歯周病の進行と治療

歯周病は、初期段階から中期~末期へと進行し、進行状況によって治療法が変わってきます。

歯肉炎(初期段階)
歯と歯ぐきの間に溜まった汚れに細菌が繁殖して歯肉炎が起き、とても出血しやすくなった状態です。まだ自覚症状はほとんどありませんし。アゴの骨へのダメージも生じていません。この段階でしたら数回のスケーリングで歯ぐきの状態を改善できます。
下p1.jpg

中等度歯周病
歯周病が進行して歯周ポケットの深さが4mmを越えた状態です。歯石が深部まで付着し出血や口臭などの自覚症状が現われます。歯周ポケット内部に汚れが入り込み歯を支えている骨の消失が始まって歯がぐらつき始めます。治療では状況に応じ麻酔をかけた上で専用器具を使って歯周ポケットの内側に付着した歯石を徹底除去します。
下p2.jpg

重度歯周病
歯周病がさらに進行して歯肉が化膿し骨の後退や歯の動揺が顕著になった状況です。支える骨は消失しこのまま放っておくと確実に歯は抜けます。通常の歯周病治療では根治が難しくなり歯周外科が適用になりますが、原因が有る限り抜歯は避けられません。それでも治療が困難な場合は抜歯となります。(泣)
下p3.jpg

骨消失の進行は動揺を促進します

歯肉炎右中等度歯周病右重度歯周病

イラスト動画でも見てみましょう
こんな風に骨が消失してしまう前に予防対策を講じて参りましょう。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら