2016年3月23日

スマートデンチャーのデメリット

1.サイズ的には大きく感じられる
通常のバネの有る入れ歯に比べるとサイズ的に大きく感じられることがあります。下記の写真を御覧下さい。欠損部は同じ2本ですが、見た目はスマートデンチャーの方が大きく見えようかと思います。

smart-denture.jpg

2.挟み込む設計でないと出来ない
スマートデンチャーは形状的に挟み込む形となります。よって欠損部がないところに維持力を発揮させることが出来ません。その場合には下記の写真の様にやはり金属バネを用いざるを得ない事があります。(設計に制限があります)

やむを得ずの金属バネ1.jpg   やむを得ずの金属バネ2.jpg


3.サイズが大きい時には裏側に金属補強が必要
柔軟性のある素材を使用していると言うことは全体がたわむことに他なりませんので、噛んだ際に変形を起こしかねません。
その場合には見えない後ろ側に金属床と呼ばれる補強部分を用いる見えない後ろ側に金属床と呼ばれる補強部分を用いることになります。下記の写真の様な感じであります。

大型のスマートデンチャーの欠点1.jpg   大型のスマートデンチャーの欠点2.jpg

御予約に際しお願いがあります

appointment.JPG御予約いただくに際して当院よりお願いがあります。

● やむを得ない事情でキャンセルされる場合には、早めに御連絡下さいませ。他の方をその時間に診療させていただく事が可能になります。

● 御予約の2日前にメールでお知らせするようにして居ります。メールアドレスの登録を御願い出来ますと助かります。詳しくはスタッフにお尋ね下さい。

appointment2.JPG●過去においてそうあることではないのですが、医院の突然の理由により休診になることがあり得ますので、確実に連絡が取れる電話番号等をお教えいただけると助かります
受付にも写真の様に掲示をして居ります。個人情報の管理に関しましては徹底しておりますので御安心下さい。

写真の細かい文面は下記の通りであります。

『医院の突然の理由により休診になる事がありますので、確実に連絡が取れる電話番号等をお教えいただきたいです。』

何度も勉強を重ねてインプラントをマスターしました

「インプラント」のテクニックは歯科医師の誰しもがマスターしている訳ではありません。想像するに今でも2~3割の歯科医しか積極的に施術をしてはいないのではないでしょうか?

私が歯学部の学生だった当時はまだまだポピュラーな技術ではなく、大学の授業で学んだ記憶がありませんでした。これは現在同じ歯学部の4年生になる私の長男などもそれほど変わらないのかもしれません。手前味噌になりますが、意欲的な歯科医のみが日曜日に東京や仙台の講習会に出向き缶詰になりながら何度も何度も講習を受けて身に付けて行くモノのように認識して居ます。

セレック」なども一緒ですが、新たな技術は貪欲に学ばなければ習得することが出来ません。平日は休診にも出来ませんので、必然的に本来なら休むべきところの日曜日を受講に充てざるを得ませんでした。

新しい機器、新たなテクニック・・・・仕事上のそういったモノに対しての知的欲求は抑える事が出来ません。平成26年度には、一年間でインプラントだけを学ぶ100時間コースも終了いたしました。その意欲が歯科医療のレベルを前進させて行くモノと考えて居ります。下の写真は修了証明書です。学習の成果として新しい技術を皆さんに提供出来るようになりました。

Implant2.jpg Implant1.jpg Implant3.jpg

certificate2015-03-15.jpg

Q.どのくらい白くなるのですか?

A.
shade-guide-advance.jpgどなたでも現在よりは白くはなりますが、日焼けのようにはどのくらい色の変化があるかの事前予想は正直難しいです。
こればかりはナンとも言い難いのですが、ご希望の白さと一致しない場合もモチロンあります。(元野球選手のような真っ白さはホワイトニングでは難しいです)
右の様な測定機械で術前・術後の色は計測致しますが、自然な明るさになる程度・・・とお考えください。
特に毎日のように御覧になってると色の変化といった曖昧なモノは比較が難しく実感を得にくいという欠点もあります。口腔内写真も撮影はし比較できるようには致しますが、条件の違いでハッキリしないところがあるので機械で測定するのが一番かと思われます。

待合室モニターでも紹介しています

「セレック治療」は新しい治療法ですので、導入歯科医院もまだ少なく、残念ながら我々歯科医の間でも理解されてない方がいらっしゃるほどであります。
一部ではありますが保険でも適用になりましたので、こんなスライドショーを医院待合室にて放映してお知らせもしております。(数秒ごとに紙芝居のように画面が切り替わります)

2017年12月からは下顎第一大臼歯(真ん中から6番目の大きな歯)も条件付きで適応になりました。詳しくはスタッフにお尋ね下さいませ。


セレックとインプラントの融合

ラミネートベニア、実際の症例

上記の様なセレックシステムを用い、変色歯に悩んでいらした女性の前歯にラミネートベニアを貼り付けてみました。所要時間は1時間半。お待ちいただく間に完成させることが出来ました。

クリーンな環境を作る医療設備(その②)

口腔外バキューム(フリーアーム)equipment06-2.JPG
前述の「クリーンな環境を作る医療設備(その①)」はどちらかって言うと患者さん間の水平感染予防を目的とした設備であります。それに対しこちらは術者サイドの飛沫感染予防を主たる目的にする装置と言えますでしょうか。
口腔外バキューム装置・・・平たく言えば強力な掃除機と言ったモノで、音がうるさいのだけは難点なのですが、歯の切削時にはどうしても目に見えないほどの細かな切削片(粉塵)や水飛沫を協力に吸引してくれるので今では欠かせないツールとなりました。
上手く考えられたモノで、先端の置き場所は自由自在。患者さんの顎の下にも置けますし、修復物の微調整時にもチェアーサイドで周辺を汚さずの切削・微修正が可能となりました。実際の吸引力を石膏模型切削で実証してみたのが下記の動画であります。

かかりつけ歯科医として治療後もメインテナンスを重要視

Primary-care.JPG2018年より、厚生労働省も推奨している「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」の認定も受けました。

従来の「痛くなってから治療」ではなく、「悪くさせない予防重視」にシフトする事を我々歯科医院も求められる時代になりました。
施設基準をクリアするのが難しいがためにこの「かかりつけ歯科医」の認定を受けるにはハードルが高かったのですが、予防重視はこれからの紛れもないトレンドですのでそのようにしてみました。

継続的なメインテナンスや予防処置を皆さんに提供出来ることを、医院の「診療の流れ」の根幹に据えて取り組んで参ります。
詳細は右の様な配布物で皆さんにもお知らせをしております。下記に内容も掲載してみます。

かかりつけ歯科医とは?(配布物文面・表)
sakai1805_kakaritsuke_A5_F.jpgむし歯や歯周病の重症化予防治療をより推進していくために設けられた新たな認定制度のことです。

この制度は通常の診察に止まらず、むし歯や歯周病に対し定期的な診察・管理を行う事で、悪化を未然に防いだり重症化を予防することを目的としています。今までも予防治療を提供していた歯科医院はありましたが、ハイレベルな技術・設備・サービスを提供している医院だけが厳しい審査を突破して得られる認定となりました。

当院も訪問診療やAED・生体監視モニター・歯科用吸引装置等の安心・安全な歯科医療環境を提供出来る装置を設置し、ハイレベルな洗浄・滅菌の院内感染防止策を徹底することでの認定であります。

今後も皆様のお口の中のサポーターとしてより一層努力して参ります。

歯周病治療に関して(配布物文面・裏)
sakai1805_kakaritsuke_A5_B.jpg歯周病治療は、継続的・定期的なお掃除が必須と考えられております。それ故に、従来から定期的にお掃除管理をさせていただいていた患者さんも多くいらっしゃいます。

今回、国(厚労省)が推進するこの【かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所】に認定されたことで、歯周病に関しましては正式に毎月の定期管理まで可能となりましたが、健康保険の制度上、窓口での実質費用負担が1,000円前後増えることになってしまうようです。

保険診療は厚労省の指針に則っての加療となります故に大変に心苦しくはありますが、この認定をきっかけにより一層の治療技術向上と安心の診療体制を整えて参りますので御理解願えれば幸いに存じます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス