セレック治療の流れ

セレック治療は通常のむし歯で整形の処置をした後、型取り・咬み合わせ決定・設計・製作の、4ステップを踏んだ後に装着します。

Step1.歯の処置セレック治療の流れ
むし歯などの治療をした後、土台となる部分を整形します。断面が荒いと接着力や装着状態が悪くなりますので、可能な限り滑らかになるよう丁寧に整えます。

次へ
Step2.歯のスキャンセレック治療の流れ
専用の口腔内カメラで、人工歯をかぶせる歯をスキャニングします。同時に、噛み合う相手の歯も撮影してデータをコンピューターに転送します。

次へ
Step3.咬み合わせを決定セレック治療の流れ
転送したデータをコンピューターに転送して再現し咬み合わせを調整します。専用ソフトを使ってコンピューター上で調整するので狂いや誤差の少ない咬み合わせになります。

次へ
Step4.人工歯の設計セレック治療の流れ
専用のコンピューターで人工歯を設計し、そのデザインをもとにコンピューター上で微調整を行い、精度を高めます。

次へ
Step5.削り出しセレック治療の流れ
設計データを専用のミリングマシーンに転送すると、削り出しが始まりわずか8~10分程度でオールセラミックの人工歯に仕上がります。

 

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

プライベートなBLOGはこちら