歯ぐきの状態をチェックしましょう!

歯周病治療

御自身のお口の中を鏡に映してよく観察なさってみて下さい。そこで気が付いたり、または普段から次のような症状はありませんでしょうか?

☑ 歯をみがくと歯ブラシに出血がにじむ
☑ むし歯じゃないのに歯がしみる
☑ 歯ぐきが腫脹している
☑ 歯ぐきに触れると、ブヨブヨとした感じがする
☑ 歯ぐきが赤みを帯びていたり、不健康そうな色に変色している
☑ 歯と歯の間のすき間が大きくなった
☑ 目覚めた朝にお口の中がネバつく感じがする
☑ お口の臭いを指摘されたり自分でも気になる

こうした症状があれば大人の方であれば7割8割もの方が罹患していると言われる歯周病かと思われます。歯周病は放っておくと進行しますが、早めに治療をすれば症状を抑えることが可能です。少しでも歯ぐきの調子が変だと感じたら早めに歯周病検査を受けてみて下さい。

歯周病は早期発見・治療が肝心
歯周病の直接的原因は汚れと細菌です。歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)の中に汚れ(プラークや歯石)が溜まると、そこで細菌が繁殖して毒素を出します。その毒素によって歯ぐきに炎症が起きたり、悪化すると歯を支えている骨を溶かしたりします。初期段階ではほとんど症状はありませんが、歯ぐきから出血したり炎症が起きるようになって更に進行(支えの喪失)すると、やがて歯がぐらつき始めます。

5.jpg

さらに悪化すると歯を支えきれなくなって抜け落ちてしまいます。恐ろしい病気ですが痛みを伴わないが故にお気付きになれない方が大多数です。例えて言えば建造物の基礎部分が知らぬ間にシロアリに食われてグズグズになっていくのと同じかもしれません。早期発見・治療をすれば進行を食い止めることが出来ますので歯を守って参りましょう。

001.jpg

レントゲンで見てみましょう!
そもそも歯が顎(アゴ)の骨に支えられていることを御存知ない方も大勢いらっしゃいますが、その骨が溶けて消失してしまうとなれば穏やかではありません。ひとたび溶けてしまった骨は元に戻ることがありません。予防が大事と言われる所以はそのせいでありましょうか。

99.jpg

歯ぐきをチェックいたします
歯科衛生士さんが下記の様な「プローブ」と呼ばれる器具を使って歯周組織内部(歯周ポケット)の状況を調べます。それほどの痛みは伴いませんが、レントゲンと同様に現状把握には欠かせません。
22.jpg
チェックでこんな違いが解ります。数値が大きいほど事態は深刻となります。(泣)

12.jpg

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら