むし歯用・軟組織用、それぞれのレーザー治療

最新のレーザー治療

昨今では様々な分野でレーザー光が有効活用されています。その恩恵は歯科治療にももたらされる時代となりました。
歯を削る時の痛みは麻酔で抑えることができても、音や振動をなくすことは不可能だと思ってらっしゃいませんか。最新のレーザー治療でしたら、痛みはもちろん、音や振動による不快感がまったくありません。
しかも大概のケースで麻酔を使わなくてもむし歯治療ができるので、患者さんに苦痛を与えないMI治療(ミニマル インターベンション治療)として注目を集めている治療法です。安全で副作用もありませんので、妊婦さんや各種疾患でお薬を服用中の方でも安心して受診していただけます。

現在、日本の歯科医院で導入しているレーザー装置には波長別に4種類がありますが、その中で当院が導入しているレーザーは下記の最新機種・2種類です。

 むし歯が削れもっとも人体に優しい   Er:YAG(エルビウム・ヤグ)レーザー

 軟組織に対し威力を発揮してくれる   半導体レーザー

●レーザー治療の特徴
レーザー治療はレーザー光線を患部に照射して治療する方法です。レーザー光を患部に照射すると深部に作用して高い治療効果が得られます。レーザー装置には複数の種類があり、それぞれにレーザー光線の波長や性質が異なり患部への作用が変わってくるので、治療目的に応じた装置(硬組織様・Er:YAG(エルビウム・ヤグ)レーザー、もしくは軟組織様・半導体レーザー)を選ぶ必要があります。

「レーザー治療」に関する『Q & A』はこちらへ

 

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら