根管治療でなるべく歯を残す

根管治療むし歯が大きくなって神経まで達すると、食べた時にしみたり痛みが走ったりして食事がままならなくなります。また頬が大きく腫れたりズキズキと痛くなると夜も眠れなくなり日常生活に大きな支障を来します。むし歯が神経まで達すると、神経と神経の通っている細い「根管」の中にまで細菌侵入を許すことになる為に根管内部の汚れを取り除く根管治療を行うことを余儀なくされます。根管治療で物理的に根管内の洗浄・除菌をした後、科学的に殺菌剤を充填して完全密封すると、根幹内部は無菌状態になってやっと細菌の感染を阻むことができるようになります。

どうも「神経を取って被せた歯はむし歯にならない」と思ってらっしゃる方が多いように思うのですが、モチロンそんな事はありません。逆に根管治療をした歯はもろくなりやすく、しかも再感染リスクが高まりますので、処置後はメインテナンスや歯みがきを習慣化して予防・管理に心掛ける必要性が生じます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

プライベートなBLOGはこちら