2017年3月18日

大切です! 第一印象を決める口元~男性編~

明眸皓歯という言葉があります。ググってみますとその意味は・・・
『美しく澄んだひとみと白く整った歯。美人のたとえにいう』
とされます。
目ならぬ歯も口ほどにモノを言います。より良き第一印象の為にも明眸皓歯を保ちたいモノであります。


 

2017年3月17日

どうして歯は大事なの?

考えてみますと、人間はここぞって時に「歯を食いしばって」頑張るものですよね。その時に歯が喪失してしまい食いしばれないとなれば・・・・(汗)
我々は「人間」である前に「動物」なんですから、単純に歯を失った動物の末路を想像すれば歯の大切さが想像出来ようかと思います。歯を失ったトラやライオンが野山を駆けまわる姿が私には想像出来ないのです。(泣)


 

2017年3月16日

素材選びの落とし穴

素材の進化ってヤツは、歯科の業界でも目を瞠るモノがありましょう。金属をまったく用いないメタルフリーの治療法が昨今は主流になりつつあります。
保険診療でも、土台もファイバーコアが可能、被せモノでもCAD/CAM冠が小臼歯はモチロン、大臼歯の一部にも認められるようになって来ています。
次世代は技工士さんではなく機械が削り出してくれるセラミック修復物へ確実に移行するものと思われます。こちらのサイトでも紹介しております。


2017年3月15日

保険診療と自費診療

人それぞれ価値観の相違ってものがありますので、ナンとも言えないところがあります。高級ブランドの洋服じゃないと・・・って方もいらっしゃいましょうし、UNIQLOさんの安価なヤツで十分って方もいらっしゃるはずです。
保険診療をしない日は無いのですが、考えてみますと歯科医になった30数年前からそれほど変わった感じが致しません。(泣)
それに引き換え自費診療に関しては、新しモノ好きの私ですら付いていくのがやっとな感じが致します。
日進月歩の歯科治療・・・選択肢は随分と広がったように感じつつ日々の診療に従事しております。


 

2017年3月14日

二次カリエスをご存知ですか?

多くの患者さんとお話ししていて驚かされるのは、「治療した歯はむし歯にならない」って思ってるケースが多い事であります。
現実はその真逆でして・・・・この動画のような「二次カリエス」に十分な注意が求められます。(汗)


 

2017年3月13日

もしも、定期検診を受けなかったら、どうなるの?

よく「磨いてるから大丈夫!」って仰る方がいらっしゃるのですが、「磨てる」と「磨てる」はやはり根本的に異なりましょう。
大切なのは口腔内という見えにくい場所の現実を直視し、対策法をしっかりと立てることにあろうかと思うのです。
定期検診ってのは、その意義が深いと考えて居ります。


2017年3月12日

歯が割れるのを防ぐには

時代は変わり、私も十数年前から金属の土台(メタルコア)を入れる処置を一切しなくなりました。
モチロン、それ以前のスタンダードでしたし、未だになさる歯科医もいらっしゃろうかとは思いますが、その後の歯根破折を鑑みれば避けるに越したことはありません。
ファイバーコアってヤツが保険の適用にもなってますので、それや細い金属ピンを支柱とした「レジンコア」の方がbetterかと感じます。


 

2017年3月11日

オールセラミックのメリット

金属とセラミックは審美的な面ばかり取り沙汰されますが、アレルギーや二次カリエスの予防、歯肉の黒変なんかも確かに大事なポイントですよね。
現在は、機械によって歯を作るCAD/CAM機器の出現により精度が恐ろしく向上しました。技工士さんが作るモノよりはるかに精度が高いので、もうセラミックへの流れは戻らないと感じております。
こちらのページも参考になさってみて下さい。


2017年3月10日

メタルフリー治療

この流れが止まることはもう無いと思います。保険の金属に用いられるパラジウムの高騰もあり、厚生労働省も「メタルフリー化」の方向性を変えることはもう無いと思います。
2014年辺りからのCAD/CAM冠の保険診療への導入。どんどん適用拡大が進むのはもう間違いないです。技工士さん不足も相俟って、今後の機械化は加速するに違いないと私は思います。


2017年3月 9日

オールセラミックとは

その昔・・・と言っても十数年前のオールセラミックは、適合が悪く正直よく割れました。(泣)
それが昨今では、接着剤の性能の向上と、こちらのサイトでも紹介しております「工業品として生産されたセラミック・ブロック」からの精度の高い削り出し技術により強度は格段に増しました。
考えてみますと、金属やプラスチックのお皿での食事よりも瀬戸物のお皿やカップで過ごすひとときは優雅な雰囲気も同時に味わえようかと思うのです。当院ではセレックを用いてのオールセラミック修復物を自信を持ってお勧めしております。


