被ばく量が少なく、身体に優しい

CTはX線で撮影するため、被ばく量を気にする方もいらっしゃいます。放射線医学総合研究所が放射線の被ばく量を比較したところ、歯科用CT撮影時では、0.1msv(ミリシーベルト)/1回、医科用CTは6.9 msv/1回。歯科用CTの被ばく量の方が格段に少ないことがわかります。胸部レントゲンと比較しても10分の1程度に過ぎません。

我々が受ける年間の自然放射線の線量と比較しても歯科用CTの1回の被ばく量は20分の1程度です。顎のCT撮影を1年間に20回行うことはまずありませんので、自然放射線の最大値に到達する心配もありません。歯科用CTは人体に優しく、撮影も短時間ですみますのでご安心ください。

私が常日頃愛読する雑誌でも、自然放射線と診断用X線の放射線量の比較を次のように発表しております。これを見ますと「東京~ニューヨーク間」の空の旅(片道)と相違ないことが御解りいただけるんではないでしょうか。施術時の安心に繋がる得られる情報量の多さを鑑みれば、逆に撮影しないでの埋入処置は当院では考えられませんです。

radiation-new.jpg

表中にも記載がありますが、私達は毎日の生活の中で、食べ物・飲み物・呼吸・空や地面・建物の壁などから自然放射線なるモノを受けています。その量は年間平均2.1msvに達します。オリンピックが開催されたブラジルなどでは、年間10ミリシーベルトを超える地域があるっていうんですから歯科のX線検査の安全性が御理解いただけようかと思われます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら