診断の精度を高める医療設備

正確な診断は、治療結果を左右するほど重要です。歯科用CTとデジタル・レントゲンを完備し、精度の高い診断を行っています。通常はデジタル・レントゲンで診断し、より詳細な診断が必要な時は、CT診断を行います。これによりむし歯治療からインプラント治療まで、正確な診断と治療ができるようになりました。

歯科用CT歯科用CT
歯科用CTは、被ばく量が医科用CTの1/10の人体に優しいシステムで、コンピュータを用いて断層撮影を行います。デジタル・レントゲンは撮影した画像が平面的ですが、歯科用CTは、お口全体を3D(立体)に捉えることができ、骨の状態や咬み合わせ状態を正確に把握できます。また情報が多いので画像が鮮明です。根の先の病巣や神経の位置まではっきり映り、小さな病巣も見逃すことはありません。歯科用CTの導入により診断の精度が高まり、インプラント手術や根の治療・親知らずの抜歯・歯周病治療など、より安全・確実に行えるようになりました。

「歯科用CT」はこちらへ

デジタル・レントゲンデジタル・レントゲン
デジタル・レントゲンは、フィルムを使わないレントゲンシステムです。撮影した画像をコンピューターに取り込んで、モニターで再現します。従来のレントゲンに比べ、クリアで鮮明な画像が得られます。また患部を拡大できるので、より詳しく見ることができます。現像を必要としないので、撮影後はユニットで一緒にご覧いただけます。被ばく量も少なく人体に優しいシステムです。

「レントゲンの種類」はこちらへ

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

プライベートなBLOGはこちら