静脈内鎮静法のメリット

リラックスして手術が受けられる
鎮静剤の効果で、リラックスした状態で手術が受けられます。健忘効果もあるので術中の痛みや不安、緊張などが残りません。意識が残っている方もいますが、高い鎮静効果で不安や恐怖心はほとんど残りません。

監視モニターでリアルタイムに身体の状態を把握生体監視モニター
強いストレスを受けると、術中に心拍数や血圧などが急激に変動する場合があります。術中は患者さんの体調変化を確認するために、生体監視モニターで血圧・心拍数を自動計測しながら鎮静剤の量を調整します。リアルタイムに観測することで、急激な体調変化にも迅速に対応できます。

高齢者や全身疾患のある方でも安心
ご高齢の方や全身疾患のある方は、手術のストレスで急激に血圧や脈拍数が変化することがあります。静脈内鎮静法を用いることで術中のストレスがなくなり体調が安定し、安全に手術を受けていただけます。
※全身疾患のある方は、処方薬を変更するため、なるべく詳しい情報をお知らせください。

<静脈内鎮静法はこんな方に適しています>
・痛みや手術の恐怖心が強い方
・ご高齢の方
・高血圧や心臓病など、全身疾患のある方
・インプラント埋入本数が多く、手術時間が長くなる方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております お問い合わせ アクセス

★以前のBLOGはこちら