでいます。

入れ歯また、入れ歯は両隣の歯を削るのは微量で済みますのでダメージ的には少なく済ませることが出来ます。それでも咬合時の負荷は相当に掛かって参りましょう。
我々は、歯を抜く時にペンチのようなモノで歯をグリップし揺さぶるようにして抜いていきます。入れ歯のバネ(針金様のモノ)も同様で、歯にしがみついて人工歯部分の負荷(揺さぶり)に常に絶えていかねばなりません。

総入れ歯の方は最初っから総入れ歯だったわけではありません。最初は数本の欠損で、そこに入れ歯を入れる・・・・バネの掛かった歯は最初は頑張るのですが数年後には負荷が大きすぎて動揺を来たし脱落していきます。しばらくしてまた隣の歯にバネを掛け同じ事を繰り返していきます。欠損が大きくなればなるほど残りの歯への負担もまた大きくなり、気が付けば1本も無くなってしまった・・・という話を皆さんから良く伺います。

インプラントインプラントにはそれがありません。経験上、逆にグラグラだった隣在歯が隣にインプラントという鉄骨のような柱が立つとしっかりしてくることをしばしば経験いたします。
インプラントというモノは他の歯を守る治療法といっても過言では無いんじゃないでしょうか。

 


カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら