お口の健康診断「定期検診」は最大の予防

定期検診なるべくお子さんにストレスを与えない治療を心掛けてはおりますが、むし歯が大きくなれば大人と同じように麻酔をして歯を大きく削らなければならなくなり その分治療が大変になります。当然ですが、むし歯が小さければ小さいほど治療は早く終わりお子さんにも大きな負担が掛かったり致しません。むし歯にならないことが一番の最適治療法です。歯磨きや親御さんによる最後の仕上げ磨き、そして定期検診を習慣化していただいて、少しでも様子がおかしいと感じたら早めに歯医者さんを受診するように心がけましょう。

定期検診でお口の変化を確認
毎日の歯磨きもモチロン大切ですが、定期的に歯医者さんに行きお口の中をチェックしてもらってはいかがでしょうか。むし歯の予防はもちろんのことむし歯の早期発見・治療にもつながりますし、その都度のフッ素塗布も有効なる予防手段になりましょう。お子さんの成長を見ながら適切な処置やアドバイスも可能かと思われます。むし歯がなければお口の中を見るだけで終わりですが、親御さんと医療者双方が「頑張って偉かったね!」と褒めてあげることがお子さんの自信を養う事にも繋がりましょう。小児期から慣れていただく事で「歯医者さんギライ」も僅かかもしれませんが克服できようかと思います。定期検診を受けて、むし歯のないお子さんの口腔内を実現して参りましょう。

歯みがき指導でお子さんのセルフケアをサポート
歯みがきの習慣が出来たとしても、お子さんは歯ブラシをなかなか上手にコントロールできません。歯を磨いては居ても汚れが残っていては磨いてないのと一緒です。それ故に御家族のサポートが必要ではないでしょうか。お子さん御本人の歯みがきが終わった時点で、御家族の方がお子さんのお口を入念にチェックして仕上げ磨きをしてあげると宜しいかと思います。小学校に入学するとお子さん御本人任せになりがちですが、理想的には年齢的に「ひとつ、ふたつ、・・・・・やっつ、ここのつ」と最後に「つ」が付く10歳前ぐらいまでは最後の仕上げ磨きまで見てあげて欲しいと思います

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら