痛みやストレスの少ないMI治療

一般歯科

麻酔をされる時の痛みがどうしてもイヤ・・・・。むし歯が小さいのにがっつりと歯を削られるからイヤ・・・・。そんな理由から歯医者さんが苦手という方は多くいらっしゃるはずです。お気持ちは良く理解出来ます。治療中に痛みやストレス(不安・心配)があると、それが原因で歯医者さんに治療に行くのが嫌になりますよね。私も逆の立場だったら絶対にそう思っちゃいます。
我々が取り組む最良の歯科治療を安心して受けてもらうには、治療中の痛みやストレスを可能な限り取り除くことが求められましょう。当院ではなるべく痛みやストレスの少ない低侵襲な治療(MI治療)に取り組んでいます。

痛みの少ない治療痛みの少ない治療
患者さんにとって一番の不安は治療中の痛みに違いありませんでしょう。当院では痛みの不安を取り除くために、麻酔による痛みの少ない治療に取り組んでいます。麻酔の不安をなくすために、しっかりと説明し了解を得てから麻酔を致します。その際には表面麻酔を使って針を刺す時の痛みを出来るだけ和らげ、電動麻酔器や極細の注射針を用いながら麻酔薬を注入する時の痛みや違和感を可能な限りコントロールします。歯を削る時はキーンという音のタービンだけで無くマイクロモーターの器械(音が小さい)を使ったり小さなむし歯ならレーザー機器を用いたり致します。その際には、過熱防止の為の水を掛けながら冷却しつつ切削いたします。

●マイクロモーターとは?
従来から歯科治療の代名詞として取り上げられる歯を削る器械(タービン:キィーンという音のするヤツ)は、空気の圧力でドリルを回転させますが、回転する時に横ブレがし易く歯に振動が伝わってしまうことから痛みや違和感が生じ易いと言われます。またあの多くの方にとって忌まわしいキィーンという音が発生し不快感を与えてしまいます。その点、マイクロモーターは電気で回転させる為に軸ブレが少なく歯に大きな振動が伝わりにくいので、削る時の痛みを僅かながらも抑えることができます。

「痛みの少ない治療」はこちらへ

なるべく歯を削らない治療なるべく歯を削らない治療
歯は削る量が増えるほど健康な歯質が少なくなってしまい、当たり前ではありますが その分脆くなってしまいます。当院では、レーザー治療を取り入れたなるべく歯を削らない治療に取り組んでいます。むし歯の大きさや深さを見ながら、なるべく歯を削らない治療法をご提案します。小さなむし歯はレーザーを使ってむし歯だけを確実に取り除きます。

「なるべく歯を削らない治療」はこちらへ

なるべく歯を残す治療
むし歯が深くなり神経近くに達して来ちゃうと、残念ながら通常は抜髄(神経を取る処置)になってしまいます。ただし、きちんと診断し神経を残せると判断した場合には、3Mix-MP法を使って可能な限り神経を残したまま治療をいたします。またむし歯が悪化してしまい通常の詰め物治療が困難な場合には、根管治療で神経処置をした上で可能な限り歯を保存します。上記の最新の治療法を取り入れた治療で歯を残す最大限の努力を怠らないように致します。

 

3Mix法でなるべく歯を削らずに神経を残す

3Mix法むし歯が神経付近に達すると痛みも生じて参ります。その折には一般的に歯を大きく削り感染が更にそれ以上拡大するのを防ぐために神経を取る治療(抜髄処置)をします。しかし神経を除去した歯は、残念な事に脆くなってしまい寿命も短くなります。当院では、可能な限りこの抜髄処置を回避する為に3 Mix-MP法を用いてなるべく神経を残す治療を心掛けております。

3Mix法は、仙台の宅重豊彦先生(東北大学歯学部出身)と新潟大学歯学部の星野悦郎教授との共同研究で開発した『薬でむし歯部分を無菌化するむし歯治療法』のことです。むし歯を残したまま削り、3種類の抗菌剤(それ故に3Mix)を詰めます。抗菌剤の作用で24時間でむし歯菌が死滅するので、通常は2回目の治療で詰め物を詰め神経を取らずに治療を終えることが可能となります。

3Mix法を使うことで、従来なら抜髄を必要とするような大きなむし歯でも神経を残したまま治療ができる可能性が広がりました。神経を残すことは、歯を長持ちさせる上で大変重要なポイントです。当院でも、なるべく歯を残すための最善の努力をしています。

※当院では、考案者の宅重医師の講習を受講した上で3Mix法を使用しています。

●ただし、万能ではありません
テレビや雑誌などで3Mix法が取り上げられ、まったく削る事無くどんな状態でも神経が残せると思っている方が実に多いようです。テレビの影響力とは恐ろしいモノで、御本人の宅重先生が「なるべく歯を削らない治療法」と仰ってるのにタイトルは前半部分が抜けて「歯を削らない治療法」と勘違いなさるのも無理がないような報道の仕方をされてました
激痛が走ったり、歯冠が大きく崩れたむし歯になると、3Mix法を使っても神経の保存は当然難しくなります。当院でもむし歯の状態をきちんと確認し可能な限り神経を残す努力はしますが、3Mix法でも困難であると判断した場合には抜髄になる場合もあることを御理解下さい。

 

根管治療でなるべく歯を残す

根管治療むし歯が大きくなって神経まで達すると、食べた時にしみたり痛みが走ったりして食事がままならなくなります。また頬が大きく腫れたりズキズキと痛くなると夜も眠れなくなり日常生活に大きな支障を来します。むし歯が神経まで達すると、神経と神経の通っている細い「根管」の中にまで細菌侵入を許すことになる為に根管内部の汚れを取り除く根管治療を行うことを余儀なくされます。根管治療で物理的に根管内の洗浄・除菌をした後、科学的に殺菌剤を充填して完全密封すると、根幹内部は無菌状態になってやっと細菌の感染を阻むことができるようになります。

どうも「神経を取って被せた歯はむし歯にならない」と思ってらっしゃる方が多いように思うのですが、モチロンそんな事はありません。逆に根管治療をした歯はもろくなりやすく、しかも再感染リスクが高まりますので、処置後はメインテナンスや歯みがきを習慣化して予防・管理に心掛ける必要性が生じます。

むし歯の進行と治療法

むし歯の進行は、COからC4までの5段階があります。進行するほど治療が大変になりますので、早期発見やレベルに応じた早期治療が大切だと感じます。

CO(ごく初期のむし歯)CO
歯の表面が酸で溶けたごく初期の状態です。この段階では治療をせずに、フッ素塗布フッ素入りの歯磨剤で歯磨きをすると再石灰化して元の状態に戻ります。

C1(初期のむし歯)C1
むし菌によってエナメル質が溶かされて小さな穴があいた状態ですが、この段階ではまだ痛みはありません。治療ではレーザーを照射してむし歯の部分だけを削り白い詰め物での処置が可能です。

C2(中度のむし歯)C2
むし歯が象牙質まで広がってしまい、冷たい物や甘い物を食べるとしみたり触ると痛みがあるのでやむなく麻酔をして治療をします。むし歯が小さな場合には白い詰め物が可能で、神経近くに広がってしまった場合には、麻酔をしてむし歯を削って歯型を取り金属やセラミックの詰め物を製作して歯に接着するようになります。

C3(重度のむし歯)C3
むし歯がさらに大きくなって神経まで広がった状況で、激しい痛みを伴います。神経が壊死した場合には、炎症を起こして膿が根の先に溜まってしまったり、場合によっては歯ぐきが大きく腫れたりします。この段階になるとやむを得ずに根管治療が必要です。麻酔をして神経や膿を取り除き、根の中を殺菌してから金属やセラミックの被せ物を装着します。

C4(重症のむし歯)C4
ほとんどの歯が溶けてなくなり残っているのは根だけの状態です。治療可能な歯質が残っている場合もあるにはありますが・・・・厳しいと言わざるを得ません。残せそうな場合には長期に渡り根管治療を施し被せ物を装着できるように最大限の努力は致します。それでも治療が困難な場合も多くあり、その場合はやむを得ず抜歯になります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら