訪問歯科診療(往診)

どんな方も希望してそうなる訳ではないかとは思いますが、御高齢となり動きが取れなくなってしまった方、疾病が絡んで寝たきりの状態を余技なくされてる方の場合に、我々歯科医の方から在宅で診療をするという訪問歯科診療(往診)がポピュラーになって参りました。
実際にはナンでも出来る・・・といったレベルには程遠く下記の様に制約がありは致しますが、御希望いただければ当院は応じることが可能であります。まずはお電話いただき訪問日時等を打ち合わせて参りましょう。

私に可能な訪問診療
下記の治療に対応可能です☑ 口腔内のお掃除や付き添いの方へのブラッシング指導
☑ 入れ歯の新製や修理(この修理のリクエストが一番多いです)
☑ 全身状態が許す方の動揺歯の抜歯または固定

歯科診療とは言っても、「訪問」が付くと実際には削ったり根の処置といった細かい処置への対応は患者さんの全身状態等も鑑みますと困難を極めます。
また、訪問させていただける日も私の休診日で用事のない空いてる日に限定されますので、即時対応は無理になってしまいます。御理解いただけますと幸いです。

訪問歯科診療の意味と意義

思えば私が医院を開院したのは平成5年の事でありました。
それから今日に至るまで、自分でもいったいどれだけの義歯(入れ歯)を作らせていただいたか・・・・ちょっと想像が出来ませんです。

当時、例えば60歳だった患者さんはその後に何度か作り替えをしながら四半世紀の時を越えて85歳。場合によっては鬼籍に入られた方もいらっしゃいましょうが、御存命であっても寝たきり等で動きが取れなくなってらっしゃる方は・・・・むしろ そういった方の方が多かったりはしませんでしょうか?

唾液の分泌量が減少し、それに伴いむし歯や歯周病が増え、口腔内のケアが疎かになる・・・。体重の減少等で義歯が合わなくなる方もいらっしゃいましょう。それに対し我々歯科医や歯科衛生士さんが訪問して口腔ケアのお手伝いをする事の意義はとても大きいように感じて居ります。


昨今よく取り上げられるようになった誤嚥性肺炎・・・・これは、病気や加齢などによって本来なら食道に流れるはずの食べ物や唾液などが誤って気管に入り込み、お口の中の細菌もいっしょに肺に入って起こる肺炎の事であります。
口腔内を清潔に保ち機能を発揮させることで、この困った誤嚥性肺炎の予防にも努めて参りましょう。

訪問診療を御希望の方はこちらからお問い合わせをいただくか、電話(31-1000)にて御相談下さい。


かかりつけ医療の担い手のひとりとして

歯科医師会から郵送されて来たのか、はてまた何処の御家庭にも配布されているモノなのかも忘れてしまいましたが、「日本在宅ケアアライアンス」刊の・・・

● 私たちの街で最期まで(求められる在宅医療の姿)

と題した地域包括ケアシステム構築のためのヒント集が手元に届いておりました。実に丁寧に纏められておりまして、その中で私たち歯科医の役割も記載されておりました。私もそうありたいと思う所があったので切り抜かせていただきました。

"ゆりかごから墓場まで"、"むし歯予防から入れ歯まで"、年齢に左右されず、一家の子どもからお父さん、おばあちゃんの診療もし、そして訪問診療までこなす。家族をよく知っている歯科医師。

が求められているようです。困った時に頼りになる存在でありたい・・・そう願います。

Primary-care-dentist1.jpg
※ 「私たちの街で最期まで(求められる在宅医療の姿)」より拝借

いくつになっても口から食べる喜びを

私が"超"の付く高齢に差し掛かった時に、残念ながらフットワークが軽い・・・とは行きませんでしょう。そんな時にナニに喜びを見出すかと問われれば私自身も「美味しいモノを食したい」と答えるのでは・・・と思ったりいたします。

現実には、なかなかそうは行かないような方々も多くいらっしゃいますが、下記文章のように定期的な口腔ケアのお手伝いで苦痛を軽減させることで、口から食べる喜びを享受していただけるようでありたいモノであります。

Primary-care-dentist2.jpg
※ 「私たちの街で最期まで(求められる在宅医療の姿)」より拝借

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス