レーザー治療でむし歯の削り過ぎを防ぐ!

レーザー一般的なむし歯治療は、削り残しがあると再発リスクが高まるのでやむを得ずに歯を大きく削ります。しかし当たり前な事ではあるのですが歯を長持ちさせるにはなるべく削る量を減らすことが肝心です。当院のむし歯治療は、比較的に小さなむし歯であればレーザーを使った「なるべく削らない」治療が可能です。

レーザー治療とは、レーザー装置から発生したレーザー光線を使った治療です。たくさんのレーザー装置がありますが、当院で導入しているのは唯一むし歯が削れる「Er:YAGレーザー」と呼ばれる種類のモノであります。レーザーを照射すると、むし歯だけに作用して一瞬にして水分が蒸発しむし歯部分を分解(除去)します。悪い部分だけをピンポイントで削れるので、削り残しや削り過ぎがありません。

適応症は小さなむし歯に限られますが、不快な麻酔をかけずにできるので楽なケースが殆どです。ドリルで削るような音や振動もないので小さなお子さんでも怖がらずに治療ができます。

「レーザー治療」はこちらへ
 

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら