カウンセリングの質を高めるツール

お口の中の状態や治療方法は言葉で説明しても正確に伝わらない場合があります。百聞は一見に如かずです。一眼レフカメラやiPadを用いて出来るだけ解りやすい説明を心がけています。

iPadiPad
カウンセリングでは、可能な限りiPadを使いながら説明いたします。口腔内写真やレントゲン写真を取り込んで患者さんにもご覧いただくと、御自身のお口の状態が非常にリアルに伝わります。説明資料(例えばこの医院HPそのもの)などもiPadでページをスクロールしながら御覧いただくことができるので、より理解度が高まろうかと考えて居ります。

一眼レフカメラ一眼レフカメラ
一眼レフカメラで口腔内を撮影します。リングフラッシュ付きなので、陰が移り込んだりせずに鮮明な撮影ができます。過去においてはスティック状のCCDカメラで口腔内をダイレクトに画面に映し出したりもして居りましたが、一眼レフにはやはり画質で劣る故に次第にiPadでの拡大にも耐えられる一眼レフの画像一辺倒になってしまいました。
カメラで撮影した映像は、説明用に使用するだけでなく歯科技工士さんにより精度の高い情報を提供する為にも用います。

 

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら