歯が削れる最新のレーザー治療

最新のレーザー治療

歯を削る時の痛みは麻酔で抑えることができても、音や振動をなくすことは不可能だと思っていませんか。最新のレーザー治療でしたら、痛みはもちろん、音や振動による不快感がまったくありません。しかも麻酔を使わなくてもむし歯治療ができるので、患者さんに苦痛を与えないMI治療(ミニマル インターベンション治療)として注目を集めている治療法です。
現在、日本の歯科医院で導入している主なレーザー装置は4種類(Er:YAGレーザー/半導体レーザー/炭酸ガスレーザー/ Nd:YAGレーザー)があります。その中でも当院が導入しているのは、むし歯が削れ、もっとも人体に優しい「Er:YAG(エルビウム・ヤグ)レーザー」です。

「レーザー治療」に関する『Q & A』はこちらへ

 

むし歯治療で認可のある「Er:YAGレーザー」

Er:YAGレーザー「Er:YAGレーザー」は、むし歯を削ることを目的として開発され、数あるレーザーの中で、唯一むし歯治療で認可が下りているレーザー装置です。最大の特徴は、一瞬にしてむし歯を分解してしまうことです。歯の構成要素の一つに水分があります。むし歯になった悪い部分は、健康な歯質に比べて水分を多く含んでいます。Er:YAGレーザーをむし歯に照射すると、瞬時に水分が蒸発すると同時に、むし歯も分解されるので、むし歯がキレイに除去できます。しかも、レーザーは、患部だけにピンポイントで作用するので、健康な歯質を傷める心配がありません。

Er:YAGレーザー

Er:YAGレーザーの安全性
Er:YAGレーザーが「もっとも人体に優しいレーザー」といわれるのは、熱の発生が少ないからです。通常のレーザーは、照射時に熱が発生しますが、Er:YAGレーザーは、光線と一緒にスプレー状の水が出るので、患部を冷やしながら治療できます。また生体組織の表層部のみに反応するので、熱による痛みや違和感がほとんどありません。しかもドリルで削る時のようなキーンという音や振動の不快感がなく、ストレスフリーの治療を実現。むし歯治療だけでなく、歯周病治療・口内炎・歯ぐきの黒ずみ除去まで、幅広い治療ができます。

●レーザー治療の特徴
レーザー治療は、レーザー光線を患部に照射して治療する方法です。レーザー光を患部に照射すると、深部に作用して高い治療効果が得られます。レーザー装置には複数の種類があり、それぞれにレーザー光線の波長や性質が異なり、患部への作用が変わってくるので、治療目的に応じた装置を選ぶ必要があります。

 

レーザー治療が可能な治療

むし歯治療レーザー治療でできる治療
むし歯をピンポイントで削るので、問題のない健康な歯質を残すことができます。器械で削る時のキーンという音や振動による違和感・不快感もありません。また殆どのケースで麻酔無しでも痛みがないので、低侵襲のMI治療(ミニマル インターベンション治療)が実現します。特に歯質の軟らかいお子さんの歯には有効で、可能な限りストレスの少ない治療ができます。なお当院のレーザー治療は、小さなむし歯が対象であり大きなむし歯や神経に達している場合は適応ではありません。(泣)

歯周病治療レーザー治療でできる治療
歯石の粉砕と歯周病菌の殺菌ができます。レーザーには水分を蒸発させる作用があり、水分を多く含んでいる歯石に照射すると一瞬にして分解して除去することができます。レーザーは殺菌効果があり、患部に照射することで原因菌を強力に殺菌・消毒します。また歯周ポケット内に照射して歯肉の内部を殺菌することで高い治癒効果が得られます。これにより治療期間の大幅な短縮と痛みがほとんどない歯周病治療が実現します。

歯肉の切開や小帯切除など歯肉の切開
膿がたまって腫れた歯ぐきの切開や小帯切除などは、レーザーを使うと痛みが少なく治癒効果も高めてくれます。口内炎や口角炎は1~2回の照射で炎症が治まります。また知覚過敏の症状を抑える効果もあります。

メラニン色素(歯ぐきの黒ずみ)の除去
喫煙(副流煙を含む)や食物の刺激で歯ぐきが黒ずんでしまった方は、このレーザーを用いることで次のイラスト動画のようにして除去する事が可能となりました。実際の症例もその下に載せてみます。詳細はこちらにも取り上げてみました。

laser-before.jpg 右 laser-after.jpg

この方は、コアと呼ばれる金属の土台が原因となり歯周組織を黒変させてました。外部からは数度のレーザー照射、仮歯に置き換えた歯の根の内部からは漂白剤を併用して歯肉の色の改善を図ってみました。

laser-before01.jpg 右 laser-after01.jpg

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

プライベートなBLOGはこちら