2017年3月 8日

セラミックインレー

むし歯も小さなモノであればレジンというプラスチック素材で埋めるだけで十分に治療は可能であります。それが、だんだんに大きくなり隣在歯と隣り合う面まで崩壊が進んで参りますと保険診療では金属修復となってしまうのです。
こちらで紹介する「セラミックインレー」なるモノは、従来 金属でしか成し得なかった比較的大きな詰め物をも白い歯で修復することを可能にした画期的な素材と言えましょう。
条件が許せば1時間半前後での即日修復も可能です。詳細はスタッフにお尋ねください。


2017年3月 7日

根面むし歯とは

よく「昔は歯が丈夫だったのに加齢と共に歯が弱くなった」と嘆かれる方がいらっしゃいます。
モチロンそんなワケも無く、そうお感じになるのは以前は丈夫なエナメル質(身体中で一番硬い)しか見えて居らずむし歯になりにくかったのに、歯肉の退縮に伴い誰しもが弱い根面が露出してきたからに他なりません。
そうなる前に予防対策を講じるのが一番ですが、そうなってからも理屈をしっかりと御理解いただいた後にしっかりと対応なさるのが望まれます。


2017年3月 6日

二次カリエスを防ぐには

一度治療をした歯は二度とむし歯にならない・・・そう思ってらしゃる方は少なからずいらっしゃいます。
これはむしろ逆ですね。
手を加えた歯ほど要注意、二次カリエスってトラブルに巻き込まれやすくなります。
考えてみますと、事故を起こして修理した車は、一度も修理したことが無い車両よりも その後のトラブルが多いイメージがお有りになりませんでしょうか?
家にしてもそうで、増改築した建物ほど雨漏りとかし易いイメージが私にはあるのです。
歯もまったく持って同様、一番宜しいのはナニもしてない歯ということになろうかと思います。


2017年3月 5日

ファイバーコア

私自身、俄には信じられなかったり致しますが、研究者に言わせると「歯はしなる」んだそうです。
モチロン、表層のエナメル質は瀬戸物やガラス素材と同様に割れたりヒビが入りやすいのですが、内部の象牙質は適度に柔軟性があるが故にしなることが出来る・・・それ故に歯は簡単なことでは折れない様にそもそもが出来ているようです。
それなのに、歯冠(歯の見えるところ)が崩壊したからといって硬さを有する金属素材で修復すればそれは歯根破折にも繋がってしまいましょう。
昨今ではこのファイバーコアも保険導入になっておりますので、安心して対応が可能になって参りました。


2017年3月 4日

「CAD/CAM冠」をご存知ですか?

聞き慣れない言葉ではありますが、「CAD/CAM冠」って言うのは・・・・
Computer Aided Design(コンピュータ支援設計)
Computer Aided Manufacturing(コンピュータ支援製造)
のことであります。すなわちはセラミック修復物のすべてがそうかと思われますが歯科業界においては何故かそうでは無く、「保険で出来るセラミック冠」を差す言葉として使われて居るようです。こちらのページに詳細を記載しております。


2017年3月 3日

歯を抜かずに残す根管治療

思うに歯科の治療の中で一番に手間がかかるのがこの「根管治療」かと思われます。
考えてみますと、建物だってナンだって基礎が一番大事。この根の処置の上に上部の冠が位置する訳ですから手を抜くことは許されないのです。時間はかかりますがしっかりやっておくと"あとが楽"なんです。


2017年3月 2日

硬く美しい新素材ジルコニア

おそらくこの素材の出現で我々の審美歯科治療は激変したように思います。今まで難しかった前歯部・臼歯部を問わないブリッジの治療が容易になりました。
欠点もあるんです。ひとくちにジルコニアと言っても、自然な色合いだけど強度的にイマイチなやつと色はヤケにピカピカしてるけど強度は最強などがあります。
素材を適材適所に用いないとミスマッチが有り得ます。また、根管治療がしっかりなされて無いケースで再治療を要した際には・・・・外すのがモノ凄く困難で我々も頭を抱えることにもなっちゃうんです。(泣)


2017年3月 1日

入れ歯の種類~部分入れ歯編~

保険診療の入れ歯は否定されるようなモノではありません。欠損を補う上で当院でも扱わない日は・・・まずありませんです。
その一方で、審美的に優れたノンクラスプデンチャーなるバネ無し(目立たない)入れ歯が随分と普及して参りました。実際には見えない箇所に金属を用いたりして強度は保つのですが、素材の進化は日進月歩。上手に活用出来ると宜しいように思います。


カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス