歯科用CTで精密なインプラント診断

歯科用CT

歯科治療は診断が重要です。特にインプラント治療のような安全性を重視する治療では、CT診断による正確な診断が求められます。当院では歯科用CTを完備し、CTによる精密なインプラント術前診断を行っています。
インプラント治療ではあごの骨がどういう形態になっているかを立体的に診ることが欠かせないのです。従来のレントゲンでは2次元の平面画像しか得られませんでしたが、CTを用いると3次元の立体画像が得られ、平面画像ではわからなかった歯やあごの骨の詳細な立体構造や神経の位置などを精度高く把握することができます。そのため当院では手術前にCT撮影を必ずしております。

歯科用CT(Computed Tomography)歯科用CT
歯科用CTは歯科医療に特化したコンピューター断層撮影診断システムで、放射線を照射して患部をスキャンし、コンピューターで断面画像処理をして診断します。レントゲン撮影と違って立体的に再現されるので、歯や骨の長さや幅がわかり、咬み合わせや隣接する歯の状態、口腔内の奥行や、血管や神経の位置関係まで、正しく把握することができます。

歯科医療では、ミクロレベルでの精密な診断が求められます。歯科用CTでは、独自のコンビーム方式により、短時間で高解像度の断層写真が撮影でき、診断の精度を高めています。

<CTのメリット>
・被ばく量が少なく、医科用CTの約10分の1程度
・撮影時間が短く、すぐに再現できる
・高解像度で、ミクロレベルでの診断ができる
・院内で撮影から診断までノンストップでできる
・口腔内全体が把握でき、精密な診断ができる

インプラント埋入前のCT検査は欠かせません

今どきですからCT撮影もせずにインプラント埋入をする歯科医師が居るとは思えませんが、これにより顎骨の断面確認等 様々な情報収集が可能となります。
この映像の患者さんは何ら支障の無い状況ではありますが、そうでない方もいらっしゃるワケでして・・・いや、むしろ条件の良いケースの方が珍しいと言っても過言ではありません。
インプラント埋入オペの際被曝量を少なくしつつ、骨幅を断面で3次元的に確認出来る「歯科用CT撮影」は必要だと考えて居ります。

 

インプラントはCT撮影無しには考えられません

かつて自院に歯科用CTを導入する前までは、近隣の大きな病院で顎顔面部だけのCTを撮影していただいておりました。患者さんにはその分の面倒や費用も御負担いただいておったのですが、そうまでしてCT断層画像を確認するのには当然 理由があるのです。
下記のYouTube動画の右上のブロックを御覧下さい。小臼歯部(前方)から大臼歯部(後方)へ断層面を行ったり来たりしてる様子です。
我々の下顎の骨ってのは実に独特な形状で、個々人千差万別であります。その断面が問題のない綺麗な山型の方もモチロン大勢いらっしゃるのですが、この方のように舌側下部がえぐり取られたように凹んでる方が多いことに驚かされます。これらの情報を精査し、それを元に埋入計画(方向・深さ)を慎重に決めていくのが我々の事前準備と言えましょうか。

因みに、どれほどの経験を積んでもこの状況は通常のレントゲンだけでは絶対に見極められません。

歯科用CTが今のように普及する前、もしくは医科用CTを利用させていただく前までは、多くの歯科医師がこれに気付かずに盲目的にインプラントを埋め込み、見えない部分で骨からインプラントを飛び出させたりするトラブルを多発させてしまっていた時期があったようです。(泣)
自分自身の事は棚に上げますが、現在では良識ある歯科医師であれば間違いなく自院完備のCTや医科に依頼をしてでもCT撮影をしてから施術するはずです。CT撮影無しのインプラント埋入だけは考えられませんです。その理由がこの画面からもお解りいただけようかと思います。


様々な治療の診断で活躍するCT

インプラントインプラント
インプラント手術の安全性を高めるには、CT診断は不可欠です。CT診断では、骨の状態がインプラントを埋入できるかどうかを判断できます。歯や顎の骨の形、深さや厚みなど、口腔内を立体的に把握でき、噛み合う歯や隣接する歯の状態、神経や血管の位置関係もわかるので、埋入位置を正確にシミュレーションできます。

「インプラント」はこちらへ

歯周病歯周病
歯周病は、進行すると歯を支えている骨が細菌によって溶かされて後退します。一般的な歯周病検査は、歯周ポケットの深さを調べて進行状態を調べますが、骨の状態まではわかりません。CTで撮影すると骨の下がり具合がわかり、歯周病の状態をよりリアルに視覚で捉えることができます。

「歯周病治療」はこちらへ

根管治療の診断根管治療
歯の根の形は複雑で、根の先も複数に分かれているため、レントゲンではほとんどわかりません。肉眼でも見えないため、歯科医師の「経験」と「勘」だけが頼りの治療でした。CT診断をすると、根の先にある病巣はもちろん、神経の本数や根の先の形まではっきりと把握できるので、精度の高い治療ができるようになります。

「根管治療」はこちらへ

歯根破折の診断
歯根破折とは歯の根が割れた状態で、抜歯の原因の一つです。正確な診断が難しく、根管治療が長びく場合は歯根破折の疑いがあります。CTで撮影すると根の状態がはっきりわかり、歯根破折の診断がより正確にできます。

親知らずの診断親知らず
親知らずの根が下顎の下歯槽神経の近くにあると、抜歯をする時に傷つける恐れがあります。ここを傷つけると下唇にしびれがでることがあるため、CTで神経の通っている位置を正確に診断します。親知らずの根と神経の位置関係を立体的に把握できるので、安全に抜歯できます。

「親知らずの抜歯」はこちらへ

 

被ばく量が少なく、身体に優しい

CTはX線で撮影するため、被ばく量を気にする方もいらっしゃいます。放射線医学総合研究所が放射線の被ばく量を比較したところ、歯科用CT撮影時では、0.1msv(ミリシーベルト)/1回、医科用CTは6.9 msv/1回。歯科用CTの被ばく量の方が格段に少ないことがわかります。胸部レントゲンと比較しても10分の1程度に過ぎません。

我々が受ける年間の自然放射線の線量と比較しても歯科用CTの1回の被ばく量は20分の1程度です。顎のCT撮影を1年間に20回行うことはまずありませんので、自然放射線の最大値に到達する心配もありません。歯科用CTは人体に優しく、撮影も短時間ですみますのでご安心ください。

私が常日頃愛読する雑誌でも、自然放射線と診断用X線の放射線量の比較を次のように発表しております。これを見ますと「東京~ニューヨーク間」の空の旅(片道)と相違ないことが御解りいただけるんではないでしょうか。施術時の安心に繋がる得られる情報量の多さを鑑みれば、逆に撮影しないでの埋入処置は当院では考えられませんです。

radiation-new.jpg

表中にも記載がありますが、私達は毎日の生活の中で、食べ物・飲み物・呼吸・空や地面・建物の壁などから自然放射線なるモノを受けています。その量は年間平均2.1msvに達します。オリンピックが開催されたブラジルなどでは、年間10ミリシーベルトを超える地域があるっていうんですから歯科のX線検査の安全性が御理解いただけようかと思われます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス