歯科用CTで精密なインプラント診断

歯科用CT

歯科治療は診断が重要です。特にインプラント治療のような安全性を重視する治療では、CT診断による正確な診断が求められます。当院では歯科用CTを完備し、CTによる精密なインプラント術前診断を行っています。
インプラント治療ではあごの骨がどういう形態になっているかを立体的に診ることが欠かせないのです。従来のレントゲンでは2次元の平面画像しか得られませんでしたが、CTを用いると3次元の立体画像が得られ、平面画像ではわからなかった歯やあごの骨の詳細な立体構造や神経の位置などを精度高く把握することができます。そのため当院では手術前にCT撮影を必ずしております。

歯科用CT(Computed Tomography)歯科用CT
歯科用CTは歯科医療に特化したコンピューター断層撮影診断システムで、放射線を照射して患部をスキャンし、コンピューターで断面画像処理をして診断します。レントゲン撮影と違って立体的に再現されるので、歯や骨の長さや幅がわかり、咬み合わせや隣接する歯の状態、口腔内の奥行や、血管や神経の位置関係まで、正確に把握することができます。

歯科医療では、ミクロレベルでの精密な診断が求められます。歯科用CTでは、独自のコンビーム方式により、短時間で高解像度の断層写真が撮影でき、診断の精度を高めています。

<CTのメリット>
・被ばく量が少なく、医科用CTの約10分の1程度
・撮影時間が短く、すぐに再現できる
・高解像度で、ミクロレベルでの診断ができる
・院内で撮影から診断までノンストップでできる
・口腔内全体が把握でき、正確で精密な診断ができる

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら