オフィスホワイトニング、術前の確認事項

下記の各点を御確認いただき、また御同意下さい。

☑  ホワイトニングは歯の内部の色素を分解し歯の色調を明るく変化をさせる処置です。どんなに白くしても不自然な白さにはなりませんが、逆に陶器や紙のような白さにすることはできません。また治療し詰めた物や被せた物の色調は変化しないためにこれらの色調が異なって見えるようになりますので、そこだけ目立つ場合は詰め直しなどの処置が必要になります。

☑  ホワイトニング処置は個人によりその効果が異なり、すべての方が必ずしも現在の状況から改善されるという保証がありません。抗生物質による変色や神経が無い歯、金属による変色など、変色の原因によって色調の改善が見込めないこともあります

☑  ホワイトニング効果の持続期間は変色の原因及び生活習慣によって異なりますが、3~6ヶ月を目安に御来院いただき、クリーニングや追加のホワイトニングなどをお受け頂く事により長期に渡る白さを保つ事ができます。

☑  ホワイトニングにより、知覚過敏・歯肉の熱感・粘膜の潰瘍・歯の痛み(しみる)等を生じる可能性があります。これらは一時的なもので通常数日で治癒します。

☑  ホワイトニングを行う事で、すでに知覚過敏の傾向にある場合には更に悪化する可能性があります

☑  ホワイトニングを行う歯にむし歯や歯周病がある場合、ホワイトニングができない場合があります。この場合は治療を優先させていただきます。

☑  下記の全身状態にある方はホワイトニング治療を控えさせて頂きます。
(無カタラーゼ血症・光線アレルギー・妊娠中・授乳中・妊娠の可能性が高い方・未成年者)

☑  ホワイトニングを行うと歯の表面に白い点や帯が現れることがあります。これは歯に元々あるものがホワイトニングにより強調されたものです。数日経つとまわりに馴染みますが、それでも気になる場合は御相談下さい。

☑  ホワイトニング直後は酸性の飲物・食べ物は控えて下さい。また、ホワイトニング後24時間は、着色性の食品(コーヒー・紅茶・ウーロン茶・赤ワイン・煙草・カレー・ケチャップ・トマトソースなど色の濃い食品、色の濃いうがい薬 )は控えて下さい

☑  薬剤を服薬中の方は、オフィスホワイトニング用ライトにより発疹や掻痒感、口腔周囲の粘膜の腫れや痛みが伴う可能性があります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら