むし歯の進行と治療法

むし歯の進行は、COからC4までの5段階があります。進行するほど治療が大変になりますので、早期発見やレベルに応じた早期治療が大切だと感じます。

CO(ごく初期のむし歯)CO
歯の表面が酸で溶けたごく初期の状態です。この段階では治療をせずに、フッ素塗布フッ素入りの歯磨剤で歯磨きをすると再石灰化して元の状態に戻ります。

C1(初期のむし歯)C1
むし菌によってエナメル質が溶かされて小さな穴があいた状態ですが、この段階ではまだ痛みはありません。治療ではレーザーを照射してむし歯の部分だけを削り白い詰め物での処置が可能です。

C2(中度のむし歯)C2
むし歯が象牙質まで広がってしまい、冷たい物や甘い物を食べるとしみたり触ると痛みがあるのでやむなく麻酔をして治療をします。むし歯が小さな場合には白い詰め物が可能で、神経近くに広がってしまった場合には、麻酔をしてむし歯を削って歯型を取り金属やセラミックの詰め物を製作して歯に接着するようになります。

C3(重度のむし歯)C3
むし歯がさらに大きくなって神経まで広がった状況で、激しい痛みを伴います。神経が壊死した場合には、炎症を起こして膿が根の先に溜まってしまったり、場合によっては歯ぐきが大きく腫れたりします。この段階になるとやむを得ずに根管治療が必要です。麻酔をして神経や膿を取り除き、根の中を殺菌してから金属やセラミックの被せ物を装着します。

C4(重症のむし歯)C4
ほとんどの歯が溶けてなくなり残っているのは根だけの状態です。治療可能な歯質が残っている場合もあるにはありますが・・・・厳しいと言わざるを得ません。残せそうな場合には長期に渡り根管治療を施し被せ物を装着できるように最大限の努力は致します。それでも治療が困難な場合も多くあり、その場合はやむを得ず抜歯になります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

プライベートなBLOGはこちら