2018年3月29日

毎日のデンタルケア編

Q.市販の歯が白くなるという歯磨剤は効果があるんでしょうか?

A.

歯周病のQ&A 当然ながら多少の効果はあるんでしょうけれど、常識的に考えて「真っ白」になるとは考えにくいです。そもそも口腔内に入れる薬剤で、劇的に漂白するようなモノは厚生労働省の認可は下りませんでしょう。
今現在の歯の色より白くしたいとお考えでしたら、安全性が確立された薬剤での本格的なホワイトニングを私はお勧め致します。



「ホワイトニング」はこちらへ


Q.マウスウォッシュ液を使用するだけでむし歯を防ぐ効果はあるんでしょうか?

A.
歯周病のQ&A 上の質問と同じく・・・なのですが、むし歯菌や歯周病菌を完全に殺菌できる液体(マウスウォッシュ)が平気で市販されているとは考え難いのです。マウスウォッシュ液は、口の中の爽快感を向上させる働きはあると思いますが、それ以上のモノではありませんでしょう。使用することでむし歯や歯周病が防げるという効果は少ないと言わざるを得ません。

洗車を例えにすれば、泥んこ汚れは車体に薬液をかけるだけで綺麗になるんでしょうか? マイナスは無いかとは思いますが、結局はブラシで擦らないと綺麗にはならないイメージが私にはあります。

最も効果的なのは、時間を掛けた的確なるブラッシングでむし歯や歯周病の原因となる「汚れ」をしっかり除去する事に尽きますでしょう。モチロン、定期的な歯科医院でのクリーニングを行った上で、補助的にマウスウォッシュ液を使用なさることは否定致しません。むしろ推奨されるんじゃないでしょうか。

Q.義歯安定剤を使うことで「入れ歯」は使いやすくなるんでしょうか?

A.
義歯安定剤と呼ばれる入れ歯を安定させるペーストは、余程口腔内の状態が悪化(顕著な骨吸収等)して、いま現在お使いの「入れ歯」が合わなくなった際に補助的に使用するものかと考えます。本来ならば義歯安定剤を使用せずに快適に「入れ歯」を使えることがbetterではないでしょうか。そのように感じます。

体重の増減等が要因となり「入れ歯」が合わなくなってしまったら、まずは歯科医院での調整をお勧めします。もしくは、新たに作り直すことをお勧め致します。

Q.面倒でもフロス(糸ようじ)は使うべきなんですよね?

A.
歯周病のQ&A デンタル・フロスは通常のブラッシングだけでは除去しにくい歯と歯の間の隙間の「汚れ」を取り除くには非常に効果的だと思います。

ただし、力の入れ過ぎで歯ぐきを傷めてしまう可能性も否定出来ないので、まずは歯科医院のスタッフにレッスンして貰って下さい。

Q.食事の後の"つまようじ"・・・良くないって聞いたんですが?

A.

歯周病のQ&A つまようじの先っぽって、顕微鏡で拡大してみてみるとトゲトゲだらけだったり致します。それ故に、使い方によっては歯ぐきにマイナスのダメージを与えてしまうので私はお勧めしておりません。可能な限り、食後にはブラッシングをなさってみて下さい。もしくは、歯間ブラシをお使いになる事をお勧めしております。

各種の治療内容・紹介動画を御覧下さい

歯の本数と食事の関係~なにが食べられるの?~

例えば建物の柱が1本・2本と減って来たら、最後には倒壊し住めなくなることは想像がつきましょう。
歯(咬合)も建物とまったく一緒であります。
なるべく失わないように、失ってしまわれた場合には復旧を早期に図るようになさって下さい。


 

2018年3月28日

オーラルフレイルを御存知ですか?

聞き慣れない方も多かろうとは思いますが、最近注目されています。いつまでも要介護状態にならない様に、常なる「予防」は欠かせませんね。


 

2018年3月27日

どうして長い? 歯周病治療

正直なところ・・・歯周病治療に終わりはないように思います。御本人と治療者がクルマの両輪となって予防対策していくのが一番正解なんじゃないでしょうか?


 

2018年3月26日

お手軽なのに大きな効果! ホームホワイトニング

御自宅で繰り返し実施できるのがホームホワイトニングの最大のメリットでしょうか。御本人専用のカスタムトレーを作ってさえしまえば、あとは薬剤の補給のみで済みます。


 

2018年3月25日

自分では落とせない歯垢を徹底除去! PMTCのすすめ

最近、やっと定着して来た感があります「PMTC」なる単語。御存知でしたか?
ロフェッショナル・カニカル・ィース・リーニングを略したモノで、ブラッシングをしても落とすことが出来ない「汚れ」や、プラークの元になるバイオフィルムを機械や技術を使って除去することを示します。むし歯予防・歯周病対策にとても効果的であります。


 

2018年3月24日

治療前に知っておきたい歯の自費治療とは~むし歯治療編~

日本の保険制度が悪いと申すつもりは毛頭ないのですが、やはり歯科治療を行う我々歯科医師の立場からすれば時に大きな「制約」になってしまうのは否めません。
誰だって、不具合の多い「入れ歯」や両隣の健康な歯を大きく削ってしまう「ブリッジ」がベストだと考えて居る訳ではないのですし、どう見ても自然に見えない金属がベスト・マテリアルだと思ってる訳ではありません。
より良い歯科治療のサービスを提供しようと考えた際に、どうしてもその制約範囲外を考えざるを得ません。それが自費治療かと私は考えて居ります。


 

2018年3月23日

金属アレルギーはなぜ怖い?

御存知ない方も大勢いらっしゃろうかと思いますし、現に動画内にも述べられてますように知識の無い歯科医も居たりします。 私は重篤な患者さんを実際に治療させていただいた事があるので良く解ってるのですが、金属アレルギーは本当に酷いです。 ピアスだの指輪だのではなく、口腔内に存在する金属が原因となります。 手足の爪が消失し、手荒れがあまりに酷かった患者さんがすべての金属を外しセラミックの修復物にチェンジしただけですっかり良くなった症例に接すると、果たして金属使用の是非はどうなんだろうと考えさせられたりも致します。


 

2018年3月22日

歯科医院を早く終わらせるコツ~むし歯治療で来院した場合~

大概の患者さんはモチロンそんな事は無いのですが、中にはブラッシングもなさらずにお出でになる方がいらっしゃいます。(泣)
その場合には「型取り」をしようにもプラーク(食べかす)が邪魔になったりして上手く行きません。「まずはお掃除をしてから進めましょうね」ってことになりがちです。 常日頃よりプラークコントロールを心掛け綺麗になさってる方はそういったステップを踏まずに進めやすいので意識なさっては如何でしょうか?


 

2018年3月21日

超危険! 絶対NG! 治療放置

治療の中断・・・多くの方がそれを「ストップ」してるだけとお考えのようなのですが、実際には「悪化」してることがほとんどです。
考えてみたら建物の建設中なんかも、半年・1年と工事が「ストップ」したままになっていたら隙間から風雨に晒されてせっかくある程度まで上手く行っていたのにカビが生えたりするような「悪化」するイメージがお有りになりませんか?
その意味で、長期に渡る放置は歯科治療ではNGとお考え下さい。昨今はスマホからも再予約が可能ですので御利用下さい。こちらも御活用下さいね。


 

2018年3月20日

ダイレクト・ボンディング~小さめのむし歯におすすめです~

むし歯も小さなウチは治療は比較的に容易です。
過去には充填の素材としては金属が主流でしたけど、今では歯の色をした樹脂状の詰め物(プラスチック:保険適用)で見分けが付かないように埋めることが可能になりました。 欠点としては、大きな修復には向かないって点でしょうか?
大きくなれば保険では金属、自費治療ではセラミックの選択を余儀なくされます。 早めの加療をオススメするのはそれが理由でもあります。


 

2018年3月19日

いい歯でアンチエイジング!「歯の喪失」と顔の変化

多くの皆さんのお口の中を長いこと拝見してますと、その喪失本数とお顔の変化の相関性に気付かされます。
イメージ的な話になっちゃいますが、歯による咬合は柱によって支えられる建物とソックリな気がしてなりません。
柱が1本・2本・3本・・・・と無くなれば、その建物は軒が下がったり床が撓んだり、全体的に歪んで来ることが想像出来ると思うのです。
出来る事ならそんな家屋には住みたくないですし、口腔周囲もまた一緒・・・・張りを失い皺の多い状況は出来るだけ避けたいモノであります。


 

2018年3月 8日

(※ 映像後半は次世代のイメージ・・・といったところでしょうか)


2018年3月 1日

補綴物に関して詳しくなるためのセミナー

funai-Seminar20180227.JPG被せ物詰め物のことを補綴物(ほてつぶつ)と申します。当院は基本的にメタル(金属)からセラミックへの移行を目指してますが、昨今では保険適用範囲も拡大され後押しされてるような気も致します。
ただ、このセラミック系は進化が著しいのは宜しいのですが、それの特徴を当院スタッフも正確に把握をして患者さんに説明出来るようにならないとなりません。ジルコニアなどは特にそうですが、目まぐるしく新しい素材が出て来るのでしっかりと情報を整理せねばならないのです。

その為の訓練は時間を設けて修練せねば理解は叶いません。コンサルタントの方により良き伝え方を伝授していただき、サイトでの案内はモチロンのこと、紙媒体や実物をお目に掛けての説明を丁寧にして行くことがスタッフ全員で出来るように日々心掛けております。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス