CT検査なしでの施術は致しません

歯科で言うところの上顎洞・・・これは通常「副鼻腔」と称する鼻腔両サイドの空洞であります。
ここにインプラントを埋め込む際には、当たり前ではありますが不用意に突き抜けてしまわないように常に意識しないとなりません。
昨今では上顎洞そのモノを埋め立てる「サイナスリフト術」・「ソケットリフト術」が選択されるケースもありますが、外科的侵襲を鑑みた場合に懸念されることも当然生じて参ります。そこで、CT検査で精査をすることで比較的にしっかりした骨組織の存在を見出せることも多々あるのです。
どうあれ、上顎の奥歯部分に埋入する際にCT撮影をせずに埋入することは有り得ない処置となりました。

※ この動画の上部の黒い空間が上顎洞(副鼻腔)となります。4倍速に編集してみましたので御覧下さい。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス