痛みやストレスの少ないMI治療

一般歯科

麻酔をされる時の痛みがどうしてもイヤ・・・・。むし歯が小さいのにがっつりと歯を削られるからイヤ・・・・。そんな理由から歯医者さんが苦手という方は多くいらっしゃるはずです。お気持ちは良く理解出来ます。治療中に痛みやストレス(不安・心配)があると、それが原因で歯医者さんに治療に行くのが嫌になりますよね。私も逆の立場だったら絶対にそう思っちゃいます。
我々が取り組む最良の歯科治療を安心して受けてもらうには、治療中の痛みやストレスを可能な限り取り除くことが求められましょう。当院ではなるべく痛みやストレスの少ない低侵襲な治療(MI治療)に取り組んでいます。

痛みの少ない治療痛みの少ない治療
患者さんにとって一番の不安は治療中の痛みに違いありませんでしょう。当院では痛みの不安を取り除くために、麻酔による痛みの少ない治療に取り組んでいます。麻酔の不安をなくすために、しっかりと説明し了解を得てから麻酔を致します。その際には表面麻酔を使って針を刺す時の痛みを出来るだけ和らげ、電動麻酔器や極細の注射針を用いながら麻酔薬を注入する時の痛みや違和感を可能な限りコントロールします。歯を削る時はキーンという音のタービンだけで無くマイクロモーターの器械(音が小さい)を使ったり小さなむし歯ならレーザー機器を用いたり致します。その際には、過熱防止の為の水を掛けながら冷却しつつ切削いたします。

●マイクロモーターとは?
従来から歯科治療の代名詞として取り上げられる歯を削る器械(タービン:キィーンという音のするヤツ)は、空気の圧力でドリルを回転させますが、回転する時に横ブレがし易く歯に振動が伝わってしまうことから痛みや違和感が生じ易いと言われます。またあの多くの方にとって忌まわしいキィーンという音が発生し不快感を与えてしまいます。その点、マイクロモーターは電気で回転させる為に軸ブレが少なく歯に大きな振動が伝わりにくいので、削る時の痛みを僅かながらも抑えることができます。

「痛みの少ない治療」はこちらへ

なるべく歯を削らない治療なるべく歯を削らない治療
歯は削る量が増えるほど健康な歯質が少なくなってしまい、当たり前ではありますが その分脆くなってしまいます。当院では、レーザー治療を取り入れたなるべく歯を削らない治療に取り組んでいます。むし歯の大きさや深さを見ながら、なるべく歯を削らない治療法をご提案します。小さなむし歯はレーザーを使ってむし歯だけを確実に取り除きます。

「なるべく歯を削らない治療」はこちらへ

なるべく歯を残す治療
むし歯が深くなり神経近くに達して来ちゃうと、残念ながら通常は抜髄(神経を取る処置)になってしまいます。ただし、きちんと診断し神経を残せると判断した場合には、3Mix-MP法を使って可能な限り神経を残したまま治療をいたします。またむし歯が悪化してしまい通常の詰め物治療が困難な場合には、根管治療で神経処置をした上で可能な限り歯を保存します。上記の最新の治療法を取り入れた治療で歯を残す最大限の努力を怠らないように致します。

 

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら