様々な治療の診断で活躍するCT

インプラントインプラント
インプラント手術の安全性を高めるには、CT診断は不可欠です。CT診断では、骨の状態がインプラントを埋入できるかどうかを正確に判断できます。歯や顎の骨の形、深さや厚みなど、口腔内を立体的に把握でき、噛み合う歯や隣接する歯の状態、神経や血管の位置関係もわかるので、埋入位置を正確にシミュレーションでき、より安全・確実なインプラント手術を実現します。

「インプラント」はこちらへ

歯周病歯周病
歯周病は、進行すると歯を支えている骨が細菌によって溶かされて後退します。一般的な歯周病検査は、歯周ポケットの深さを調べて進行状態を調べますが、骨の状態まではわかりません。CTで撮影すると骨の下がり具合がわかり、歯周病の状態をよりリアルに視覚で捉えることができます。

「歯周病治療」はこちらへ

根管治療の診断根管治療
歯の根の形は複雑で、根の先も複数に分かれているため、レントゲンではほとんどわかりません。肉眼でも見えないため、歯科医師の「経験」と「勘」だけが頼りの治療でした。CT診断をすると、根の先にある病巣はもちろん、神経の本数や根の先の形まではっきりと把握できるので、正確で精度の高い治療ができるようになります。

「根管治療」はこちらへ

歯根破折の診断
歯根破折とは歯の根が割れた状態で、抜歯の原因の一つです。正確な診断が難しく、根管治療が長びく場合は歯根破折の疑いがあります。CTで撮影すると根の状態がはっきりわかり、歯根破折の診断が正確にできます。

親知らずの診断親知らず
親知らずの根が下顎の下歯槽神経の近くにあると、抜歯をする時に傷つける恐れがあります。ここを傷つけると下唇にしびれがでることがあるため、CTで神経の通っている位置を正確に診断します。親知らずの根と神経の位置関係を立体的に把握できるので、安全に抜歯できます。

「親知らずの抜歯」はこちらへ

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら