インプラント

インプラント

インプラントは口腔内における歯の機能を回復する治療の一つで、歯のなくなった部分にチタン製の人工歯根(インプラント体)を埋入して、その上に上部構造と呼ばれるセラミックや金属の人工歯を被せて固定(ネジ止め、または接着)する治療法です。入れ歯ブリッジに比べて違和感が少なく圧倒的に安定感があり、尚且つしっかり噛めて見た目も天然の歯とほぼ変わらないほど美しく仕上がります。

インプラントこれまでのブリッジとかの治療法と違って隣接する隣の歯を削ることが無く、またその隣接歯に一切の負担を掛けずに新しい歯を入れることができ審美的・機能的にも優れていることから ここ15年ほど前より急速に増加した治療法でもあります。

不安をお感じになる方もいらっしゃいましょうが、私は健在である3人の親(母・義父母)に対しても複数本数の施術をしすべて良好な状態を維持しております。安心してお任せいただいて問題ないかと思われます。

インプラントの優位性ってナンでしょう?

不安を取り除いて、安全かつ安心できるインプラント治療

インプラント治療は外科手術を伴うために不安に感じる方も多くいらっしゃいます。ドリルで穴をあけるってんだから無理もありません。お気持ちは良く理解できます。
それでも我々歯科医師がお勧めするのは、従来の方法(ブリッジ入れ歯)に比して圧倒的な優位性があるからに他なりません。危険で予後の悪い劣悪なモノであったら自分がこれまで御世話になった高齢の母や義父母・叔父とかに施術することは常識的に考えて有り得ませんでしょう
そのぐらいメリットが高く、安全であり、良く噛めるようになるからこそお勧めしていることを御理解下さい。

当院ではCT診断やカウンセリングをしっかり行うことで、手術前の不安を可能な限り取り除かせていただいております。また難しい症例の場合には、奥羽大学・大学病院の口腔外科学教室の教授に依頼して手術そのものは当院にて実施。クリーンで万全の手術体制の下、場合によっては静脈内鎮静法によるストレスのないインプラント手術をご提供いたします。

CTによる、正確な診断CT
インプラント治療において、もはやCT診断は絶対に不可欠と言われる時代です。歯科用CTが普及していなかった時代(10年前)ならいざ知らず、CT撮影無くしてのインプラント埋入は考えられませんし、絶対にやってはならないと言っても過言ではありません。
当院では歯や骨の状態を正確に把握するために、精密なCT撮影&診断を自院内で行うことが出来ます。CTで骨の形や厚み・深さ・量(ボリューム)、そして咬み合わせの状態などを詳しく調べ手術に対応できるかどうかを診断します。その上で、上部構造(被せ物)を含めた詳細な治療計画を立案します。

「歯科用CT完備」はこちらへ

カウンセリングで不安を取り除くカウンセリング
手術前に入念なカウンセリングを実施して納得いくまで御説明いたします。パソコン(iPad)やモニターを使い、図や絵、CT&レントゲン画像をお見せしながら可能な限り解りやすく説明いたします。治療方法や長期に渡る治療期間、手術のリスクや失敗率(一般的には上顎が失敗しやすい等)もお伝えします。また、治療費用は、シミュレーション・ソフト「デンタルX」で見積もりを作成し、それをお渡しいたします。

「細やかで詳しい説明」はこちらへ

手術前にお口の中の衛生環境を整える衛生環境を整える
歯周病があったり口腔内に汚れが残ったりしていると、インプラントに悪い影響を与えます。歯周病がある方は歯周病治療やお口のクリーニングを徹底的に行い、口腔内環境をきちんと整えてから手術を行います。

当日はスタッフ総出で対応しますスタッフ総出
インプラント手術がある時間帯は他の御予約はほとんど入れません。そうすることで、外部からの雑菌を水際で防ぐことができます。スタッフ総出で準備をし、滅菌済みの使い捨て(ディスポーザブル)器具を多用することで診察室の滅菌環境を完璧な状態に整えます。こうしたクリーンで万全な環境を整えることで、平成14年にインプラントを臨床導入して以来、長期に渡り成功確率の高い安全で安心なインプラント治療を提供できて居るのです。

難症例には、大学病院の教授が手術します!

インプラント他院で「インプラントは無理」と診断された方でも、当院ではインプラントができる場合があります。難症例の場合は大学病院の先生方と連携して当院でインプラント埋入手術を行います。来ていただくのは大学病院の口腔科学講座の教授です。優れた技術をお持ちで、生体監視モニターで全身を管理しながら行うので安心してお任せできます。

また難症例に限りますが、静脈内鎮静法によるインプラント手術を実施します。静脈内鎮静法は、静脈内に鎮静剤を点滴で入れて麻酔をかける麻酔法です。鎮静効果があるのでほぼ眠っている状態で手術ができ、意識はありますが手術中の記憶が残らず術中の痛みや恐怖がなくなりリラックスした状態で手術ができます。

「静脈内鎮静法」はこちらへ

インプラント治療の流れ

Step1. 診査・診断・治療計画の立案インプラント治療の流れ
お口の中を確認した上でCT撮影を行い、まずは正確な診断を行います。CT画像をもとに骨や咬み合わせの状態を確認。患者さんに図や絵・CT画像をお見せしながら治療について詳しく説明し、併せて治療計画をご提案します。

次へ
Step2. 一次手術インプラント治療の流れ
当院では、1回法・2回法の両方に対応が可能で症例に合わせて選びます。1回目の手術では、顎の骨にドリルで穴をあけてインプラント体を埋入します。
※1回法の場合は手術はこれで終わりです。

次へ
Step3.骨の治療インプラント治療の流れ
インプラント体と骨が結合するのを待ちます。期間は下顎で3か月、上顎で6か月程度必要とします。

次へ
Step4.二次手術インプラント治療の流れ
2回目の手術を行い粘膜に穴をあけてインプラント体の頭を出します。
※1回法で行った場合は二次手術はありません。

次へ
Step5.上部構造体の装着インプラント治療の流れ
型取りを行い、上部構造体(アバットメントという土台と被せモノ)を製作して装着します。最近ではこの部分にジルコニアという素材を多用できるようになりました。

次へ
Step6.メインテナンスインプラント治療の流れ
インプラントにした後も問題の無い状態で長く使い続けるには、メインテナンスがとても重要です。特に咬み合わせは加齢に応じてどんどん変わっていくので、3ヶ月~6ヶ月に一度の定期検診をお勧めしています。

 

歯が出来るまでを動画で見てみましょう!

一連の治療はこんな感じで進んで参ります。


 

 

アバットメント(土台)にジルコニア製を多用

特にニコッと笑った際に見えてしまう審美領域のインプラントに際しては、従来の金属のアバットメントではなく下記の写真の様な真っ白なジルコニア製のアバットメント(土台)を多用しております。
zirconia-abutment-1.JPGzirconia-abutment-2.JPG
zirconia-abutment-3.jpgzirconia-abutment-4.jpg
こうすることで、やがて歯肉退縮が起こった場合であっても目立つ事にはなりませんし、透けて見えても審美的マイナスを生じることは少なかろうかと考えております。
こちらのブログでも取り上げてみましたので、御一読願えれば幸いです。

インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較表

  比較008 比較009 比較010
治療法 失った歯根の代わりに人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる方法 歯を失った場所に人工の歯を、両隣の歯を土台にして、人工の歯を支える方法(固定式)
詳細はこちらです
歯を失った場所の周囲に金属の留め金(いわゆる「バネ」)を引っかけて固定させる方法
取り外しが可能
メリット ・天然歯のように顎の骨に固定するので、違和感がなく噛むことができる
硬いものを噛むことができるようになる
周りの歯を傷つけない
固定式であるため、装着しても違和感があまりない ・ブリッジのように健全な歯をほとんど削らずに補える
・比較的治療が簡単
見た目
自分の歯に近い

保険適用外のセラミックを使えば自分の歯に近くなる

留め金が見える部分もある
目立たない入れ歯はこちら
日常の手入れ
通常の丁寧な歯磨きと同じ
歯間ブラシは必須

通常の丁寧な歯磨きと同じ
歯間ブラシは必須
×
毎食後に外しての洗浄が必要
価格 1本30万円~
(手術費含め)
保険:数千円~
自費:18万円~
保険:数千円~
自費:9万円~
保険適用 ×
全額自費治療
ただし、医療費控除適用

保険適用可能(白い歯でも適用範囲が拡大されました)

保険適用可能
治療期間
4ヶ月~1年(状態による)

2週間~2ヶ月

1ヵ月~2ヶ月
治療時・
治療後
のリスク
・インプラントを顎の骨に埋めこむ手術が必要
・全身の疾患がある場合には治療ができない場合がある
・ブリッジを固定するために健康な歯を削ることになる
・支えている両隣の歯に負担がかかる
・空気がもれて発音が困難になることがある
・バネによる隣の歯への負担が大きい
・噛む力が健康な状態に比べて30~40%くらいになる
・毎食後、取り外して手入れをする必要がある
異物感・違和感が強い
・すぐにガタつきやすい

思ってらっしゃるよりは「小さい」です

インプラントの実物を見てみましょう。たぶん思った以上に小さいことに・・・驚かれませんか?
一般的に多用されるサイズは直径が4ミリ・長さが10ミリです。特に大臼歯部(奥歯)では実際の歯よりはるかに小さいモノが埋め込まれます。練習用のインプラントと模型の歯で見比べてみて下さい。

インプラント・モデル①.JPG インプラント・モデル②.JPG インプラント・モデル③.JPG 


何度も勉強を重ねてインプラントをマスターしました

「インプラント」のテクニックは歯科医師の誰しもがマスターしている訳ではありません。想像するに今でも2~3割の歯科医しか積極的に施術をしてはいないのではないでしょうか?

私が歯学部の学生だった当時はまだまだポピュラーな技術ではなく、大学の授業で学んだ記憶がありませんでした。これは現在同じ歯学部の4年生になる私の長男などもそれほど変わらないのかもしれません。手前味噌になりますが、意欲的な歯科医のみが日曜日に東京や仙台の講習会に出向き缶詰になりながら何度も何度も講習を受けて身に付けて行くモノのように認識して居ます。

セレック」なども一緒ですが、新たな技術は貪欲に学ばなければ習得することが出来ません。平日は休診にも出来ませんので、必然的に本来なら休むべきところの日曜日を受講に充てざるを得ませんでした。

新しい機器、新たなテクニック・・・・仕事上のそういったモノに対しての知的欲求は抑える事が出来ません。平成26年度には、一年間でインプラントだけを学ぶ100時間コースも終了いたしました。その意欲が歯科医療のレベルを前進させて行くモノと考えて居ります。下の写真は修了証明書です。学習の成果として新しい技術を皆さんに提供出来るようになりました。

Implant2.jpg Implant1.jpg Implant3.jpg

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

プライベートなBLOGはこちら