院長の研鑽

歯科医になってから四半世紀の歳月が流れましたが、他の業界同様 この歯科界における技術の進歩・革新には目覚ましいモノがあります。
かつて大学歯学部で学んだ常識は非常識であったり、インプラントにしてもCTにしてもレーザーCAD/CAM機器「セレック」にしても当時存在さえ「?」だったようなモノが現在では当たり前の存在となって参りました。
そんな中、歯科医師の頭の中だけが旧態依然としていては我々は仕事になりません。(汗)

常に最新の知見を学び、最新の機材を導入し続けるために研鑽を欠かすことは出来ません。加えて人口減少時代に突入しての人手不足は深刻でもあります。かつては考えもしなかった人的マネージメントの知識も学ばなくてはならなくなりました。昨今ではeラーニングの制度も重宝はするのですが、どうしても対面しての情報収集で無いと睡魔にも襲われ実が入らないという欠点があります。悩ましいところであります。

常にこの業界のトップ数%に位置すること・・・日々そんな事を考えながら研鑽を重ねる毎日であります。

東京・仙台・郡山へと通うここ数年
「デジタル歯科」の最新知識を学ぶ
「バネの目立たない入れ歯」の最新知識を学ぶ
保険診療の理解のために【歯科】
「か強診」施設基準を満たす介護対応研修会参加
和田精密さんの「義歯(入れ歯)」のセミナー受講
認知症対応力向上研修会を受講
午前は歯科医療安全管理研修会、午後は仙台へ
東北デンタルショーを覗きに仙台へ

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス